40代50代の肌の悩み

学校では教えてくれない「大人ニキビ」の話

大人ニキビとは?

ニキビが思春期に発生し、オイリー肌の人に多いというお話はもう昔の話です。

近年は大きく異なり、20代に入ってからの大人ニキビ人口が上続けています。

オイリー肌に限らず、乾燥肌にもニキビは発生し、原因も複雑化になっています。

大人のニキビは治ったかと思うと、また再発することを繰り返す厄介な存在><

ニキビの原因をニキビで悩む方は、
嫌という程聞いてきたと思います。
大体、以下のような原因と、聞いているのではないでしょうか?

  • 添加物が多い化粧品の使用(後述するニキビ化粧品などのこと)
  • オイル美容を信じている
  • 手で顔を触る
  • 髪が顔や肌に当たる
  • 甘いものを食べ過ぎる
  • 食事が手作りじゃない
  • 便秘
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 自律神経が乱れ男性ホルモンが優位

ちなみにニキビ専用の化粧品で治ると信じている方は、どのくらいいらっしゃるのでしょうか?

大人ニキビ専用化粧品って効果あるの?

「ニキビを改善する方法はコレ!」という商品が多数ありますが,
ほとんどが,”ある刺激成分”で一瞬だけ改善したかのように
思わせるものばかりです。

ですので「プロアクティブ」みたいなニキビ対策化粧品
本気で悩んでいるなら,使ってはいけません。

ニキビ用化粧品とは,ただの販売戦略です。
ニキビ用化粧品を別の言葉に言い換えたら,
「アルコールめっちゃきつい化粧品」ということ。

ツーンとする独特のあの臭いも現代技術で消せるし,
なんだったら成分名もかけ離れた名前にして
アルコールとは一般人には,判別できないようにされていますので
アルコールが入っている事に気付かないのです。

※アルコール成分を付け続けると、
皮膚はどんどん弱くなってしまいます。

ニキビ用化粧品ではなく 大人のニキビの症状に合わせたケアを行う

ニキビを改善したければ、「ニキビ用化粧品」ではなく、
根本的な解決策でなければなりません。

私がおすすめするニキビ、ニキビ跡に効果がある方法

以下の2つです。

一つ目は、老化にも効果が高くニキビにもニキビ跡にも効果がありますので
ニキビ以外にも同時に改善したい悩みがある25歳以降の方におすすめです。

老化対策、肌トラブルも一緒に改善する最新型ビタミンC誘導体apps

詳しくはこちらの記事に記載しております♪

>>apps

>>appsアプレシアはシミくすみ毛穴ニキビを消せる

*ニキビが炎症中は化粧品はストップして皮膚科で炎症を抑えてもらってください!
炎症やかゆみを止めてから、美容スキンケアを始めましょう!

皮膚科に行って赤みが引いたら、ニキビスキンケア始めていきましょうね!
この時、皮膚科で薬をもらったり、スキンケア商品を勧められると思いますが
薬はできるだけ早くやめ、スキンケア商品は購入しないほうが良いです。

*今販売されている皮膚科のスキンケアは、高いだけで効果はありません。

あなたの毎日使っているスキンケア化粧品は
成分が安全で,
美肌になるスキンケア化粧品を使っていますか?

▶ 肌トラブルを改善し美肌になる秘伝のスキンケア!

肌が刺激を受け大人ニキビを発症する

肌が刺激を受けると、傷つきー>炎症反応を起こします。

肌は防御体制に入るため、皮膚の一番上の角質層を厚くします。
厚くなると同時に剥がれやすいため、剥がれたその皮膚の垢が
毛穴に入り込んで毛穴詰まりを起こすのが大人ニキビです。

触り癖や、ストレスが原因になっていることが多いです。

心の状態と肌を触ることは密接に関わっているため、
どんな時に触ってしまうのか、気付くことも必要です。

同時にバリア機能を改善させることも必要です。

>>ターンオーバー力とバリア機能を高め肌を強くし,乾燥・敏感・肌荒れ・ブツブツ・小じわ・黒ずみを劇的に改善する方法

大人ニキビのスキンケア

大人ニキビは肌自体は乾燥しているのに
間違った大人ニキビケアをすると、肌のバリア機能が低下していくため、
肌のトラブルも重なっている人が多いのが特徴。

オススメのスキンケアはこの>>秘伝のスキンケアですが、
>>精製水(100円)パックは、大人ニキビ肌さんは取り入れたほうが良いです。

大人ニキビに必須成分は、先述した皮膚科学会でも認められている
appsです。

スキンケアの順序も同じです。

きっと、散々試してきた結果、改善しないため、新しく化粧品を買い直すには
ためらいがあると思いますので、
上記の、精製水と最新型ビタミンC誘導体だけでも始めると効果てきめんです。

それと心配なら新しい化粧品は生理後に始めると、かぶれたりすることが少ないです。

ニキビがある場合、お肌を活性させるケアは禁止で
鎮静ケアが中心になります。

温めたり、マッサージは絶対に禁止です。
だけど運動は老廃物排泄のためできるだけ取り入れてください。

ニキビ用化粧品

雑誌などによく記載されているような、
アルコールの入ったニキビ専用化粧品などは
将来の肌をボロボロにしていくため、使わないほうが良いです。

ニキビ専用化粧品は、ニキビ化粧品には殺菌・消炎成分などが配合されています。
これらは肌を乾燥させてしまう成分で肌から水分を蒸発させてしまいます。

そして何よりも肌の刺激となる成分が主成分として使われているものも多いです。

これは肌全体のことよりも、とにかくニキビを沈めることを優先させるために含有されてしまうのです(怒)

で怖いのが、肌のバリア機能を弱めてしまうこと。

ですので、根本解決にならないニキビ専用化粧品は買わないことをオススメします。

某メーカーなんて、ニキビ専用化粧品+ロール回転ブラシを勧めてますので
そこのメーカーの研究員は相当罪が深いと思います!

大人ニキビさんは、原因であるストレスや、ニキビが治らないことでのストレス、
肌に負担がかかり続けている状態で、皮膚はたるみやすくなっています。

  • 心理ストレスは皮膚のコラーゲンを減少させる
  • ストレスを受けると神経伝達物質が痒みを引き起こす。

ニキビのインナーケア

女性ホルモンのバランスを整えることは
男性ホルモンが優位になってしまうことを防止することになります。

 

ニキビには成長段階があります。

ニキビが今どの段階なのかにより,対策方法は変わります。

この記事では
ニキビが生まれる(ニキビの始まり)簡単な説明と

①どの段階なのかをニキビの色で判断
②病院に行くべき段階なのか
③跡が残る可能性があるのか
④なんで菌が関係するのか

についてお伝えします♪

 

緊急に改善方法を探している方は以下をお読み下さい。

ニキビとニキビ跡を早く改善できるのは新型ビタミン誘導体apps

↑国が認可している。治療として使われている成分ですが薬ではありません。

簡単手作り化粧水、美容液で改善

ここからニキビのお話の始まりです。

ニキビの医学名は,
尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)といいます。
吹き出物もニキビも正体は同じです♪

なんでニキビという
呼び名になったかは諸説あるようです。

30歳近くになると,
「ニキっ・・・いや,吹き出物が」って,
よく言い直されますが(笑)

18歳過ぎたら一律で「大人ニキビ」ですので,
今後は気にしないで「ニキビ」って,
言い切っちゃいましょう♪
ただ,大人になってから出来る「大人ニキビ」は
原因が多岐に渡ります。

ちなみに,よく耳にする「アクネ」とは,
常在菌の一種で,赤ニキビの原因菌の名前です。

オイリー肌がニキビを発症しやすくなる理由は

>>顔のべたつき(オイリー,てかり,あぶら症)の即効の方法と原因(皮脂分泌過剰)

ニキビの原因 古い情報と正しい情報

昔は思春期だけ発症し原因もオイリー肌の人に多いと言われていました。

現在は大人になってもできる人が多く、乾燥肌でもニキビを発症する人も多いです。

大元の原因は多岐に渡りますが,乾燥からニキビができる場合と

皮脂分泌過剰からニキビができる場合とでは,少し改善方法が異なります。

ニキビは「毛穴」の中に出来ています。

私たちは、毛穴から皮脂を分泌して、乾燥や刺激から守っています。
ニキビは皮脂が毛穴につまり、固まって膨らんだり、感染して化膿した状態のこと。

つまりニキビ「毛穴」に問題が発生している状態。

大元の原因は多岐に渡りますが、ニキビができるのは毛穴の中です。

皮脂が過剰に分泌し,
毛穴に「皮脂と角質(アカ)」が詰まってポコっと突起します。

プシューっとそれらが飛び出さないのは
毛穴の出口が塞がってしまうためです。

この毛穴の中の掃除をすればニキビとはおさらば!と簡単に思ってしまったり、
CMなどでもそのような言い方で商品を売るため、
困ったものです。

これは毛穴や皮膚を傷つけることになるため
そもそもそのニキビの原因を突き止めることが優先。

そして、その原因にあった方法で解決することが一生ニキビを作らせないための方法です。

もちろん、過剰洗顔や、ニキビを潰すことはニキビ後になるため論外です。

毛穴の出口が塞がる原因は糞詰まりと同じ

大人ニキビの直接の原因は、
皮膚の代謝する力(ターンオーバー)の低下にあります。

※ちなみに思春期ニキビの原因は、
毛穴がまだ未発達で
過剰に分泌される皮脂を処理できないことが原因。

<その他の原因>

過剰な刺激からの防衛反応(エアコンの風邪、過剰洗顔など)で,皮脂が過剰に分泌する。
・・・そんなことが理由なの?って思いますが生理現象なんです><

男性ホルモンによる角化促進(皮脂量アップも)
・・・生理前などでおなじみですね。

汚れによって詰まることも。(メイク ほこり)
・・・これは夜更かしとか,疲れてメイクしたまま寝てしまった...時ですね。

厚化粧
・・・毛穴を長時間防ぐため,ニキビ菌の温床になる。

合成界面活性剤などが入ったスキンケア化粧品を使い続けると,
・・・ニキビの問題だけに留まらず、肌トラブル、敏感肌へと恐ろしいスピードで
肌は悪化して行きます。

※ニキビになりやすい人は、クリーム、乳液はおすすめできません。

ニキビは段階の種類により改善方法が違う

コメド

ニキビのごく始まり、出口を失った皮脂によって起こる
小さなプツプツ状態

白ニキビ

毛穴に脂がたまり,プッと盛り上がった状態

角栓とは,
皮脂と角質(垢擦りで出る”アカ”)が混ざり合ったものです。
「ニキビ菌感染」する前段階ですので、

この白ニキビ状態で、
正しいケアを行えばニキビ跡が、残る心配はありません。
この段階で徹底にケアすることが最重要です。

黒ニキビ

白ニキビが空気に触れて酸化し黒くなる。
リンゴの切り口が茶色くなることと同じですね。
ケア対策方法は、白ニキビと同じです。

角質や埃がたまり,垢が混じっています。

赤ニキビ ニキビ菌が原因で赤く腫れ炎症状態(ニキビ跡注意!)

※黄ニキビは赤ニキビの後の状態。

白ニキビの段階で放置していたら,
毛穴の奥で過剰に分泌した皮脂を栄養源にした
アクネ菌(顔ダニ)が増殖し、
そのアクネ菌が放出した物質により炎症してしまう。

(鼻は毛穴が深いから,痛みが強いようです)

赤ニキビはつぶれると
跡になってしまうから厳重注意。

皮膚には腸と同じで常在菌がいます。
※常在菌は皮膚や汗をエサにしています。

アクネ菌は皮脂が大好物ですから,(空気が大嫌い)
皮脂が過剰になるとアクネ菌も増殖します。

この状態で紫外線を浴びると、皮膚の細胞を破壊するくらいの
物質を放出するため,オイル系の化粧品は禁止です(クリーム、乳液など)

ニキビにも、ニキビ跡にも現在,効果がとても高いのは
皮膚科でも治療に使われているappsです。

薬ではないため,副作用はありませんよ♪
皮膚科や美容外科の医師も自身もスキンケアで必ず取り入れているくらい
効果が高いです。

この記事に詳しく書きました。

老化対策としてもスゴく効果がありのは新型ビタミンC誘導体appsです。
ニキビ,ニキビ跡に効果があり強力なアンチエイジング効果もある

>>appsアプレシアはシミくすみ毛穴ニキビを消せる
>ビタミンCとビタミンC誘導体はまったく違います!

皮膚科で応急処置をしても
バリア機能を高めるスキンケアを取り入れて行かなければ
ニキビを繰り返すことになり,
薬による副作用にも悩まされることに><

おまけ

顔や身体の中心に沿って多くできる
加齢とともに上から下に向かって発生部が移動する

物理的刺激とは?

布団を被って寝る
皮膚を触る
ニキビを気にしていじる
前髪をたらす

↑これらは皮脂線を刺激しニキビになります。

胃腸の働きが弱まると、肌を弱酸性に保つ力が低下し
ニキビになりやすい。

額にニキビができやすい原因は
ホルモンバランスの乱れ、貧血、冷え症、カルシウム不足

口周り
食生活の乱れ、睡眠不足

ニキビは遺伝するのか?

皮脂腺の形態分布、総量、機能など身体的特徴が遺伝しやすいだけで
ニキビには直接関係していない。
皮脂腺機能の遺伝と関係している可能性が高い。

大人のニキビ

角質異常により古い角質が上手く剥がれ落ちないことが原因。
その大元の理由が多岐にわたる。
一言で言うと、情報過多による間違ったスキンケア、スキンケア化粧品の危険な成分を使うこと。

>>ターンオーバーとは

毛深い体質の方もニキビになりやすいです。
毛口の大きさに違いがあるためで,
脱毛をしたからと安心はできませんよ。

営業系のエステサロンで以下の出身の方は
「脱毛(厳密には減毛)しないと肌に良くないよ〜」とか
必ず言われて,脱毛契約へと勧められます。

北海道、鹿児島,沖縄の方は毛深い方が多いのは事実ですが
毛口の大きさですから,正しいスキンケアの方も大事です。

大人ニキビのまとめ

メカニズムは思春期と同じ

皮脂が過剰に分泌
毛穴が詰まる
アクネ菌が繁殖
炎症を起こす(これがニキビ)

思春期ニキビとの違い

思春期ニキビはオイリー肌、Tゾーンにできやすいのと違い、大人ニキビは、肌質に関係せず、頬の輪郭や顎などのUゾーンにできやすい。

大人ニキビ改善策

  • 正しいスキンケアでクリームやオイル・乳液は使わない
  • 寝具は3日に1回は洗濯
  • 睡眠は良質にする
  • ファンデーションはパウダーにする
  • 水溶性の食物繊維を多く摂取し便秘は避ける
  • 絶対にニキビには触れない

あなたの美容法は偏っていませんか?

よろしければお試しくださ〜い‬(..◜ᴗ◝..)

1ヶ月の美容代がぐーんッとお安くなりますよ♪

私が実践し提唱している「美容法」は、”バランスよく”ということを大黒柱に置いています。

スキンケアアイテムが負担になる成分で構成されていれば、活性酸素を増やしたり、肌に刺激となりスキンケアの効果が半減されます。

スキンケアはオーガニック、天然成分でケアしましょう♪

*必要な添加物もあることを忘れないで!!

医学的にも効果がある成分を入れないと「老化対策」なんてただの気休めです。

これだけは!という成分は取り入れ、他のスキンケアやメイクは肌に負担のないものにしています。

※いま使っている商品は捨てずに、旅行用などに保管して一つずつ変えていきましょう!

-40代50代の肌の悩み
-,

Copyright © 美活応援.com , All Rights Reserved.