☆感謝の思い☆
FBへ嬉しいお言葉沢山頂き,ありがとうございます♪
「信者です!」「教科書みたいです!」など、
恐れ多いお言葉ですmmありがとうございます♪

記事・画像の使用は一部でも禁止です。

>>盗用した場合このように個人が特定されます

顔のべたつき大人オイリー(てかり,脂症,皮脂分泌過剰)を1ヶ月でサラサラ肌にする方法♪

投稿日:2017年6月28日 更新日:

この美容ブログに3年間で1000人以上の方から、
「効果があった♪目からウロコです!」など、たくさんのお声を頂いている
大人のオイリー肌を克服しサラツヤになる方法を記事にしてお伝えします。

この記事は長文の為↓「目次」を表示させて、気になるところからお読みくださいませmm(その部分に飛べます)

一般の方が大人のオイリーをなかなか改善できない理由

現場で10年以上にわたり1、0000名以上の肌悩みを聞いてきた経験でわかったことは、
私のような皮膚の勉強をしている方じゃない場合、
原因を追求する前に諦めてしまっている方が多いことにあります。

ありがたいことに私は、皮膚の悩みを改善するのが仕事で(今は専業主婦)、
「原因追求=知識」になったため、四六時中「顔のベタつき」について考えることができました。

だから本当に効果があるオイリー肌の解決方法」を探し出すことができたのです。

さらに、一般の方が間違った解決策を信じてしまうのは、テレビや雑誌などでは、
わかりやすくするために大事な部分を編集されていたり、原因を1つにされているため混乱してしまうのです><

そのために大人オイリー肌で悩む多くの方は改善できずに悩んでいる方が多いのです。

もうそういう情報を信じることを卒業して、本当の解決策で大人オイリー肌を改善しましょう♪

ではさっそく、具体的なオイリー肌の解決策をお伝えしていきますね。

  • 女性限定の解決策
  • 当ブログはまとめサイトみたいな適当な記事は書かないため、しっかり説明しています。
  • 大人のオイリー肌を1ヶ月で改善するための「スキンケアとインナーケア」

顔の老化について知っておきたい方はこちら♪

>>ほうれい線シワたるみシミ毛穴クスミを7日で消す!即効方法♪知らなきゃ損!

大人なのに顔がべたつき、オイリー肌になる原因

こんな状態でお悩みではないですか?

  • *Tゾーンはべたついているのに頬は乾燥している。
  • 汗ではなく明らかに脂でべたついている
  • 洗顔してもすぐにべたついてしまう
  • 暑くないのにべたついている
  • 保湿するとテカる

汗が引いて肌がサラサラしていたら皮脂過剰ではありません。

これらは明らかに10代,20代とは違う大人のオイリー肌の状態です。
30代以降の方がオイリー肌で悩んでいるのなら、10代や20代とは原因が全く違うため解決策も違います。

大人オイリー肌を改善できずに放置しておくと、
活性酸素を皮膚上で多く発生させていることになり、顔全体のくすみ(肌が黒くなっていく)や、毛穴は広がりさらに下がり、吹き出物やかゆみ、
赤みが常時発生する肌トラブルに段々なっていく恐れがあり、40代に突入すると、匂いまで発生させてしまうのです。

本当の解決方法は以下の2つに分かれます。

  • 直接原因・・・べたつかせている正体
  • 大元原因・・・べたつかせている正体を作り出す原因

以上の直接的な原因大元の原因を分けて考え、
次にその解決策をつないでいくと必ず、オイリー肌がサラツヤになっていくのです。

大人オイリー肌の直接原因である「皮脂過剰分泌」の原因

多くの方は、直接の原因である「皮脂分泌の過剰」だけを改善しようとします。

オイリー肌専用の化粧品を使ったり、
何度も洗顔したりする、いわゆる”其の場凌ぎ的な方法を選択してしまうのです

ビオレとか、プロアクティブは実は肌が弱くなっていく成分が配合されているのですよ。

この"その場的"な方法は、さらに皮脂分泌を過剰にさせてしまい、
様々な肌トラブルが次々に引き起こされるようになります。

できればお時間があるときにでも↓こちらの記事を読んでいただけたらと思います。

>>皮脂について

*「皮脂について」の記事は「知識編」になります。
解決方法をすぐにでも知りたい方は、このままこの記事を読み進めてくださいませ。

オイリー肌がなかなか改善しない方は、
この「直接原因」だけしか知らずに、
しかも間違った対策方法でケアしているんだと思います。

一番大事な「大元の原因」を知り、正しいケアを行うことで改善に向かいます。

大人オイリー肌になる肌がベタつく大元の原因

  • 乾燥
  • 男性ホルモン過剰、女性ホルモンのバランスが乱れている
  • 間違ったスキンケア

大人のオイリー肌の場合は上記の3つ原因が重なっているために、原因が複雑とよく言われてます。

フェイスラインや頬にできている方は、身体のデトックス力の低下が原因であることが多いです。

オイリー肌だからと単純にさっぱりのオイリー肌専用化粧品に変えたりする方が多いですが、
先述したように様々なトラブル肌を招いてしまいます。

一度に取り掛かるのが難しい方は、
以下の取り掛かりやすいことから始めることおおすすします♪

  • クレンジングが「オイル系・クリーム・ミルク」タイプの方はジェルクレンジングに変える
  • 洗顔は女性ホルモン調整も行えるもの
  • 厚生省認定の皮脂抑制成分最新型のブタミンC誘導体で皮脂を抑制しくすみも飛ばす
  • 体内デトックスを促進させる

↑それぞれの詳細は、以下の記事で説明しています。(関係ない場所は飛ばしてお読みいただけたらと思います)
オイリー肌さんにおすすめのファンデとUVも記載しています。

>><秘伝>肌トラブルを改善しさらに若返る,究極のアンチエイジングスキンケア♪

>>インナーケア(子宮を若返らせる・老廃物の排泄力を高める)方法の記事リスト

顔のべたつきを放置しておくとニキビ・毛穴の拡大や肌の黒ずみ(くすみ・いちご鼻)になる!

顔のべたつきを放置し、スキンケアやインナーケアを正さないと以下のような肌の悩みもどんどん増えてきます。

  • シミができやすい
  • くすみ
  • 毛穴タルミ
  • 毛穴下がり
  • 毛穴開き
  • 吹き出物
  • イチゴ鼻や黒ずみ・・などが非常にできやすい状態の肌になる
  • 赤みやかゆみなどの肌トラブル

毛穴から出てくる白いもの

皮脂が毛穴の中で詰まると、角栓という脂が酸化しぬるっとした状態になります。
その角栓は毛穴をぐんぐんと広げ、早い段階で毛穴を茶色くさせます。

エステに行った方なら経験があると思いますが、
「吸引」という機器で毛穴からスポスポ音を立て吸い出すコースがありますよね?

確かにその時、その機器の先のガラスの部分についている白いものは角栓=皮脂」です。

ですが、これは毎日分泌されるものなので、こんなコースを受けても
鼻の黒ずみや、毛穴の開きが改善されるわけではありません。

皮脂が過剰に分泌される原因を改善し、正しいスキンケアを行うことが改善策なのです。
これで月1回、週1回の吸引のコースを受けても、意味がないということがわかりますよね。

毛穴の中の黒ずみ

茶色い汚れが毛穴にあるわけはないので、
ドラックストアの吸引系パックや、ディープクレンジングなどで
消せるわけでは絶対にありません。

黒ずみの正体はリンゴを切って放置すると、茶色くなることと同じで
空気に触れたリンゴが錆びていく様と全く同じ状態です。

肌のターンオーバーを待ちながら2ヶ月ほどかけて
厚生省の認定を受けている成分を皮膚の深い部分まで浸透させることで改善します。

毛穴の中と同じで、皮膚の表面上に皮脂を長時間放置してしまうと、
「くすみ」になります。

大人の顔のべたつき(オイリー,てかり,あぶら症)の原因の詳細①

①「乾燥」原因は肌の水分保持機能低下により代わりに油を出そうとする誤作動

べたついているのに「乾燥」って!!って思いますが、
肌の表面ではなく内側に潤いがあればべたつかないのです。
(皮脂が過剰に分泌されなくなります)

 

紫外線の有害な刺激により乾燥へつながる!

紫外線には遺伝子までも傷つける強い刺激があります。

乾燥した皮膚は,
バリア機能が低下していますので、さらに紫外線を吸収しやすい状態になっています。

「角質(皮膚の一番外側)」には、紫外線を反射する能力が備わっているんですが、
その能力を機能させるにはたっぷりの水分(潤い)が必須になります。

化粧水で保湿の効果は得られないため、正しいスキンケアで正しい「保湿」をすることが皮脂を抑制し美肌になる大前提です。

長期間の乾燥の放置は,皮膚の表面が隙間だらけに。(これをキメが荒いといいます)

皮膚の表面の浅い部分には、2種類のバリア機能が働いています。
第一次バリアは、皮脂で覆うという意味の「皮脂膜」です。

皮脂膜は、皮膚内の水分が蒸発しないように、紫外線が皮膚の奥に通過しないように守る役割ですが、

乾燥肌の皮膚の、「角質(皮膚の一番上)」は、
隙間だらけになっており、バリア機能が働かず、なんでも浸透させて,
刺激を強く受けやすいため、「生体防御反応」が働きます。

それが過剰な「皮脂分泌」の原因です。

肌が”やばい状態”だからこそ緊急処置として
体からオイルを過剰分泌させ、必死で守ろうとしているのです。

バリア機能が低下すると,本来皮膚を守る役目である皮脂(自分の油)が,自分の皮膚を傷つけてしまい、
その状態から守ろうとして、さらに皮脂を出すという悪循環になっているのです。

だから、ベタつきだけにとどまらず、様々な肌トラブルの悩みも合わせて抱えているのです。

皮膚は刺激を受けると、炎症を起こします。
つまり、かゆみや赤みが発症します。

そうなると、皮膚を守るために、角質層は厚みを増し、そのために肌がごわつき、肌トラブルがどんどん増えるという悪循環です。

②男性ホルモンでオイリーになる

私たち現代人はストレスに弱くなっています。

身体も心も頑張ったり疲れたりすることは、
生きていれば普通にありますが、
この状態をリセットせずに放置しておくと、
交感神経が刺激され、女性にも1%の割合で分泌されている男性ホルモンが増加してしまうのです。

男性の証である一つに”脂ギッシュ”さがありますが、まさにこの男性ホルモンが原因です。

小さなニキビがフェイスラインにできているのも、この男性ホルモンの仕業。
この部位は男子ならヒゲの生えるところなので、男性ホルモンが過剰だということがわかります。

男性ホルモンではなく、
女性ホルモンを分泌させるには、
生理のデトックス力をアップし子宮から若返り
女性ホルモンをアップさせましょう!

ホルモンのバランス崩れから皮脂が過剰に分泌されてしまうなら、

>>子宮を綺麗に若くするエストロゲン分泌をアップする方法

の対策をしつつ、今の皮脂過剰を抑制するために,正しいスキンケアを行いましょう。

皮脂が過剰に分泌される原因は違えど、
過剰になった皮膚をサラツヤに改善する経緯は同じ方法です♪

いったい何から始めればいいのか、わからない・・・という方は、以下をご覧ください。

ちなみに怒ると2〜5倍に皮脂の分泌量が増えます。
*ストレス、睡眠不足も皮脂の分泌がアップする。
これもホルモンが影響されるため、ここに当てはまります。

皮脂を過剰にさせる「スキンケア方法の勘違い・間違い」

大人オイリー肌、顔のべたつき改善方法「間違い」編

  • あぶらとり紙
    ・・・余計オイリーがひどくなる(脂取り紙は皮膚の性質上オイリーを悪化させます)
  • 冷やす
    ・・・その時だけべたつきがなくなった気がするけど、血行が悪くなるだけ。
  • グリシルグリシンは効果がなかったです。

実は、これらの良いと言われている方法は、効果がないどころか、
ベタつきが悪化する原因にさえもなっていたんです!

↓その他

雑誌や素人主婦さんが書いたブログなどから得た改善策を
良かれと思って皮脂が過剰に分泌するようなことをやってませんか?

オイリー肌専用化粧品などは、
アルコール成分が配合されてるにもかかわらず、アルコールの正体を隠すような記載名でごまかしています。

アルコールが皮膚にとって何故ダメなのかというと、アルコールが蒸発する時、
皮膚の水分も一緒に蒸発するため、乾燥肌になってしまうからです。

・・・すーっとしてその時だけ、効いてるように感じるがそれはアルコール成分でごまかされている

乳液やクリーム、オイル美容液を塗っていませんか?

これらのアイテムは、油とものすごい量の添加成分を使わなければ作れないので、
バリア機能低下へと向かいます。

美容オイルはマッサージ以外での使用は絶対にNGです。
(マッサージが終わればしっかり洗い流すこと)

皮脂が多く分泌する方、オイリーな方は「クレンジングと洗顔」方法を見直しましょう♪

間違ったクレンジング・洗顔方法で、皮膚の老廃物や、メイクの落とし残しが活性酸素を発生させてしまっていませんか?

ぬるま湯オンリーの洗顔をしていると、(していた)活性酸素を発生させる原因になります。

洗顔回数を増やすギルと気付けば乾燥しパシパシになります。

  • ゴシゴシ洗いで摩擦
  • ブラシ洗顔
  • 何度も洗顔(1日に2回が原則)
  • クレンジングや洗顔剤にピーリングが配合されている。

>>正しい洗顔でアンチエイジング!(泡立にこだわらなくていいんだよ!)

>>「クレンジング」肌トラブルを改善し美肌になるクレンジング

よくない添加物が多く含まれた化粧品メイク・スキンケアを使っていませんか?

化粧品の構成成分の定義を考える時、よくある間違いは、ノンケミであっても、
最先端技術で処理されずに製造されていれば、植物性の為、アレルギーを発生する人が多く、

逆に添加成分でも配合されていた方が肌にとっても、製品を安定させるためにも
必要なものもありますので、
素人主婦さんなどのブログで得た、恐怖を煽るような情報は鵜呑みにされないように。

夜のケアで紫外線などで受けたダメージをリセットしていますか?

正しいスキンケアについてはこちら♪

>><秘伝>肌トラブルを改善しさらに若返る,究極のアンチエイジングスキンケア♪

皮脂を過剰にさせているNGなこと(その他)

  • ケミカルピーリングのやりすぎ
  • スクラブのやりすぎ
  • 生理周期に合わせて生活や食事をしていない

など。

皮脂の過剰とUVとメイクの化学反応

私たちは、24時間中スキンケア化粧品を肌に、その半分の時間はUVやメイクがのっていますよね。

「脂(油)」が1日中、皮膚の上で過剰分泌されているだけでも、相当刺激が続いている状態になりますが、

さらに、ほとんどの方は、ファンデーションやUVなどを塗っていますので、
皮脂と化粧品の成分が混ざり、危ない刺激物質に変化しているものを、
皮膚の上に乗せていることになります。

しかも、その刺激物質に変化した「皮脂」が、長時間放置されると、
空気に触れていますので、活性酸素の発生が(肌が錆びる)起こりやすく
炎症(赤み,かぶれ,かゆみ)や吹き出物ができやすく、刺激を受け続けている状態なのです。

皮脂過剰の放置と活性酸素の発生により肌は,バリア機能を低下させ、
安全で良質の成分でさえも刺激と捉えてしまうため、肌トラブルを次々と引き押してしまうのです。

例えば、自分の肌にぴったりの色のチークに出会っても,すぐにかぶれてしまうのです。
安全で良質な化粧品にも,アクセサリーにも反応してしまうのが、「バリア機能低下」という状態です。

そして、バリア機能の低下により、老化のスピードもものすごく早くなってしまいます。
しかも乾燥肌は非常に紫外線を吸収しやすいため老化が早くなります。

ややこしいのですが、オイリーー肌さんこそ、保湿までしっかりしなければなりません。
*クリームや乳液で保湿してはいけません。

>>オイリー肌さんにおすすめのファンデーション

↑皮脂が多く分泌されるのを防ぎ、崩れず皮脂ケアができる。
皮膚にのせている時間が長くなっても、トラブルにならない成分で構成されている。

オイリー肌さんがサラツヤ肌になるための毎日のスキンケア方法

<皮脂抑制成分>過剰に分泌する皮脂を抑制し、強力な抗酸化作用も合わせ持つ「新型ビタミンC誘導体」

皮脂過剰なお肌に必要なこと

  • 余分な脂分を取り除き
  • 水分を取り入れ
  • 酸化させない

*皮脂は良質で量がちょうど良い状態にすれば自前の天然の高級クリームになるため、
程よい量は残さねばなりません。

皮脂分泌を抑制する成分は一般的なクリニックでも使用されている(保険外診療)

>>新型ビタミンC誘導体です。

顔のべたつきの原因である過剰な皮脂を抑制する成分として、厚生省の認可成分でもあり最も優れた有効成分です。

それだけではなく、

  • 夜塗布したら睡眠中に発生した活性酸素を除去し、日中も発生しないように活性酸素を抑制してくれる

薬品じゃないのに真皮層に届く稀有な成分でもあり、
皮脂抑制作用だけではなく、
表皮層のトラブルと、真皮層の老化が原因の肌の悩みにも効果が絶大なことで知る人ぞ知る成分です。

詳細は下記の記事でお伝えしています♪

皮膚内の潤い物質を増やし、皮脂を抑制し、抗酸化作用も併せ持っていますので
顔のべたつきだけではなく、お肌の悩みを抱えている方には必須の最先端成分です♪

>>最新型ビタミンC誘導体

ベタつきが多い部分

Tゾーンは皮脂腺が発達しているゾーンでもあります。
毛穴や皮脂腺が多いところは、切除後の傷跡が目立ちにくい部分でもあります。

耳の後ろのべたつき

耳の後ろもべたつきます、ここは吹き出物ができやすいし、
皮脂を酸化後数時間で、「加齢臭」を発生します。

匂いの原因は、毛穴の出口付近が渋滞を起こし、脂肪酸に変化するため臭いが発生します。

もうすでに第2第3の別の悩みが出ている人も、多いのではないでしょうか?

オイリー肌で顔がべたついて悩んでいる方は、
上記のような肌にならないために、早めに皮脂が過剰に分泌している原因を突き止め、
改善策に取り組みましょう♪

>>インナーケア(子宮を若返らせる・老廃物の排泄力を高める)方法の記事リスト

これだけは毎日頑張ろう♪

実は化粧水は不要なんです♪

難しいことがわからなくても
お肌が綺麗に若返るスキンケアになっています♪
よろしければ、お試しくださ〜いmm

1ヶ月の美容代がぐーんッとお安くなりますよ♪

上記のスキンケアの正しい順番はこちら♪
(*化粧水についても書いてます。)

>><秘伝>肌トラブル改善方法とさらに美肌になるアンチエイジングスキンケア

あなたの美容法は偏っていませんか?

私が実践し提唱している「美容法」は,
”バランスよく”ということを大黒柱に置いています。

スキンケアアイテムが
負担になる成分で構成されていれば
活性酸素を増やしたり、肌に刺激となりスキンケアの効果が半減されます。

スキンケアはオーガニック,天然成分でケアしましょう♪

*必要な添加物もあることを忘れないで!!

医学的にも効果がある成分を入れないと
「老化対策」なんてただの気休めです。

これだけは!という成分は取り入れ
他のスキンケアやメイクは肌に負担のないものにしています。

※いま使っている商品は捨てずに、
旅行用などに保管して一つずつ変えていきましょう!

子宮を若返らせるインナーケアについて書いてます♪
>>生理でデトックスパワーを最大にする美容法

顔のたるみにも影響している頭皮&ヘアの詳細は↓ココ
>> 薄毛・抜け毛で悩む方はこちら♪

管理人について

エステ講師元エステ講師酒井由紀

ナードアロマ協会アドバイザー
皮膚科医からエステサロンのオープンを託された経歴も持っています。

✤気休めじゃない!安全で効果抜群のスキンケア方法
✤スキンケアで筋肉を引き締める方法
✤シミを消す確実な方法
✤子宮から若返る生理でデトックス方法

などをお伝えしています♪

<注意!>このサイトの記事・画像を無断での使用・引用は著作権法違反です。

プロフィール

お問い合わせ

今月の人気記事ランキングへ

FAN'svoice

よく読まれている記事はこちら♪

no image 1

<2017年8月度> 7月によく読まれた記事順にリストアップしています。 祝! 殿堂入り♪ 最新型ビタミンC誘導体APPS 最先端強力リフトアップDMAE ほうれい線たるみ毛穴シミくすみを7日で消す! ...

no image 2

このページは「保存版」で、 私が新しい化粧品を試し、さらに良いものが見つかれば更新します♪ 皆様には申し訳ないのですが、前置きが長いです。(大切なことなので) 2回目以降の方は、前置きを飛ばすために↓ ...

たるみシワシミ毛穴くすみシミ 消す 方法 3

ほうれい線,シミが濃くなり消えない(汗) フェイスラインがふやけてたるんできた(泣) シワが本格的に深くなり、 夕方になると毛穴もたるんで目立つし、 顔のクスミが酷くなる!など・・・ 「急に老けた!」 ...

生理 デトックス 最強 排泄 排毒 4

女性だけの特権である, 「最強のデトックス機能=生理」は, 個人によりそのデトックス能力が大きく違います。 そのデトックス(拝毒・排泄)パワーは、 あなたの「女性力」と直結しており、 毎回の生理の「経 ...

no image 5

私の実践しているインナーケア(子宮を若返らせる・老廃物の排泄力を高める)は、 あれやこれやと様々なことをしません。 危ない断食もハードな運動もなく好転反応も起きません。 雑誌、テレビ、キュレーションサ ...

子宮 若くする 方法 6

男性から見ても女性から見ても魅力的な美しい女性が持っている”共通点”とはなんでしょうか? 私は長年の経験から「子宮が若くて強いこと」だと思っています。 男ウケするような綺麗な身体ラインは、現代では女性 ...

-オイリー肌、べたつき、あぶら症、てかり, 40代50代シミ・くすみ消す方法, 敏感、肌荒れ,トラブル肌改善方法, 最新型ビタミンC誘導体APPS, 35歳〜30代後半シミ・くすみ消す方法
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© アラフォーアラフィフのための最先端美容法♪ , 2017 All Rights Reserved.