若返ることができる美容法(アラフォー アラフィフ専用)

40代50代のたるみ・シワ・しみ・毛穴を消す・引き上げる即効アンチエイジング美容情報!




記事の情報がお役にたてば、ポチッとしていただくと励みになります♪ (Facebookアカウントをお持ちの方のみです)

若返る生理デトックス

生理は最強のデトックス効果 若返る方法

投稿日:2019年8月5日 更新日:

生理 ,デトックス, 効果

ご存知だと思いますが女性は30代後半になると、生理によるデトックス力が低下するので体内の老廃物をデトックスする力が弱くなります。

デトックスって、老廃物は汗とか尿とか便だけじゃないの?

大切さ デトックスって汗とかjyないの?
老廃物ってこんな種類があるんだ

毎月1回の生理は私たち女性にとって正しく過ごせたかどうかの通信簿のようなもので、とても大切な存在なのです。
生理周期に合わせて(決して難しくない)過ごし方を変えると、子宮を若返らせることができ、見た目の若返りにも大きく影響させることができます。

体質変化による様々な原因不明の体調不良や子宮の老化をぶっ飛ばして、マイナス10歳若返りましょう♪
個人によって更年期の症状がある・ないに別れるのも納得ができます!

長文になっていますので「目次」をご利用されてください。

「生理デトックス」関連記事一覧へ

目次(クリックすると飛べます)

生理はデトックス!子宮を若返らせる最強の方法

女性だけの特権である,
「最強のデトックス機能=生理」は,
個人によりそのデトックス能力が大きく違います。

そのデトックス(拝毒・排泄)パワーは、
あなたの「女性力(体型・髪・肌・直感力)」と大きく影響しており、

毎回の生理の「経血の状態」は、
前回生理からの約1ヶ月間、あなたが女性として
美しくなれる過ごし方ができていたのかどうかの”評価”になっています。

見た目にコンプレックスがある方や,医師の診断はつかないけど”心・身の不調”が続く方に、
究極のデトックス方法である「生理のデトックス能力を高める方法」ついて、
ぜひ知っていただきたいです♪

子宮の老廃物や食べ物や体内の有害物質を分解し排出する機能が低下しているために起こる
老化の若返りやなかなか痩せないアラフォー・アラフィフの最強のダイエット方法でもあります♪

「生理」に合わせた方法を取り入れると、デトックス力(排泄)が最大に高まるため、
アラフォー・アラフィフのための究極のダイエットになり、
しかも体質改善もしながら綺麗に痩せられるためリバウンドもありませんし、よくあるダイエット方法みたいに肌もたるみません♪

生理はデトックス!子宮を若返らせる最強の方法がテレビでは発信されない理由

生理周期に合わせて食の取り方を変える美容法なんて話をテレビで見た事ありますか?

ないですよね?今後もないと思います。

生理周期と食事・・・という言葉はまずテレビから聞こえてきません。

テレビで生理の話をしても、商品にならずスポンサーがつかないからです。
悩んでいる人の大半は、
ずーと悩んだままで,様々な雑誌,テレビ,人の受け売り話を
聞くことが目的になっているからです。

もちろん私にも言ってくる人がいます。なのでこう言います。

「3ヶ月間データとってみたら?」と言うか,「それで良いと思います。」しか言いません。

上から目線でも下から目線でも言ってません。

色々質問される立場の方は,
ご経験済みだと思いますが、
解決策を本気で求めている人とは違い,
無意識に情報集めで終わってしまう先述した方たちの多くが,
メディアに出てるというだけで”この専門家は正しいことを言っている”と
信じているため、
私が説明したところで最後には
「テレビの人が言っているから・・・」となり,ジ・エンドです(笑)
サロンに勤めていた時も現在も、
本気で悩んでいる方にしか本気はだしません。
サイトへの訪問者様は本気で悩んでいる人だから,
本気で記事を書いているんです。

だから前置きも本気です!
だからついつい長くなってしまいます。(といつもの言い訳ですねmm)
※ちなみにメディア(バラエティー)に頻出する医師だから,
優れていると思うのは勘違いです。
本当に優秀な医師はスポンサーに気を使う程プライドは低くありません。

※ノーベル賞を受賞した教授たちって、バラエティーに出てますか?

生理のデトックス力が低下すると・・・老化だと認定するにはまだ早い!

女性は30代から本格的な老化が、いつ自分にもやってくるのかと、不安な思いを密かに抱えながら生活しています。

その中でも、一番深くショックを受けるのは、「生理(月経)」の変化ではないでしょうか?
(見た目の老化は皮膚と筋肉層の対策なので根本ではないので)

30代以降の女性にしか理解できないし、周りには相談しにくい悩みでもあります。

私も一時期落ち込んだことがあるのですが、きっと皆さんも以下のような気持ちを経験してるんじゃないでしょうか?

  • もう生理、上がってしまうの?閉経?私、女性じゃなくなるの?><
  • 子供まだ産んでません><・・・
  • 結婚もしてないのに・・・
  • 更年期障害が怖い・・・
  • 見た目がものすごく劣化するんじゃないだろうか・・・

などなど、20代の頃には想像もしなかった深い深い不安に襲われながら表向きは明るく生きているんです。
(生理力が弱い女性の特徴・強い女性の特徴は後述してます)

ですが、60代〜でもない限り、未来の恐怖に怯えたり、生理の変化に勝手に怯える必要はありません。

子宮のデトックス
を行うことで女性の機能をアップし、見た目も若返らせる究極の方法と、
ネットの素人さんの情報や、西洋医学によってさらに老化が進んでしまうことを予防するために勘違いしやすいことや、誤解が正論になってしっていることをお伝えしていきます。

くよくよ悩んでいる方、病院で「問題はない、ただの老化」だと、心ないことを医師に言われた方などにぜひ読んでほしいです♪

※医師は、勤務医だろうが、町医者だろうが”5分以内”で診断を終わらせるように身についていますから、ちゃんと聞いてはくれないので気にするする必要はないですよ。

生理はデトックス!生理の真実を知る

生理の経血の日数と量や状態

生理の日数は「28日周期」がベストです。
月齢と同じですが、不思議話でもスピリチュアルな話ではなくて”ガチ”で28日がベストです。
それとできれば新月か満月に生理が始まるとさらに排泄力が高まります。
(ムーンバイオリズムについては、別記事で書いてます。)

毎月の生理の状態が以下のようになると心配になりませんか?

  • 量が減ってきた
  • 日数が減ってきた
  • 周期が延びたり、短くなった
  • 鮮血、粘液でなく、濁ったような感じ
  • おりものの匂いがきつい。(自分で匂うくらい)
  • ナプキンを見るとレバー状の塊が増えた(グーほど)

確かに、このような状態になると”老化”だ!と落ち込みますが、
気づいた時に正しく対処することで、老化のスピードを遅くすることができます。

生理の閉経

35歳以降になると、生理の周期や、日数などに過敏になりますよね。
若い時は生理の煩わしさに一喜一憂するのに、30代後半になると、生理が毎月訪れることがどれだけ見た目の若さを保つことに影響しているかを見に持って知ることになっていきます。

日本人の閉経の平均は50歳前後と言われています。

生理が変化すると、”閉経!”間近か!と恐れて強いがちですが、
意外に、ストレスや冷え、暴飲暴食などが原因であることも多いです。

むやみに気にしすぎてしまうとその恐れがストレスになって、さらに生理に悪影響を与えてしまいます。

むやみに恐れる毎日を送るよりは、正しいインナー美活を1日でも早く始めた方が良いですよね。

生理でデトックス!若返りを阻止する老廃物は大きく3種に分かれます

3種の老廃物は生理1日目から優先順に体外に排泄されます。

①妊娠で使われなかった子宮の物質

②前回の生理後からの1ヶ月の老廃物

③過去の古い老廃物

説明しますと、デトックスパワーが高い女性は、生理1日目〜3日目に①の妊娠で使われなかった子宮の物質を排泄し、
生理4日目〜は②の前回の生理後から溜まった体内の老廃物を排泄します。

排卵日に向かって残りのパワーを使い、さらに③の古い老廃物を排泄します。

がしかし!

デトックス力が弱い女性は、3つの老廃物の排泄にそれぞれ時間がかかり、
ずれ込むことで生理1日目〜3日目に出し切れず、生理4日目以降にも出血します。

そして、
排卵日までに終わらず、排泄されなかった老廃物は、
次の生理に持ち越され、次の生理の1日〜3日目に負担が大きくかかり
どんどん老廃物が重なり溜まっていくのです。

これは身体の新陳代謝にも影響しています。

老廃物が溜まったままの身体は、ンパ菅が圧迫され 隣で流れる血流も同時に遅くなります。

リンパは身体の下水道と呼ばれており、細胞から回収したカスを
リンパ節まで運び、体外へ排出します。

それが排泄されにく状態になっていますので、細胞の生まれ変わりが遅くなっています。

そして生理前の2週間に突入するわけですが、不快な症状が出る人や、イライラしたり不安になったり、
プチ鬱状態になる人は老廃物がたくさん溜まっていることが原因です。

そもそも

③の古い過去の老廃物を溜めず
②で毎月排出できていれば、

肌もスタイルも美しい本来のあなたになります。

老廃物のお話をしましたが、生理の経血にレバー状の塊がある方、あったりなかったりする方のためにレバー状の塊についてもお伝えしておきます。

生理は最強のデトックス効果 !子宮を若返る方法(レバー状の塊出ますか?)

「経血に混じるレバー状の塊の正体」とは?

妊娠で使われなかった「子宮の老廃物」は、大9の栄養素である”酵素の力”で液状の経血(生理の出血)にまで分解され体外にでます。

何かの病気やよほどのストレスを受けない限り、女性であれば誰でも生理にはなります。

「レバー状の塊」がでる人は、生理でのデトックス力が足りない=酵素の力が足りず、液状(血液)にする力が、低すぎるためなのです。

この「レバー状の状態」は、とても深刻な子宮の状態を表しているサインで、
酵素による老廃物の分解力が足りないため、子宮へ大きな負担がかかっているということの証拠なのです。

レバー状の塊の正確な表現は「液状になりきれなかった子宮と身体の老廃物」です。

レバー状の塊は気にならないけど、

  • 生理の臭いが強い
  • 生理中に便秘または下痢になる
  • 生理の臭いが強い

などの症状がある方は、添加物が多い食事が多かったことが原因です。

生理のデトックス効果が最大になると身体に大きな影響がでる!

「生理を中心にした1ヶ月の過ごし方」を、生活スタイルに取り入れると,
そもそも「効果がないエステ」や、「化粧品にムダなお金」を使う必要がなくなります。

「今までずっと悩んでいたのは何だったの!!」と、驚くくらい効果が目に見えて分かりますし、
デパートの化粧品やドラックコスメ・エステでは得ることのできない「美容効果と体質改善」がもたらされます♪

偽美容法で失敗を重ねてきた方はぜひお試しいただきたいです。

 

生理 ,デトックス, 効果

美スタイル・美肌になる効果

  1. 美肌,美スタイルを目指す方
  2. 体型
  3. 絶対にリバウンドせずキレイに痩せられるダイエットを探している方
  4. 皮脂が過剰でオイリー肌

なぜかというと、女性の根本的な体質改善を行い、加齢により遅くなってしまった細胞の生まれ変わりを早めるからです。

病気・体質の予防・改善

  • 病気の予防
  • 子宮筋腫
  • 高齢出産
  • PMS
  • レバー状の経血をサラサラに
  • 出産しない女性の病気予防
  • 体質改善
  • 不妊症・妊活中
  • 生理痛や生理前症候群(PMS)などの不快な症状で悩む方
  • 更年期の方、将来の更年期障害が心配な方
  • 自立神経が乱れている方

生理のデトックス力!あなたの排泄力の確認方法

以下の期間の状態で、”老化度、女性ホルモン力、老廃物たまり度”などを、以下の期間に現れる状態から自分で確認することができます。

  • 生理中1日目〜3日目の経血の状態
  • 生理前10日間の心身の状態

各期間の生理の経血や身体の状態に生理のデトックス能力が低いのか高いのかがしっかり表れているので、あなたの生理を確認してあなたが若いのか老化しているのか確認できます。

生理=「子宮」ですので,生理の排泄力が低下すると子宮が弱くなり肌や体型にも大きく影響を与えます。

要は女性の場合、子宮の状態がダイレクトに老化が早まるんです。

生理のデトックスパワーが高い女性とは?

  • 一言で言うと子宮が若くて強い!
  • 1ヶ月の間の綺麗期間が長い!

「生理のデトックス能力が高い」女性は、以下が高い女性だということです♪

  • 美人度が高い
  • 女性力が高い
  • いつまでも若さを保つ力が高い
  • 身体を引き締める力が高い
  • 直感力が高い
  • 運気が高い

生理のデトックス能力が高い人の見た目とは?

  • 実年齢より10歳以上は若く見える
  • 美肌
  • 艶っぽさ、しなやかさ
  • みずみずしさ
  • クビレのある身体のライン
  • バストが上向き
  • 髪質がサラサラになる

・・・などの見た目の美しさに表れ、リバウンドせずバストを残して、
キレイに痩せることができるんです♪

生理のデトックス能力が低い方には、必ずその原因があります。

生理デトックスの能力が低い女性とは?

生理のデトックス力が弱い女性の特徴

女性の体に変化を起こすのは、2種類の女性ホルモンですが、
もしあなたが、適した過ごし方を送れていないと、下記のことに大きく影響を与えています。

  • 生理の経血量に影響を与える「骨盤」の開閉が悪くなる
  • 経血にレバーのような塊がある
  • 2種類の女性ホルモンの分泌量のバランスが乱れる

そのため、女性にしかない”月に1回の子宮の大掃除”で、
身体の老廃物を根こそぎ排泄できていないことになります。

経血は子宮の老廃物だけではなく、1ヶ月の間に溜まってしまった
身体の「塩分、糖分」などの他の老廃物も同時に排泄しているので、
それが毎月蓄積されていることになります。
(*塩分はむくみ、糖分は細胞を焦げさせる)

生理のデトックス力が弱くなっている女性は、溜まりに溜まった老廃物により、
無理がきかなくなった体では持ちこたえられず、30代後半頃から急に老け始めます。

  • 何をしても痩せない!
  • 体臭・口臭がある
  • 口内炎、ニキビがすぐできる
  • クスミがある!シミが気になる
  • 肌がベタつく
  • 生理が3日間で終わらない
  • 経血にレバー状の塊がある
  • 朝が起きにくい
  • 友達と比べても、女力が高いような見た目じゃない
  • くびれがない
  • 毛が抜けやすくなってきた
  • 毛が細くなってきた
  • チャンスを逃しやすい
  • 運気が低い
  • 失敗が多い
  • 生理4日目以降も経血が続いている。体が重い、だるい、やる気がでない、眠いなど
  • 生理5日目~7日目もナプキンorおりものシートが必要
  • 生理1日目~3日目の経血に、レバー状の塊がある,臭いが強い,便秘または下痢になる
  • 潤いがない、ハリツヤがなくなってきた
  • 肌が荒れやすく弱くなってきた
  • 女性らしいラインじゃなく幼児体型に近い
  • クビレがなくバストは下がり気味で脇と胸の境目にシワができた
  • 「色気があるね〜♪」と、あまり言われない
  • 胸もあるが腹部もでている
  • 髪が薄く細くなってきたし、よく抜ける
  • イライラすることが多い
  • 悩みだしたら止まらない

など・・・ 要するにこのイケテナイ状態は、デトックス能力が低いことを身体がお知らせしているのです。
これは子宮の老廃物や食べたものや、
体内の有害物質を、分解し排出する能力が、低下しているために起こることです。

生理のデトックス能力の重要性と現代女性

生理のデトックス力が大きく低下している現代女性

  • 昔のような生活をしている人でも昔と同じ環境ではないのでデトックス力は高くありません。
  • 下方でも説明していますが、自然の周期と現代の女性の周期は非常にズレています。

こんなお話を聞いた事はありませんか?

・男性より女性の方が長生きなのは「生理」という、デトックス(解毒)システムを持っている

女性はこの強力な生理の解毒(浄化)システムを昔から持ち合わせていますが,
昔と比べ,現代の女性はそのデトックス能力が大きく低下しています。

そこへさらにデトックス力が低くなるような生活を送っていると,
先述した症状などで悩むことになり「女性力が低い人」に、不名誉なランクイン!をしてしまいます(泣)

不名誉なランクインを何がなんでも避けたい!って方は、
生理を中心にした過ごし方でデトックス能力をアップすることをおすすめします。

  • 若返り
  • 美容
  • 美痩せダイエット
  • 魅力的な女性力

・・・などに大きく関係し,
理想の男性を引き寄せ,周りの女性からも「羨ましい!」って言われる魅力的な女性になり,
同時に不妊症になりにくい体質、更年期を感じない体質にも自然に繋がっていきます。

特に免疫力が低い方, 冷え性の方は、デトックスする力が低いため、
この「生理のデトックス能力を最大にする1ヶ月の過ごし方」を、
3ヶ月以上は,続けてください。(細胞の新陳代謝があるため)
毎回の生理なんて「早く終われ〜」なんて思わずに,
「憂鬱になる生理をワクワクに変える1ヶ月の過ごし方」をぜひぜひお試しください♪

生理のデトックス期間は生理1日目〜14日目の排卵日までが最大!

対策期間は「生理中1日目〜3日目までと生理4日目〜排卵日前日までの合計14日間です。
  • 生理1日目〜3日目
  • 生理4日目〜排卵日前日まで

排卵日の目安は生理1日目から14日目前後か、おりものの量が極端に増えた日が排卵日です。

生理前についての情報はとても多いですが、「結果論」でしかないため、大事なのは生理中と今回お伝えする生理4日目からの過ごし方なのです。

別名”綺麗期間”と呼ばれる生理1日目〜14日間は、
完全に老廃物を排泄するための期間
です。
見た目や体質、気持ちが1ヶ月の間で一番良い期間です。
綺麗さがアップ♪

  • バストがアップ
  • お尻がキュッとアップ
  • 足首もキュッ
  • むくみもスッキリ
  • 自律神経も整う

この生理1日目から14日間の期間はとても重要で、
生理前に老廃物を溜め込まないようにする準備期間でもあります。

この期間が短いと、その分ブチャイクで勘が冴えない期間が長くなるということです。

生理の経血(子宮の老廃物)を3日間で完全に排出し、
4日目から体に溜まった過去の老廃物を根こそぎ排出することを10日間で行います。

生理のデトックス最大期間!生理1日目2日目3日目

生理1日目〜3日の状態

生理はちゃんと準備して生理の経血を3日間で出しきれば
最強のデトックスなり、「美容効果と体質改善」しっかりが出来る。

生理のデトックス!生理4日目〜10日間こそが老廃物を排泄する追い上げ期間

実は出さなきゃいけない老廃物は生理4日目から排泄が始まるのですが、30代後半以降は4日目からのデトックスパワーが弱くなるのでしっかり対策する必要があります。

生理4日目から排卵日前日までの約10日間は、
まだあまり知られていませんが、「老廃物の排泄(デトックス)を根こそぎ追い出す期間」です。
生理4日目からは2種の過去の老廃物を完全に排出するモードに切り替わります。

それと同時に生理4日目からは「綺麗ホルモン分泌期間」でもあります。
この期間を1日でも長くできるどうかは、デトックス力で決まります。

生理4日目、5〜7日目も生理の経血が続いたりムクミやその他の不快な症状が続く方、
生理1日目〜3日目の経血の量が多い方、匂いがする方、レバー状の経血が出る方にぜひ知っていただきたいです♪(レバー状の経血については下方で説明)
それは見た目年齢に大きく影響する「子宮年齢」を若くする方法になります。

綺麗期間が長くなることにもつながり、
40代以降の方には、更年期障害への対策にもなります。

この10日間は女性が一番美しい期間で、この綺麗期間を正しく過ごせば(デトックス)子宮が若返り強くなるんです。

  • 綺麗期間
  • 老廃物を排泄する追い上げ期間
  • 老廃物のデトックスは、排卵日までに終わらせる
  • デトックス力が低いと、排泄に時間がかかりどんどん溜まっていき、それが見た目や体質の悪さに反映されています。

生理4日目からの栄養「素」がしっかり分解され巡回されないと、生理前に食欲がとまらなくなる。

生理4日目からの食生活は、排卵日から生理前1週間に反映する。

①綺麗期間(エストロゲン分泌期間)が短くなる
②老化スピードが早いことの証明になっている

「なぜ、こんなに一生懸命ケアをしてるのに美肌になれない」
「なぜ、食べていないのに、または、動いているのに痩せないんだろう?」という、
深い悩みに毎日時間を取られ、
暴飲暴食という癖もお持ちの方が多いです。

  • 経血やだるさやムクミが、生理4日目以降も続く
  • 生理中にレバー状の塊がある
  • 生理前の不快症状(むくみ、だるさ、食べ過ぎなど)がある

・・・などの方は
実はこの生理4日目〜排卵日の期間の間に,
3種の老廃物が完全に排泄されていないことが共通の原因です。

生理のデトックス!生理前10日間の不快感や辛さは「結果」でしかない

生理予定日の10日間くらい前から、肌アレやむくみなどの不快な症状や痛みなどを抱え
辛い思いをされている方は多いと思います。(症状は本当に様々ですが)
この生理前の症状や解決策については、雑誌やネットなどでよく特集されたりします。

症状をまとめて「PMS=月経前症候群」」なんて呼ばれたりしていますよね。

この記事では「排卵日」も含んでお話ししていきます。

生理周期に合わせて生活・食事ができていないと、この生理前の期間はコントロールが聞かず、暴飲暴食になってしまいます。

それは老廃物が排泄しきれていないために、脳が誤作動を起こしてしまうのです。

生理前について少し先にお伝えしておきますね。

生理前約10日間について

生理前についてはよく情報が流れていますよね。

でも生理前の状態は「結果論」でしかない ので、大事なことは生理中と生理後の14日間をどう過ごすかなのです。

生理3日間と生理後を合わせた14日間を正しく過ごすと、この期間を短くして、綺麗期間を長くでするんです。

この生理前期間が長い人がいますが、それは別名”ブス期間”が長いということです。

生理前の状態

  • 全体のむくみ
  • 肌が荒れる
  • 毛穴開く
  • 髪がぺちゃんとなり毛先が広がる
  • イライラする

・・・など。

生理前10日間(排卵日前後も含む)の代表的な症状

  • オイリー肌になる むくみ 毛穴大きく シミが濃い
  • シワが目立つ
  • おりものに変化があり、量が増えたり、おりものの粘度に違いがある
  • 排卵痛というのがある(女子は、生理痛だけじゃない!)
  • 子宮口に変化
  • だるい
  • 頭痛
  • 腹部の張り
  • 腸の蠕動運動を抑えるため便秘気味、逆に下痢
  • 皮膚や頭皮は敏感になるので荒れやすい
  • 皮脂の量が増えるためニキビが出来やすい
  • 頭蓋骨、肩甲骨、骨盤も開くので、体型は崩れ気味
  • 全てだらーんとした状態の体型になる
  • バストは左右に開きはじめ、くびれはぼんやり、お尻もたれる
  • 乳腺が活発になるため、胸が張っていたい。
  • ストレスを受けやすい期間で筋肉が硬くなりやすいので頭痛が起こりやすい
  • 妊娠しやすいように、子宮を守るために排泄よりためようとするため、むくみ、ほて りが現れる

以上の原因は、身体の酵素が「老廃物の分解」にパワーを集中させるため起こる生理現象です。

老廃物が少ない女性だと、プロゲステロンによる影響は少ないため軽い症状(若干胸が張る)で過ごせるのです。

でもあまりにも身体の酵素が少ないと、
軽い眠気を通り越し、だるさや、肩こり、腰痛、終いには吐き気などを伴います。

生理前10日間に出やすいPMSとは?

過去の生活に影響されて症状が引き起こされます。

生理がある女性全員に症状が出ないのがその証拠ですね。

中には、症状が出ているのに気づいていないだけの人もいます。

つまり排卵痛や排卵日前後や生理前の不調や不快感は、誰にでも起こるわけではなく
食事・生活スタイルが生理周期に合わせて調整されていないからで、
”老廃物の分解能力が低下している”というサインを脳が教えてくれているからなのです。

生理前のPMSなどの症状は「結果」でしかない

PMS神話

PMS(生理前症候群)は、神話です。
TEDという欧米のスピーチ番組でも発表されています。

PMSと診断すればお薬が売れますので、巧みに利用されていると,
しかもそのお薬とは、抗鬱薬だそうです。

PMSはお薬だけではなく、セミナーやワークショップなどで
人が集まりやすいため大きな利益にもなっているので、
ご注意されてください。

ちゃんと過ごせばお薬なんて不要ですよ。

PMSは生理周期に合わせて生活すれば感じることは無くなります。

私たちの脳は、生理時の出血で貧血にならないように前もって、栄養を溜め込むようにセットされていますが、
生理中の1日目〜3日目と、生理4日目から排卵日前日までを正しく過ごしていないと、
代わりに水分・塩分を吸収し溜め込みますので
体重が増え、むくみ、便秘、肌アレなどの症状が出て、さらにPMS症状も生理に向けて強くなっていきます。

さらにこの期間は、女性ホルモンのプロゲステロンの影響も重なり、
リンパの流れも滞りやすく
骨盤も開く為、背骨や頭蓋骨も影響を受けますし

骨盤が開き下腹部がさがるため、それぞれの部位に痛みが発症するのです。

生理が始まると,溜め込んだものが徐々に排出されますが

加齢と共に老廃物の溜まる量の方が,多くなってしまい、
生理のリセット力が段々低下していくのでおばちゃん体型になりやすいのです。

排卵日から生理までの10日間に分泌が多くなる女性ホルモン「プロゲステロン」

ブスのホルモンという残念な異名を持つプロゲステロンですが、列記とした女性ホルモンなのです。

プロゲステロンの役割は、母になるために重要な”調整のホルモン”なので、
とても大切な女性ホルモンなのです。

このプロゲステロンと、皆さんも大好きなもう一つの女性ホルモン「エストロゲン」は、
シーソーのように交互に分泌量を増やし、私たち女性を作り出しています。

ただ女性ホルモンの分泌量を決めるのは、老廃物をしっかり排泄出来ているかどうかで決まりますので
以下の記事などもよろしければ参考にされてください。

栄養素を分解し細胞に届け回収する巡回物質”酵素”が不足だと排泄力が低く、エストロゲン分泌力も低い。
排泄力が低いと老化が早くエストロゲン分泌期間が短い。

生理のデトックスパワーを高め若返るための効果的方法「過ごし方」

 

細かいことはこちら記事で記載しております。
生理中1日目2日目3日目と4日目〜の過ごし方を変えると最大のデトックス方法になる!

効果がないデトックス方法

世の中には以下のような様々なデトックス方法が存在しますが、効果を感じたことはありますか?

よもぎ蒸し ネットワークビジネスです。だからガンガン進められます。

カッピング・・・医学的効果はないと確定しています。

こんにゃくやヘナを足の裏に塗る、樹液シート・・・やってみたら効果がないと即わかります。

生理1日目2日目3日目

この期間は出来るだけゆっくり過ごすように意識します。
仕事をしている場合は、夜ゆっくり休むように時間を取ってください。

※困ったことにデトックスが進んでくるとパワーがでるので
動きたくなるんです・・・ 要注意です!

布ナプキンはやめました!!

※生理中にかぶれやすい人は、血液によってもかぶれることがあります。
かぶれやすい人はこまめにナプキンを替えましょう。

シャンプーをしない??

シャンプーは成分さえ安全なら大丈夫!
デトックスが始まっているのに頭皮をほったらかすのはだめです。

>>頭皮についてはこちら

生理1日目2日目3日目のデトックス効果を高め若返るための「食事」

  • 食事量は若干少なめ(腹八分)に 必要な栄養素の巡回力UPする
  • 食べたものが血になり細胞へ届きます
  • 栄養も毒素も届くので、しっかり食材や添加物を見極める

お酒をよく飲む方は子宮筋腫が大きくなる方が多いのでデトックス力が必要です。

まず生理中の食事で注意が必要なことを記載しています。
その後に生理1日目〜3日目にしっかりデトックス力高める具体的な食事内容を記載しています。

漢方の危険性についてはこちらに記載しています。
→急に流行りだした漢方について思うこと

飲み物・甘いものについてはこちらで記載しています。

生理中にオススメの飲み物とスィーツ

生理中に不足する栄養素「酵素」と「鉄」

生理中1日目〜14日間は身体の分解力が激減するため、老廃物を経血にするための身体の分解力である”酵素”が激減します。

生理中は第9番目の栄養素「酵素」やミネラルの一種である”鉄分”など,急激に不足する栄養素がある事を忘れないでください。。。

閉経後の方は、より一層デトックス力が必要ですので、酵素をしっかり摂取して、アンチエイジング力を高めましょう♪

第9番目の栄養素「酵素」について

酵素は女性にとって一番大事な栄養素です。

そもそも酵素が栄養素だとご存知でしたか?

ごく最近、第9番目の栄養素として認められたばかりなのですが、生理と酵素の関係はとてもとても深いのです。

第9の栄養素「酵素」を知らずして美肌、美痩せ、若返りができない理由

酵素がなければ生理はない!

毎月の「生理」の機能は、
酵素なくしては語ることができないほど,
酵素は大事な役割を担っています。
究極のデトックスである「生理」機能は
酵素がなければ成り立ちません。

生理は1ヶ月に1回、
子宮内の老廃物と身体の添加物・油分・糖分などの老廃物を排泄するシステムです。

妊娠しなかったために使われなかった子宮の物質は、酵素の力で血液にまで分解します。
だから、

  • 生理期間が長い人
  • 生理痛のある人
  • レバー状がある人

など、生理力に問題が有る人は、結局は酵素不足が原因で、
老廃物が残っているのことが原因です。

ですので、特に生理のデトックス期間は、酵素が大量に消費されるため、
酵素を外から補う必要があります。

生理中は、ものすごく酵素のパワーが必要な事がわかりますよね。
しかも酵素は就寝中も含め24時間フル稼働です!

  • 大根おろしだけの酵素では到底足りません
  • 分解力だけではなく、「必須栄養素」を取るにも,”酵素”が一番最適で簡単です♪
  • 揚げ物や肉・魚料理を食べた時も酵素の力で分解を早くしています。

妊娠しなければ生理になりますよね?

妊娠のために使われなかった子宮の物質が経血(出血)になります。

この物質(老廃物)が、その「血」に変わるのは酵素の働きのおかげなんです。

なので、生理中〜14日間は酵素が大量に使われるため補わねばなりません。
レバー状の塊は酵素の力が足りず、液状にできなかったことの表れで警告がでています。

癌の最先端療法とデトックス

世界で癌の最先端治療は免疫療法なのですが
(日本は後進国というより矛盾してます・・・)
体を温めることと酵素の摂取なので、結局このデトックスを高める方法と同じになるんです。

>>第9の栄養素「酵素」を知らずして美肌、美痩せ、若返りができない理由

イソフラボンは効果が全く作用しない人がいるんです!

エストロゲンといえば、有名な「イソフラボン」についてお伝えします。

よく「エストロゲンの増やし方」などがたくさん出回っていますが、
実は効果が2人に1人は効果が得られないのです。

研究によって「2人に1人にしか効果がない」ことが判明しています。

エクオールという物質を作れる体かどうかを血液検査を受けて確認しなければなりません。

酒井はイソフラボン系をたくさん摂取しても
何も効果がなかったので、おかしいなぁと思っていたら
あることを知って納得しました。

「研究により日本人は2人に一人しかエクオールの効果が出ない・・・」

しかも効果ありな人でも、
イソフラボンは相当の量が必要なのです。

でもこの記事はありきたりな大豆を食べよう!系ではありません。

それを知らないと、いろいろな商品を買わされるだけなので注意が必要です。

病院に行き、医師に煙たい顔をされながら、検査申しこむのも億劫ですよね。

だから、私が試行錯誤を重ね、効果が大きくあった子宮を若返らせ強くできた方法をお伝えします♪

生理中の鉄分について

生理中は鉄分が不足しやすいため鉄分については意識しておきましょう♪

鉄分は、吸収率が悪いため摂取が大変難しいってご存知でしょうか?

ミネラルの一つである「鉄」のミニ知識

鉄分には2種類あります。

①動物性(レバーなど)
②植物性(以下↓説明してます)

生理中に動物性の食材で鉄を摂取することはおすすめできませんが、
植物性の鉄で有名な「ひじき」についてお話しておきます。

有名なひじきは残念なデータが発表されました。

生理 ,デトックス, 効果
↑ひじきの鉄分は9割も減少してるんですよ><
ひじきはダメになっちゃいましたが、以下の鉄分は、レバーよりも含有率が多いのですよ♪

    • 小松菜、ホウレンソウ、ブロッコリー
    • ナッツ類
    • 納豆
    • 海藻

※ココアの鉄分は少ないです。昔の販売戦略で有名になっただけです。

生理のデトックス力と不妊症は大きく関係する!

不妊症は原因がわかっている場合は、治療に取り組めますが、
体質などが原因で多岐にわたる場合は、自分にあった方法を見つけることに時間がかかってしまい、
それこそ原因の一つである「ストレス」が悪化してしまうばかりですね><

子宮の老廃物の排泄が促進されると体質改善につながりますし、
生理周期も整いますので妊娠しやすい時期がわかりやすくなるし、
体質が改善されるので、妊活に大きく効果するはずです♪

生理周期に合わせて食の取り方を変える美容法なんて信じない女性のお話

私の周りにいる肌質・体型で悩んでいる友達も,体質で悩んでいる知り合いも,
「この食材が良いらしい!って,
なんちゃら先生がテレビで言ってた!」と,
よく話しています。

そんな話をしながらも
市販のペットボトルのミネラルウォーターをゴクゴクと飲み、
市販のサンドイッチを、幸せそうに食べています。

サラダパックやオニギリ,お寿司や蕎麦なら、
身体によさそうだからスーパーで買っちゃう!ってこともよく話しています。

こんなアルアルな人たくさんいますよね。。

(20代の私も、お寿司は痩せる!って信じてました 汗)

彼女たちも、食事の内容が美容と健康に直結していることは
分かっているはずで,きっと情報を聞いたその瞬間は
「これなら綺麗になれる!」ってテンションが上がるんですよね。
だけど色んな情報を聞きすぎて、
「あの人はこう言ってたのに,この人はなんでこう言うのかな?」と,
ループ状態に陥ってしまい
本末転倒食事法になってしまってるんだと思います。

生理のデトックス力を決めるのは、酵素の力です。
酵素は摂取した食材の栄養(ビタミン、ミネラルなど)を分解し身体に巡らせ細胞に吸収する役目です。

子宮年齢が若返り強く綺麗になるデトックス方法

美しい魅力的な女性が持つ”共通点”とはなんでしょうか?

私は長年の経験から「子宮が若くて強いこと」だと思っています。

子宮のアンチエイジングを始めると、見た目が美しくなるだけではなく、体質改善も同時に行っていることになります。

30代後半から老化の悩みが増えるその原因には、子宮の疲れや汚れ・老化にあり、健康に支障が出る前に先に美容面に現れます。

  • 何をしても痩せない
  • 下腹部ぽっこり
  • バストの形が緩んできた
  • 下半身太り
  • 二の腕が振袖状態
  • 肌がボコボコしてきた
  • くびれが緩んできた

・・・などなど女性の老化の現象として現れます。

肌の水分低下、目の下のたるみ、唇の潤いとハリなどがなくなれば、子宮は、相当疲れている状態を表しています。

子宮年齢が若返り強く綺麗になるとどのように変化する?

子宮が若返り綺麗になると「見た目の変化」編

  • 抜け毛が減り頭皮が活性
  • たるみ・シワ・シミ・くすみの改善
  • オイリー肌の皮脂過剰を抑制

子宮が若返ると美痩せができます。

  • 女性ホルモン分泌力により体は引きしまり、体は軽くなる
  • 女性ホルモンをアップさせるのでバストアップとヒップアップになる

男体型、幼児体型で悩んでいる人へ

”くびれ”は女性ホルモンの分泌量と大きく関わりがあります。

腹筋を一生懸命しただけでは、くびれは作れないことは、母親などを見ていると納得できますよね。

バストアップサプリ系はどんなものであっても、望むようなサイズアップはできないです。

嘘だと思うなら一度試してみることをおすすめします♪
胸はいつまでたっても膨らまないことがわかります。

子宮が若返り強くなると「体質改善」(妊活にも影響する)

  • PMSの症状
  • 冷え性
  • 生理トラブル
  • 経血のレバー状をサラサラにする
  • 婦人病の予防
  • アトピー・アレルギーの改善
  • 不妊症に根本改善

婦人科系疾患

婦人科系の疾患だと診断を受ければ、医師の指示に従わねばなりませんが
同時に子宮の強化改善策も取り入れなければずーっとお薬に頼ることになります。

子宮年齢が若返り強く綺麗になるデトックス方法

子宮を老化させる間違いの方法編

ですが、美意識が高い人ほど、
情報過多の時代により
間違った「健康・美容法」を選んで干からびた女性になっていませんか?

このブログでは「断食」など、数年後に体の負担になるようなことはおすすめしていませんmm

好転反応なんて現象も起こらず、とても簡単で理にかなった効果絶大な方法をお伝えしています。

干からびた女性になるような方法や、美容方法にはくれぐれも手を出さないようにされてくださいね。

体重を落とすことは実はとても簡単です。

ですが、以下のような方法で体重を減らすことばかりが目標になっている場合、
くびれはなくなり、肌が茶色く、髪は薄く細くなっていくなどの症状が伴います。

ただ痩せるのではなく、美しい女性のラインを作り、美肌でもあることはとても大切です。

  • 炭水化物制限
  • 食べない
  • 置き換え
  • 肉を食べない、
  • 穀物ばっかり食べている
  • お菓子などを我慢している(絶対にリバウンド)
  • ハードな運動
  • ミネラルウォーターの2リットル摂取を信じている
  • グリーンスムージー(体を冷やす)
  • サプリメントばかり飲んでいる

子宮を若返らせ強くする具体的な方法

  • 子宮の老廃物を根こそぎ排出する
  • 生理の経血とともに身体の老廃物を排出する
  • 食べた食材の分解力を高める
  • 老廃物を確実に回収させリンパ管に送る

まずは子宮の状態を知ろう!

あなたの子宮は若い?それとも老化気味ですか?

子宮が若くて綺麗かどうかは生理のデトックス力が決め手です。

生理は月に1回の子宮の大掃除ですが、
子宮の老廃物を根こそぎ綺麗にすると、見た目年齢はもちろんの事、
体も心も安定し、魅力的な女性になるんですよ♪

急激に見た目が老けたと思う時は、
身体や心も同時に重くなっていることに気づきませんか?

それは、気のせいでは無くて、医学的にもしっかりとした原因があるんです。

子宮年齢の若返りと女性ホルモン

子宮を綺麗にするエストロゲンの作用

女性ホルモン2種の1つエストロゲンには、

新陳代謝を促進する作用
水分を保持する作用

があるため、

デトックス力が高い女性は、エストロゲンの分泌力も高いために、
エストロゲン分泌が優位になる「生理4日目〜排卵日前日」までの期間は、
髪は根元が元気になり、ツヤが出ますのでトリートメントを変えたような感覚に。
肌は水々しく潤い、皮下脂肪を増やす作用もありますのでハリが出ます。

生理4日目くらいに経血が終わることで、子宮が元の大きさに戻ります。
そのことで頭の先からつま先までの筋肉も大きく影響されるのです。

内面も影響を受けますので、何事にも前向きで、ストレスにも強い期間です。

ただしエストロゲンの分泌が多すぎると、乳がんや子宮頸がんという婦人科系のリスクも高まるので、エストロゲンを増やしすぎるのは間違いです。
*心配しなくても怪しい薬を飲まない限り増やしすぎることはありません。

30代後半からなりやすい「中年太り」というのは、エストロゲンの分泌力が低下するために新陳代謝が遅くなり、食べる量も運動量も同じなのに太りやすくなるんです。

だから同じ年齢でも大きく差が出るのです。
(ぱっと見は細くても、脱いだら・・・と言う方も多いのが中年以上です)

子宮を若く強く綺麗にする女性ホルモン

女性ホルモンと女性周期

女性ホルモンが生理を起こしていることは、ご存知だと思いますが、
実は、女性ホルモンは頭蓋骨、肩甲骨、骨盤の開閉にも、
体温の上昇力にも、大きく関係しているのです。

頭蓋骨が閉まるので、2回りほど小顔になり、各パーツも引き締まります。
なので、老廃物がたまりすぎている方は、生理前10日間に体がむくんだりするのです。

骨盤が締まることで肩甲骨も締まるので、
バストは上向きになり、肩こりが軽減されます。
骨盤が締まることで、クビレはいつもよりはっきり現れます。
新陳代謝の促進作用で、比較的太りにくいため生理後は、
痩せやすいのです。

女性ホルモンは女性の1ヶ月間を
2種の女性ホルモンの分泌量により、下記の3つの期間に変化をつけています。

  • 生理前
  • 生理中
  • 生理後

シーソーのように交代制で、どちらかの女性ホルモンの分泌量がアップしたりダウンしたりして、女性の体と脳をコントロールしています。

常に意識している女性は少ないとは思いますが、
私たち女性の毎日は、
女性ホルモンの分泌量に左右されているんですよ。

「女性ホルモン」っていうと、「エストロゲン」という
生理後に分泌量が多くなる女性ホルモンだけしか
知られていない雰囲気がありますが、

エストロゲン美のホルモンという異名を持つくらいなので
女性は少しでもエストロゲンを多くする方法が大好きですね!

でも生理前に分泌力が多くなるプロゲステロンも、
なくてはならない女性ホルモンですので是非覚えてあげてください♪

子宮年齢を若く強く綺麗にする真実と嘘

女性ホルモンに関する誤解と嘘

以下の女性ホルモンに関するお話は、嘘や誤解です。
以下の情報には惑わされないでください!

  • ①セックスしてないと女性ホルモンがでない?
    何かを愛おしいと思うだけでも十分です。逆にセックスは子宮の病気になる
    リスクの方が多いのでほどほどに。
    (なんの根拠もなくタレントが言ったことを、一般人が真似ているだけの受け売り情報です。)
  • ②ミレラリアなんちゃらというサプリ飲んでる人。
    全く効果ありません。逆に添加物が怖いです。
  • ③がっつりエクササイズで女性ホルモンは増える?
    逆に老けます。エアロビなど激しいのは今すぐやめましょう!
  • イソフラボンは2人に一人はどれだけ摂取しても効果がありません。

生理でデトックスは若返る効果について(コラム)

私が体型改善とアンチエイジングに成功してからは、
周りの男性からも女性からも対応がガラッと変わりました。

そうすると、何をやっても楽しくなるんですよね♪

楽しくなると何にでもチャレンジしよう!って思うし、
ウキウキしてるから知り合う人もガラッと変わったんです。

全てが相乗効果によってよくなっていったと言えばいいでしょうか?

これが結果、運気が上がるということなんだと思います♪

ストイックな修行みたいな美容法は絶対によくないと思うので、
何を取り入れるかは慎重にしましょうね!

ダイエットや美しい身体ライン、美肌、肌の若返りを目指す方は、
体重よりも「サイズダウン」、食事量を減らすよりも,「分解力・解毒力」という意識に変えなければ、体重ダウンに成功しても、
心身の不調に襲われたり、次から次にサプリメントを変える地獄の毎日になります。

40歳前後から2人に1人は襲われてしまう「病名のつかない体の不調」や、
急な体力低下、気分がふさぎこむなど、明らかに30代までとは違う体の不調やそれが原因で心が不安定になりやすいのです。

ひと昔前なら「病院のたらい回し」くらいの被害でしたが、
最近は不景気のためか、
とりあえず「自律神経失調症」とか「〇〇症候群」などと伝えて薬や漢方につなげる医師も多く、
私も危うくカモにされかけた経験が何度もあります><

肌も、身体も女性ホルモンに合わせてトレーニング(美容法)しなければ
効果が現れるまで随分と時間がかかりすぎます。

バストを残してダイエットが成功するのも
同時に美肌になるにも
女性ホルモンの分泌されるリズムに
合わせる美容法、ダイエットでなければ
リバウンドもあるし,不自然な方法になります。

そして1ヶ月に一度の「生理」は,女性力の評価表なのです。

正しくて不自然じゃない美人道を
ちゃんと歩いているのかを,
「月に1回」身体が教えてくれるのが「生理」です。

生理に合わせて生活することを知り
私は体重が20キロ減、
ニキビもクスミも改善できました。

生理を利用した解決策を記事にして,女性ホルモン
リズムを無視して過ごしているばかりに
何をやってもうまく行かず人生をムダにしている女性のお役に立ちたくて記事を書いています。

ちょっとその解決策に気付くまでの道のりを
書いてみたいと思います。

エステティシャンをしていた頃
周りのエステティシャンは,勉強熱心で意識が高い人ばかりで、
常に東洋医学の話や,精油の話が飛び交っていました。

営業系のエステに就職していたら,
今頃どうなっていたんだろう?私(怖)
ですので,知識や理論に苦労することはありませんでした。

でも,自分が何かの症状で悩んでいるわけじゃなかったから,
浅い部分でしか理解していなかったことに
20代後半になって,気付いたのです。

今から数十年前、
原因不明の体調不良で,様々な専門外来に通う毎日が続き,
どの医師の答えも「検査結果に問題はないよ」・・・。

そんな悶々とした日々が、1年ほど続いていましたが,
「食」への常識がガラリと変わるほど猛勉強を開始!
その結果、
体重、体質,体臭など様々な変化と共に,
心の安定感も手に入れることができました。

それまでの私は、健康そのもので
大きな病気を一つも経験したことがなかったのです。

強いて言えば、体が冷たいのに暑がりで
おりものの臭いが強く量も多いくらい。

勘の良い人なら,お分かりですね!
西洋医学的にOKでも, 東洋医学的には病気の一歩手前だったということ!

「食」について猛勉強を始めてから,身体についての
悩みが、次から次に解決していきました。

そして,無視出来ない女性ホルモンのことや
ムーンバイオリズムのことなど
様々な方角から女性の身体を勉強しました。

そして,色々な方法を知っていても同じ方法を毎日やっていると結果はでにくいということ,
食材も、化粧品も、フィットネス関連も(自宅で)
女性ホルモンの分泌のリズムを無視しては
がむしゃらに頑張っても効率が悪いことに気付いたのです。

女性の身体は不思議なことに
夜空の「月」の成長とまったく同じです。

生理周期に合わせて
「食」への常識を変えることが,
美容効果だけではなく
精神の安定感にも 繋がるという話は、
眉唾ものの話ではなくて
ちゃんと科学的に実証できるんですよ♪

女子の体は28日間、
お月様と同じように変化してるって実感できるので
女性らしくキレイで若々しくいるために
一番大切な,卵巣、子宮
パワーアップさせることに繋がるので
明日から、いやっ,今からでも!!始めて見ませんか?

私と生理とデトックス

エステティシャンだったのに
ブクブク太り体質もボロボロ,お肌もニキビにクスミにと散々な過去がありました。

詳しくはプロフィールと,この記事でお読みくださいmm

身体に関わることを猛勉強し,生理の本当の役割を知り、
生理を中心に生活を変えた結果、体重が20キロ落ち、肌荒れ、ニキビも改善し
決して、鶏ガラみたいな女性にはならずに
ダイエットと美肌づくりの方法を手に入れました。

今でももちろん続けています。
美痩せダイエット、ボンキュッボンになる方法でもある、
肌がキレイになり、バストも小さくならず,セクシーなクビレも作りながら痩せる方法は,

栄養素をしっかりとり、老廃物を生理で出し切る力をつけることです。

美肌にもなるダイエット方法は、1ヶ月に1キロまでにしないとバストから落ちちゃうし,冷え性になって痩せにくくなり,大きくリバウンドもします><

私がお伝えするのは、食べる量を減らして痩せる方法ではなく「食べること」の常識を変えること♪

それと「生理の機能を上げることにフォーカスするライフスタイルに移行する」ことで、
女性らしく,美肌を目指しながらキレイに痩せることをコンセプトにしています。

タバコだけは全期間だめですよ〜!

私も元喫煙者なので,気持ちは分かります!

でも喫煙するくらいなら,美容はあきらめてください。

あなたの美容法は偏っていませんか?

私が実践し提唱している「美容法」は,
”バランスよく”ということを大黒柱に置いています。

スキンケアアイテムが負担になる成分で構成されていれば
活性酸素を増やしたり、肌に刺激となりスキンケアの効果が半減されます。

スキンケアはオーガニック,天然成分でケアしましょう♪
*必要な添加物もあることを忘れないで!!

医学的にも効果がある成分を入れないと
「老化対策」なんてただの気休めです。

これだけは!という成分は取り入れ
他のスキンケアやメイクは肌に負担のないものにしています。

※いま使っている商品は捨てずに、
旅行用などに保管して一つずつ変えていきましょう!

<秘伝>アラフォー・アラフィフが若返ることができるのスキンケア方法

最先端スキンケアリスト

酒井の1日の美容スケジュール♪

-若返る生理デトックス
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 若返ることができる美容法(アラフォー アラフィフ専用) , 2019 All Rights Reserved.