☆感謝の思い☆
FBへ嬉しいお言葉沢山頂き,ありがとうございます♪
「信者です!」「教科書みたいです!」など、
恐れ多いお言葉ですmmありがとうございます♪

記事・画像の使用は一部でも禁止です。

>>盗用した場合このように個人が特定されます

 

子宮を若がえらせエストロゲン分泌をアップする知られていない秘密の方法♪

投稿日:2017年1月15日 更新日:

男性から見ても女性から見ても魅力的な美しい女性が持っている”共通点”とはなんでしょうか?
私は長年の経験から「子宮が若くて強いこと」だと思っています。

男ウケするような綺麗な身体ラインは、現代では女性にも影で憧れられますよね。

ですが、美意識が高い人ほど、
情報過多の時代により
間違った「健康・美容法」を選んで干からびた女性になっていませんか?

このブログでが「断食」など、のちに負担になるようなことはおすすめしていませんmm
好転反応なんて現象も起こらない、とても簡単で理にかなった効果絶大な方法です。
絶対に干からびた女性になるようなデトックス方法や、美容方法にはくれぐれも手を出さないようにされてくださいね。

子宮のアンチエイジングに成功すると、見た目も美しくなり
体質改善も同時に行っていることになりますので
子宮の浄化クレンジング、子宮の老廃物の根こそぎデトックス
毎日の生活の中に溶け込ませてみてください♪

子宮 若くする 方法

子宮を若返らせる秘密の方法は「生理のデトックス」機能をアップすること!

子宮を若返らせ強くする方法

  • 子宮の老廃物を生理で根こそぎ排出する
  • 生理の経血とともに身体の老廃物も同時に排出する
  • 食べた食材の分解力を高める

生理の機能を使うデトックスパワーは個人により大きく違いがあります。
それは遺伝などとは関係なく、「生活・食事」などの習慣により変わるんです。

子宮は筋肉ですから硬くなるし、冷えます。他の臓器よりもものすごく敏感でもあります。

生理とは子宮の老廃物を酵素の分解力により、経血に変えて身体の外に排出しているのですが、
分解して排出する機能が高い女性は、
子宮の老廃物を根こそぎ排出できるだけではなく身体の老廃物も一緒に経血にしてデトックスすることができるのです。

生理とデトックスの関係性については↓こちらに詳細をお伝えしており、
当ブログの”よく読まれている記事の殿堂入り”に入っております♪

>>最強のデトックス機能「生理」をパワーアップする1ヶ月の過ごし方♪

生理のデトックス機能を高め子宮&身体の老廃物を根こそぎデトックスできるとどうなる?

以下の”悩み””症状”がなぜ「生理のデトックス」で解決できるのかは、
下方にリストしたインナーケアに関する記事をお読みいただければわかるようにお伝えしています。

体の中が浄化されるために改善されること

  • 薄毛
  • たるみ・シワ・シミ・くすみ
  • オイリー肌
  • 便秘・下痢(腸内フローラが改善)

*肌は正しいスキンケアも同時に必須です。

体は引きしまり、体は軽く、肌にはツヤが出て、バストも上向きになってきます。
バストが垂れてしまったり、痛みがある方にもおすすめです♪

体質改善が進むことで改善されること(妊活にも影響する)

  • PMSの症状
  • 冷え性
  • 生理痛
  • 経血のレバー状をサラサラにする
  • 婦人病の予防
  • アトピー・アレルギー

>>生理の経血にレバー状・塊がある原因

美痩せを目指している方へ

体重を落とすことは実はとても簡単です。

ですが、以下のような方法で体重を減らすことばかりが目標になっている場合、
くびれはなくなり、肌が茶色く、髪は薄く細くなっていくなどの症状が伴います。

ただ痩せるのではなく、美しい女性のラインを作り、美肌でもあることはとても大切です。

  • 炭水化物制限
  • 食べない
  • 置き換え
  • 肉を食べない、
  • 穀物ばっかり食べている
  • お菓子などを我慢している(絶対にリバウンド)
  • ハードな運動
  • ミネラルウォーターの2リットル摂取を信じている
  • グリーンスムージー(体を冷やす)
  • サプリメントばかり飲んでいる

男体型、幼児体型で悩んでいる人へ

”くびれ”は女性ホルモンの分泌量と大きく関わりがあります。

腹筋を一生懸命しただけでは、くびれは作れないことは、
母親などを見ていると納得できますよね。

バストアップサプリ系はどんなものであっても、
望むようなサイズアップはできないです。

嘘だと思うなら一度試してみることをおすすめしますよ♪
胸はいつまでたっても膨らみまないことがわかります。

何を塗ってもやっても美肌にならなくて悩んでいる方へ

*たるみやシミ、ニキビなどを改善したい方は
インナーケアと同時に、
正しいアンチエイジングスキンケアを同時に取り入れると効果が現れるのが早いです♪

肌が変化するのは細胞の再生に3ヶ月かかりますので、それを少しでも内側から促進させると早く効果が出ます。

>>アンチエイジングスキンケアの思い込み,間違いを正せば10歳若返る!

まずは子宮の状態を知ろう!

30代後半から見た目老化の悩みが増えるその原因は、子宮の疲れや汚れ・老化にあり、健康に支障が出る前に先に美容面に現れます。

  • 何をしても痩せない
  • 下腹部ぽっこり
  • バストの形が緩んできた
  • 下半身太り
  • 二の腕が振袖状態
  • 肌がボコボコしてきた
  • くびれが緩んできた

・・・などなど女性の老化の現象として現れます。

肌の水分低下、目の下のたるみ、唇の潤いとハリなどがなくなれば、子宮は、相当疲れている状態を表しています。

①生理の経血の状態で知る

生理1日目〜3日目の経血に「レバー状の塊」がありませんか?

「レバー状の塊の正体の原因」

妊娠で使われなかった「子宮の老廃物」は、
酵素の力で液状の経血(生理の出血)にまで分解され体外にでます。

疾患や、よどのストレスを受けニア限り、女性であれば誰でも生理にはなりますが、

「レバー状の塊」がでる人は、
酵素の力が足りず、液状(血液)にする力が低すぎるためなのです。

この「レバー状の状態」はとても深刻な状態で、酵素による老廃物の分解力が足りないため、子宮へ大きな負担がかかっていることの証拠なのです。

レバーの正確な表現は「液状になりきれなかった子宮と身体の老廃物」です。

  • 生理の臭いが強い
  • 生理中に便秘または下痢になる
  • 生理の臭いが強い

などの症状は、添加物が多い食事が多かったことが原因で、
便秘と下痢の原因は酵素の分解力が足りず、腸内の水分を増やすか、減らすかの判断が偏ったことが原因です。

 

②生理前10日間の心身の状態で知る

生理前10日間についての過ごし方とか、食事についてとかの情報って昔からたくさん出回っていますが、
私は生理前の10日間は「結果」が出ている状態にしか過ぎないので、
生理前になってからアタフタしても全く意味がないことを知っています。

実は重要視しなければならないのは、
以下の2つの期間にどう過ごし何を食べるかなのです。

  • 生理1日目〜3日目の食事と生活スタイル
  • 生理4日目〜排卵日前日まで

>>生理前10日間とは?

生理後に分泌量が多くなるエストロゲン

~美に関係するエストロゲンの作用~

女性ホルモン2種の1つエストロゲンには、
新陳代謝を促進する作用と、
水分を保持する作用があるため、

デトックス力が高い女性は、エストロゲンの分泌力も高いために、
エストロゲン分泌が優位になる「生理4日目〜排卵日前日」までの期間は、
髪は根元が元気になり、ツヤが出ますのでトリートメントを変えたような感覚に。
肌は水々しく潤い、皮下脂肪を増やす作用もありますのでハリが出ます。

生理4日目くらいに経血が終わることで、子宮が元の大きさに戻ります。
そのことで頭の先からつま先までの筋肉も大きく影響されるのです。

内面も影響を受けますので、何事にも前向きで、ストレスにも強い期間です。

ただしエストロゲンの分泌が多すぎると、乳がんや子宮頸がんという婦人科系のリスクも高まるので、エストロゲンを増やしすぎるのは間違いです。
*心配しなくても怪しい薬を飲まない限り増やしすぎることはありません。

30代後半からなりやすい「中年太り」というのは、
エストロゲンの分泌力が低下するために
新陳代謝が遅くなり、食べる量も運動量も同じなのに太りやすくなるんです。

だから同じ年齢でも大きく差が出るのです。
(ぱっと見は細くても、脱いだら・・・と言う方も多いのが中年以上です)

女性ホルモンによりコントロールされていること

女性ホルモンが生理を起こしていることは、ご存知だと思いますが、
実は、女性ホルモンは頭蓋骨、肩甲骨、骨盤の開閉にも、
体温の上昇力にも、大きく関係しているのです。

頭蓋骨が閉まるので、2回りほど小顔になり、各パーツも引き締まります。
なので、老廃物がたまりすぎている方は、生理前10日間に体がむくんだりするのです。

骨盤が締まることで肩甲骨も締まるので、
バストは上向きになり、肩こりが軽減されます。
骨盤が締まることで、クビレはいつもよりはっきり現れます。
新陳代謝の促進作用で、比較的太りにくいため生理後は、
痩せやすいのです。

女性ホルモンは女性の1ヶ月間を
2種の女性ホルモンの分泌量により、下記の3つの期間に変化をつけています。

  • 生理前
  • 生理中
  • 生理後

シーソーのように交代制で、どちらかの女性ホルモンの分泌量がアップしたりダウンしたりして、女性の体と脳をコントロールしています。

常に意識している女性は少ないとは思いますが、
私たち女性の毎日は、
女性ホルモンの分泌量に左右されているんですよ。

「女性ホルモン」っていうと、「エストロゲン」という
生理後に分泌量が多くなる女性ホルモンだけしか
知られていない雰囲気がありますが、

エストロゲン美のホルモンという異名を持つくらいなので
女性は少しでもエストロゲンを多くする方法が大好きですね!

でも生理前に分泌力が多くなるプロゲステロンも、
なくてはならない女性ホルモンですので是非覚えてあげてください♪

>>生理前10日間について

ところで、気づいていましたか?
2種の女性ホルモンによって私たち女性は、
体のライン、髪質、肌質、考え方がコントロールされているんです。

  • 頭蓋骨の開閉
    ー顔の変形ーむくみー目の大きさー目の潤いー唇の形
  • 皮膚ー皮脂量ー水分量
  • 肩甲骨と骨盤の開閉ーバストの大きさーくびれ
    *肩甲骨は骨盤の開閉により影響を受ける

女性ホルモンに関する誤解と嘘

以下の女性ホルモンに関するお話は、嘘や誤解です。
以下の情報には惑わされないでください!

  • ①セックスしてないと女性ホルモンがでない?
    何かを愛おしいと思うだけでも十分です。逆にセックスは子宮の病気になる
    リスクの方が多いのでほどほどに。
    (なんの根拠もなくタレントが言ったことを、一般人が真似ているだけの受け売り情報です。)
  • ②ミレラリアなんちゃらというサプリ飲んでる人。
    全く効果ありません。逆に添加物が怖いです。
  • ③がっつりエクササイズで女性ホルモンは増える?
    逆に老けます。エアロビなど激しいのは今すぐやめましょう!
  • イソフラボンは2人に一人はどれだけ摂取しても効果がありません。

イソフラボンは効果が全くない人がいるんです!

エストロゲンといえば、有名な「イソフラボン」についてお伝えします

よく「エストロゲンの増やし方」などがたくさん出回っていますが、
実は効果が2人に1人は効果が得られないのです。

研究によって「2人に1人にしか効果がない」ことが判明しています。

エクオールという物質を作れる体かどうかを血液検査を受けて確認しなければなりません。

酒井はイソフラボン系をたくさん摂取しても
何も効果がなかったので、おかしいなぁと思っていたら
あることを知って納得しました。

「研究により日本人は2人に一人しかエクオールの効果が出ない・・・」

しかも効果ありな人でも、
イソフラボンは相当の量が必要なのです。

でもこの記事はありきたりな大豆を食べよう!系ではありません。

それを知らないと、いろいろな商品を買わされるだけなので注意が必要です。

病院に行き、医師に煙たい顔をされながら、検査申しこむのも億劫ですよね。

だから、私が試行錯誤を重ね、効果が大きくあった子宮を若返らせ強くできた方法をお伝えします♪

子宮を若返らせ強くする具体的な方法

  • 栄養素を分解させる機能(酵素量)を高める
  • 栄養素のカスを確実に回収させリンパ管に送る
  • 老廃物を根こそぎ排泄させる

栄養素を分解して巡回できていない人は多い

女性の1ヶ月は大きく以下の2期間に別れます。

  • 排泄期間(経血期間含む)
  • 溜め込む期間

生理1日目〜排卵日前日

エストロゲン分泌が高まりデトックス力が高い期間で、
同時に、溜め込む期間である生理前10日間への準備期間でもあります”

この根こそぎ排泄期間である生理1日目から排卵日前日には、
栄誉素を巡回させエストロゲン分泌につながる”酵素の分解力”が必要です。

この期間に正しく酵素を補っておくと、生理前10日間の”溜め込む期間”の暴飲暴食を止め、
子宮を老化させる原因になる食材を受け付けなくさせるセンサーが自動で働くようになるんです。

生理前に自己コントロールができなくなる原因

生理に近づくと自己コントロール力が弱まり、その原因は、「脳」にあります。

私たちの体は、脳が全てを司っています。心ではありません。

だから「精神力を鍛えろ!」なんてナンセンス(古っ)です。

脳科学を勉強していない、古い人が言ってる戯言なのでご注意ください。

忍耐や努力で子宮は若返りません。
無理なく簡単であることは活性酸素を増やさない方法でもありますので。

例えば、良質食材(有機・オーガニック)なものだけを口にしても
それを巡回させ分解させる力がないと、
細胞に届かないし臓器にも、脳にも届かず、排泄もできません。

回収できないため、老廃物が足首や下腹部で溜まってます。

脳へ栄養素がしっかり届いていないと、どれだけ食べても
「足りてないよ〜」と、脳は困ってしまい、生理前に
大急ぎで、なんでもいいから食べさせます。

生理前は妊娠前と同じですから、身体や脳は緊急状態なんです。

この生理後の期間は、生理前の溜め込む期間に向けて
正しく栄養素を摂取する期間です。

生理前に暴飲暴食、悪いものを食べると、子宮に思いっきり負担がかかるので

それをさせないために、
生理中1日目〜3日目と、生理4日目〜しっかり栄養素を分解し巡回させ根こそぎ排泄ましょう!

子宮を若返らせ強くする秘密の方法

>>生理1日目〜3日目の正しい食事(朝食・昼食・夕食・飲み物・スィーツ)

>>生理中1日目2日目3日目の正しい過ごし方は「美しく若返り美痩せ」になる♪

>>「生理4日目〜排卵日」に子宮が若返り見た目年齢を10歳マイナスする方法♪

>>第9の栄養素「酵素」を知らずして美肌、美痩せ、若返りができない理由

>>子宮の若さを決める生理のデトックス力を確認する方法

  1. 最強のデトックス機能「生理」をパワーアップする1ヶ月の過ごし方♪
  2. 「生理4日目〜排卵日」に子宮が若返り見た目年齢を10歳マイナスする方法♪
  3. 生理周期に合わせて食事の取り方を変えると効果絶大なデトックス力になる美容法
  4. 生理1日目〜3日目の正しい食事(昼食〜寝るまで)
  5. 「生理1日目〜3日目」生理の解毒力を最大にする1ヶ月の過ごし方
  6. 生理を中心にした酒井の食生活を公開!!
  7. 生理に関するよくある不安なことや疑問なこと

効果がないデトックス方法

一般的に身体の解毒(老廃物の排泄)といえば、「腎臓」ですよね。
世の中には様々なデトックス方法が存在しますが、
効果を感じたことはありますか?

よもぎ蒸し ネットワークビジネスです。だからガンガン進められます。

カッピング・・・医学的効果はないと確定しています。

こんにゃくやヘナを足の裏に塗る、樹液シート・・・やってみたら効果がないと即わかります。

婦人科系疾患

婦人科系の疾患だと診断を受ければ、医師の指示に従わねばなりませんが
同時に体質改善=デトックスも取り入れなければ
ずーっとお薬に頼ることになりますよね?(漢方も同じ:後述)

お薬は一時的には劇的な効果がありますが、
長期の服用はお薬の成分を見ればわかるように、体を冷やすためよくないことはわかりますよね。

*後述するPMSは病気でもなんでもありません。

まとめ

子宮を強く若返らせる方法は、生理4日後から始めると成功しやすい。
*生理前は脳のコントロールが効かないため”前倒し”で始める

この記事を読んだ方はこちらの記事もよく読まれています.

生理前と生理中はスキンケアを変える必要があります♪
1ヶ月間分のコスパも高いため気軽にできますよ♪

スキンケアが苦手な方は生理中だけでもオススメします♪

>>生理前〜生理中に取り入れると綺麗に若返る秘伝のスキンケア

これだけは毎日頑張ろう♪

実は化粧水は不要なんです♪

難しいことがわからなくても
お肌が綺麗に若返るスキンケアになっています♪
よろしければ、お試しくださ〜いmm

1ヶ月の美容代がぐーんッとお安くなりますよ♪

上記のスキンケアの正しい順番はこちら♪
(*化粧水についても書いてます。)

>><秘伝>肌トラブル改善方法とさらに美肌になるアンチエイジングスキンケア

あなたの美容法は偏っていませんか?

私が実践し提唱している「美容法」は,
”バランスよく”ということを大黒柱に置いています。

スキンケアアイテムが
負担になる成分で構成されていれば
活性酸素を増やしたり、肌に刺激となりスキンケアの効果が半減されます。

スキンケアはオーガニック,天然成分でケアしましょう♪

*必要な添加物もあることを忘れないで!!

医学的にも効果がある成分を入れないと
「老化対策」なんてただの気休めです。

これだけは!という成分は取り入れ
他のスキンケアやメイクは肌に負担のないものにしています。

※いま使っている商品は捨てずに、
旅行用などに保管して一つずつ変えていきましょう!

子宮を若返らせるインナーケアについて書いてます♪
>>生理でデトックスパワーを最大にする美容法

顔のたるみにも影響している頭皮&ヘアの詳細は↓ココ
>> 薄毛・抜け毛で悩む方はこちら♪

管理人について

エステ講師元エステ講師酒井由紀

ナードアロマ協会アドバイザー
皮膚科医からエステサロンのオープンを託された経歴も持っています。

✤気休めじゃない!安全で効果抜群のスキンケア方法
✤スキンケアで筋肉を引き締める方法
✤シミを消す確実な方法
✤子宮から若返る生理でデトックス方法

などをお伝えしています♪

<注意!>このサイトの記事・画像を無断での使用・引用は著作権法違反です。

プロフィール

お問い合わせ

今月の人気記事ランキングへ

FAN'svoice

よく読まれている記事はこちら♪

no image 1

<2017年9月度> 9月によく読まれた記事順にリストアップしています。 祝! 殿堂入り♪ 最新型ビタミンC誘導体APPS 最先端強力リフトアップDMAE ほうれい線たるみ毛穴シミくすみを7日で消す! ...

no image 2

このページは「保存版」で、 私が新しい化粧品を試し、さらに良いものが見つかれば更新します♪ 皆様には申し訳ないのですが、前置きが長いです。(大切なことなので) 2回目以降の方は、前置きを飛ばすために↓ ...

たるみシワシミ毛穴くすみシミ 消す 方法 3

ほうれい線,シミが濃くなり消えない(汗) フェイスラインがふやけてたるんできた(泣) シワが本格的に深くなり、 夕方になると毛穴もたるんで目立つし、 顔のクスミが酷くなる!など・・・ 「急に老けた!」 ...

生理 デトックス 最強 排泄 排毒 4

女性だけの特権である, 「最強のデトックス機能=生理」は, 個人によりそのデトックス能力が大きく違います。 そのデトックス(拝毒・排泄)パワーは、 あなたの「女性力」と直結しており、 毎回の生理の「経 ...

no image 5

私の実践しているインナーケア(子宮を若返らせる・老廃物の排泄力を高める)は、 あれやこれやと様々なことをしません。 危ない断食もハードな運動もなく好転反応も起きません。 雑誌、テレビ、キュレーションサ ...

子宮 若くする 方法 6

男性から見ても女性から見ても魅力的な美しい女性が持っている”共通点”とはなんでしょうか? 私は長年の経験から「子宮が若くて強いこと」だと思っています。 男ウケするような綺麗な身体ラインは、現代では女性 ...

-酵素にも新型・高浸透力の酵素がある, 生理の経血の状態, 第9番目の栄養素「酵素」, 生理中1日目2日目3日目の食事, 生理中1日目2日目3日目の過ごし方, 生理4日目〜の過ごし方, 生理4日目〜排卵前日までの過ごし方, インナーケア(子宮の若返り・デトックス), 生理は究極のデトックス , 生理前10日間の過ごし方, 生理のデトックス力を決める「酵素」, 女性ホルモン分泌アップの秘密, 子宮を若返らせる秘密の方法, ❖急激に老けた!若返り方法
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© アラフォーアラフィフのための最先端美容法♪ , 2017 All Rights Reserved.