記事の情報がお役にたてば、ポチッとしていただくと励みになります♪ (Facebookアカウントをお持ちの方のみです)

最新皮膚科学でエイジングスペシャル化粧品

美容液(セラム)が30代後半〜の若返りに絶対必要な理由

投稿日:2018年12月1日 更新日:

 

30代以降のスキンケアには美容液が必須になりますが、その理由をご存知でしょうか?

私たちは肌を綺麗にするためにスキンケアをします。
老化が始まる30代以降からは”アンチエイジングスキンケア”にステップアップし、その主役は実は”美容液”です。

パックやマスクが主役だと思いがちですが、美容液だけがその性質上、細胞にも筋肉にも届けることができます。

実は、マッサージは逆効果なんですよ(怖)
※この辺のことは別記事で記載しています♪

他のどの化粧品アイテムよりも小さいくせして、価格が逸脱して高いですが・・・アンチエイジング対策に必須なのは美容液です。

一時期、”何もしない”美容法に食いつく方が増えましたが、周りで本当に実行し続けている方がいますか?

もしいらっしゃれば、その方は本当に綺麗で実年齢より若く見え、お話ししていて楽しいでしょうか?
多分、正反対だと思います。

それは人間の身体機能を知っていれば簡単に分かることなんです。

 

あった物質が減っていくのが老化ですので、その減っていく物質を補わずに若返ることは不可能です。

今回は、アンチエイジングスキンケア化粧品の女王”美容液”(セラム)について、
あまり知られていない事実をお伝えします。

美容液が若返りに必要な理由

美容液が30代後半〜の肌に必要な理由を述べていきます。

美容液、セラム、エッセンスの違い

美容液を英語でセラムと言います。

時々エッセンスも、美容液の商品名として付けられていますが、エッセンスは”抽出と言う意味ですから本来は、『精油」のようなものを指します。

美容液、化粧水、クリーム、乳液の違い

美容液だけは別格の存在で、スキンケアの要です。

その他のスキンケアアイテムは「汚れを落とす・phを整える・潤いをたす・油分を足す」ことが目的で、現状維持程度の効果ですが、

美容液だけがその性質上、有効成分を高配合できるため、老化の症状やニキビなどの原因に働きかけることができるのです。
肌を強くすること、つまり皮膚自体を鍛える方法も美容液で行えるということです。

そしてその美容液にどんな有効成分が入っていて、添加成分の構成がどうなのかにより、効果があるのかどうかが決まります。

それと「美容液」は、

化粧品の中で一番添加成分が少なくで製造できる化粧品なんです。

また、美肌になる成分と若返る成分は違いますので、その辺りも下方でお伝えしています。

化粧水と美容液とクリームが1本化された、オールインワンタイプの化粧品が存在しますが、このタイプの化粧品を製造するには、危険な添加成分をたくさん入れないと作れないため、お肌にとって負担になることと、元々相性が合わない成分同士を無理やり一つにしますので、それぞれの効果が低くなります。

同じメーカーのものを揃える必要はないので、オールインワンタイプだけはやめておきましょう。

化粧水の前につけるブースター美容液の場合でも敏感肌さんなら、私のオススメしている薬局の100円くらいの精製水をつけてから、ブースター美容液をつけることをオススメします。

スキンケアについては↓下記ページに詳細を書いています。

劇的に若返るための美容液の見つけ方

  • 化粧品メーカーより皮膚科や皮膚科の医師が開発した美容液が良い
  • 医学的、科学的に効果が認められている成分が入っている美容液
  • 真皮層、筋肉層まで浸透しなければ効果は保湿程度しかない
  • 最新美容で若返りの必要だと発表されている「抗酸化、抗糖化」に対応していないと意味がない
    ※抗酸化=サビ、抗糖化=焦げ
  • 有効成分が高濃度で高配合であることを確認すること
  • 高浸透なのに低刺激である最先端技術力で製造されている美容液
  • 成分同士の相性も考えて構成されている
  • オールインワン美容液は効果が低くなるためダメ
  • 美容液の価格は含有の成分に対して適性であること
  • 必要な添加成分が入っていること(安全で必要な添加成分があります)
  • 冷蔵保存しなくて良いこと

上記のリストした内容を説明しますね♪

エステサロンや、デパートやドラックストアで化粧品を購入している方には必見です!

まず、皮膚科の医師は定期的に医師だけが参加出来る皮膚科学会に出席します。
やはり医学先進国の海外で開催されることが多いです。

医師は研究者ではない為、日々たくさんの患者さんの生の声を聞いています。

特に女医の場合だと、女性がどのような老化で悩み、どのようになりたいのか自分のことも含め、スキンケア化粧品開発に反映できます。

私自身も”付き添い一人までなら参加OK”の学会に参加したことが何度かありますが、その当時、全く聞いたことのない革新的な技術の発表にただただ驚いていました。

余談ですが、京都大学の皮膚科の若い医師が、緊張で声を震わせながら質問されていたことに「なんだか可愛なー」と思ったことを思い出しました(笑)

話を戻しますね・・・mm

効果が認められている成分についてですが、「薬」だと副作用も伴うため、それだと困るんです。
薬じゃないのに肌の表皮の奥にある真皮層や筋肉層に届く「成分」であることが必要なんです。

皆さんが普段使っている化粧品は表皮という部分の上の部分までにしか浸透していないため、効果が感じないのです。
これら 一般の化粧品には「保湿」という効果しかありません。

それは法律で決まっているので騙されているわけではありません。

保湿は必要ですが保湿目的では、「消す」ことが必要になる症状にはどうでしょうか?潤いでシミは消えませんよね。

同じく保湿で引き締めたり、引き上げたりすることもできませんよね。

「症状=悩み」が 発症している部分にまで成分が浸透しなければ効果は出せません。

現在、臨床を繰り返し何十年にわたって効果が認められている成分は2つです。

 

この成分が配合されている美容液がオススメ!

悩み①

シミ、ニキビ、ニキビ跡、くすみ、いちご鼻など、真皮層で起こる老化が原因の悩みには,APPSが効果絶大です♪

保護中: ビタミンC誘導体の最新型APPSアプレシエが他のビタミンC誘導体と効果が違う理由111

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

※普通のビタミンCには美容の効果ありません。

※皮膚内のセラミド、コラーゲンも、APPSの持つ作用により自力で増量します。

悩み②

たるみ、ホウレイ線、深いシワ、顔の輪郭の崩れ、身体のたるみなど、筋肉の衰えで起こる悩みには,ジメチルMEAです♪

悩みが両方にまたがる場合は、先にAPPSを塗布し、
ジメチルMEAを後につけると驚くほどの効果があります。

APPSが先に道を作りジメチルMEAの効果を倍増させるためです。

33歳くらいまでの方はAPPSだけでも良いと思います。

悩みに効果する↑成分と「抗酸化+抗糖化対策」成分で完璧!

認定されている成分を中心に「抗酸化」「抗糖化」成分が含有されていないと、普通に生活しているだけで紫外線を浴び、白米、果物、おやつで甘いものを食べます。ストレスも感じます。

それだけで活性酸素は発生し、たんぱく質と糖分が紫外線に反応します。そのため細胞がサビ、焦げることは避けられません。
ですから、抗酸化、抗糖化対策に対応した成分が必要です。

 

注意

新しい美容液に変えるのは、生理後からにしましょう♪生理前、生理中だと荒れてしまったり、効果を感じにくいです。

 

顔のたるみ・シワ・毛穴タルミ・シミなどの見た目老化を速攻で改善する方法

>>30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消す最先端スキンケア方法!

管理人,酒井由紀のプロフィール♪

どん底に落ちるくらい老けてしまった私が、10歳若返った美容術を公開しているブログです。

現在は主婦ですが、長い間美容業界にいたため、裏の話や嘘の情報などはがっつり知っており、
買ってはいけない化粧品や、効果がある化粧品はどうやって探せばいいのかなどを秘密にこっそりお伝えしています。

プロフィールはこちら♪

当サイトについて

発信する理由

お問い合わせ

▶ふぁんずVOICE

よく読まれている記事はこちら♪

1

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

シワたるみシミ毛穴クスミほうれい線を消す効果絶大の即効方法 2

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

3

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

頭皮 薄毛 抜け毛 アンチエイジング 40代 50代 30代後半 4

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法 5

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

-最新皮膚科学でエイジングスペシャル化粧品
-, , , , , , ,

Copyright© 40代50代女性のための最新皮膚美容法♪ , 2019 All Rights Reserved.