40代50代エイジングスキンケア方法

40代50代女性がやってはいけない【クレンジングNG特集】それ間違ってるよ!!

【40代50代限定】クレンジングの疑問を専門家がお答えします♪

お家でできるプロの美容方法をblog中心に発信しています。@bikatuowen(insta)です☺️

最近、YouTubeなどで人気の方や美容師さん系とかがスキンケアについてたくさん投稿されていて、楽しそうにお話されているので見ていて楽しそうだなとは思います。

参考がてらに見ているのですが、「正しいクレンジング方法」とかってタイトルなのに、ゴシゴシクレンジングしてたりして、心臓止まるかと思いました。

以外にエステティシャンや美容家の人がそうだったりするのでゾッとしました😨

それと、美容を知らなくても、すでにYouTubeで人気がある方が情報を発信するので、いいね数や再生回数が多いとそれが正しいこととして広がっていきます。

若い時は肌自体がすぐに修復できるので、間違っていても、なんとかなりますが、アラフォー以降はこの修復力が低下しているので、同じようなことをしていると、肌の機能が低下していき汚い肌で見た目老化も倍速で進んでいきます。

今回、今までに頂いた数々の質問【クレンジング編】にお答えしてみました。

毎日のメイクを落としを”美容法”に変えて素肌を綺麗にしていきましょう♪

クレンジングはスキンケアの入口です。正しいやり方に変えるとお肌はハリを取り戻し美しい肌色へ変化していきます。

もし、これって間違ってたかも??と思ったものがあれば、1回トライしてみてくださいませ。

誰を信じるか信じないかは個人の自由です😉

濃いめのメイクをしてしまったけど、肌に負担がないようにメイクオフしたい

メイクしてなくてもクレンジングは必要ですか?

仕事柄、毎日スッピンなんですが、化粧しなくてもたまにクレンジングした方がいいでしょうか?

→クレンジングの必要なしです。が、外に出るときは日焼け止めは必要です。日焼け止めはメイクと同じで洗顔では落ちません。
洗顔で落とせるファンデとか日焼け止めとか販売されていますが、実際試すと洗顔では落ちません。

朝にクレンジングが必要ですか?という質問も多いのですが、メイクしていなければ必要ありません。

顔のクレンジングとは、ファンデーションや日焼け止めを落とすという意味ですので、朝は洗顔だけでokです。

繰り返しますが、日焼け止めはクレンジングで必ず落としてください。

メイクが薄い日用のおすすめクレンジング

メイクが濃い・薄いの判断は個人差があるので、難しいですが、「日焼け止めにお粉だけ」の場合でも通常のクレンジングが必要です。

手を抜かずに、1分以内で行うというのが鉄則です。

どうやってクレンジングってするのですか?

徹底解説!美容専門家が教える本当に正しいクレンジングの方法と手順

クレンジングは1分以内で行うのが基本です。昔からクレンジングは時短というのが美容業界での鉄則です。
時短でできるクレンジングとか言ってる方いますが、でも”それってただの手抜きですよね??”って美容情報多いですね😢

秒で落とすにはコツが必要なので、プロの技を個人でも使えるように解説します😉

クレンジングの手順

ポイントメイクについて

顔全体用のクレンジング剤を使いますので専用リムバーなどは必要ありません。

量:豆粒大をコットン(なければ柔らかいティッシュ)の真ん中につけ、目の幅くらいに広げて1分置きます。

この時、コットンまたはティッシュを湿らせてからクレンジング剤をつけることをお勧めします。(水道水のお水をつけてぎゅーっと絞る)

片方ずつ、コットンを目に当てて馴染ませます。

ゆっくり頬の方に向けて下に下ろします。TVのCMみたいに10秒くらい染み込ませて縦に滑らせます。

この時に横に滑らすとまぶたがたるみやすくなるのでご注意を。

まつげとまつげの間:コットンを折って先っぽで軽く拭き取ります。

やっちゃいけないのは、アイメイクを頬とか額とかに伸ばさないことです。

コットンを使わずに指でクレンジング剤を伸ばすと、うっすら黒いクレンジング剤で覆われることになりますよね。
これは目の下の薄い部分の皮膚に大きな負担になるのでやめましょうね。

今度は、唇にもファンデや口紅が残っていないか優しく拭き取ってください。

唇もコットンにクレンジング剤を豆粒1を伸ばして、口元にかぶせ1分放置。
外側から内側に拭き取ります。

エコ生活をしている方は、不要になった手拭いを小さくカットして、コットン代わりに使うことができます。
なんども再利用できるし、小鼻なども指先に手ぬぐい(日本手ぬぐいではなく、ガーゼのような)を巻きつけてクレンジングすると落とし忘れを防ぐことができます。

クレンジングの塗布

手ですけど何か?・・・(汗)

手を洗って、手の水分を拭き取ってからクレンジングを始めるのがベスト😃

↑イラストの説明をすると、クレンジング剤を手のひらに3プッシュほどのせてから両手を合わせて、混ぜ合わせます。
混ぜ合わせながら手の温度で温めてから塗布すると、メイクが浮きやすいです。

  1. 手のひら①=頬にぺちょっと乗せるというかクレンジングを貼り付ける感じ。
  2. 手のひら②=①で貼り付けた後、そのまま、今度は片方は「額」、もう片方は「顎」に貼り付けます。

↑次は手の平に残っているクレンジング剤を両手の中指と薬指にかき集めます。

鼻部分のクレンジング方法

クレンジング 正しい 方法

 

一応言っときますが、「鼻」です・・・

↑2本の指の第1関節の腹で鼻を眉間から唇方向にクルクルします。

  • お次は、小鼻を中指1本で5往復。
  • 鼻の下の極を横に5往復。
  • さらにその下をクルクルします。

この指で洗わないと、無駄に力を入れて洗ってしまうため肌荒れの元になります。

顔全体のクレンジング方法

クレンジング 正しい つけ方

※新種のモンスターちゃうでぇ〜!

↑そして額ー>顎ー>頬の順番でクルクルします。
全て2本or中指1本(部位により変えて)で、外側に向かってクルクルします。

クレンジングで全体をクルクルした後、ティッシュで目元のキワなどにメイクの残りがないか確認♪

洗い流す前に、ティッシュを割いて(ティッシュって2枚で1枚なので、それを引き離すって意味)内側部分を顔に乗せ、手で押さえます。

2枚使って押さえ拭いてください。(これ水の節約にもなります)

クレンジング料を肌に塗布してクルクルするのに約40秒、すすぎに約15秒、合わせて約1分くらいで終わらせてください。

すすぎの正しい温度

すすぎの回数は10回〜15回かな?

温度を”何度”で、と伝えたところで、測れない方がほとんどだと思う😅
天ぷらで使うような温度計で毎回測れませんよね。

冷たい水がダメなのは、メイクは油分なので、油分は水では落ちないからだし、温度が熱すぎると肌へ負担がかかったしまうので、”ぬるま湯”になります。

少々、メイクが残っていてもそのあとの洗顔で落ちるから大丈夫って言うプロの方多いですが、クレンジングでできるだけ落としてから洗顔をしたほうがいいに決まってます。

【無知なスキンケア】〇〇クレンジングは危険!使い方が全て!

このブログの読者さんは、30代後半以降の方が多いと思いますし、メイクで綺麗に見せたいというよりは、素肌自体を綺麗にしたいという考えの方が多いと思いますので、メイクバッチリという方は少ないとは思いますが、最近はマスク生活でアイメイクに力を入れている人も増えてきてるのでアイメイクリムーバーとかポイントメイク落としなどのことをお伝えしようと思います。

目の周りの皮膚ってとにかく薄い😢です。ここ1年半、リモートワークの方は目を酷使しているし、対面でお仕事をされている方は、マスクで口元が隠れるぶん目元を使ってコミュニケーションをとるので目の負担は相当大きくなっています。

目の周りの皮膚が過酷な理由は、薄いってだけでなく、目元は皮脂腺や汗腺もほとんどないため、乾燥しやすい💧
だから、笑うと3本横筋みたいな小ジワができるんです。

乾燥しやすい部分は、紫外線の吸収もしやすいということなので、大きなダメージにつながります。

こんなにデリケートであるにもかかわらず、瞬きや表情の変化による動き、アイメイクやクレンジングなどの負担を日々受けているので、目もとのクレンジングこそ正しく最大限に優しく行わなければなりません。

ナチュラルメイクの方やお化粧がそもそも好きではない方は、この記事はご興味がないかもしれませんが、しっかりアイメイクされる方は、アイメイクにどれくらい時間をかけていますか?

マスクをしてアイメイクに力を入れると、本当に印象が変わりますよね。久々にざわちんを思い出したりして、骨格って大事だな〜ってなっております。

アイメイクをしっかりしている場合、それだけ目元の皮膚に負担がかかっているのは間違いありません。

アイメイクが濃い方は、目元の皮膚のことを考えて、アイメイク専用リムーバー(ポイントメイク落としとか言い方は様々ある)でメイクオフしている方いらっしゃいますが、これが目元の皮膚をやばい状態にしています。

肌に一番負担がかかるのはクレンジングの時です。クレンジングについては他の記事でお伝えしていますのでここでは端折りますが、クレンジング自体が肌に大きな負担になっているので、目元にはさらに過酷です。

そこで、こんな説明を受けることが多いと思います。

  • 一種類のメイク落としで、アイメイクと全体のメイクすべてを落とすというのは肌に良くない。
  • 普通のクレンジング剤では、アイメイクのような濃いメイクを完璧に落としきることは難しい。
  • ポイントメイク専用のリムーバーで先にアイメイクを落としてから、全体のクレンジングをするようにしましょう!!!

とかです。

日焼け止め専用のクレンジングなんかも昔はよくありました。 今はあまり見かけませんが多くの人が買っていました。

ポイントメイク専用のクレンジング剤は、一番薄い部分を強い洗浄剤で洗うってことになるのに、どこもかしこも「専用クレンジング剤」推しばかりです😥

「目元用」と分けることでよりたくさんのアイテムを買わせようという意図です。

 

クレンジングや洗顔の刺激でシミを作る人は多い!

肝斑の原因は圧である!

本当によくあるスキンケア間違いあるあるなのですが、
目の周りをはじめ、ぐるぐる色々な部分をマッサージみたいにする人は多いです。

顔のマッサージが雑誌やテレビなどで昔から推奨されてきたことが原因です。
そして、30代中頃のなると顔がたるみ始めます。

「たるみをマッサージでなくせる!」って情報を色々なところで見てきたので、
”マッサージやらなくちゃ、でも時間がない!”
”クレンジングの時についでにマッサージしちゃえ!”

となるのが普通です。

エステでコースを受けたことがある方は、
クレンジングや洗顔の時にくるくるマッサージみたいにされた記憶があると思いますが、

エステでのクレンンジングや洗顔のマッサージは本来なくてもいいもので、
現に、美容外科クリニックで施術を受けた時などは、自分でクレンジングや洗顔を行うことがほとんどです。

ただ、エステはとにかく雰囲気が大事ですから、「クレンジングと洗顔はご自分でお願いします」なんて、それなりの料金を頂くお店は言えないのです。

それと、クレンジングは真っ当なエステサロンであるならば、絶対に手に力を入れてお客様の皮膚に触れてはいけないのです。

クレンジングはあくまでもファンデーションとクレンジング剤をなじませるために顔の上に伸ばすだけでいいのです。
引き延ばす時にクルクルする方が摩擦が起きにくいため、短時間で指の密着力だけクルクルします。(30秒くらい)

洗い流す前に、キッチンペーパーなどで抑えふきし、クレンジング剤をある程度落としてから洗い流すと負担も少なくなります。

頬の高い部分はアイメイクやチークの部位とかぶるため、時間をかけてしまいがちなのと、
厳しいエステのクレンジング技術でも受けていない限り、みなさん思っている以上の力を入れてクレンジングしているので、

ここの部分は「肝斑」ができやすくなります。
だいたい、10代後半くらいからメイクをはじめるためクレンジングも行います。
そして30代後半になってホルモン等の影響で皮膚が敏感になります。

それまで続けてきたクレンジング方法でアラフォーに突入し
気づくと目の下にモヤっとしたシミが現れます。

この肝斑は女性ホルモンが減少する時期にあらわれるため、女性ホルモンが原因だと言われてきましたが、
最新研究では、クレンジングや洗顔での摩擦という原因が濃厚であると言われています。

クレンジングと洗顔では皮膚は絶対に動かさないで行なってください。

洗顔は泡を1分のせて置くだけが本来一番肌にはいいです。
泡のモコモコだけを動かすようなクルクルだったら大丈夫です。

塩素の害

塩素が入った水が肌に残っとまま拭かずに放置して、それが自然乾燥すると、
水が蒸発した時に肌の上には水の塩素や残留物だけが残りそれが肌を痛めます。

 

洗い流す時の刺激

ぬるめのお湯が良い。わからない場合は少し冷たく感じるくらい。
シャワーで洗い流すのはNGです。(強烈な刺激)

美容専門家が【〇〇肌専用】クレンジングや【季節用】クレンジングは不要!と言う理由。クレンジングはこれだけ持っていればいい!

クレンジングは、「メイクの濃さに合わせて選んでね」とか「肌質に合わせて選んでね」とか、9割の謎アドバイスが飛び交っているので、ちゃんと事実をお伝えしようと思います。

クレンジング難民の方やクレンジングを何本も買ってお金散財している方に届けば嬉しいです。
複数お持ちの方、最後まで期限内に使えてます?

あ、それと、日焼け止め専用クレンジングなんてものも必要ないですよ!!これ二重でクレンジングするだけで肌にすごく負担かかってるだけです💧

「肌悩み」や「肌タイプ」「季節」によってクレンジングは変えなきゃいけないのか?

  • 皮脂が多い部分と、乾燥してる部分がある人のクレンジングは?
  • Tゾーンと頬の部分はクレンジングを分けるべき?
  • 大人ニキビクレンジングオイリー肌の人のクレンジング?

これ全部嘘です。

〇〇肌専用クレンジングは不要!

クレンジングは「〇〇肌専用」など本来はありません。これはメーカーの都合です。

メーカーさんは、大手になる程、商品のラインナップをたくさん揃えていないと生き残れません。
だから、〇〇用のクレンジングとかが次々に発売されて行きます。

買う方が納得していれば問題はないのですが、クレンジング難民になっている方が多いので、納得していない又は知らないと言うことになりますよね。

オイリー肌用クレンジングを例に挙げると

オイリー肌になる原因は、乾燥が原因であるのに、アルコール成分が必ず配合されているのが、オイリー肌用のクレンジング剤です。

アルコールを毎日、肌につけるなんてとんでもないことですよね。
アルコールは、蒸発するときに皮膚内の水分を同時に奪うのに・・・です。

アルコールとは記載されていません。それでも法律上OKなのです。

肌がベタつくオイリー肌さんは、”さっぱり”や”オイリー肌用”を選んでしまいがちですが、それは間違いです。

あえて言うなら世の中のクレンジングは「乾燥肌防止用」だけでいいんです。

どんな肌であっても乾燥肌

40代以降はちょっとしたことでバリア機能が壊れちゃうから、正しいクレンジングを行うためにも、優秀なクレンジング剤が必要です。

肌の乾燥を軽く考えている方が多いのですが、「肌トラブルも老化も全ての始まりは乾燥」です。

なぜなら、乾燥の放置こそがバリア機能を低下させる原因のため、肌には隙間がいっぱいできます。

そうなると何でも浸透させてしまうためやさしい成分にさえもアレルギー反応を起こすようになり、美容どころではなくなり老化のスピードも早まるのです

乾燥だから潤したい→オイルでクレンジングって発想にならないでくださいね。

クレンジングは、如何にして、素早く酸化した皮脂と絡み合ったメイクを、浮かせてすすぐのかが大事なので、成分を浸透させたりする必要はないです。
汚れを安全な成分で浮かせることができる、肌に負担のない水性のクレンジングが一番最適です。

クレンジングの方法で間違っている方も多いので、やり方や、裏技を知っておくとクレンジングの効果に違いがあります。

クレンジングは季節を問わない水性=ジェルタイプを選ぶことがオススメです。

濃いメイクをした時のクレンジングはどうする?

濃いメイクってファンデのことなのか、アイメイクのことなのかそれによって違うけど。。。

濃いめのメイクをしてしまったけど、肌に負担がないようにメイクオフしたい

できれば、普段からアイメイク化粧品はお湯で落ちる系のものにしたり、ファンデーションは落ちにくい系は使わないでテクニックでカバーしたり、
そもそも何歳であろうが、素肌から綺麗にしていくことがこのブログ主のポリシーなので濃いメイクは推奨できないですが・・・。

アザをカバーするためとか、ニキビ跡がたくさんあって治療中だとか色々事情がある方もいらっしゃるのでお伝えしておきます。

①ジェルクレンジングを用意します。
私が6年以上使ってるクレンジングジェルに適したやり方なのでそこはご了承ください。

②ホットタオルを作っておきます。
ホットタオルの作り方はこちらの記事をご覧ください。 →手持ちの化粧品の効果を10倍にする自宅セルフエステ美容法♪

徹底解説!美容専門家が教える本当に正しいクレンジングの方法と手順

この記事でポイントメイク〜塗布〜指の使い方などを参考にしていただき、すすぐ直前まで行ってください。

④クレンジングをすすぐ前にホットタオルを1分間お顔にのせます。
タオルの上からハンドプレスでぎゅうぎゅうっと、タオルにメイクが吸着するように抑えます。

⑤1分したらそのタオルで軽く拭き取ります。

すすぎを10回ほどして、まだ落ちていなければホットタオルで拭き取ってください。

それから洗顔をしてください。

洗顔のすすぎの後にローションや美容液で栄養を与えた後、保冷剤などを手ぬぐいのようなものでくるんで、それでお顔を3分ほど冷やしてあげてください。

 

危険なクレンジング!〇〇専用クレンジングをやめよう!

良かれと思って、アイメイク専用のリムーバーを使ってませんか?
今はマスクをつけるので口紅を塗ってる方は少ないと思いますが大体ポイントリムーバーはアイメイクと口元に同時に使うものなので、口元の専用クレンジングを使ってる方も同じです。

専用リムーバーは肌に負担が大きすぎるので使わないのが鉄則です。

ポイントメイクリムーバーなどに使われている基材は洗浄力の強いのです。
低刺激とか記載されているものも増えましたが、都合の悪い部分を隠すためのやり方です。

アイメイクをしっかり落とさないといけないよ!と、色々な雑誌やメディアで専用クレンジングを推されています。
今は、マスク生活になり→アイメイクに力入れる。だから専用クレンジング剤もすごく売れてるので

オススメ情報がズラーっと並び1つも「そんなの使わない方が常識だ」というサイトは見当たりません。
(検索エンジンが意図的に・・・🤫最近ではそういうのGooさんもやるようになってきてます。企業のサイトを優先・・・)

専用クレンジング剤は、綺麗に根こそぎ早く落とすために、相当な界面活性剤などが添加されており、しかもそれを薄くて皮脂や汗腺の少ない部分につけてコシコシ洗ってさらに負担を重ねます。

なのでこんな専用クレンジングなんて必要ありません。普通に「クレンジング →洗顔」この2段階の作業で、メイク汚れも普通の汚れも落ちています。

クレンジングはこだわって選んだジェルクレンジングを使ってますが、手順と時間もすごい大事です。

正しいアイメイクや口紅の落とし方

コットン綿棒に専用リムーバーを浸して落とすやり方をよく見かけますが、
私は顔全体のジェルクレンジング剤と、要らなくなった日本手拭いをカットし使います。

薬指に手ぬぐいをかけて、粘膜・キワ・目頭などにアイシャドウやアイラインのカスを拭き取ります。

  • アイライナーとマスカラはお湯で落ちるものを使うこと
  • マツエク毎日はつけず、生理前や生理中はマスカラにして欲しい
  • オイルクレンジングは油分が必ず皮膚に残るのでオススメしない

もし目元が黒ずんでしまってたり、小ジワが増えてきたら、それはアイメイクのクレンジングが原因かもしれません💡

 

専用クレンジングなんていりません。

お手持ちのクレンジング剤があれば十分です。
ただし洗う順番と時間を守ります。
クレンジングの時間は、顔肌に無駄な負担が 1分以内で済ませることです💪✨

 

クレンジング剤は3種類あるけど【美肌になれる】のはコレだけです!!

クレンジング剤は大きくわけて3種類あります。

①オイル状
②ミルク状
③ジェル状

クレンジング剤を選ぶときに重要視すること!

  • 摩擦を避けるために考え抜かれた「テクスチャー」であるか
  • 「構成成分」はどうか
  • 「すすぎが10回くらいで終わるか」どうか

+αで、「濡れた手でも使えるかどうか」も重要で、UV剤を首や腕に塗っているため、浴室でメイク落としとUV落としもしなければならないためです。

オイルクレンジングとは?

デメリット

肌に残りやすい、できものになりやすい、毛穴がつまりやすい、肌が酸化しやすい

メリット

濃いメイクが落ちやすい、

<勘違いしないでほしいこと>
”オリーブ,ホホバなどのマッサージオイルでメイクを落としましょう!”と、言うような情報は鵜呑みにしないこと!。(詳細は別記事に)

ミルククレンジングとは?

デメリット

オイル成分が入っている、洗浄力が弱い

メリット

高級感があるので、海外メーカーが出していることが多い。(香りが香水みたいな)

ジェルクレンジングとは?

(敏感肌さんや、トラブル肌、ニキビ・できやすい人さんも、はジェルしかダメです)

デメリット

濃い濃いメイクは落とせない、

メリット

本当の美容通や皮膚のことをわかっている人は、必ずジェルクレンジングを使っているというほど、クレンジングの中では一番オススメです。

*皮膚科でもジェルをすすめられることが多いのは、以下の理由からです。

”肌への負担が少ない、肌へ残りにくい、刺激が少ない、酸化しにくい”

敏感肌、乾燥、アトピー、ニキビなどトラブルができる人はジェルしかお勧めできません。

 

日焼け止めはクレンジングが必要ですか?

メイクしなくても日焼け止めを塗ったらクレンジングは必要です。
洗顔で落とせる日焼け止めというのが販売されていますが、本当に洗顔で落としていた方が肌トラブルになり、マイクロスコープなどで確認すると、メイクが落ちていないことがわかったというお声がたくさんSN Sで投稿されています。

日焼け止めちゃんと落とせていますか?

もちろん、メイクのクレンジングと別に日焼け止め用のクレンジングは必要ありません。

日焼け止めを首や身体にもつけている場合は、クレンジングが必要です。身体もお顔と同じもので全く構いません。

bbクリームを落とすのにクレンジングは必要なのでしょうか?

答えは、必要です。

bbクリームの成分は油性なので、洗顔だけでは完全に落としきることができず、汚れが肌に残ってしまうからです。

専門家の方が肌荒れを改善するならクレンジングはやめよう!って言ってる人がいますがどうすればいいんですか?

クレンジングやめようって方は、日焼け止めもメイクもしないということです。
それか、洗顔で落ちる日焼け止めとかファンデを販売されている方だと思います。

昔アテニア?という石鹸の会社があり友達に紹介されていったことがありました。
結局、メイクとかファンデとか全部そこのものに変えないと落ちないということでした😂

今でも、このやり方をやってる、こじんまりとした会社の化粧品販売方法ってありますよね。

ファンデーションは石鹸では落ちないように作られているので、クレンジングは必要です。

日焼けした日のクレンジング方法ってありますか?

クレンジング方法は変わりません。素早く丁寧に落とすということです。
でも日焼けしてしまったときは鎮静が必要です。

【若返りには必須!!】肌を"鎮静"させなきゃ美容容成分は浸透できない(泣)

クレンジングのタイミングは?メイクっていつ落とせばいの?

メイクの必要がなくなったらすぐにクレンジングしましょう。

お風呂までメイクしたままでいることはお肌に良くないです。メイクの成分と酸化した皮脂とか埃とかが混じったものが顔の表面に張り付いている状態になります。

クレンジング→洗顔→ローションまで一度しておきます。

夜お風呂に入るときは、手ぬぐいかガーゼをお湯に浸して、顔と首や耳の後ろなどを撫でてあげてください。

もし、帰宅がお昼過ぎとかで、お風呂までに時間があく場合は入浴中に洗顔を再度行ってもお肌に負担はありません。

帰宅が遅い場合は、クレンジングして、湯船に浸かって、その後で洗顔が一番いいです。お風呂のスチーム効果で毛穴が開き汚れが浮いてきたタイミングで洗顔になるからです。

化粧がちゃんと落ちているかは、どのように判断するのがベストですか?

私が使っているクレンジングは、メイクが浮いたのがわかりやすい高機能なクレンジングなので楽なのですが、普通のクレンジングは必ず「乳化」したことを確認してからすすぐことでしっかりメイクを落とせます。

やはり小鼻周りの毛穴の汚れが落ちてるのかどうかは気になりますよね。

でも意外に頬の部分も落ちていない方が多いです

乳化とは、すすぐ前に手にぬるま湯をつけて顔にペタペタとつけてつけていきます。
鏡で確認すると、クレンジングとお湯が混ざって白っぽい液状に変化しています。

この状態になってからすすがないと、メイクやクレンジングは落ちていません。

石鹸でメイクを落とすってどうなの?

ファンデーションや日焼け止めは「塗るならクレンジングで落とせ、落とさないなら塗るな」です。

知り合いの話ですが、テレビで「クレンジングは不要、石鹸でメイクは落とせる」という内容を見て、試してみた人がいました。

肌がザラザラするのとニキビができてきたので、近所の美容室を経営する友達のお店へ行って、肌をマイクロスコープという毛穴までしっかり見える拡大カメラで見たら、汚れが残りすぎてることが判明。
肌呼吸ができていないし、やっぱりクレンジングは大事やないか!!とテレビ番組に出ていた皮膚科医に怒りをぶつけていました😌

ちなみに私も、試したことがあります。
石鹸でも落ちるファンデとかUVクリームを石鹸で落とそうとしましたが、どう見ても取れていないので、コットンで拭きとって見ると、がっつり残っていましたよ!
マイクロスコープなんてものがなくてもわかるんです。

最近、ファンデーションやUVクリーム、メイク下地が落としきれていない,クレンジング不足による”肌荒れ女性”が急増しています。

クレンジングと石鹸の2つを兼ね備えた商品は?

一本で、クレンジングとソープの役割、というような商品がありますが、そもそも別の性質の2つを混ぜ合わせる添加物と、無理やり落とす成分でできているので、肌は極度に弱っていきます。

手作りクレンジングやホホバオイルなどは本当にクレンジングとして効果あるのですか?

ホホバオイル、オリーブ油、ベビーオイル、ミネラルオイルなどでメイクを落とそうとするのは、ご法度です。

説明するより、オリーブオイルでもなんでもいいのでキッチンのオイルを手に塗ってみてください。
できれば手に塗る前にファンデをつけてからの方が実感できると思います。

すすいでみてください。落ちていますか?顔がベタベタしたまま落ちてないと思います。

クレンジングの他の記事で説明していますが、クレンジングは1分以内で摩擦しないように終わらせないと肌にたるみやシミを作ってしまいます。

マッサージしているみたいに見えるかもしれませんが、エステでのクレンジングはマッサージをしていません。
教育の行き届いていないエステ店はマッサージになっていますが😱

さらに、洗顔をしてみてください。
落ちていますか?肌がベタついていればクレンジング出来ていません。

皮膚の上に油が残ってしまえば酸化してくすみや毛穴づまり、ニキビをすぐ発症させます。

オイルクレンジングは何が悪いのか

さっくり言ってしまうと、メイク素早く落ちるよね。でもオイルが残ってるから、洗顔でめっちゃコシコシしなきゃ落ちないよね、ってのがオイルクレンジングです。
先述したホホバオイルなどよりはマシだけど、毎日使いはかなり危険!ってことです。

オイルクレンジングは、濃いファンデでもサッと取れるのが売りです。
ですが、オイルが皮膚に残ってしまいます。

そこだけを前に出して宣伝しているので、デメリットは伝えられません。

普通の方は、クレンジングは美容法に入れないので、邪魔くさい工程になりますのでストレスになっています。
だから、メーカーさんだけの問題ではなく私たち消費者側もデメリットに目を瞑る傾向があります。

オイルクレンジングはシュウウエムラによって広げられましたが、そもそも彼はハリウッドのヘアメイクアーティストです。
1960年代の映画の中のメイクは濃いめです。そのメイクを落とすにはオイルクレンジングじゃないと時間的にも厳しかったんだと思います。

でも普通のメイクの場合はオイルクレンジングで毎日メイクを落としていると、まず顔の部分によってベタつく部分と、乾燥してるインナードライ肌になりやすく肌がおかしな方法に偏っていくんです。

だから、それをわかっている立場の人間はオイルクレンジングはNGなのです。

クレンジング迷子です、どうしたらいい?

油性の方が洗浄力が高くなる分、肌への負担は大きくなります。一般的にクレンジングオイルやクレンジングミルクは、油分を含んでいることがほとんどなのでジェルクレンジングを使うことが一番肌にとって負担が少ないです。

高級なクレンジングを使う必要はありません。値段より安全性を優先することが自分の肌を守ることにつながります。

敏感肌でクレンジングに注意することってありますか?

クレンジングは水溶性のクレンジング剤を使い1分以内で終わらせることです。

生理前や生理中は敏感肌さんはさらに肌が反応しやすいので、スキンケアの最後に保冷剤を布で包んで顔を冷やした方がいいと思います。

顔に摩擦がかからないようにだけはクレンジング以外でも注意が必要です。

 

アンチエイジングスキンケアで大事なクレンジングのお話です。
美容成分はいかにして浸透率を高めるかが効果を左右するのですが、皮膚の奥へ有効成分を届けるには、皮膚の表面から肌奥への通り道に不純物がない状態であるかどうかです。

”日焼け止めや下地”も含む、メイクを完璧に落としていなければなりません。

クレンジングと洗顔料は思いの外、肌の調子を左右すると思うので、力を入れるべき項目です。

ニキビやクスミ毛穴がたるむなどの肌トラブルで悩んでいる方も、乾燥肌の方も最初にすべきことはクレンジングから見直すことです。

今回は、間違った情報が多い、大切なクレンジングのお話です。

30代後半くらいからは子育てで忙しい方、介護で忙しい方が増える世代です。

自分のことは後回しになりがちだし、メイクオフだけは気絶しててもすべきだとわかっているから頑張るけど、おろそかになってしまいがちです。

若い時と違って、体力もガクンと落ちるし夜は電池が切れるのが早いですものね😭

よかれと思ってやっているクレンジング方法でUV、メイク下地、ファンデーションを、落とし切れていないことに気づいてなくて、美容成分の効果が得られていない方って多いです。

メイクを落とせば落とすほど肌が綺麗になるのでクレンジングというスキンケアの土台を一度見直してみると、肌が変わります!

こういうクレンジングはダメ!【絶対禁止】

まつ毛エクステするならクレンジングするな!

まつ毛エクステをしてる方で、オイルクレンジングでメイクオフされてる方はマツエクが取れやすいです。
グルー(接着剤)はオイル(油分)に弱いからです。

オススメは、正直これしかありません❗️
→アイメイクはお湯で落ちる対応の化粧品にすること。

マツエクをしていて、普通のアイメイクもしていると、どうしても目元のクレンジングがうまくできてなくて、メイクが残っています。
目に見えないけど、確実に残っている方が多いです。

目元にくすみが出てきた方は、メイク汚れが残っているのが原因である場合も多いので、マツエクの場合は、アイメイクはお湯で落ちるものにすることで目元の負担を減らすしかありません。

緊急措置クレンジングを毎日当たり前にするな!

緊急措置クレンジングとは、
旅先などでクレンジング剤をを忘れてしまった時や断水の時、日本では誰も人ごとじゃない緊急避難した時などです。

試供品などでもらっておいた「乳液」

乳液はオイル成分や添加物が多いので日常のスキンケアでは絶対に使わないですが、試供品は定期的に貰えるものならもらっておき3年間は保管しておきます。

クレンジングではないので、すすぎをよ〜くしないと落ちません。

これを日常やってしまうと、毛穴が詰まったり、皮膚には負担がかかりますので、3日間が限度だと思います。

拭き取りクレンジング

時間がない方や極度の邪魔くさがりやさん、またはドラマなどを見て影響されてる人などが毎日使いしてるようですが、これも水を使えない時など、如何しようも無い緊急事態の時だけにしてください。

シートに染み込んだクレンジング剤は、通常のクレンジング剤より防腐剤の量が多いです。

1本で(1回でという意味)メイクオフも洗顔もできるのは避ける

1回塗布して、なじませて洗い流しただけで、『W洗顔』になるという”W洗顔クレンジング化粧品”は絶対ダメ!

*汚れが落とし切れていないことは、間違いないんです。

何より、メイクやUVの油溶性成分には専用の成分、汗・皮脂にはそれ専用の成分が必要です。

W洗顔が鉄則です

肌に負担がかかるからダブル洗顔はしないとか、W洗顔は海外のお水事情だから日本ではしなくていいとか、全くデタラメです!

思っている以上に優しくクルクルする

クレンジング時の手の強さは、肌が動かないくらいの優しい力で塗布しないとダメなんです。

クレンジング剤も手で温めてから塗布した方がさらに負担も減りメイクと馴染む時間も早いです。

本当に勉強家で凄腕のエステティシャンでもない限り普通の人は、こする領域で毎日触っています。

これ、文章や口頭で説明できないのが難しいけど、みんなが、なでていると思う手加減は、こする範囲になっています。

クレンジングの量はケチらない

クレンジングは推奨の量より少し多めに使うくらいでちょうどいいんです。

ケチると肌に摩擦が起きるので、少なめは避けたほうがいいです。

夏はUVを首やデコルテ、腕などにもつけますのでクレンジングの量って結構減るのが早い!

コスパの良いものを使いましょう。

滑りが重い・悪い・伸びないクレンジング剤はやめよう!

舞台メイクでも落とすような昔のコールドクリームは、肌をたるませ、刺激になりますので、美肌にはなりません。

先ほどの手の強さでも触れてますが、肌は動かさないようにクレンジングしなきゃいけませんので

重曹クレンジングはやめておこう!

重曹は強い成分なので皮膚にのせてクレンジングすると、肌トラブルになります。

 

40代50代、アラフォー・アラフィフ世代のアンチエイジングクレンジング

肌や髪が若返るためには、美容成分を肌奥へ浸透させることがが必要ですが、美肌の基本は正しいクレンジングにあります。

多くのお客様と施術中にお話をお伺いし、「クレンジングは洗い流すものだからお金をかけたくない」とおっしゃっている方が多くいました。

私はその都度、

実はスキンケアの中で一番大切なのはクレンジングで、美容液をできるだけ肌の奥へ浸透させるために、毛穴の中や角層の中に残っているメイクや垢を排出させ美容液のための通り道を掃除しておかなければなりません。

とお伝えします。

ただ、クレンジングに1万円近くかける必要はなく、2ヶ月で3000円〜4000円くらいの容量の良いものを一種類だけ持っておけばいいのです。

30代後半〜40代50代は、肌の若返りのためにスーパー成分を与え、シミを消したりたるみを引き締めることばかりに意識が行く気持ちは痛いほどわかります。
この世代になるとアンチエイジングスキンケアを取り入れなければ見た目の老化は早くなるので、必死になりますよね。私もそうです。

美容業界にいても、最初の頃は正しい知識を持っていなくて、クレンジングへの意識は低かったのでものすごく気持ちはわかります。

でもお客様方へお話してきたように、クレンジングを正しく行うことは若返りを成功させる一番重要なスキンケアなので、ちゃんとお伝えしていきたいです。
30代後半〜40代50代の方のアンチエイジングスキンケア世代で、なおかつ敏感肌やアトピー肌さんもこのクレンジング方法は肌のバリアを壊さない方法ですのでぜひお試しいただけたらと思います。

【クレンジングの実践編】をすぐに知りたい方は、こちらの記事をご参考くださいませ。

徹底解説!美容専門家が教える本当に正しいクレンジングの方法と手順

説明・・・1分の神技クレンジングを誰でもできるように、クレンジング手順を酒井の手書きのド下手イラストも入れて、できるだけ丁寧にお伝えしました。

 

落としすぎないって何を落としすぎないか意味わかりますか?

よく、クレンジングで落としすぎは良くないとか、洗顔もするからクレンジングは6割くらい落ちたらいいとか、様々な方が言われていますが、
どう考えたって、クレンジングでちゃんとメイクはオフできた方がいいに決まってます。

でも、素早く!摩擦を起こさずクレンジングするのが鉄則で、しっかりメイクを落とす=ゴシゴシ時間をかけて洗うと言うのが一番やってはいけないことなのです。

肌がきれいに生まれ変わるために”不要なもの(メイクや皮脂)は落とし、必要なもの(潤い)は残す”と言う意味です。

クレンジングで大事なこと

  1. 肌を潤いは残してメイクや汚れはしっかり落とせる成分を知る
  2. 如何にして1分以内で綺麗に落とせるか

この重要な2つを知っていれば、正しくクレンジング出来ます♪

クレンジングの記事リスト

 

「時短クレンジングができる方法」とか言ってるYouTuberさんや主婦の方のblogを読むと、それって手抜きじゃない?と思うものや、成分が強すぎるクレンジング剤をオススメしてるだけやん!って内容が多く残念に思います。

そもそもクレンジングは昔から「秒でやるものなの」なので、「ゆっくり丁寧にやる」と言うのが間違って広がっていただけなのです。

 

マツエク(マツパも)してる人のクレンジングの方法

まつエク(まつ毛エクステ)が、すぐに取れやすい方や持ちが悪く長持ちしない方は、まつエクをしていない時と同じようなクレンジング方法でメイクオフしているが原因だと思います。

もちろんアイリストの技術で左右されるので、評価の高い方に施術していただくというのが前提の話です😔

まつエク専用のクレンジングなどは不要で、今使っているクレンジング剤の中にグルーを溶かしてしまう成分が入っていないかと、使い方を見直すことで十分です。

また、まつげがスカスカになった人もオススメのクレンジング方法です。

 

まつ毛エクステ(マツエク)を2倍長持ちさせるコツはクレンジングを見直すこと

クレンジングはマツエクに最もダメージを与えている要因の1つです。

アイメイクのクレンジングだけに限らずクレンジング自体がマツエクに影響を与えています。

まず、施術当日の夜は、クレンジングだけではなく濡れないようにしたほうがいい。

できれば、クレンジングも洗顔も、まつエクをつける寸前にしておくほうがいいです🌟

 

まつ毛エクステをしていればクレンジング剤はジェルタイプが絶対です

マツエクを長持ちさせるポイントの1つは、クレンジング剤の種類はジェルを選ぶことです。

オイル系のクレンジング剤は、マツエクの接着剤(グルー)を溶かしてしまいます。このグルーという接着剤は、油分に弱い性質なので、オイルクレンジングだけだはなく、クリームタイプでもだめダメで、

クレンジングシートもオイルが入っているので持ちが悪くなります。

クレンジングだけに限らず、アンチエイジングスキンケアでは必ずオススメされまくるアイクリームもマツエクの持ちを悪くさせます。(オイルが入っているので)

このブログの読者さんは乳液やクリームは使っていらっしゃらない方が多いと思うので大丈夫だと思いますが😊

目元ケアのためにアイクリームを使っている方は、実は若返りには逆効果です。

まつエクをしている時のクレンジングの量は?

メーカーさんの推奨より少しでも多めの方が絶対良いです!コットンは両目で2枚使い、それぞれにクレンジング剤を

コットンが皮膚に触れないように、皮膚とコットンの間をクレンジングジェルがクッションになるようにたっぷり目の量が必要です。

コットンよりもオススメなのが、エコ対策にもなる「ガーゼハンカチ」です。

でも無理する必要はなくて、それぞれの生活スタイルに合わせてください。エコ対策も頑張りすぎると神経に良くないので💦

まつエクをしている時のクレンジング方法「実践編」

コットンにクレンジングジェルをたっぷり目につけます。

まつエクは、横にコシコシこすってしまうと取れやすいので、必ず上下に指を動かします。必ず上から下、下から上へ

まぶた→まつげの先までローリングで拭き取ります。

指に少しぬるま湯をつけてクレンジング剤を塗布した部分を乳化させてからすすぎます。

入荷については他の記事でお伝えしてます💡

すすぎのお湯は熱すぎるとまつげの乾燥につながるのでぬるま湯がベストです。

洗顔は、目元は泡をのせて1分放置するくらいがいいです。
どうしてもさーっと終わらせたい場合は、3回ほどくるくるくるとするだけくらいでいいです👍

マツエク長持ちポイント!クレンジング後、自然乾燥は避けて!

すs技が終わった後の拭き取りはタオルではなくティッシュで押さえ拭きを推奨します。

タオルだと繊維が引っかかってしまうので。

接着剤のグルーは水に長時間触れていると、剥がれやすい性質でもありますので、マツエクが取れる原因になっています。

マツエクの劣化も防ぐために塗れたらすぐに乾かします。

マツエクの乾かし方はドライヤーの冷風でで短時間で乾かします。

マツエクの方向がばらついていたら、ドライヤーの冷風で乾かしながらコームで整えます。

マツエクは、年中はやめたほうがいい

マツエクはまつげのためにも3ヶ月に1回が理想です。

花粉症の方は、花粉の時期は休止したり、痒みなどが出ればすぐに休止したりして、年中装着というのは避けた方がいいです。

それと、自分のまつげより、大幅に長いものや、太すぎるものは負担になるし、周りからも心底ではやりすぎって思われるのでやめた方がいいと思います。

 

マツエクをしてる時のアイライナーとマスカラ

アイライナーを引くのは、目尻だけにしておくと持ちを良くします。
アイライラインを引くとそれだけクレンジングの時に、クレンジングでゴシゴシすることになるので、やはり落ちやすくなります。

マスカラはしないことが絶対です。なのでウォータープルーフマスカラは論外です。
最近はマツエクOKのマスカラもあるのですが、それはマスカラを売るためでしかありません。

まつエクをして、さらにマスカラが必要だと思うのなら、ちょっと自分を見つめ直す心のケアも必要だと思います。

 

マツエクの持ちを良くするための注意事項

  • 装着後6時間は水に濡らさない。
  • 技術の高いアイリストさんにしてもらうこと

 

私がクレンジングを選ぶ時の重要基準

 

構成成分が大事

  • エイジングケアができるもの
  • メイクだけをしっかり落とす
  • 大事な潤いは残す
  • 量と価格のバランスが適切
  • メイクが皮膚から離れた瞬間がわかる
  • 季節やその時の肌の城田により使い分ける
  • メイクが皮膚から離れた瞬間がわかる
  • 猛暑に負けない強い肌になるクレンジング
  • 次につける美容液の浸透を倍にする
  • 弱酸性に戻す時間が早い!(体内はアルカリ性が良い)
  • 血行促進効果が有るので肌に透明感が出る
  • 足のマッサージジェルにも使っています。

*加齢とともに弱酸性に戻るのに時間がかかります。

 

 

あなたの美容法は偏っていませんか?

よろしければお試しくださ〜い‬(..◜ᴗ◝..)

1ヶ月の美容代がぐーんッとお安くなりますよ♪

私が実践し提唱している「美容法」は、”バランスよく”ということを大黒柱に置いています。

スキンケアアイテムが負担になる成分で構成されていれば、活性酸素を増やしたり、肌に刺激となりスキンケアの効果が半減されます。

スキンケアはオーガニック、天然成分でケアしましょう♪

*必要な添加物もあることを忘れないで!!

医学的にも効果がある成分を入れないと「老化対策」なんてただの気休めです。

これだけは!という成分は取り入れ、他のスキンケアやメイクは肌に負担のないものにしています。

※いま使っている商品は捨てずに、旅行用などに保管して一つずつ変えていきましょう!

-40代50代エイジングスキンケア方法
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright © 美活応援.com , All Rights Reserved.