「教科書みたいです!」
「目から鱗です!」など嬉しい感想をFBにたくさん頂き感謝しています♪

記事の引用・盗用・オリジナル内容の言い回しを変えて
の使用などは一切禁止しております。

トラブルになる前にこちらをご覧ください。

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・セラミド・プロテオグリカンは塗っても飲んでも効果ない!!

投稿日:2018年6月1日 更新日:

エラスチン,コラーゲン,ヒアルロン酸,プロテオグリカン ,セラミド,効果ない

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・セラミド・プロテオグリカンは真皮層の物質

ハリや弾力を作り出す成分「エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・プロテオグリカン」は塗っても飲んでも効果がありません。

注射については下方に記載しています。

もちろんエラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・プロテオグリカンを自力で増やす方法もお伝えしています♪

エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・プロテオグリカンが減少すると?

「エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・プロテオグリカン」という
私たちのお肌の中に元々備えているこの成分たちが、
若々しいお肌の証拠である”ハリや弾力”を作り出していることは、
一般的にも知られるようになってきましたが

エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・プロテオグリカンの分泌力は30代後半になると急激に減少してしまいます。

同じ年齢の女性でも、肌に「たるみ」があるかないかで、見た目年齢が大きく左右するため、
肌のハリ・弾力がなくなり「たるみ」が生じると、見た目年齢が急に高くなり、
「お姉さん」から「おばさん」になってしまいます。

ちなみに、見た目年齢をグーンとあげてしまうこの「たるみ」は「シワ」の原因でもあるため、
下方でお伝えしている、たるみの改善方法でシワも消すことができます。
(たるみは小ジワや毛穴の開きとは違い、本格的な老化の始まりのサインです)

話を戻しますと、これらのコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・セラミド・プロテオグリカンは30代以降になると、
「自ら再生できなくなる」ので、自然に増やせないため一生補い続けなければならないのです。

ですのでアラフォーになると、本格的な正しいアンチエイジングケアを行わないと、正しいケアをしている同じ世代の女性と見た目年齢が大きくひらいてしまうのです。

間違っている!エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・プロテオグリカン配合の化粧品

たるみを改善させるために、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・プロテオグリカンが配合の〇〇商品がたくさん販売されていますが、
単純に飲めばいい、塗布すればいいというのはちょっと荒い考え方で皮膚や体の仕組みを知らない人が、
雑誌やテレビや大手化粧品メーカーの宣伝を見て信じ込まされているだけなんです。

なぜエラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸・プロテオグリカンを飲んでも塗っても効果がないのでしょうか?

エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸・プロテオグリカンは、私たちの皮膚内の真皮層にある物質で、
同じく真皮層にある物質の「線維芽細胞」により作り出されています。

つまり、

線維芽細胞が、エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・プロテオグリカンののお母さんなのです。

実は、「エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・プロテオグリカン」を作り出している、
このお母さん成分を元気にさせるだけで、これらすべての成分を増やすことができるため、あれやこれやと商品を購入することは必要がないのです。

減少するエラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・プロテオグリカンをどうやって増やすの?

間違いの美容法

どこででも売っている、エラスチン・コラーゲン・セラミド・プロテオグリカン高配合化粧品を塗ったり、
ヒアルロン酸入りのドリンクを飲めいいのでは?と簡単に思いちですが、

エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸・プロテオグリカンは分子が大きいため細胞に浸透しないのです。

そして、
配合のドリンク剤やサプリメントを飲んでも消化酵素によりアミノ酸に分解されてしまうことは、皆さんもすでにご存知ですよね。
だから、肌細胞にまでは届かないのです。

エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・プロテオグリカン化粧品も、保湿の効果しかありません。
なぜなら分子構造が大きいため皮膚を通過できず、大事な皮膚の「弾力・バネ」として作用することができないからです。

あの成分やこの成分と商品が分けられる理由は、メーカーがたくさん商品を買わせたいからです。

コラーゲン配合!とかエラスチン入り!とか、別々で購入させられていませんか?

最先端美容では、「エラスチン・コラーゲン・セラミド・プロテオグリカン」を生み出している線維芽細胞を増やし、
それらを作り出している大元の物質、つまりお母さん細胞に力と栄養を与え活性化させることが
最も効果的であることが判明しています。

線維芽細胞の増やし方についてはこちらでお伝えしています♪

>>老化を止めるならコラーゲン・ヒアルロン酸より大事な”線維芽細胞”!(真皮層の話)

線維芽細胞を増やし、コラーゲン・エラスチン・セラミド・プロテオグリカンを増やす成分

>>APPS

↑最先端成分です。シミやくすみ・薄いシワにも強力に効果します。

ちなみに、シワやたるみなど本格的な見た目老化に効果する最先端成分はこちらです。

>>DMAE

真皮層の成分コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・セラミドについてお伝えします♪

この4つの成分の働きは、肌の「ハリと弾力と潤い」を作り出しています。
ですが、分子量が大きいため化粧品として皮膚内に浸透させる効果は薄いということを前もってお伝えして起きますmm

コラーゲン(繊維)

コラーゲンが「線」で、後述する「結びめ」がエラスチンです。

肌にピン!と張った状態と、柔らかいふっくら感を作り出し、お肌の透明感も担当している大事な物質です。
コラーゲンには水分を吸収する能力も持ち合わせていますので、減少すると老化による乾燥も始まります。

コラーゲンが減少すると?

その「線=コラーゲン」がどんどん細く硬くなっていきます。
繊維は硬くなると弾力性がなくなるので、肌も緩んだ状態になってきます。

生まれて3ヶ月でコラーゲン繊維ができ、
20−24歳までの間がピークで綺麗に整列しています。

*紫外線が真皮層まで到達するとコラーゲンは損傷するため真皮層のケアが大切です。
(真皮層のケアについては下方にあります)

コラーゲンが減少するということは、真皮層の厚さも薄くなるということです。
これが「皮膚が緩るんで見える」原因です。

エラスチン

あまり一般的には知られていないエラスチンは、肌の伸縮性を作りだす繊維物質です。

コラーゲンについては知らない人を探す方が難しいくらい有名ですが、
エラスチンがあまり知られていないのは、
難しい成分のため研究がなかなか進んでこなかったことに原因があります。

エラスチンの美肌を作る役割

エラスチンは皮膚を押し返す力=弾力を作り出しており、
このエラスチン自体にも水分を保持する力があるため、
みずみずしいツヤ感を作り出すことができるのです。

エラスチンはコラーゲンよりも強力な弾力性をもっています。

エラスチンが不足するとコラーゲンがもつ弾力性を強化する能力が衰え、
皮膚に柔軟性がなくなり、
重力に向かって皮膚が下垂してしまう原因になります。

紫外線やストレスによってもエラスチンの変性が起こります。

エラスチンが減少すると皮膚だけではなく血管の弾力への影響が起きます。

エラスチンは再生ができない物質のため減少し始めると補わねばなりません。

紫外線を浴びて放置しておくと、エラスチンが増加と変性をすぐに始めます。

エラスチンとコラーゲン

コラーゲンを束ねる役目がエラスチンです。

両者の繊維成分がバランス良く存在することで、
ハリのある若々しい肌が皮膚表面で映し出されています。

エラスチンとコラーゲンは紫外線に弱く加齢とともに減少し、弾力が失われるため皮膚の形状記憶力が弱まり、表情ジワができます。(眉間シワや額のシワ)

この種類のシワがクリームなどで改善しないのはそれが原因です。

バストアップパワーは

保湿不足が原因ではなく、真皮層の成分が減少することが原因なので、表皮のスキンケアだけでは何も改善しないのです。

ヒアルロン酸

高い保湿性と高い水分保持力を持った物質です。
エラスチン・コラーゲンの間にあり、
肌にふっくらとしたハリを与えて、滑かさを出す役割を担っています。

ネバネバしたとろみのある水分が、肌のふっくら感を作り出しています。

化粧水でハリを出すのが無理なことがこれでわかりますよね?

*99.9%の配合物が「水分」である化粧水というものは、
肌のペーハーを整える役目であり、見た目の老化を改善することはできません。

ヒアルロン酸注射について

美容系

  • 豊胸、ほうれい腺、鼻筋などふっくらさせる
  • 3ヶ月ほどで体内へ吸収されるため元に戻るだけではなくその部分の皮膚は伸びてしまうため打ち続けないといけない
  • 施術と違い注射なので簡単そうだと思ってしまいますが、感染症のリスクや他人から気づかれてしまいやすい不自然さからは免れません。

こちらの記事でボトックス・ヒアルロン酸などの注射について書いています。

>>最先端成分DMAE

膝痛系

  • 本当は打たないほうがいいんです。筋トレや温泉で完治したという話を多く聞きました。
  • 私の母で実証済みです。

セラミド

肌の一番上はミルフィーユのように角質細胞が重なりあって肌を守っています。
その接着剤として大活躍しているのがセラミドです。

この接着剤の機能が低下することがセラミドが減少するということになります。

ですので、敏感肌さんには「セラミド」配合の化粧品がよくオススメされます。
ですが、このセラミドは原材料が個人では買えないほど高いです。

企業は利益を出すためにセラミドの含有率はとても低くしますので
効果は無いに等しいです。

セラミドには水分をたっぷり保持する力も併せ持っています。

プロテオグリカン

ヒアルロン酸より何倍もの高い保湿力をもつ!などと説明されていますが、
昔、何度かヒアルロン酸と比較をしてみましたが、全く効果を感じませんでした。

プロテオグリカンは最近になって商品化が増えてきた成分ですが、
エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドと同じく、もともと皮膚内にある成分です。

  • ダメージ抑制
  • 肌のハリ
  • 保湿
  • 抗酸化作用
  • 炎症抑制作用(アレルギーなど)

アンチエイジングの真実のお話についてはこちら♪

ちなみに見た目老化で深く悩んでいて、雑誌とかテレビでは知ることができない解決策についてお伝えしている記事はこちらです。

>>ほうれい線シワたるみシミ毛穴クスミを7日で消す!即効方法♪知らなきゃ損!

参考にしちゃいけないサイトやブログと買ってはいけないお店


ブログのアクセス数を稼ぎたい系のサイトの情報は、参考にしないほうが身のためです。

ランキング・比較サイト

・・・運営者情報をクリックして、多人数で作成しているサイトだったら、
ライターを雇って私のような専門家の記事を真似て書いてるだけです。
やたらイラストの出来が本気だったり、様々な化粧品を扱い組織化しているようなサイトのことです。
個人で運営しているように見せて下方までスクロールすると、会社だったりします。

ちなみにサプリメントアドバイザーとか、コスメコンシェルジュとか、日本化粧品○○検定とか化粧品業界の実績とか、「認定」などは
全く意味を持たないものです。
(エステ業界にも化粧品業界にも実績の認定や国家資格は存在しないのです)

そういう方がお客様で多くいらっしゃいましたが、
化粧品や基本の知識を知っているというというだけで、
肌別、悩み別に対応する術は持っていませんでした。誰一人として!

実際に多くの女性の肌に触れていなければ、知識だけでは意味がないのです。
顔出ししてても、そういう方の情報にはお気をつけください。

*アロマ系の資格はナード協会なら、本格的に化学の勉強をさせられますので信頼できます。その代わり厳しです><

さらに困るランキングサイトは、どこの誰が書いてるのか不明で、問い合わせもできないようなサイト。
ブログというより、がっつり作り込まれたサイトは、美容専門家でも医師でもありませんよね(笑)
ちゃんと、運営者情報・管理人情報を調べましょう。

「商品名+クチコミ」「商品名+効果」で探す方も上記に当てはまります。

②主婦のレビューサイト(やたら多いですね。最近)

・・・毎日のように化粧品を紹介しています。ただの主婦が書いてるため、記事を盗用していることが多く
皮膚を理解していないため、内容が間違っていることが多いです。サンプルで何がわかるんでしょうか?

③まとめサイト(記事を盗用することで成り立つサイト)

・・・年末年始に大問題になってましたね。(はい、当ブログもパクられてました 汗)

④メーカー公認店(公認店と正規店って勘違いしますよね)

・・・「公認」と勝手に言っているだけで特典がつかなかったり、価格もお得ではありません。

⑤個人輸入で海外の化粧品をおすすめするブログ
・・・欧米人の体のために合わせたものを塗る・口に入れるなんてどうかしてます。

 

これだけは毎日頑張ろう♪

実は化粧水は不要なんです♪

1ヶ月の美容代がぐーんッとお安くなりますよ♪

難しいことがわからなくても
お肌が綺麗に若返るスキンケアになっています♪
よろしければ、お試しくださ〜いmm

上記のスキンケアの正しい順番はこちら♪
(*化粧水についても書いてます。)

>><秘伝>肌トラブル改善方法とさらに美肌になるアンチエイジングスキンケア

あなたの美容法は偏っていませんか?

私が実践し提唱している「美容法」は,
”バランスよく”ということを大黒柱に置いています。

スキンケアアイテムが
負担になる成分で構成されていれば
活性酸素を増やしたり、肌に刺激となりスキンケアの効果が半減されます。

スキンケアはオーガニック,天然成分でケアしましょう♪
*必要な添加物もあることを忘れないで!!

医学的にも効果がある成分を入れないと
「老化対策」なんてただの気休めです。

これだけは!という成分は取り入れ
他のスキンケアやメイクは肌に負担のないものにしています。

※いま使っている商品は捨てずに、
旅行用などに保管して一つずつ変えていきましょう!

薄毛・抜け毛・頭皮&ヘア対策の詳細は↓こちらです♪
>> 薄毛・抜け毛で悩む方はこちら♪

管理人について

エステ講師元エステ講師酒井由紀

ナードアロマ協会アドバイザー
皮膚科医からエステサロンのオープンを託された経歴も持っています。

✤気休めじゃない!安全で効果抜群のスキンケア方法
✤スキンケアで筋肉を引き締める方法
✤シミを消す確実な方法
✤子宮から若返る生理でデトックス方法

などをお伝えしています♪

<注意!>このサイトの記事・画像を無断での使用・引用は著作権法違反です。

プロフィール

お問い合わせ

今月の人気記事ランキングへ

FAN'svoice

よく読まれている記事はこちら♪

たるみシワシミ毛穴くすみシミ 消す 方法 1

ほうれい線,シミが濃くなり消えない(汗) フェイスラインがふやけてたるんできた(泣) シワが本格的に深くなり、 夕方になると毛穴もたるんで目立つし、 顔のクスミが酷くなる!など・・・ 「急激に老けた! ...

頭皮 薄毛 抜け毛 アンチエイジング 40代 50代 30代後半 2

この記事のもくじ⇨1 40代,50代女性の頭皮と毛根を若返らせる抜毛・薄毛を増やすアンチエイジング改善方法2 頭皮を若返らせ髪を増やすまでの私の体験談3 40代50代女性の頭皮・毛根・髪の老化のサイン ...

老化が早い,老け顔,,糖化,,酸化,肌断食,消去する方法 ,アラフィー,アラフィフ   3

この記事のもくじ⇨1 30代40,50代の顔のシワたるみを引き上げ若返るリフトアップ方法とは?2 30,40,50代別顔のたるみを引き上げて10歳若返る美容法「オススメしないこと」3 顔のシワたるみを ...

-40、50代毛穴消してなくす方法, 30代後半毛穴消してなくす方法, 30代後半の眉間のシワ消す方法, 40代50代眉間のシワ消す方法, 最新型ビタミンC誘導体APPS美容液, 効果が高い美容の有効成分, 40代50代シミ・くすみ消す方法, 30代後半たるみリフトアップ方法, フラーレンはラジカルスポンジ認証と高配合化粧品しか効果ない, 最新型ビタミンC誘導体APPS, 40代50代たるみリフトアップ方法, 30代後半目の上のたるみリフトアップ方法, 肝斑や消えにくいシミ消す方法, 40代50代目の上のたるみリフトアップ方法, 30代後半目の下のたるみリフトアップ方法, 美容液(セラム)を極めるのが最強のアンチエイジング!, 毛穴さがり、シワ、ほうれい線、たるみ,フェイスラインを引き上げる方法, 40代、50代目の下のたるみリフトアップ方法, 30代後半目元若返り美容法, たるみを即効引き上げる方法, 40代50代の目元若返り美容法, 30代後半シミ・くすみ消す方法, シミ,クスミを即効消す方法, 40代50代ほうれい線消す方法, 30代後半ほうれい線消す美容法, 40代、50代頬下がり・頬こけ改善方法, 30代後半頬下がり・頬こけ改善方法, 30代,40代,50代の正しいスキンケア, 40代,50代の若返り美容方法, 40代50代おでこ・額のシワ消す方法, 30代後半おでこ・額のシワ消す方法, 40代アラフォーの若返り方法, 40代、50代フェイスライン・輪郭リフトアップ方法, 50代アラフィフの若返り法, 40代50代のオーガニックアンチエイジングスキンケア化粧品, 若返り美容方法, 40代50代オーガニックメイクアップ化粧品, 30代後半若返り美容法, 消して若返る!安全なスキンケアメイク化粧品, 悩み別の効果絶大スキンケア方法, ❖急激に老けた!若返り方法
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© アラフォーアラフィフ女性のための秘密の最先端美容法♪ , 2018 All Rights Reserved.