記事の情報がお役にたてば、ポチッとしていただくと励みになります♪ (Facebookアカウントをお持ちの方のみです)

最新皮膚美容成分

ビタミンCとビタミンC誘導体はまったく違います!

投稿日:2018年12月1日 更新日:

ビタミンC誘導体ってビタミンCとどう違う?

通常のビタミンCとは?

ビタミンCの正式名はアスコルビン酸と言います。
昔から、美容に良いと言われてきましたが

ビタミンCが豊富なレモンをいくら肌に塗り込んでも、ビタミンCは皮膚に入っていきません。
しかもこれはとても危険なことです。

マルガリータ皮膚炎で調べてくださいmm

ビタミンCは、安定性が低く、酸化しやすい為、
肌に塗っても肌のバリア機能により吸収できない

ですので,ビタミンCサプリメントの粉末を塗っているお友達がいたら,
やさしく否定してあげてください。

ですが通常のビタミンCは,こういう使い方で優れています。

ビタミンCは塩素除去に役立つ

バスタブのお湯の塩素除去として、ビタミンCを入れるのは肌を守るために必須です。
そのままのお湯に浸かってませんよね?
(バスタブに入れるビタミンcは1キロ1200円くらいので大丈夫)

ビタミンCは肌につけると痛い!

絶対にお勧めしませんが、ビタミンCの粉末を肌につけるとめちゃめちゃ痛いです。

ビタミンCの歴史

1753年にイギリス海軍省のジェームズ・リンドは、食事環境が比較的良好な高級船員の発症者が少ないことに着目し、
新鮮な野菜や果物、特にミカンやレモンを摂ることによってこの病気の予防ができることを見出した。
その成果を受けて、キャプテン・クックの南太平洋探検の第一回航海(1768年 - 1771年)で、ザワークラウトや果物の摂取に努めたことにより、
史上初めて壊血病による死者を出さずに世界周航が成し遂げられた。

しかし、当時の航海では新鮮な柑橘類を常に入手することが困難だったことから、
イギリス海軍省の傷病委員会は、抗壊血病薬として麦汁、ポータブルスープ、濃縮オレンジジュースなどをクックに支給していた。
これらのほとんどは、今日ではまったく効果がないことが明らかになっている(濃縮オレンジジュースは加熱されていて、ビタミンCは失われている)。
結局、おもにザワークラウトのおかげだったことは当時は不明で、
あげく帰還後にクックは麦汁を推薦したりしたもので、長期航海における壊血病の根絶はその後もなかなか進まなかった。

1920年、ドラモンドがオレンジ果汁から還元性のある抗壊血病因子を抽出し、これをビタミンCと呼ぶことを提案した。
1927年にはセント-ジェルジがウシの副腎から強い還元力のある物質を単離し、「ヘキスロ酸」として発表したが、
1932年にこれがビタミンCであることが判明した。
1933年にハースによってビタミンCの構造式が決定されてアスコルビン酸と命名され、
1933年にはライヒシュタインが有機合成によるビタミンCの合成に成功した。

出典:Wikipedia

ビタミンC誘導体とは?

こちらの記事でお伝えしております。

ビタミンC誘導体について知っておくべき 9個のお話

最新型ビタミンC誘導体APPS関連記事

  1. 薬じゃないのに「真皮層」まで届く希有な成分「新型ビタミンC誘導体apps」
  2. 最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエが他のビタミンC誘導体と効果が違う理由
  3. APPSとフラーレンが高配合・高純度の美容液が一番効果が高い!
  4. 最新型ビタミンc誘導体の「APPS」はなぜ効果が一番高いのか?
  5. 新型ビタミンC誘導体APPS化粧品を買うときの注意点
  6. ビタミンC誘導体について知っておくべき 9個のお話
  7. ビタミンc誘導体は従来型と最新型で効果が全く違います!
  8. 最新型ビタミンc誘導体APPSの美容液の効果についてアンケートにお答え頂きました♪
  9. ビタミンCとビタミンC誘導体はまったく違います!
  10. ビタミンC誘導体の原料で化粧品を手作りする方へ注意事項
  11. 大人アトピーに効果する最強の成分は最新型ビタミンC誘導体APPSです!

管理人,酒井由紀のプロフィール♪

どん底に落ちるくらい老けてしまった私が、10歳若返った美容術を公開しているブログです。

現在は主婦ですが、長い間美容業界にいたため、裏の話や嘘の情報などはがっつり知っており、
買ってはいけない化粧品や、効果がある化粧品はどうやって探せばいいのかなどを秘密にこっそりお伝えしています。

プロフィールはこちら♪

当サイトについて

発信する理由

お問い合わせ

▶ふぁんずVOICE

-最新皮膚美容成分

Copyright© 40代50代女性のための最新皮膚美容法♪ , 2019 All Rights Reserved.