お知らせ

もうすぐサイトの修正が終わりそうですᕙ( ˙-˙ )ᕗ
instaでお知らせいたしますのでもうしばらくお待ちくださいmm 

insta(@bikatuowen)始めました୧꒰*´꒳`*꒱૭✧
今後、新しい記事を投稿した時はinstaで通知させて頂きます。
フォローしていただいた方限定の公開です。
美容情報は、ブログよりinstaの方が先行することになります。

>美活応援.comってなんのブログ??どんな人の美容情報なの??

美容の嘘本当(プロの美容裏情報)

間違いの美容法(薬剤・成分・化粧品)編

効果がない美容法「化粧品」や「美容成分」

効果がない美白化粧品の正体とは?

「美白化粧品」という言葉に騙されてはいけません。

実は、厚生労働省に認定されたシミに効く成分は数種類しかありません。

シミを予防できる(かもしれない)化粧品や、シミに効く(かもしれない)化粧品を「美白化粧品」と銘打ち販売するのです。

美白化粧品を使っているのに(値段に関係なく)しみが消えない方や、逆にしみが濃くなってしまった方は、
研究のデータと効果が明確な、厚生労働省に認定された最先端の成分を使いましょう♪

スキンケア化粧品のネーミングに騙されない!

世の中には多数の化粧品があり、成分はメーカーにより様々です。

肌のシミ・くすみ・色黒・赤色で悩んでいる場合、単純に美白成分が配合された化粧品という選択で正しいの?

実は、美白化粧品って勘違いしやすいネーミングなんですよね。
肌の色がパーっと白くなるって誤解していませんか?

美白とは、メラニン色素に働きかけることが有効であるというお話で、
美白化粧品の美白の効果がある成分は、実は

厚生労働省に認可されているんですよ♪

厚生労働省認可「美白成分」の一部

  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • リノール酸
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • プラセンタエキス
  • エラグ酸
  • ハイドロキノン

この中で酒井が一つだけずーっと使い続けているのはビタミンc誘導体です。

このリストの中には、認可を受けていても、使いづらいものも多くあって、
肌荒れした成分が多く、逆に何も感じないものもある中、
効果を絶大に感じたのが、ビタミンC誘導体の最新型です。

>>APPS記事一覧

ハイドロキノンとレチノール

ハイドロキノンは危険な美白成分

レチノールはハイドロキノンとセットで使うことが多い成分です。
レチノールは、大手化粧品メーカー数社が、使用者に多くの副作用が生じたため数年前から販売を停止しています。

トレチノインはレチノールの何百倍もその危険性があるため、お医者様の監視のもと使用する「治療」範囲だと知って起きましょう。

個人で輸入して勝手に使用することの危険性を知らずに使用して、取り返しのつかないことになっている方が多いです。

間違いの美容法「海外輸入化粧品」編

〇〇化粧品ランキング

”しわに効く化粧水や美容液ランキング”とか、
”たるみに効く美容液やクリームランキング”などを、ご利用になった方も多いと思います。

これらの情報は、主婦がサンプルのレビューを投稿してるブログなどと全く同じで、意味がないランキングです。

毛穴の引き締め化粧品は存在しない=効果ない

毛穴自体を引き締めるという成分ありません。
そもそも毛穴が広がる(若い時の悩み)のではなく皮脂が過剰なことが原因なので、皮脂対策が正しいのです。

アラフォー以降は毛穴がたるむ症状で悩みますが、
これも毛穴ではなく皮膚のたるみが原因ですので、毛穴だけ引き上げるのは「?」なお話です。

収れん剤

収れん剤という肌を引き締める(毛穴)化粧水などはよく、

「これもどーですか〜」と購入するつもりなかったのになぜか買ってしまう率が高いアイテムです、
アルコール系が必ず入ってるため肌の表皮からキメを奪い成分が入っています。

効果がないとみんな知ってる??コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド

効果がない 美容法 化粧品

コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドなどの化粧品やサプリメントなどは購入する必要はありません。
元々私たちが備えているこれらの物質は、自力で増やすことができるからです♪

詳細はこちらの記事で記載しています。

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・セラミド・プロテオグリカンは塗っても飲んでも効果ない!!

サプリメント(ドリンクも含む)や食材で摂取しても、体内でアミノ酸に分解されてしまい皮膚に届かないというのが真実です。

コラーゲン化粧水やヒアルロン酸の化粧品などは保湿効果として有効ですが、ハリやシワたるみに効果はありません。
コラーゲンは分子が大きいため肌表面の留まる=保湿効果としての機能は高いと、知っておきましょう。

EGF やプラセンタ

  • EGF FGF・・・国で規制がかかりましたので、販売されているものには微々たる量しか含有されていません。
  • ヒアルロン酸・・・分子が大きいため浸透しません。保湿効果はあります。
  • プラセンタ・・・保湿成分です。

*何より、これが化粧品に配合されている時点で含有濃度が薄い薄いのです。
なぜって、法律で最近規制されているので、これらはは化粧品には入れられなくなりました。

Facebook

記事の情報がお役にたてば、ポチッとしていただくと励みになります♪ (Facebookアカウントをお持ちの方のみです)

あなたの美容法は偏っていませんか?

私が実践し提唱している「美容法」は,
”バランスよく”ということを大黒柱に置いています。

スキンケアアイテムが負担になる成分で構成されていれば
活性酸素を増やしたり、肌に刺激となりスキンケアの効果が半減されます。

スキンケアはオーガニック,天然成分でケアしましょう♪
*必要な添加物もあることを忘れないで!!

医学的にも効果がある成分を入れないと
「老化対策」なんてただの気休めです。

これだけは!という成分は取り入れ
他のスキンケアやメイクは肌に負担のないものにしています。

※いま使っている商品は捨てずに、
旅行用などに保管して一つずつ変えていきましょう!

最先端スキンケアリスト

酒井の1日の美容スケジュール♪

-美容の嘘本当(プロの美容裏情報)

Copyright © 美活応援.com , All Rights Reserved.