9月1日からブログ再開いたします。
せっかくお越しいただいたのに申し訳ありません。

最先端の美容法もアップデート?したものに変わります。

もっと効果があるものに出会いましたので皆様に早くお届けしたいと思っています♪

自宅で即若返りができるセルフケア方法ももっともっとお伝えしていきますね!!

 

当ブログ内の画像・記事は全て盗用および引用を禁止しております。見つけ次第法的手段に訴えます。

 

最新皮膚美容医療

肝斑かんぱんってレーザー治療ができるようになったのですね!

肝斑治療ってトラネキサム酸を飲むことと,強力美白剤であるハイドロキノンで
根気のいる治療法しかないって医師から聞いて,
それ以来私の中で情報が更新されていなかったんです><
でもレーザーで肝斑も治療できるのが当たり前になっていたのです!

肝斑というシミだけど原因が他のシミとは違う

肝斑とは30代〜40代にできる人が多いシミです
若いときもできる”点のシミ”ではなくて
左右対称に出来るモヤモヤして薄くぼんやりしたシミのこと。

原因は解明されていませんが
その部分には軽い炎症が起こっていることは確認されています。

老け感を代表するシミですよね><
急にできてしまったらショックと驚きで引きこもりたくなるところですが
大丈夫です♪

肝斑治療の現在の主流は

肝斑治療の種類はそんなに多くありません。

塗り薬であるハイドロキノンという医療用強力美白剤と
飲み薬のトラネキサム酸というメラニンの活性をブロックする治療法が主流です。

だけど,トラネキサム酸は
腎不全をお持ちの方や、血栓ができやすい方は注意が必要。
ハイドロキノンは,刺激が強くや日焼けに十分な注意を払う生活になります。
シミなんだからレーザーで手っ取り早く治療ができないものなのかと
思う所ですが

この肝斑はシミなのに,他のシミと違い
原因がまだ解明されていないことや,
悪化して濃くなることから以前はレーザー治療は行えませんでした。

ですので,私も数年間その情報のままだったのですが,
「肝斑レーザー」「レーザートー二ング」という治療法が登場!
医師達の研究が進だおかげで、肝斑レーザー治療が大きく進んだ様です。

のレーザー治療では9割の方に効果がみられています!

肝斑にはレーザーは効かないと言っているお医者さんがいらっしゃいますが
それは,機器と患者の肌質、症状によって対応を変えなければならず
医師の力量(照射技術)やクリニックのレーザーが
様々な症状に対応出来る種類が揃っているのかなど,
条件が必要になってくるのだそうです。
どの医師もが同じ効果を出せないということからくる
意見だそうです。

肝斑治療の相談はどこに

医師でも昔から現在に至るまで肝斑の見極めや
患者それぞれに適した治療法を見つけるのは,
まだまだ簡単ではないというのが現状なので
肝斑治療に知識経験のある医師のいるクリニックで
カウンセリングだけでも受けてみてください。

美容整形外科なら,最新機器を取り扱ってそうだし
クリニックなら敷居が低いので通院しやすいですね。
ホームページなどで下調べを行ってから
3クリニックほどに絞り込むことをおすすめします。

※市販薬トランシーノで治そうとしたお客さま数人から,効果がなく
結局クリニックで解決できたという経験談はよくききました。

肝斑レーザー レーザートーニング

1、2週間に1回の照射を3〜5回
全部で10分程度
ダウンタイムなし

シミを消す方法記事一覧

記事の情報がお役にたてば、ポチッとしていただくと励みになります♪ (Facebookアカウントをお持ちの方のみです)

あなたの美容法は偏っていませんか?

私が実践し提唱している「美容法」は,
”バランスよく”ということを大黒柱に置いています。

スキンケアアイテムが負担になる成分で構成されていれば
活性酸素を増やしたり、肌に刺激となりスキンケアの効果が半減されます。

スキンケアはオーガニック,天然成分でケアしましょう♪
*必要な添加物もあることを忘れないで!!

医学的にも効果がある成分を入れないと
「老化対策」なんてただの気休めです。

これだけは!という成分は取り入れ
他のスキンケアやメイクは肌に負担のないものにしています。

※いま使っている商品は捨てずに、
旅行用などに保管して一つずつ変えていきましょう!

<秘伝>アラフォー・アラフィフが若返ることができるのスキンケア方法

最先端スキンケアリスト

酒井の1日の美容スケジュール♪

-最新皮膚美容医療

Copyright© 最先端美容情報専門サイト40代50代が20歳若返る方法発信♪ , 2020 All Rights Reserved.