☆感謝の思い☆
FBへ嬉しいお言葉沢山頂き,ありがとうございます♪
「信者です!」「教科書みたいです!」など、
恐れ多いお言葉ですmmありがとうございます♪

記事・画像の使用は一部でも禁止です。

>>盗用した場合このように個人が特定されます

 

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・プロテオグリカンは塗っても飲んでも効果ない!!

投稿日:2017年10月5日 更新日:

コラーゲン エラスチン ヒアルロン酸 プロテオグリカン  効果ない

ハリや弾力を作り出す成分「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・プロテオグリカン」は塗っても飲んでも効果がありません。

注射については下方に記載しています。

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が減少すると?

「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・プロテオグリカン」という、お肌の中にあるこの成分たちが、
若々しいお肌の証拠である”ハリや弾力”を作り出していることは、一般的にも知られるようになってきましたが、これらは40代になると急激に減少してしまいます。

同じ年齢でも肌に「たるみ」があるかないかで、見た目年齢が大きく左右しますよね。
その見た目年齢をグーンとあげてしまう大きな要因が、「たるみ」です。

「たるみ」はこの「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」という真皮層にある成分が減少することで表れます。
(たるみは小ジワや毛穴の開きとは違い、本格的な老化の始まりのサインです)
これらの成分は、「再生できず自ら増やすことができない」ため補い続けなければならないのです。

ですので、アラフォーになると本格的な正しいアンチエイジングケアを行わないと、正しいケアをしている同じ世代の女性と見た目年齢が大きく差がつけられてしまうのです。

そこでそれらを補うためのコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が配合の〇〇商品がたくさん販売されていますが、
単純に飲めばいい、塗布すればいいというのは、ちょっと荒い考え方で皮膚や体の仕組みを知らない人が、
雑誌やテレビや大手化粧品メーカーの宣伝を見て信じ込まされているだけなんです。

実は、「コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸」を、作り出しているお母さん成分を元気にさせるだけで、
これらすべての真皮層の成分を自動的に増やすことができるため、あれやこれやと商品を購入することは必要がないと、わかりますよね。

なぜコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・プロテオグリカンを飲んでも塗っても効果がないのでしょうか?

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸プロテオグリカンについて知りたい方はこのまま読む進めてください。

ちなみに見た目老化で深く悩んでいて、雑誌とかテレビでは知ることができない解決策についてお伝えしている記事はこちらです。

>>ほうれい線シワたるみシミ毛穴クスミを7日で消す!即効方法♪知らなきゃ損!

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸プロテオグリカンは真皮層の物質

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・プロテオグリカンは、私たちの皮膚内の真皮層にある物質で、同じく真皮層にある物質「線維芽細胞」により作り出されています。

これらの物質が減少すると、「ハリがなくなりシワ・皮膚がゆるむ」つまり”たるみ”があらわれ本格的な見た目老化(おばちゃん顔)が始まります。

コラーゲン(繊維)

コラーゲンが「線」で、後述する「結びめ」がエラスチンです。

肌にピン!と張った状態と、柔らかいふっくら感を作り出し、
お肌の透明感も担当している大事な物質です。
コラーゲンには水分を吸収する能力も持ち合わせていますので、減少すると老化による乾燥も始まります。

コラーゲンが減少すると?

その「線」がどんどん細く硬くなっていきます。
繊維は硬くなると弾力性がなくなるので、肌も緩んだ状態になってきます。

生まれて3ヶ月でコラーゲン繊維ができ、
20−24歳までの間がピークで綺麗に整列しています。

*紫外線が真皮層まで到達するとコラーゲンは損傷する。

コラーゲンが減少するということは、真皮層の厚さも薄くなるということです。
これが皮膚を緩るんで見える原因です。

エラスチン

エラスチンは肌の伸縮性を作りだす繊維物質です。
皮膚を押し返す力=弾力を作り出しています。

エラスチンは再生ができない物質のため減少し始めると補わねばなりません。

*紫外線を浴びて放置しておくと、エラスチンが増加と変性をすぐに始めます。

コラーゲンとエラスチン

コラーゲンを束ねる役目がエラスチンです。

両者の繊維成分がバランス良く存在することで、
ハリのある若々しい肌が皮膚表面で映し出されています。

紫外線に弱く加齢とともに減少し、弾力が失われるため皮膚の形状記憶力が弱まり、表情ジワができます。(眉間シワや額のシワ)

この種類のシワがクリームなどで改善しないのはそれが原因です。

保湿不足が原因ではなく、真皮層の成分が減少することが原因なので、表皮のスキンケアだけでは何も改善しないのです。

ヒアルロン酸

高い保湿性と高い水分保持力を持った物質です。
コラーゲンとエラスチンの間にあり、
肌にふっくらとしたハリを与えて、滑かさを出す役割を担っています。

ネバネバしたとろみのある水分が、肌のふっくら感を作り出しています。

化粧水でハリを出すのが無理なことがこれでわかりますよね?

*99.9%の配合物が「水分」である化粧水というものは、
肌のペーハーを整える役目であり、見た目の老化を改善することはできません。

ヒアルロン酸注射について

美容系

  • 豊胸、ほうれい腺、鼻筋などふっくらさせる
  • 3ヶ月ほどで体内へ吸収されるため元に戻るだけではなくその部分の皮膚は伸びてしまうため打ち続けないといけない

膝痛系

  • 本当は打たないほうがいいんです。筋トレや温泉で完治したという話を多く聞きました。
  • 私の母で実証済み。

プロテオグリカン

ヒアルロン酸より何倍もの高い保湿力をもつ!などと説明されていますが、
昔、何度かヒアルロン酸と比較をしてみましたが、全く効果を感じませんでした。

プロテオグリカンは最近になって商品化が増えてきた成分ですが、
コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸と同じくもともと皮膚内にある成分です。

分子量が大きいため化粧品として皮膚内に浸透させる効果は薄い。

  • ダメージ抑制
  • 肌のハリ
  • 保湿
  • 抗酸化作用
  • 炎症抑制作用(アレルギーなど)

減少するコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸をどうやって増やすの?

間違いの美容法

どこででも手に入るコラーゲン・エラスチン高配合化粧品を塗ったり、
ヒアルロン酸入りのドリンクを飲めいいのでは?と簡単に思いちですが、

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸は分子が大きいため細胞に浸透しないのです。

そして、
飲んでも消化酵素によりアミノ酸に分解されてしまうことは、皆さんもすでにご存知ですよね。

分子を小さくしたコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸化粧品も保湿の効果しかありません。
なぜなら大事な皮膚の「弾力・バネ」として作用することができないからです。

あの成分やこの成分と商品が分けられる理由は、
メーカーがたくさん商品を買わせたいからです。

コラーゲン配合!とかエラスチン入り!とか、
別々で購入させられていませんか?

最先端美容では、コラーゲン・エラスチンを生み出している線維芽細胞を増やし、
それらを作り出している大元の物質、つまりお母さん細胞に力と栄養を与え活性化させることが
最も効果的であることが判明しています。

線維芽細胞の増やし方についてはこちらでお伝えしています♪

>>老化を止めるならコラーゲン・ヒアルロン酸より大事な”線維芽細胞”!(真皮層の話)

アンチエイジングの真実のお話についてはこちら♪

>>ほうれい線シワたるみシミ毛穴クスミを7日で消す!即効方法♪知らなきゃ損!

これだけは毎日頑張ろう♪

実は化粧水は不要なんです♪

難しいことがわからなくても
お肌が綺麗に若返るスキンケアになっています♪
よろしければ、お試しくださ〜いmm

1ヶ月の美容代がぐーんッとお安くなりますよ♪

上記のスキンケアの正しい順番はこちら♪
(*化粧水についても書いてます。)

>><秘伝>肌トラブル改善方法とさらに美肌になるアンチエイジングスキンケア

あなたの美容法は偏っていませんか?

私が実践し提唱している「美容法」は,
”バランスよく”ということを大黒柱に置いています。

スキンケアアイテムが
負担になる成分で構成されていれば
活性酸素を増やしたり、肌に刺激となりスキンケアの効果が半減されます。

スキンケアはオーガニック,天然成分でケアしましょう♪

*必要な添加物もあることを忘れないで!!

医学的にも効果がある成分を入れないと
「老化対策」なんてただの気休めです。

これだけは!という成分は取り入れ
他のスキンケアやメイクは肌に負担のないものにしています。

※いま使っている商品は捨てずに、
旅行用などに保管して一つずつ変えていきましょう!

子宮を若返らせるインナーケアについて書いてます♪
>>生理でデトックスパワーを最大にする美容法

顔のたるみにも影響している頭皮&ヘアの詳細は↓ココ
>> 薄毛・抜け毛で悩む方はこちら♪

管理人について

エステ講師元エステ講師酒井由紀

ナードアロマ協会アドバイザー
皮膚科医からエステサロンのオープンを託された経歴も持っています。

✤気休めじゃない!安全で効果抜群のスキンケア方法
✤スキンケアで筋肉を引き締める方法
✤シミを消す確実な方法
✤子宮から若返る生理でデトックス方法

などをお伝えしています♪

<注意!>このサイトの記事・画像を無断での使用・引用は著作権法違反です。

プロフィール

お問い合わせ

今月の人気記事ランキングへ

FAN'svoice

よく読まれている記事はこちら♪

no image 1

<2017年12月度> 12月によく読まれた記事順にリストアップしています。 祝! 殿堂入り♪ 最新型ビタミンC誘導体APPS 最先端強力リフトアップDMAE ほうれい線たるみ毛穴シミくすみを7日で消 ...

no image 2

このページは「保存版」で、 私が新しい化粧品を試し、さらに良いものが見つかれば更新します♪ 皆様には申し訳ないのですが、前置きが長いです。(大切なことなので) 2回目以降の方は、前置きを飛ばすために↓ ...

たるみシワシミ毛穴くすみシミ 消す 方法 3

ほうれい線,シミが濃くなり消えない(汗) フェイスラインがふやけてたるんできた(泣) シワが本格的に深くなり、 夕方になると毛穴もたるんで目立つし、 顔のクスミが酷くなる!など・・・ 「急に老けた!」 ...

生理 デトックス 最強 排泄 排毒 4

女性だけの特権である, 「最強のデトックス機能=生理」は, 個人によりそのデトックス能力が大きく違います。 そのデトックス(拝毒・排泄)パワーは、 あなたの「女性力」と直結しており、 毎回の生理の「経 ...

no image 5

私の実践しているインナーケア(子宮を若返らせる・老廃物の排泄力を高める)は、 あれやこれやと様々なことをしません。 危ない断食もハードな運動もなく好転反応も起きません。 雑誌、テレビ、キュレーションサ ...

子宮 若くする 方法 6

男性から見ても女性から見ても魅力的な美しい女性が持っている”共通点”とはなんでしょうか? 私は長年の経験から「子宮が若くて強いこと」だと思っています。 男ウケするような綺麗な身体ラインは、現代では女性 ...

-40、50代毛穴消してなくす方法, 35歳〜30代後半毛穴消してなくす方法, 35歳〜30代後半の眉間のシワ消す方法, 40代50代眉間のシワ消す方法, 最新型ビタミンC誘導体APPS美容液, 効果が高い美容の有効成分, 40代50代シミ・くすみ消す方法, 35歳〜30代後半たるみリフトアップ方法, 40代50代たるみリフトアップ方法, 35歳〜30代後半目の上のたるみリフトアップ方法, フラーレンはラジカルスポンジ認証と高配合化粧品しか効果ない, 美容液(セラム)を極めるのが最強のアンチエイジング!, 肝斑や消えにくいシミ消す方法, 最新型ビタミンC誘導体APPS, 40代50代目の上のたるみリフトアップ方法, 35歳〜30代後半目の下のたるみリフトアップ方法, 毛穴さがり、シワ、ほうれい線、たるみ,フェイスラインを引き上げる方法, 40代、50代目の下のたるみリフトアップ方法, 35歳〜30代後半目元若返り美容法, たるみを即効引き上げる方法, 40代50代の目元若返り美容法, 35歳〜30代後半シミ・くすみ消す方法, シミ,クスミを即効消す方法, 40代50代ほうれい線消す方法, 35歳〜30代後半ほうれい線消す美容法, 40代、50代頬下がり・頬こけ改善方法, 35歳〜30代後半頬下がり・頬こけ改善方法, 40代50代おでこ・額のシワ消す方法, 35歳〜30代後半おでこ・額のシワ消す方法, 40代、50代フェイスライン・輪郭リフトアップ方法, 40代50代のオーガニックアンチエイジングスキンケア化粧品, 30代後半〜40代,50代の正しいスキンケア, 35歳から若返り美容方法, 40代,50代の若返り美容方法, 40代50代オーガニックメイクアップ化粧品, 40代アラフォーの若返り方法, 50代アラフィフの若返り法, 35歳〜30代後半若返り美容法, アラサー若返り方法, 20代効果ある美容法, 60代若返り美容方法, 消して若返る!安全なスキンケアメイク化粧品, 悩み別の効果絶大スキンケア方法, ❖急激に老けた!若返り方法
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© アラフォーアラフィフのための最先端美容法♪ , 2018 All Rights Reserved.