40代50代エイジングスキンケア方法

【無知なスキンケア】〇〇クレンジングは危険!使い方が全て!

このブログの読者さんは、30代後半以降の方が多いと思いますし、メイクで綺麗に見せたいというよりは、素肌自体を綺麗にしたいという考えの方が多いと思いますので、メイクバッチリという方は少ないとは思いますが、最近はマスク生活でアイメイクに力を入れている人も増えてきてるのでアイメイクリムーバーとかポイントメイク落としなどのことをお伝えしようと思います。

目の周りの皮膚ってとにかく薄い😢です。ここ1年半、リモートワークの方は目を酷使しているし、対面でお仕事をされている方は、マスクで口元が隠れるぶん目元を使ってコミュニケーションをとるので目の負担は相当大きくなっています。

目の周りの皮膚が過酷な理由は、薄いってだけでなく、目元は皮脂腺や汗腺もほとんどないため、乾燥しやすい💧
だから、笑うと3本横筋みたいな小ジワができるんです。

乾燥しやすい部分は、紫外線の吸収もしやすいということなので、大きなダメージにつながります。

こんなにデリケートであるにもかかわらず、瞬きや表情の変化による動き、アイメイクやクレンジングなどの負担を日々受けているので、目もとのクレンジングこそ正しく最大限に優しく行わなければなりません。

ナチュラルメイクの方やお化粧がそもそも好きではない方は、この記事はご興味がないかもしれませんが、しっかりアイメイクされる方は、アイメイクにどれくらい時間をかけていますか?

マスクをしてアイメイクに力を入れると、本当に印象が変わりますよね。久々にざわちんを思い出したりして、骨格って大事だな〜ってなっております。

アイメイクをしっかりしている場合、それだけ目元の皮膚に負担がかかっているのは間違いありません。

アイメイクが濃い方は、目元の皮膚のことを考えて、アイメイク専用リムーバー(ポイントメイク落としとか言い方は様々ある)でメイクオフしている方いらっしゃいますが、これが目元の皮膚をやばい状態にしています。

肌に一番負担がかかるのはクレンジングの時です。クレンジングについては他の記事でお伝えしていますのでここでは端折りますが、クレンジング自体が肌に大きな負担になっているので、目元にはさらに過酷です。

そこで、こんな説明を受けることが多いと思います。

  • 一種類のメイク落としで、アイメイクと全体のメイクすべてを落とすというのは肌に良くない。
  • 普通のクレンジング剤では、アイメイクのような濃いメイクを完璧に落としきることは難しい。
  • ポイントメイク専用のリムーバーで先にアイメイクを落としてから、全体のクレンジングをするようにしましょう!!!

とかです。

日焼け止め専用のクレンジングなんかも昔はよくありました。 今はあまり見かけませんが多くの人が買っていました。

ポイントメイク専用のクレンジング剤は、一番薄い部分を強い洗浄剤で洗うってことになるのに、どこもかしこも「専用クレンジング剤」推しばかりです😥

「目元用」と分けることでよりたくさんのアイテムを買わせようという意図です。

危険なクレンジング!〇〇専用クレンジングをやめよう!

良かれと思って、アイメイク専用のリムーバーを使ってませんか?
今はマスクをつけるので口紅を塗ってる方は少ないと思いますが大体ポイントリムーバーはアイメイクと口元に同時に使うものなので、口元の専用クレンジングを使ってる方も同じです。

専用リムーバーは肌に負担が大きすぎるので使わないのが鉄則です。

ポイントメイクリムーバーなどに使われている基材は洗浄力の強いのです。
低刺激とか記載されているものも増えましたが、都合の悪い部分を隠すためのやり方です。

アイメイクをしっかり落とさないといけないよ!と、色々な雑誌やメディアで専用クレンジングを推されています。
今は、マスク生活になり→アイメイクに力入れる。だから専用クレンジング剤もすごく売れてるので

オススメ情報がズラーっと並び1つも「そんなの使わない方が常識だ」というサイトは見当たりません。
(検索エンジンが意図的に・・・🤫最近ではそういうのGooさんもやるようになってきてます。企業のサイトを優先・・・)

専用クレンジング剤は、綺麗に根こそぎ早く落とすために、相当な界面活性剤などが添加されており、しかもそれを薄くて皮脂や汗腺の少ない部分につけてコシコシ洗ってさらに負担を重ねます。

なのでこんな専用クレンジングなんて必要ありません。普通に「クレンジング →洗顔」この2段階の作業で、メイク汚れも普通の汚れも落ちています。

クレンジングはこだわって選んだジェルクレンジングを使ってますが、手順と時間もすごい大事です。

正しいアイメイクや口紅の落とし方

コットン綿棒に専用リムーバーを浸して落とすやり方をよく見かけますが、
私は顔全体のジェルクレンジング剤と、要らなくなった日本手拭いをカットし使います。

薬指に手ぬぐいをかけて、粘膜・キワ・目頭などにアイシャドウやアイラインのカスを拭き取ります。

  • アイライナーとマスカラはお湯で落ちるものを使うこと
  • マツエク毎日はつけず、生理前や生理中はマスカラにして欲しい
  • オイルクレンジングは油分が必ず皮膚に残るのでオススメしない

もし目元が黒ずんでしまってたり、小ジワが増えてきたら、それはアイメイクのクレンジングが原因かもしれません💡

 

専用クレンジングなんていりません。

お手持ちのクレンジング剤があれば十分です。
ただし洗う順番と時間を守ります。
クレンジングの時間は、顔肌に無駄な負担が 1分以内で済ませることです💪✨

あなたの美容法は偏っていませんか?

よろしければお試しくださ〜い‬(..◜ᴗ◝..)

1ヶ月の美容代がぐーんッとお安くなりますよ♪

私が実践し提唱している「美容法」は、”バランスよく”ということを大黒柱に置いています。

スキンケアアイテムが負担になる成分で構成されていれば、活性酸素を増やしたり、肌に刺激となりスキンケアの効果が半減されます。

スキンケアはオーガニック、天然成分でケアしましょう♪

*必要な添加物もあることを忘れないで!!

医学的にも効果がある成分を入れないと「老化対策」なんてただの気休めです。

これだけは!という成分は取り入れ、他のスキンケアやメイクは肌に負担のないものにしています。

※いま使っている商品は捨てずに、旅行用などに保管して一つずつ変えていきましょう!

-40代50代エイジングスキンケア方法
-,

Copyright © 美活応援.com , All Rights Reserved.