☆感謝の思い☆
FBへ嬉しいお言葉沢山頂き,ありがとうございます♪
「信者です!」「教科書みたいです!」など、
恐れ多いお言葉ですmmありがとうございます♪

記事・画像の使用は一部でも禁止です。

>>盗用した場合このように個人が特定されます

 

シミを消すにはメラニンとメラノサイトを知る!

投稿日:2016年9月18日 更新日:

メラニンとメラノサイト

シミってそもそもどうしてできるのでしょうか?

シミを消し、シミを作らないためには「メラニン」「メラノサイト」を知っておこう!

シミとシミの正体メラニン

メラニンは、正確にはメラニン色素と言います。
たんぱく質の一種で、皮膚のターンオーバーにより、沈着はせず、体外に代謝されます。

紫外線を浴びると、メラニンは茶褐色になり、赤ちゃん細胞を包み込み、
紫外線の怖い外から守ります。

悪いものではなく、皮膚がもつ防御機能ガードマンです。
皮膚を黒くすることで、皮膚の深部を守っています。

メラニンは2種あり、人の肌には両方のメラニンが混合しており、比率は個人により違います。
だから、肌の色は個人差があるのです。

  • ユウメラニン(濃い色素)
  • フェオメラニン(淡い色素)

このメラニンの色素の量により、私たちの肌の色が決まります。

メラニンは皮膚のどこかにあるわけではない!

皮膚がある危険な状態になった時に、脳は指令を出し、メラニン色素を作ります。
そのメラニン色素は、メラノソームというカプセルのような中に一旦貯蔵されます。
メラニン色素をつくるのは、後述する「メラノサイト」という工場みたいな細胞です。

*メラノーマは皮膚のガンです。

メラニンの役割

紫外線が肌の奥に入るのを防ぐ。
*奥とは真皮層より奥という意味、本当に奥に入ると危険、
だから、本来はその手前で、UVにより守っておかねばならない

アザ(青・茶・黒)はメラニン色素による赤血球中のヘモグロビンの色。

シミつまり、メラニンができる原因

シミは、様々種類がありますが、正体は「黒褐色の色素沈着」です。

メラニンの生成プロセス・メカニズム

体を守るための「防御反応」で、紫外線などによる刺激、ホルモンの乱れ、ストレスから大事な体内を守るために生成されます。

メラニンの生成プロセスを、断つことでシミは消えるのだが、
蓄積されたメラニンの周辺では慢性的に炎症が起きていて
この炎症が引き金となり、予防をしていても知らないうちにメラニンが作られてしまう
このシミの予備軍の周りにまたシミができてしまうのです。

メラニンができるパターンは様々

メラニンができる原因は、後述するメラノサイトが暴動を起こす原因を参考に♪

シミの正体メラニンと大元のメラノサイトの違い

メラノサイト=メラノ色素細胞(メラニン酸性細胞)

メラノサイトは、皮膚の表皮と毛包、脳、目(網膜やぶどう膜)に存在します。
*顔に多くお腹やお尻には少ない。

メラノサイトは長い手足を伸ばしたかのような形をしており、

メラニン色素はその手足のような突起によって、ケラチノサイト(角化細胞)に取り込まれます。

白人、黒人、黄色などの人種間でもメラノサイトの数は同じですが、
メラノサイトの機能力に違いがあります。

生まれた時の個人の肌の色は、
ケラチノサイト(角化細胞)に取り込まれたメラニン色素の量・細胞自体の大きさにより、決まります。

メラノサイトは基底層と呼ばれる、皮膚の表皮層の一番下層部分にあります。
お母さん細胞の間に点在しています。

皮膚の奥を紫外線などの危険な刺激から守れ!と脳から指令を受けると
メラノサイト工場は稼働します。

そこで作られるメラニン色素は、皮膚の下層部分に、
色素を傘のように広げて皮膚の奥の真皮層に紫外線が浸透しないように守ります。
だから、日焼けすると黒くなるんです。

老化により、このメラノサイトはコントロール力が低下し、
必要以上のメラニンを生産してしまうのです。

メラニンは本来ターンオーバーにより分解され透明に戻る

メラニンの排泄のされ方

ここでは表皮にできたメラニンのお話をしています。(正常な真皮層ではマクロファージがメラニンを食べて淡色化しています。)

*正常な場合は、
新陳代謝により押し上げられたメラニンは顆粒層(表皮にある層の一つ)内で
分解されて透明に戻りますが、

このメラノサイト工場の稼働が止まらなくなった状態が「シミ」。
メラノサイトが正常の場合、危険が過ぎ去れば、工場はメラニン色素を作ることを停止し、
ターンオーバー(新陳代謝)により皮膚細胞に取り込まれたメラニン色素は、
新陳代謝という細胞の代謝の機能により、皮膚表面を上昇していき、
肌の表面に落しあげられ垢となって剥がれ
体外へ出されますが、紫外線ケアの手抜きしていると、
工場が暴動するんです。

これが「シミができた!」と落ち込んでいる状態です。

・・・ということは、シミを消すのにどうすれば良いかというと?

メラノサイトの暴動を止めて、さらにターンオーバー力を高め排出されたメラニンを追い出す!

荒ぶる神を鎮める感じに似ています・・・よね?

  • ①メラニンを生成させないこと
  • ②肌の内部で炎症を起こさせないこと

「予防しつつ出来てしまったシミを消す」 ということですね。

シミの大元の原因はメラノサイトの暴動が止まらない原因

紫外線

・・・メラニンの増殖だけではなく、活性酸素も発生するため皮膚のサイクルが悪くなる

ホルモン

バランスを崩す・・・ 妊娠時(妊娠性肝斑は、出産、授乳が終われば消えます
バランスを崩す・・・ 閉経期(卵巣機能が停止すると収まる)
ピルの服用・・・黄体・卵胞ホルモンで作られているため、シミが増えたり、濃くなる。

肝機能低下

・・・体内の浄化措置である「肝臓」の機能が低下し、排泄力が悪くなる。

ストレス

・・・脳から神経に影響を与えるためホルモンのバランスがくずれる。
*メラニン細胞刺激ホルモン(MSH)も分泌されてしまう。
(ストレスを受けると増えてしまうホルモン)

その他

  • タオルなどでこする
  • 強いマッサージ
  • パンを良く食べる
  • 紅茶・コーヒーは増やす
  • 刺激の多い化粧品の使用は活性酸素も発生させる

シミを「予防+消す」方法

まずは、今あるシミに効果の有る方法

>>APPSはシミを消す最先端成分

  • 暴発したメラノサイトをストップさせる成分
  • 炎症を抑える成分
  • 新陳代謝を良くして放出されたメラニン色素を体外へ排出させる

同時に行うとシミが早く消える方法

新陳代謝をアップ

・・・適度なエクササイズでメラニンの排出を促す

メラニンを無色にする

・・・黒くなったメラニンを無色(還元)する最先端成分が必要
*同時に強力な抗酸化成分としても有名です。

メラノサイトの暴動を抑制させる

APPSだと、メラニンを抑え、産生を抑えセラミドコラーゲンの産生を増やせます。

APPSの効果的な使い方(手持ちの美容液+精製水)

今日は日焼けしてしまった〜という時は、
手持ちのapps配合美容液をローションパックにしてケアをしています。
浴びた紫外線は24時間以内に対処するというのが鉄則です。
そして毎日はできないけど、ここぞという時はシートマスクやコットンに!

>>100円の精製水で高級パックができる!

シミを「予防」する3大注意

サンカット(UV)効果の有るクリーム等で紫外線から肌を守る

*結構間違った日焼け止めの使い方してる人多いから気をつけてね

酸化を防ぐ(食生活、睡眠、安全な化粧品)

>>活性酸素とは?

ストレスを受けないじゃなくて、処理する!
スキンケアを見直そうと思っている方は、こちらの記事を参考に♪

no image
<秘伝>肌トラブルを改善しさらに若返る,究極のアンチエイジングスキンケア♪

このページは「保存版」で、 私が新しい化粧品を試し、さらに良いものが見つかれば更新します♪ 皆様には申し訳ないのですが、前置きが長いです。(大切なことなので) 2回目以降の方は、前置きを飛ばすために↓ ...

続きを見る

内部疾患から発症するシミもあるので該当しそうなら病院へ

シミをすぐ作っちゃう人が気をつけること

シミを消すことは内臓疾患でもない限り簡単ですが、
どうしてもシミができやすい生活をしている人がいます。

やはり年齢を重ねるほど、シミが消えるのに時間がかかるわけだから、
シミを作りにくいようにしておくこと!

体質というより、生活習慣なので注意しておきましょう。

シミができやすい人の特徴

  • 活性酸素発生多い
  • 日焼け止めについて誤解している
  • 日焼け止めは夏だけと勘違いしている
  • 喫煙タバコ・・・ニコチンはビタミンCを破壊

 

 

これだけは毎日頑張ろう♪

実は化粧水は不要なんです♪

難しいことがわからなくても
お肌が綺麗に若返るスキンケアになっています♪
よろしければ、お試しくださ〜いmm

1ヶ月の美容代がぐーんッとお安くなりますよ♪

上記のスキンケアの正しい順番はこちら♪
(*化粧水についても書いてます。)

>><秘伝>肌トラブル改善方法とさらに美肌になるアンチエイジングスキンケア

あなたの美容法は偏っていませんか?

私が実践し提唱している「美容法」は,
”バランスよく”ということを大黒柱に置いています。

スキンケアアイテムが
負担になる成分で構成されていれば
活性酸素を増やしたり、肌に刺激となりスキンケアの効果が半減されます。

スキンケアはオーガニック,天然成分でケアしましょう♪

*必要な添加物もあることを忘れないで!!

医学的にも効果がある成分を入れないと
「老化対策」なんてただの気休めです。

これだけは!という成分は取り入れ
他のスキンケアやメイクは肌に負担のないものにしています。

※いま使っている商品は捨てずに、
旅行用などに保管して一つずつ変えていきましょう!

子宮を若返らせるインナーケアについて書いてます♪
>>生理でデトックスパワーを最大にする美容法

顔のたるみにも影響している頭皮&ヘアの詳細は↓ココ
>> 薄毛・抜け毛で悩む方はこちら♪

管理人について

エステ講師元エステ講師酒井由紀

ナードアロマ協会アドバイザー
皮膚科医からエステサロンのオープンを託された経歴も持っています。

✤気休めじゃない!安全で効果抜群のスキンケア方法
✤スキンケアで筋肉を引き締める方法
✤シミを消す確実な方法
✤子宮から若返る生理でデトックス方法

などをお伝えしています♪

<注意!>このサイトの記事・画像を無断での使用・引用は著作権法違反です。

プロフィール

お問い合わせ

今月の人気記事ランキングへ

FAN'svoice

よく読まれている記事はこちら♪

no image 1

<2017年9月度> 9月によく読まれた記事順にリストアップしています。 祝! 殿堂入り♪ 最新型ビタミンC誘導体APPS 最先端強力リフトアップDMAE ほうれい線たるみ毛穴シミくすみを7日で消す! ...

no image 2

このページは「保存版」で、 私が新しい化粧品を試し、さらに良いものが見つかれば更新します♪ 皆様には申し訳ないのですが、前置きが長いです。(大切なことなので) 2回目以降の方は、前置きを飛ばすために↓ ...

たるみシワシミ毛穴くすみシミ 消す 方法 3

ほうれい線,シミが濃くなり消えない(汗) フェイスラインがふやけてたるんできた(泣) シワが本格的に深くなり、 夕方になると毛穴もたるんで目立つし、 顔のクスミが酷くなる!など・・・ 「急に老けた!」 ...

生理 デトックス 最強 排泄 排毒 4

女性だけの特権である, 「最強のデトックス機能=生理」は, 個人によりそのデトックス能力が大きく違います。 そのデトックス(拝毒・排泄)パワーは、 あなたの「女性力」と直結しており、 毎回の生理の「経 ...

no image 5

私の実践しているインナーケア(子宮を若返らせる・老廃物の排泄力を高める)は、 あれやこれやと様々なことをしません。 危ない断食もハードな運動もなく好転反応も起きません。 雑誌、テレビ、キュレーションサ ...

子宮 若くする 方法 6

男性から見ても女性から見ても魅力的な美しい女性が持っている”共通点”とはなんでしょうか? 私は長年の経験から「子宮が若くて強いこと」だと思っています。 男ウケするような綺麗な身体ラインは、現代では女性 ...

-ルミキシルはシミの予防の効果, 効果が高い美容の有効成分, 40代50代シミ・くすみ消す方法, ハイドロキノンは炎症がすごくて使えない, 最新型ビタミンC誘導体APPS, 35歳〜30代後半シミ・くすみ消す方法, シミ,クスミを即効消す方法, 30代後半〜40代,50代の正しいスキンケア, アラサー若返り方法, 20代効果ある美容法, 60代若返り美容方法
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© アラフォーアラフィフのための最先端美容法♪ , 2017 All Rights Reserved.