40代50代が整形せずに若返る美容術

総まとめ【整形なし】で消せる!たるみ深いシワほうれい線シミ毛穴の即効性の高いセルフスキンケアを本当のプロが教えます♪

↑30代前半からこのように変化していきます。

フェイスラインがたるみ、シワ・ほうれい線が本格的に深くなってきた😖

シミが濃くなり消えない💦

夕方になると毛穴もたるんで目立つし、顔のクスミが酷くなる!など・・・

急激に老けた!とショックを受けている、30代後半、40代〜50代の女性に、エステを全否定する元・エステ講師が美容整形なんか不要の、セルフでできる最先端スキンケア方法を公開いたします。

ある日、急に、「あれっ、顔の皮膚がたるんでる??」と気づき、色々化粧品を変えてみたり、マッサージや美容機器を試してみたけども、元に戻らない状況になっていませんか?

ちなみに、顔のマッサージはバッカルファットを弱め、頬のたるみを悪化させます😔

現代は自分で老化を改善できる時代です。

効果がないと法律を読めばわかるエステや美容整形での無駄使いはやめて、手持ちの化粧品を使ったセルフケアで10歳若返りましょう😊

 

アンチエイジングスキンケアとは何か?

20代~30代前半の女性と、30代後半〜50代女性の美容法が同じでも、「効果がある」と思いますか?

答えはもうお分かりですよね...?

私自身も34歳の時、急に老化が早まりましたが,有り難い事に”営業系ではない”高級ホテル内サロンに勤めていたため,美容を医学的アプローチからの理論で、しっかり勉強できる環境でした。

そして後に皮膚科の医師(利益目的の美容外科系ではない皮膚科・アレルギー科)と仕事をする機会に恵まれ、様々な薬品メーカーの講習会や、最新皮膚治療の学会などに参加させて頂き、知識を積めたことが幸いし,急激に老け込んだ時でも、年代や悩みに対応したスキンケア方法を自分で組み立てて、対処することができるのです。

そんな私が実践している、”若返りアンチエイジング美容方法”は、肌のメカニズムに合わせた「最先端の美容法」ですので,ヒトであるならば効果が必ず表れます。

各改善方法は下方にまとめております。

【整形なし】たるみ深いシワほうれい線シミ毛穴たるみに即効性の高いセルフ美容方法

裏技的な美容テクニックや、本当に効果のある美容成分ってないの?って、お探しの方へ

まず、本格老化が始まるのは33、4歳くらいで、そのサインは「朝はそうでもないけど、夕方になると顔がたるむな〜」という症状が数ヶ月続く事から始まり、輪郭に大きな変化があらわれます。
私は美容がお仕事だから、すごく気になって毎日自撮りして変化を確認していたのを覚えています😅

実は、自分で気づくより前に、周りの人は気づいてるんです。言わないだけで瞬間に読み取ってます。逆も然り。

ふわっとほうれい線が浮かんできた時、もやっとしたシミができた時、目尻のシワ、フェイスラインがぼやけだした時、他人は「あっ!」って思ってるんです。

 

目尻の小じわやシミなどは、20代でもできる症状なので、実は本格老化ではないんです。これらは皮膚の浅い部分で起こっているので、保湿や角質ケアで即対応できるレベルの症状です。
→このブログでは、もちろん浅い部分の改善方法も後述しています。

本格的な老化である、たるみや深いシワは、皮膚の深い部分が劣化した時に現われはじめます。

老けたな〜と特に感じさせる部分は、やっぱりフェイスラインのゆるみと口周りに現れる深いシワです。

マスク生活で気づいた人も多いはず!!

マスク生活がこれだけ続くと、顔のこの部分がマスクで隠れることで、若く綺麗に見えるんですよね。
実年齢が40代の方でもナンパされるのが増えたというようなお話は、あちこちでよく聞きますしね🙂

それくらい顔の下半分は、見た目を左右する部分なのです😱

見た目がおばちゃんに見えるのは、頬の肉が下がりだし、顔の下半分と首の方に皮膚が落ちていくのでフェイスラインがもたついてくるためです。

口元周りのシワは、たるみが原因です。そのたるみによりできた溝が深いシワなので、深いシワの改善方法は「たるみの改善」が正しいのです。

要するに、見た目がおばちゃんになるとは?

  • フェイスラインがくっきりしない
  • 笑うと口周りにいっぱい縦線ができる
  • +もやっとしたシミ(これは別問題ですが後述しています)

巷にある美容法は、皮膚の浅い部分に原因があるのか、深い部分にあるのかで,改善方法が違うということを伝えていないので,効果が薄いのです😢

このことを知らず、色々な美容法を試してきた方々には”仕方がない”と諦めている方が多いのはとても残念です。

ですので、若い世代の方々から、中年と認識されてしまう見た目老化には、根本の改善が必要なだけです。

顔の老化の症状リスト

酒井
まず、本格的な老化の悩みを「表」にしてみました。当てはまる悩みがあれば、それは肌トラブルではなく、肌の老化です。原因などの詳細はそれぞれ後述しております。
目の周り目が小さくなる
まぶたが窪んでくる
目が垂れる
まぶたが重い
くすむ
こめかみの凹み
下まぶたのたるみ
下まぶたに小さいイボ点々
白目が黄色くなる
老眼
眉の骨が目立つ
眉間の縦ジワ
おでこ周りオデコが広くなっていく
前髪の生え際は薄い
鼻の下伸びた
鼻が横に大きくなる
口周り口角横が弛む
口角が下がる
唇がしぼむ
唇にシワが増える
歯並びがガタガタしてきた
歯茎が痩せる
歯列が前に出てくる
歯茎が下がってきた
 

顎がなくなってくる
顎が伸びる

 

全体顔が一回り大きくなる
二重あご
顔が縦に伸びたように感じる
フェイスラインのゆるみ
毛穴毛穴が涙型に
鼻と頬の毛穴が目立つ
深いシワバッカルファット
ジョウルファット
マリオネットライン
ゴルゴ線
ほうれい線

 

肌の質感
くすみ
黄ぐすみ
シミモヤっとしたシミ
濃いシミ
加齢とともに骨が痩せる

意外だけどこれは老化ではない!

・症状・改善方法
ニキビ正しいスキンケア 食事
ニキビ跡真皮層のケア
むくみ運動不足 食事
顔の歪み癖 骨格

老化ではない皮膚表面のトラブルの正しい改善方法はこちら

30代後半からオススメのエクササイズはこちら

30代後半からの食事法ここちら

身体の老化症状一覧リスト

イボ
シワ
たるみ
短くなる
後ろ側ぽっこり
手の甲がシミ
血管浮き出る
手の特に関節シワがシワすぎて気になる手の甲が骨っぽくて、しわしわ。
ひじ、ひざ
二の腕プルプル年取ると痩せててもプルプルしてる
わきのシワなんだか汚い
胸・バスト授乳後に垂れた胸
胸が垂れた
乳首が下を向き出した
胸元のちょっとしたシワ。胸を寄せると若い頃にはなかったヨレっぽいのができる。
生理閉経 生理もこなくなった。
背中背中のたるみ
足・脚足の裏のシワ
足首の後ろのシワ
膝に肉
腹部ウエストお腹周りが膨張
下腹部のたるみ
お尻お尻たるむ四角く

 

頭皮と髪の老化症状一覧リスト

髪・頭皮前髪が薄くなった
頭頂部が薄くなった
毛が細くなった
抜け毛多い
うねってきた
パサつき広がり
艶がなくなってきた
白髪陰毛
鼻毛

 

【早見表】最新皮膚科学のスキンケア美容方法

悩み細かめの症状この記事で書いてます。
たるみ頬肉下がる フェイスライン緩み
こめかみの凹み
しわ(浅い)ちりめん
しわ(深い)口周り
シミもやっとしたシミ 濃いシミ そばかす
毛穴広がる 縦長 涙型
毛穴の黒ずみ(毛穴のシミ)
くすみ皮脂激しいのか 色素沈着なのか  皮脂過剰で酸化
くま原因は3つ
いちご鼻毛穴の黒ずみと同じ 毛穴のシミも
むくみ
大人ニキビ学校では教えてくれない「大人ニキビ」の話
頭皮(薄毛 抜け毛 )準備中
脱毛方法エステ講師がエステの脱毛をすすめない理由
オイリー肌顔のべたつき大人オイリー(てかり,脂症,皮脂分泌過剰)を即効でサラサラ肌に改善する方法♪
乾燥肌・敏感肌肌の表面(表皮)若返らせる方法

【自力】整形なしで若返る方法 スキンケア化粧品・グッズ等

コスパ最強!使用中のスキンケア化粧品+α一覧リスト

糖化のケアも同時にできます。

美肌を作るには?保湿 表皮層 表皮のお手入れ

肌の表面(表皮)若返らせる方法

日焼け対策

本当の【日焼け止め対策】塗り直し問題、正しい塗り方、日本もオゾン層ヤバイので正しく塗らないとシワたるみ大きなシミにすぐなる!!

真皮層と筋肉層のケアこそが老化のケア

真皮層まで届く成分入り化粧品じゃなければ効果なし

筋肉層についてもしっかりお伝えしています。

シミを消す方法と予防対策

シミが消えない原因はシミの種類を無視したスキンケアを続けているから!

【女性専用】体内の若返り方(女性ホルモン・子宮・生理)

生理は最強のデトックス!女性ホルモンを増やし子宮を若返らせマイナス10歳!

女性ホルモンを活性化させる方法は↑上の記事で記載しています。

女性は、女性ホルモンのバランスが崩れたり減少傾向になると、肌・頭皮・身体ライン・精神に影響します。
体温計のように女性ホルモンを、毎日手軽に測れるような家庭用測定器でもあれば、もっともっと私たちの老化は防げると思うんですが・・・、まだまだ遠い未来のお話ですよね💦

精神に影響するということは、ストレスにも大関係します。

脳がストレスを感知すると、身体のあちこちに反応させますので、見た目にも大影響です。
ストレスを受けないようにしてしまうと、受けた時にストレスは何倍にもなって感知してしまうので、ストレスを受けたとしてもその日のうちにストレスケアをするという考えの方が健全です。

閉経になると女性ホルモンが不足するので、骨粗鬆症にもなりやすいので、しっかりケアしていきましょう。

体内を若返らせる方法(生活ルーティン)

生理中の食事術・飲み物・スィーツ


40代50代は心臓や膝に無理のない効果があるエクササイズをする!

 

【30代中頃〜40代50代女性】見た目老化の悩みですごく多かった相談内容

美容のお仕事をしていた20数年間の間に、たくさんの女性の方々のカウンセリングと施術を担当させて頂きました。

振り返って気づいたんですが、ほとんどの女性に共通していたことがあるんです。

それは、初めてお会いしたカウンセリングでお話頂いた時の悩みと、施術を重ねていく中で心の距離感が縮まりお話しいただく悩みが変わっていくことです。

  • 痩せたい→ たるみ
  • 乾燥→シワ
  • むくみ→たるみ

老化が始まる頃って誰だって初めての経験だし、”認めたくない!!!!”という自然現象としばらく戦う日々が続きます。
なので、「顔の輪郭がなんか変わったけど、太ったせいよね」と考えて、相談に来られるので、最初は「ダイエット」でいらっしゃる方が多いです。

33歳くらいから本格的な見た目の変化で悩み始めるというのが普通なのですが、感染対策が始まって数ヶ月くらいしてから、

人と喋る機会もなくて顔の筋肉が落ちまくり若い頃より顔が大きくなった
マスクをしていると、口元が緩むので、たるんできた

などの理由で、もう少し老ける年齢が早まっていますし、全体的に口周りとフェイスラインのたるみが深刻化している方が多いです。

「まとめ」具体的な悩みと年代別

30代前半〜後半の方にお多い悩み

急に老けを感じ、鏡を見るのがイヤでイヤでしょうがない 鏡に映る自分の顔にがっくりと落ち込んでしまいます。

自分でも老けたな〜って気づいた時くらいから、なんか初対面の人の対応が違うから落ち込んでいる

老化が止まらず、肌のハリも 毎日失われて行くのがわかります。

私もそうでしたが、女性は30代前半に人生で一番最初の本格老化が始まります。

肌が敏感に傾いたり、ほうれい線が目立ってくることから始まり、そのあとに、顔の輪郭が変化します。

フェイスラインのたるみは、経験された方ならみんな同じ思いをしたと思いますが、こんなにも気持ちが落ち込んでしまうものなのか??と毎日思い悩みます。

30代後半に多い悩み

おでこの横シワが出てきて、こめかみが凹み、頬が横に広がったような気がします。

痩せにくくなりお腹が出てきました。運動しても元に戻ってくれません。

バストもたるんで乳首の形が変形してしまいました。乳首が縦長気味になってます。

 

40代前半に多い悩み

またガグンと老けたように思います。

首のシワとたるみが現れ本当におばちゃんみたいです。

たるみによるせいだと思いますが、毎日、顔が重いように感じる様になりました。

笑うと深いシワが口周りにいっぱい現れ始め喋り方にも影響しています。

目の下のたるみがとても気になり、悩んでいます。目のまぶたも被さる様になってきました。

以前からアイクリームは使っていますが、たるみには効果がありません。

 

40代も後半に多い悩み

もやっとしたシミが出てきました。 ファンデーションで厚塗りしても隠しきれません。

数年前よりもさらに、顔の下の方に皮膚が溜まっていく感じで首から胸上あたりにシワが出来、ネックレスをしてるようになってます。

この辛さ、苦しさから脱出できません。

更年期も始まり、お出かけもしにくくなってきて、さらに老けそうで怖くなってきました。

 

50代

40代の時に比べ、シワはさらに深くなり、シワの上にたるんだ皮膚が覆いかぶさってくるようになりました。
ほうれい線が唇の近くまで伸びたような気がします。

シミも薄いのが広がっていますし、あちこちに出てきました。

身体のラインもまさにおばちゃん体型になってきて、洋服も今までのものが似合わなくなってきてます。

健康には気をつけるようにしていますが、体調により気分が左右される日が多く、安定させる方法も探しています。

このまま見た目が明日にでもおばあちゃんになってしまうようで不安な毎日を過ごしています。

 

みなさんに共通していること

このまま歳を重ねていき、もっとひどくなったらと思うとぞっとしてます。

今のうちに、なんとかしたいです。

美容整形はやりたくありません。失敗してる人が多すぎるので。

できれば、エイジングスキンケアやエクササイズと食事法などで改善したいと思っています。

みなさんの見た目の目標は、ハリとみずみずしさを取り戻し、フェイスラインを若返らせたいということになりますが、

そのさらに奥になる真の目的は、一言で言えば、「自信をつけて元気な心を取り戻したい!」というのが心の深い部分にあります。

既婚の方は、別に不倫したい訳じゃなく、若い時みたいに男性から優しく対応されたいだけとか、
お子さんと一緒に買い物とかランチとかに行きたいから、若々しくなりたいとかです。

独身の女性で婚活中の方や、恋人を探している方は、今以上に若返ってできるだけ理想の人を見つけたいと思ってます。

私は、同級生と会った時に、自分が一番若い人でいることを目標にしています。
今の所、その目標は達成更新しています。

スキンケアにかけるお金の問題

では、話は少し変わりますが、次にカウンセリングの中で、毎日のスキンケアをする時間とコストの相談も多いのでお伝えしておきます。

まず、1ヶ月の美容代を細かく算出することをおすすめします。
実は、みなさんお話を伺っていると、スキンケア化粧品だけのコストだけで計算されている方が多いんです。

だから、みなさん本当は把握できてないだけで、思っている以上に美容代金ってかかっているんです。

私の実践している美容法のコストは、雑誌やCMに騙されていないので、適正な価格のものばかりです。
100均のグッズも優秀ですし、裏技も使いますので、無駄なお金のかけ方はしていません。

でも最新の成分を使うので、そこには惜しまずお金を出します。

スキンケアにかける時間がない問題

お子様がいたり、仕事が終わるのが遅いのでスキンケアにかける時間がない・・・というご相談もとても多かったです。

子供を寝かしつけた後、疲れて化粧水のみで寝てしまう方や、中にはクレンジングだけして寝てしまうことが多いという方、
基本のことはできるけど、スペシャル美容的なことにまでなかなか時間が取れないなど、多くの方が美容はしたいけど、時間を作れないことでモヤモヤされています。

ながら美容や、美容成分の浸透を早くする裏技方法などありますので、一度このブログの美容法をお試しくださいませ。

思い込んでる方が多い質問

顎の骨とか額はずっと成長するらしい。と聞いたのですが本当ですか?

→骨もちゃんと老化しますので成長することはないです。ただ骨の再生は何歳になっても可能です。これを聞き間違えたのではないでしょうか?

→顎は、骨は伸びませんが加齢により皮膚が伸びるので顎は長くなります。

手の甲、首筋の若返りは出来ない?

→若返りは十分可能です。手の甲の場合は、腕の筋肉が減ると皮膚も手先の方へたるみが溜まっていきますので、丸くなり指の関節にシワができます。
そのため、手の甲のケアに軽めの筋トレが必要です。

→首筋は、顔の肉が下がってきて首に溜まり、その時できた溝がシワの正体です。
顔のたるみ対策と体のむくみ対策も必要です。

老化の決め手 老けてるってみられるのはどこのせいだろう????

冒頭にも言いましたが、自分より周りの方が先に自分が老けたことに気づいてます。
人は他人の容姿に敏感なのです。つまり自分も他人の容姿の変化に対して敏感だということです。

誰かと一緒に写った写真を見て若い人と比べた時に、頬のたるみと首のシワが”おばさんて感じ”で、衝撃受けて初めて自分で老けたことに気づいたということはあるあるです。
なのでたまには色々な角度から自分を冷静に見るのが大事です。

まだ正直に「老けたね」と言ってくれる人がいればいいですが、できるだけ自分で早めに気づけた方がいいですよね。

たるみがすすむと身体のシルエットが丸くなる(おばさん体型)

なんでおばちゃん化するのかというと、頬の皮膚が下がることで顔が一回り以上大きくなり、首も短くなったように感じます。

顔のたるみは、顔に影を作って顔全体を暗くし、顔の下半分を膨張させ、縦・横と様々な「線」を作らせてたるんだ顔の皮膚が首に下がるため、
首も太く短くなり深いシワができ、体全体のシルエットもおばちゃん化させてしまうのです。

肌の弾力が低下してくると折りジワが戻りにくくなり、徐々に深いシワ(ほうれい線)へと進行していきます。

肩が丸くなるのもこのせいです。

なんとなく老けたかな?30代前半から始まる顔の老化

先述のカウンセリングで受けた相談内容のところでも触れていますが、ガクンと老化が進む年齢とその症状はほぼほぼ日本の女性は同じです。

ガ30代前半からおばあちゃんになるまでは、そのガクンの波は3回ほどきます。

30代前半の老け感

40.50代はしみ・しわとかの症状がわかりやすいけど、30代前半は、大きなしみ・しわはないのに、20歳の時と比べたらやっぱり老けてるってなるのは

どこのせいだろう????

体重は変わらないのに、ふわっと脂肪がつくので頬が少し膨らみ出す。そこでほうれい線が現れる。これが30代前半の老け間の特徴です。

下腹部も少し贅肉がついてきて戻りにくくなってます。

34歳前後でガクッと1回大きくたるむ

ここが最初の大きなガクン!と老け込む波がきます。
その原因はフェイスラインがたるむことで顔の印象が大きく変化するからです。

まだ、大きなシワはないけど、顔の下半分に皮膚が集まってくるので顔がむくんでいるように見えます。

髪の分け目や前髪の生え際も若干薄くなってきます。

一般的というか、雑誌などでよく言われるのは「女は30男は40でガクッと来る」ですが、やばい!と自覚できるのは34歳が圧倒的に多いです。

あと、妊娠・出産後ちょっとしてからガクッとくる方も多いですがこれは食事や生活スタイルにより女性ホルモンをどれだけ安定できるかで個人差が出てしまいます。

30代後半

食事内容は同じでも体重が増えつつ、運動をしても戻りにくくなります。

額のシワも目立ち始め、口角の横が弛みでプクっと膨らむので口周りのシワも深くなります。何本もできる。

体重の変化で、

40代前半

目が窪むだり、目が小さくなってきます。
こめかみが凹みなだし頬が大きく見えるので、顔がゴツゴツしてきます。

骨格によっては、頬がこける方もいます。

40代後半

45過ぎると老化が加速する方が多いです。

背中の贅肉が増え、腹部も大きくなります。運動量を増やしても戻りにくく、また気分も体調面から落ち込むことも増えてくるので、やる気が出ない日が増えてきます。

身体のシルエットがボテッとなる。

顔の皮膚が下がっていくし、まぶたも重くなってくるので、顔の余白が増えたように見えます。

顔の下半分が伸びるので顔が大きく目が小さくなったようになります。

50代

若い頃の面影が見えなくなり、骨格により多少の違いはありますが、顔の皮膚が下がりシワに重なるように被さるので、ブルドッグのような顔だと表現される方も多い。

首元も胸元上も脂肪が増えるので、首が短くなる。

更年期なども重なるので、この世代の時までにはエクササイズや食事法も確立して実践を初めて日課にしておかないと、60代に突入した時に足腰に色々出てくる。

あなたの周りにも多い、病院通いが始まります。

年齢が出やすい部分

手の甲と首のシワとシミはメイクでは隠せないので、日頃のセルフケアでは力を入れたい部分です。

老け速度早い人の特徴

下記に当てはまる方、何もせずに放置しておくと、1年後に+5歳分は必ず老けます。

ですが、下記のような「現状を直せ!系」の健康法の類をお伝えするのではありません。
(即効の美容法をこの記事でお伝えしていますのでご安心くださいmm)

iPhone,スマホ,PCを3時間以上する。
→恐ろしい早さで全身の筋力が低下しています。
(自分でたるんだ!と気付けるのは、顔の輪郭と二の腕くらいです。)

冷え症も冷え症じゃない方も冬は老けるのです。
→栄養が肌まで届きにくいため。

甘いものが好き! →糖化を起こしています。

  • ①CMや雑誌の広告で化粧品を選んで買う。
  • ②スキンケアやメイク化粧品は、タレントや女優が使っているから効果があると思う。

↑①と②ような化粧品は有効成分の含有量はとても少なく、活性酸素(毒)になる大量の添加物を毎日塗っているようなもの。
(添加物には逆に安全になるものや、効果が高まるものも存在します)

UVクリームは2時間に1回なんて塗り直せない!
→UVの効果は残念ながら全くありません。

冷え症で、PC使用が3時間以上、そしてUVが塗り直せないのは、私も同じです。
これらは現代の生活スタイルでは避けては通れないことばかりです。

私が実践し効果を感じている美容法は、現代の忙しい生活の中に無理なく溶け込ませることができる方法ですので、ご安心くださいませ。

たるみが原因で顔のパーツが老けだす

意外な?自分では気づいてる人が少ない部位からお伝えしていきますね。

30代後半は、生理周期や体重の増減などにより、各症状の変化が日によって違う時期が続きますが、40代中頃にまたガクンと落ちます。

ちなみに、見た目老化の四天王は、

  • 鼻が広がる
  • まぶたが下がる
  • ゴルゴ線
  • フェイスラインのたるみ

です。

こめかみの凹み

30代後半くらいからこめかみが凹んでくることにお気づきでしょうか?

ちょっと地味な部分なので気づきにくいのですが頬の肉が下がることでここが凹みます。

「こめかみがへこむ」ってイメージわかない方は、アンジェリーナジョリーの若い時と今を比較するとわかりやすいです。

頬骨が目立つようになったのも、こめかみが凹むから頬が強調されてしまうし、こめかみが凹むときには顔の長さも少し伸びています。

こめかみを髪で覆ってる時と出してる時とでは、顔の印象が変わります。

笑うと鼻が横に広がり縦に伸びる

40代前半くらいから、笑った時の顔が少しコミカルに見えるようになっていたら、それは頬のたるみに影響されて横に引っ張られているのが原因です。

真顔の時も、若い時より若干膨らんでもいます。

それと、鼻の下の部分=人中も下に下がるので長くなります。

人中の長さは、美しさにも影響を与えていて、生まれつき長いと、若くても少し老けた印象を与えてしまいます。
なので唇のメイクテクニックは大事です。

自分を顔を見る時、正面から見ることが多いので変化に気づきにくいのが「眉」です。

眉の皮膚の下がるので、眉の骨がボコッと目立ってきます。

眉尻も気づきにくいかもしれませんが、少しずつ下がってきます。
そのため、若い時にきつめのお顔立ちの方は、優しい印象に変わるかもしれません。

わかりやすいのは眉間のシワです。これは年齢の前にしかめっ面をする癖によりあらわれやすい原因もあります。

おでこ

30代後半から気になってくるのが、前髪の生え際周辺の変化です。
見るたびにオデコが広くなっていくような気がして、毎日気になっていきます。

生理周期により髪の根元の元気良さなども変化するし、むくみなどでおでこの広さも少し変化します。

眉を上げた時におでこの横シワが深くなってきます。

目尻のシワ

笑うと目尻から髪の生え際に向かってシワが放射線状のように広がります。

この症状に対し「シワができた!」と勘違いする方が多いのですが、おでこの皮膚がたるんで下に下がっているのに、笑うと頬の肉が上に上がってくるので一気に皮膚が集まり、弾力性も落ちているため溝=シワができることが原因です。
試しにおでこを手で持ち上げて笑って見てください。シワは消えますよね?

目元のたるみ

目の形自体に変化が起きてきます。目が小さくなり細くなって行く。

変化は、一番最初に先述した「目尻のシワ」に気づくはずです。これは個人差があり、20代でも乾燥肌放置さんなどはすでにあらわれています。

たるみによる目尻のシワは幅が大きめなので少し形態の違うシワです。

次には、頭皮とおでこのたるみが目元に押し寄せますので、二重の幅が狭くなり、目尻が下がり、目の下のクマが広がったようになり、目の輝きが少しずつ失われていきます。

まぶたのくぼみ

皮膚が支えを失うため急速にしわ・たるみが目立ち始め、窪みます。

40代に入ってからこの瞼のくぼみがとても目立つようになります。
最初の頃は、なかなか気づけないので、疲れてるな〜と勘違いしてしまうのですが、これは老化現象です。

このくぼみは、眼を支えている筋肉と脂肪が下に下がっていき、瞼まわりが痩せていくのが原因です。

この目のまわりが落ちくぼむのが進んでいくと、オバサンではなくお婆さん感が増してしまいます。

くぼみ部分にあった脂肪は下方に移動して、目の下にぽっこり浮かんできます。(骨格によりあらわれ方に差が出る)

芸人のホリケンさんみたいに目元に力入れると二重になるのは窪んだことが原因です。(芸になるからいいですよね)

目の下のたるみ

目の下の陥没 目の下の凹み
真皮層の大事なコラーゲンやエラスチン・コラーゲンなどが減少することによる皮膚がもっとも薄い部分になるため、弾力の低下が目立ちやすいのです。

目袋 
 目の周りの筋肉が衰えると眼球を支える靭帯が緩むことで脂肪が前に押し出されてしまう。(これが目袋)
涙袋は目元が可愛く若く見えるので大歓迎ですが、目袋は顔の形相さえも変えてしまうので改善が必要ですね。
瞼が窪んだ分、脂肪が下に降りてきて大きな目袋になる

目の下のクマ(たるみ? )クマの広がり 加齢による黒クマ

もちろん目の下の瞼も下がるため、クマが広がります。

小さいイボがポツポツ
 目の周りに小さな小さなイボみたいのが何個か出現した時。

眼球
白眼の黄色くなってきます。

口元

マスク生活が数年続いています。マスクで顔の下半分が隠れるので、口周りの筋肉が緩んでしまってたるみが加速してしまった人多いですよね。

口元の老化は、まず、口角が下がってくることから始まります。

その次くらいに、唇周りの縦ジワが気になり始めると思います。胃腸が弱っていることが原因であることもありますが、唇の乾燥を放置しておくとどんどん深くシワの数が一気に加速します。

鼻の下が長くなりだし、唇が薄くなり、50代からは、顎が引っ込み始め口元全体がこんもりしていきます。

歯並びにも変化が出てくるので、結構ショックを受ける方が多いです。
日本人は、歯に対する意識が高くないので、欧米の方々に比べると歯の老化がすごく早いです。

歯茎が痩せて歯の根元の隙間ができブラックトライアングルができるので、なんとなく笑うと年齢以上に老けて見えています。

歯並びも、特に下の歯がガタガタになってくるし、しかも口角は下がってくるので余計目立つんです。

【頬肉は財産なのだ!】

老化症状は大きく2つあり、シミとたるみです。毛穴も一緒にたるむので縦長になります。

頬がたるむと一気に老けます。これを読んでいる方は多分もう経験されていると思いますが・・・。

本気で凹みますよね。

しかも頬の皮膚のたるみは顔の輪郭に変化をもたらすので、頬が広くて頬肉が多い人ほど顔の変化が大きいです。

そこでヒアルロン酸注射をする方が増えましたが、有名な女優さんが注射系は手を出しやすいからやってしまったが、すごく後悔しててやめたとお話しされているのがニュースになったほど、他人から見ると、ものすごく人工的で違和感があります。自分ではその違和感に気づきにくいのも怖いですね。

頬の肉がたるむことでできるシワの種類

  • ほうれん線
  • マリオネットライン
  • ゴルゴライン

骨格や、表情の癖などで個人差はありますが、ほうれいせんが深くなるタイプは、顔立ちが暗く見えるという印象にも影響が出てきます。

ほうれい線は、単なるシワではなく、頬がたるんで落ちてきたことによるものです。

40代中頃になると、ほうれい線から口元まで色々シワが重なるようにあらわれます。

痩せてにないのに、頬がこけてるように見える人は、頬の皮膚が下がったことで頬下にできる影が濃くなるからです。

頬が広くて若い時に頬がぷっくらしていた場合は、ブルドッグ顔のようになりやすいです。

頬のシミ

目の下くらいにもやっとしたシミができます。
紫外線が蓄積した部分に点々とシミがあらわれます。

毛穴のたるみ

毛穴が涙型になったら、それは毛穴が単独で伸びているわけじゃなくて、頬の肉が下がることで毛穴も引っ張られているからです。

なので毛穴たるみ・下がりは、毛穴ケアでは解決しません。

たるみ毛穴の場合、毛穴が気になるからとガシガシ洗いまくってると余計ダメです。

輪郭・フェイスライン

顔の皮膚がたるむと輪郭が下がるので、顔が一回り大きく成る。少し長くもなる。

フェイスラインがたるみ、輪郭が崩れるとも言います。

痩せて細面でも、緩むことは避けられないので二重あごはできます。

頬がたるんで顔が四角くっぽくなるので、顔は長くなるが首は短くなる。

輪郭のもたつき丸みが四角っぽくなるは、下垂で落ちてきた皮膚があごのあたりにたまるからです。

顔の皮膚が下方に集まるので、首にシワができるので、なんとか顔範囲で食い止めなきゃ!いけない。

肌全体

40歳になる手前くらいから肌の質感に違いを感じるようになる。

ハリ感がなくなるので光を反射できる作用が下がるため肌色は暗くなる。

保水力がダウンするので、カサカサしやすい、ファンデのノリが悪くなる。

透明感を出すには、自分の肌色より白いのを使うのは間違いで、保水や光反射できるようにメイクする技術でなんとでもなります。

 

身体の老化の特徴

身体の皮膚は顔に比べると厚みがあるので、一部を除くとシワなどあ目立ちにくいけど、40代になるととんでもないところに大シワがくっきり現れるようになる

二の腕

揺らさなきゃ自分ではわからないので、振袖になっていないか確認しましょう。
皮膚が薄くなるので、なかなか筋トレしても効果が出るのに時間がかかります。
二の腕の外側に脂肪がつきやすいと、プロレスラー体型に見えるので、筋トレを始めるときは要注意。

プルプルというよりタルタになっていきます。

二の腕と肩と首はつながっているので、太ったりして二の腕が体から離れる姿勢の時間が増えると、首が縮こまっていきます。

指の関節にシワ、手首の前後にシワが出てきます。30代後半あたりでは個人差が出ますが40代に突入すると、たるんだ皮膚が指先に押し寄せるので、よく動かす指の関節にはシワが刻まれてしまいます。

深刻な老化は、手の甲の血管が浮き出てゴツゴツしてくることだと思います。
クリームとかを塗ってもなんの効果もないと思います。

理由が保湿ではなく、手の甲の脂肪が減ることによる

手と首は隠せないので、根本的な改善方法が必要です。

脂肪と、コラーゲンやエラスチンが減ると、皮膚が薄くなり血管が浮き出るので、顔と同じケアが必要です。

クリームは無意味です。食器洗いをするときは手袋をつけたり、終わった後に美容液などを手につける方が効果的です。

肘の黒ずみとシワも30代後半くらいから現われ始めます。

背中

女は背中を見れば年齢が分かると言われています。

背中のお肉の崩れは突然やってきます。背中がたるみ出したとわかったときは、二の腕や首やお尻など全体的にたるみが始まっています。
お腹も結構大きくなってる人も多いです。

バストが小さいので少しでも大きくしたい方は、太った時にチャンスだと思って、バストに響かないようにウエストや二の腕を引き締めるとバストは残ります。

足・脚

お尻からニキが落ちてくるので太ももの形が変わります。
なので足を引き締めたい場合は、腹部とお尻もセットで行う必要があります。

同じ原理で上の方から徐々に肉が下がってくるので「膝」の上に太ももの肉が重なってきます。

昔、明石家さんまさんが木の実ナナさんに向かって「膝を太ももの肉で隠してはりますよね」みたいな発言をされて、ナナさんが泣いちゃったことがありました。
今では、許されない発言ですが、やっぱり膝は若さの象徴の1つなので、ハリウッドスターも膝を綺麗に見せるお手入れをされる方が増えてきました。

私も体に美容液を塗る時、膝から塗ってます。

足の甲は、高くなってくるし、横幅が広がってくるので靴が合わなくなっていきます。
最近は、足の甲高い、幅広しさん用の靴も少しずつ増えてきてますので、体型を変えるためにウォーキングする場合は、足に合った靴で行うとヒップアップ効果などにも影響します。

足の裏のシワが増えます。
足のかかともパリパリしやすいです。
足の裏にむくみも増えるので、裸足で何かを踏んだら、それがいつまでも足の裏にのめり込んだままになります。

爪が割れやすく、乾燥しやすくなってきます。

首〜デコルテ(胸の上あたり)

顔の皮膚がたるんでくるので、首にしわ寄せがきます。

顔が一回り大きくなり、その分、首が太く短く見えます。

体重が増加傾向になれば、肩から腕も丸みが出てきます。二の腕が体から離れる用意なるので、余計に首が肩に近づくので、おばちゃん体型になってしまいます。

首のシワの特徴

40代後半になってくると、胸元に特大ネックレスをつけてるようなシワができます。
うっすらの人もいるし、くっきりしてる人もいます。
姿勢が悪いと猫背になって首から首の下あたりに肉が集まってくるのでここに深いシワができやすいのです。

小イボ

なぞの小さなイボがポツポツできています。

胸・バスト

妊娠し出産したかどうか授乳したかどうかでも個人差はあるけど、40歳越えると乳首が変形して縦長になり、下を向きだす。

胸は、たるむし横にも広がる。

母乳終わったら垂れてしぼんだ。という相談は多かったです。

脇の下がたるみブラにのっかってしまうのは、自分でも自覚しやすい部分です。

クーパー靭帯

おっぱいの形を保つコラーゲン繊維。
おっぱいを上向きにおっぱいの中の脂肪や乳腺を支えひっぱりあげる役割

このクーパー靭帯は伸びたり切れたりすることがあり、一度そうなってしまうと元にはもどりません。

ジョギングなどでのおっぱいが上下に激しく揺れるようなこと、授乳期間中のおっぱいマッサージはクーパー靭帯を傷つけないように慎重に。

妊娠から授乳卒業まで、ホールド力もあるけど締め付けないブラジャーで、クーパー靭帯を切らさないようにする。

腹部・ウエスト

30代に入り、痩せにくくなったと自覚できるのは、このお腹のぽっこりが戻らなくなったことからだと思います。

30代後半になると、骨盤が開き、体型の崩れに繋がります。

内臓脂肪が増えだすと、病気などのリスクが一気に高くなります。

内臓脂肪は、腹筋では減りませんので、食生活とウォーキング、筋トレなどでしか落とせません。

サプリメントなどでは無理です。

40代後半からはホルモンバランスが変わるので、脂肪の付き方も変わってくるんです。

更年期を経ると男性ホルモンが優位になるので、お腹や腰周りに付きやすくなります。

お尻

お腹の肉がお尻にかぶさってくるので、形が変わっていきます。

男っぽい四角いお尻に、それと共に短く足は短くなる。

ウエスト周辺のメリハリがなくなる

お尻の老化が進むということは、もちろん「スタイルが悪くなる」といった表面的な変化もありますが、「歩けなくなる」状態に近づいているという、危険信号でもあるのです。

ちなみに、お尻が垂れたからといってガードルを履いても筋肉の衰えは止められません。お尻は外側から整えるではなく、内側から鍛えないと意味がありません。

骨盤が歪むことによって、ヒップラインも崩れて、お尻がたるんでしまうのです。

もともとむくみやすい体質の人は、下半身に水分がたまりやすく、お尻がたるんでしまいます。

お尻の筋肉は体の中でも大きい筋肉です。

『美尻』とは、お尻と太ももの境目がはっきりとしており、ぷりっと持ち上がったお尻のことを指しますが、

正しい筋トレを行うことで大臀筋が鍛えられ、臀溝ができてヒップラインが上がることで、若くて綺麗なお尻になります。

お尻が上がれば脚がその分長くなります。

恥骨周辺

骨盤臓器脱

子宮・膀胱が下がる感覚がして違和感がある場合は、骨盤臓器脱の可能性があります。

50歳以上になると子宮脱になりやすいので、エクササイズなどを取り入れましょう。

骨盤の傾き

骨盤過前傾型の方は

  • 反り腰になるので、お尻が出っ張ります。
  • 太もも前側の筋肉が張る
  • つま先重心やあごを前に突き出した姿勢になる
  • お腹の筋肉が使えないため、下腹部が出る

骨盤過後傾型の方は

  • 猫背
  • お腹が前に突き出ている
  • 太ももの背面、ふくらはぎ、おしりの筋肉が固くなる
  • がに股気味
  • 足がむくみやすく、よく疲れる。かかとが痛くなる
  • 前屈すると、腰に違和感がある
  • 太もも前や股関節の前についている筋肉が使えていないので、つまずきやすい

 

痩せ型でも恥丘が高めの方は、腹部がたるむと、ここもたるむのでシルエットが中年の鍛えていない男性みたいになります。(とにかく明るい安村みたい)

頭皮・髪

30代前半くらいから、前髪周辺の髪が薄くなってきます。
髪を洗った時に、排水溝に向け落ちた髪がいっぱい残るようになる。

髪は多いままだけど、前髪の分け目の幅が広くなってきます。

それとは反対に、髪質から潤いがへり、パサつくし、うねるので毛先に行くほど広がってしまいます。

シャンプーやスタイリング方法で迷い始めます。スカルプケアや、ヘアエッセンスとかも取り入れ始めます。

同じ頃、白髪もチラホラ増えてきます。白髪は遺伝的なものもあるので子供の頃から生えている人もいます。

陰毛の白髪も数本生えてきますが、陰毛の生え変わりは早いので、ジワジワと増えていきますから一気に真っ白になることはありません。

私と白髪

私も小学2年の頃には、薬の服用とかはなかったのですが、たくさん生えていて大人二人掛かりで根元からカットしてもらってました。
でもその後は一気に増えていくようなことはなく、髪を明るく染めていたので、目立つことはないまま30代に突入していました。

髪を染めたのですが、白髪染めは金髪にするよりも髪に悪いと知り、ヘナで染めるようになりました。

ただヘナで染めると、染めた部分を他の色に染めることはできないので、注意が必要です。

私は、白髪はあまり気にしていないので、早くグレーヘアにしたいのですが、まだまだ黒い毛が多いので、1つに束ねてばかりです。

 

ホルモンが原因ではない抜け毛の原因にオイリー肌体質というのもあります。
顔や頭皮にお汗をよくかく方は、毎日、寝る前にシャンプーは必須です。

老化が進むと、ワキ毛も少なくなってきます。

顔の劣化①たるみ(メカニズム・原因)

40代 50代 たるみ 改善 若返る 方法

34歳が本格たるみの始まり40歳で加速する

顔の劣化は個人差はあるものの34歳くらいにたるみが始まり、40歳くらいで一気に老けが進みます。

フェイスラインの緩みが本格たるみの始まり!!

フェイスラインがふやけてくると「顔の筋力が低下し始めましたよ」!という合図です。

”たるみ”だと一般の方が自覚できるのは、ファイスライン(顔の輪郭)のたるみが始まった頃なのでどうしてもたるみケアは遅れてしまうのです。

34歳くらいになると輪郭や頬が下がり始めるため、いきなりほうれい線が目立つようになり、40歳前後でゴルゴラインや口横のマリオネットラインと呼ばれる深いシワが目立つようになります。

皮膚がたるむことで様々な部位に影や凸凹が現れるのです。

ほうれい線とマリオネットラインがつながり始めると、子供や若い人たちから”おばちゃん”と呼ばれててしまうようになります

30代前半までも、「顔がたるんできたわ〜><」と、何度か思ったことがあると思いますが、本格的なたるみを目の当たりにするのは、30代中頃(34歳〜37歳)になってからです。

ある日、フェイスラインのハリがなくなってきたことに気づき、これが「本当の顔のたるみ」ってやつなんだ!ってショックを受けます。

30代前半までに感じていた顔のたるみは、まだどこかで”こんなものか〜”と余裕がありましたよね・・・。

20代後半〜30代前半の軽いたるみと本格たるみの違い

肌の弾力を担っている真皮層という部分でたるみの原因が起こるため、ほうれい線がうっすら表れ頬の皮膚の内側に少し厚みが出てきます。

顔を下を向けると、引力により頬の厚みが目立つので、下からのショットは決して撮らせてはいけません(笑)

ちなみに乾燥や体重の増加やむくみが、たるみの原因の一つだと雑誌などで取り上げられていますが、それは30代前半までの軽いたるみの原因でしかないため、残念ですがアラフォー世代以降はそのような甘い理由ではないのです><

この世代の肌は、表面(私たちが目で見えている一番外側の部分)と、その少し奥にある表皮層のスキンケアが正しく行われているのかどうかで肌がキレイかどうかが決まります。

この世代ではまだ皮膚のトラブルという範囲内であり、たるみの原因は起こっていません。

乾燥やむくみがたるみの原因の一つだと、雑誌などで取り上げられていますが、それは30代前半までの、軽いたるみの原因でしかないため、アラフォー・アラフィフの本格たるみには通用しないです。

近年は環境汚染・加工食品の販売数増加・ITの進歩などにより老化のスピードが速くなり、皮膚年齢(見た目年齢)が実年齢よりも高い女性が増えています。

乾燥やむくみが原因のたるみは20代まで限定の理由!

むくみ=リンパのつまり

*「むくみが原因ですね〜」と、エステティシャンに言われリンパのマッサージを受けても改善しなかった・・・という方も多いとおもいますが・・・

むくみが原因だと思い込むことの怖さは、”マッサージをやりすぎる”ということにつながることです。

乾燥
*乾燥対策をすることは大事ですが、そこまでたるみが引き締まることにはなりません。

むくみではなくたるみ!

ちなみにですが、30代(後半)40代・50代の「顔と首のたるみ」の原因は、乾燥や体重の増加や"むくみ"などではありません。

残念ですが、アラフォー世代以降はそのような甘い理由ではないのです(ノω・、)

なかなかたるみだと気づけずに、”むくみ”だと勘違いして放置したままになっている世代が多いのが30代前〜中頃です。

むくみは目が腫れたりすることが特徴ですが、頬から下の部分が膨張し、顔が一回りふた回り大きくなるのが、顔のたるみの特徴です。

20代の顔がたるむ原因 30台後半からは、原因がまったく違います!

20代までは表面のベーシックスキンケア(汚れを落とす、適度な保湿)を正しく行うことで、十分肌は綺麗さを保つことができるので、余計なことをする必要はありません。

20代後半〜30代前半(30歳〜33歳の初期たるみは小じわ・ちりめんジワとして現れる)

間違ったスキンケア・表面の水分不足が原因です。

たるみを放置していたら・・・

40代 50代 たるみ 改善 若返る 方法

↑深いシワが目の下と鼻の横に斜めに2本あらわれます。(ゴルゴ線とほうれい線の間の皮膚は、凹んでいるように見えます。)

5年前、3年前の自分の顔写真と今の顔写真を比べたりすることありますか?
スマホなどの普及により写真を引っ張り出してこなくても、すぐに過去の自分の顔を見ることができるようになっていますよね。

自撮りするときに、笑った顔で撮影しておくと、たるみが原因の深いシワのチェックができるのでおすすめです。

口角を上げるとシワの本数や深さの変化を毎日見ることができます。
1ヶ月間、生理周期や水分量の影響で変化しているんです。

目尻と口周りにシワができますが、ここは深いシワができる部位ですので、たるみの進み度合いがわかります。

顔がたるみ始めると、顔を横向きで撮影した時、フェイスラインが緩んでいたり、首が短くなっていたり変化が始まります。
体重はさほど変わらない人でも、顔が少し大きくなり始め(膨張)、こめかみが凹んで、頬が大きくなったような?なんかいびつな形に見えてきます。

「昔は美人だったのに・・・」と言われる人は、顔の輪郭の変化によるものが大きいです。

顔がたるむってこんな多くの老化症状を生み出してるんだ!

本格的なおばちゃん顔になってしまう原因は、皮膚の土台(筋肉層)が弱まることによることで、次のような老化の症状が芋づる式のようにどんどん現れるからです。

あなたの顔のたるみはどれくらいやばいレベル?

乾燥 老化 スキンケア アラフォー アラフィフ

「たるみ」は、なかなか目に見えにくい症状ですが、シワがどこにできているのかで、たるみレベルが判断できます。

骨格の違いにより多少前後しますが、たるみを放置していると、たるみによりできた別々だったシワがつながり、さらには凸凹があちこちにあらわれるようになります。

※たるみレベル①〜⑩はどんどん増えて行き、さらに下方で説明している”これもたるみ?”という、一見たるみとは関係なさそうな症状もでてきます。

たるみレベル①ほうれい線

ほうれい線は、顔がたるみ始めたよ!というサインです。

この時、フェイスラインもたるみが始まっていますが、むくみかな〜?太ったかな?と感違いしてしまうのでダイエットに走ってしまいがちです><

骨のないほほ部分は、頬の脂肪が下垂してそのままたるみに繋がってしまう部位です。
この頬のたるみの境界線がほうれい線であり、頬のたるみ程度が大きいほど深くなります。

面積が広い頬の皮膚が少しでもたるむと、鼻の皮膚は逆にたるみにくいため皮膚同士の反発により溝ができます。

※ほうれい線が10代の時の頃から既にある方は、頬がたるみやすい(皮膚が人より柔らかい)傾向のため、体重が増えすぎたりむくまない様に注意が必要です。

たるみレベル②顔の輪郭・フェイスラインのゆるみ・二重アゴ

フェイスライン・頬・顎周辺のたるみは、先述した骨格の影響と表情圧により、シワも発生させるため、急激に見た目の老け感を感じさせます。

顔全体のたるみのしわ寄せがきてしまうのがフェイスライン。
硬いものを食べない食生活や猫背、肥満もファイスラインにたるみや二重アゴの原因になります。

顎先から耳下にかけての顔の輪郭の部分がふやける様になってくると、顔のむくみではなく顔のたるみであるサインです。

※むくみの場合はふやけるというより、頬全体がパーンとはり目も腫れぼったくなるためふやけるという症状はありません。

たるみレベル③ 目元・目の周り

目元のたるみのサインは、アイラインやアイシャドウが描きにくくなってきたな〜と感じた時が始まりのサインです。

たるみによってできる目元の初期症状は、笑うと目尻にシワができる程度なのですが、たるみレベルが高くなると、別人に思えるほど目元が変化します。

顔のたるみによりまぶたの重みを支える上瞼の筋肉が、伸びたり脂肪が減少することで、まぶたが垂れ下がっていく。

※目をこする習慣やコンタクトレンズの長期使用によっても筋肉が劣化してしまうため、コンタクトレンズの使用時間は少しずつ減らしていきましょう。

マッサージはNG部位です。

たるみレベル④眉間

40代に入ると頭皮もたるみ始めます。そのたるみがおでこの皮膚に負担がかかり始めることと重なり、
眉間にしわを寄せるような表情を繰り返し行っていると、眉間にしわとして定着してしまうことが原因です。

眉間は縦のシワは自分でも気づきやすいのですが、以外に横シワも薄っすらできている方が多いです。

たるみレベル ⑤ 口元・口角・マリオネットライン

口元のたるみは頬肉が下がり口に元にその皮膚がかぶさるため、たるみがすすむと口元の筋肉と頬の筋肉には境目があるためにブルドッグのように見えてしまいます。

たるみレベル⑥ 首のシワ

もともと皮膚が薄くたるみやすい部位。
顔がたるむとその重みで首に顔の部分の皮膚が押し寄せてしまうため、顔の頬の引き締めが必要です。

目元同様薄い部分なのでマッサージはしないほうがベターです。

たるみにより頬の皮膚が首に下がってくるため人によって、2〜3本首にシワができます。

たるみレベル⑦ ゴルゴライン

目の周りの皮膚と、頬の皮膚が反発仕合うため溝ができます。

骨格により目立つ方と目立ちにくい方に分かれます。

30代中頃から現れやすく、笑ったときに鼻と目のクロスする部分が陥没している様にも見えます。

ゴルゴラインが目立ち始めると、ほうれい線と並ぶようにできるため、深いシワが2本、顔の真ん中に現れます。
(ゴルゴ線とほうれい線の間の皮膚は凹んでいるように見えますよね)

たるみレベル⑧毛穴のたるみ

40代 50代 たるみ 改善 若返る 方法筋肉層の劣化により頬の肉が下がるため毛穴も一緒に下に引っ張られて毛穴が楕円状になる。こうなると毛穴ケアでは毛穴は解消しません。

毛穴がたるむ、広がるなどで目立ってきたなぁ〜と感じ始めたら、毛穴の対策ではなく頬のたるみ引き締めケアです。

たるみレベル⑨おでこ(額)

おでこ(ひたい)のたるみはあまり気づきにくい部分です。

眉をあげるとシワが現れた時や、細かい横シワができるとおでこのたるみが始まったサインです。

おでこの皮膚がたるむ眉もたるむのですが、これはなかなか気づきにくいですよね(汗)

頭皮のたるみもおでこにのっかてくるため、たるみレベルが高くなると、目元におでこのたるみの分もしわ寄せがきます。

たるみレベル⑩鼻

笑うと小鼻が横に伸びますので一気におばちゃん顔になってしまいます><

鼻が西洋人のように高い方は、50代になると魔女顔に見えるという特徴があります。

たるみレベル11 体のシルエットの変化

頬の皮膚が下がることで顔が一回り以上大きくなり首も短くなったように感じます。(身体のシルエットに影響を与えます)
鎖骨から胸元にかけても顔の皮膚がたまりますので、丸みを帯び始めます。
こうなると、丸首のトップスを着ると、おばちゃんっぽく見えますので要注意!

顔のたるみはシワが深くなり艶も奪ってしまう理由

この世代に突入すると、体質も含め肌や頭皮まで徐々に変化が始まります。

肌が痒くなったり、吹き出物ができやすくなり、いわゆるトラブル肌になる方が多いです。
*化粧品ジプシーが始まる。

たるみがくすみになる原因①

筋肉層が衰え始めると、血行不良になりやすいため「くすみ」になります。

これは、筋肉層の収縮活動が弱まるのが理由。

顔が汚れているわけではありませんので、ピーリングなどを行なっても効果はないです。

たるみがくすみになる原因②

皮膚のたるみにより顔に凹凸ができるため顔の様々な部分に影ができてしまうためくすんでいるように見えます。

顔のたるみが進んでいくメカニズム

  • 25歳からコラーゲンが減少する少し頬などふっくらしてくる
  • 30歳〜口輪筋、笑筋が衰え始め口角が下がりほうれい線が目立つ
  • 40歳 頬全体が下がり始め首のシワが目立つようになる
  • 50歳 さらに頬全体が下がry。広顎筋が弱くなり首がたるみ二重アゴやシワが目立つようになる
  • 60歳 全体の表情筋の衰えが更に進み、たるみシワが目立ち、リンパの流れも悪くなるため肌全体がくすむ。

レベル1

顔のたるみがすすむと、笑ったときに鼻の横に凹みのような窪みが出てきます。(骨格により差はある)

レベル2

顔の下半分に皮膚が下がっていくため、顎の周辺が二重アゴになるのです。

レベル3

アラフォーに近づくにつれ、笑うとまるで頬の部分が雪崩を起こしたかのように、
鼻の横の部分はシワや凹みやくすみが表れてきます。

深いシワであるゴルゴライン、マリオネットラインなども同時に現れてきます。

レベル4

骨格によってはブルドッグフェイスになってしまう方も。

顔のたるみは、  首へ皮膚のたるみが流れていくため、首のシワも作り出してしまいます。

ちょっとたるみが始まったよ!というサイン

顔が本格的にたるみ始めたことに、一早く気づけるのは、「ほうれい線」が表れたりアイラインやアイシャドウが描きにくくなった時です。

さらにたるみが進んだよ!本格たるみの始まったというサイン

頬のたるみやフェイスラインがゆるみ始め、ゴルゴラインやマリオネットラインが表れはじめます

さらにもっとたるみがすすむと

笑った時の顔の表情が怖くなる

こめかみや頬骨の下が凹み、骨格のアラが出てくるため、顔に影ができ表情が暗く見えてきます。

たるみにより目の下もくぼんでシワもでき、影が生じてクマが広がって見えます。

顔の中心なども凸凹してくるため、あちこちくすんでいるように見えます。

 

あらゆるシワとシワが繋がり、頬のたるみも日に日に下がっていくため、ブルドッグ顔のようになってしまう方が多いです。

ゴルゴ線(目の下)や眉間のシワ、さらにすすむと、マリオネット線(口の横)、おでこの横シワ、そして首のシワが表れます。

顔のたるみが進んでいく時、皮膚内部で何が起きているのでしょうか?

顔 たるみ メカニズム

  1. 34歳くらいから新陳代謝が悪くなるため、
    保湿力が衰え乾燥を感じることが増える
    (ケガが治る時間が遅くなるのはこれが理由)
  2. 角質が剥がれ落ちるまでの期間が長くなり、
    皮膚がごわつき出す(皮膚が厚くなる)
    (新陳代謝が遅くなるのが原因)
  3. 皮膚に弾力を与えてハリを出す物質の分泌が減少する
    (真皮層のコラーゲン・エラスチンのこと)
  4. 皮下脂肪が減少しクッションの役割をしなくなる
    (無理なダイエットなどをして顔の頬がげっそりしたような状態になる)
  5. 筋肉層が衰え皮膚全体がゆるむ
    (皮膚の土台である筋肉層)

1〜3までは、軽いたるみ(浅いシワやほうれい線など)としてあらわれます。
4は、体重の増減により変化する部分です。

5になると、たるみの症状により頬やフェイスラインのたるみがあらわれます

↑これが顔のたるみが進んで行く過程ですが、
顔の皮膚は身体の皮膚とは構造が少し違うためたるむスピードが早いのです。

肌の内部の劣化が徐々に始まっていくのが「老化」です。この内部劣化のスピードをいかに緩やかに食い止めることができるかが見た目の若々しさを保つことに直結しています。

30代後半になると、皮膚に何が起こるでしょうか?

実は、30代後半になると肌の内側が急激に変化します!

顔のたるみの原因とメカニズム(真皮層・筋肉層・骨)

  • 表皮の新陳代謝低下
  • 真皮層の劣化(コラーゲン・エラスチン)
  • 筋肉層の収縮力の低下

皮膚+筋肉の3つの部分の劣化により、皮膚の土台がグラグラし顔の皮膚のたるみがどんどん進み、顔の筋肉には境目があるため、その境目がシワになるのです。

たるみがシワの原因だとなぜ多くの人は知らないのか?

シワの最近の研究データ

最新の研究で顔の表情を作り出す時に、皮膚にかかる圧力によりシワができることが判明しました。
同じ部位に何度も何度も同じ圧力がかかることで、皮膚は傷を負ったかのように勘違いし、そこにシワが定着してしまうのです。

肌にハリがある20代までだと、ハリという圧力で跳ね返せるためシワは定着しませんが、30代中頃以降は、ハリを作り出す物質(真皮層の)が減少していくため、笑ったりしかめっ面をしたり表情を繰り返すと、シワが深く刻まれていくのです。

だからと言って”無表情でいる”と皮膚は重力で下に下がります。

 

  • ほうれい線
  • 口周りのシワ
  • ゴルゴライン
  • マリオネットライン
  • 眉をあげるとできる額の横シワ
  • 首のシワ

・・・↑これらの症状がたるみが原因だとわかりますか?

深いシワの消し方は、シワそのものを消そうとしても消えません。

なぜなら、シワの正体は表情を動かした時にできる皮膚の境目にできる溝だからです。

真皮層と筋肉層の劣化により、皮膚の土台がグラグラし顔の皮膚のたるみがどんどん進み、顔の筋肉には境目があるため、その境目がシワになるのです。

これは皮膚の理論を知っていれば当たり前のことなのですが、シワはシワの原因を別にした方が、専用の化粧品やグッズを売り出すことができるので、美容業界にとって好都合なんです

※悩み・症状を、一つ一つ分けた方が商品が売れやすいんです(怒)

顔の表情ジワと本格老化の固定シワの違い

表情ジワとは、顔の筋肉を動かした時に現れるシワです。
この表情ジワは10代でも現れるので本来は気にするどころか、表情ジワがないアラフォーアラフィフは不自然な顔だと周りから認識されてしまいます。

つまり、美容注射かリフトという皮膚を切って縫う手術をやっているなと思われてしまうので、自然に若返るには決してはいけないシワなんです。

40代50代になってこの表情ジワが気になってしまうのは、他の部位に固定ジワがあることで、表情ジワが目立ってしまうのです。

ただ眉間のシワだけは作ってはいけない表情ジワです。
しかも眉間部分はなんども作ると固定シワになってしまい、「この人いつも機嫌悪そうだな〜」と思われてしまうので、老けて見えるし、不幸せな人に見られてしまうので、できてしまった人は早く消してしまいましょう。

表情ジワは必要だけど、固定シワは消さないとおばちゃん顔を作ってしまう

固定シワとは?

  • ほうれい線
  • おでこにできる横シワ(バカボンのパパシワ)
  • ゴルゴライン
  • マリオネットライン
  • 首のシワ

これらの顔の表情を動かさなくても常時見えている本格シワのことを指します。

つまり真顔の時にでも刻まれているタイプの深いしわです。

私が使っている最先端のシワとたるみに効く化粧品は、この固定ジワを消すことができます。

この固定シワは、皮膚の筋肉層のたるみが原因なのと、表情ジワが固定シワになってしまうことが原因です。

表情ジワの固定化予防も、できてしまった固定シワもこの全てに対応してくれるのが、APPSとDMAEです。

肌の老化を感じているなら、以下のスキンケアができていないということになりますので、一度毎日のスキンケアを見直し確認されてみてはいかがでしょうか?

  • 肌の内側の保湿
  • バリア機能強化(ホルモンの変化で脆弱になる)
  • 皮膚成分の減少(皮膚のボリュームダウンの原因)
  • ターンオーバー活性化

40代からは正しいエイジングケアができていないと、どうしても肌は薄くなってしまうし、肌の深層部と表面のずれにより凸凹して影も作り出してしまいます。肌の内部をふっくらさせ、深部の筋肉層をスキンケアで強化することを最先端のエイジングスキンケアです。

真顔の状態でも刻まれている硬い印象を与えるシワは消さなきゃいけないけど、笑わなくなると筋肉が衰えてしまうので、シワを作らないために笑わないよう過ごすというような恐ろしい美容法とかはやめておきましょうね(_ _).。o○

たるみがシワの原因だと知れる方法!

40代 50代 たるみ 改善 若返る 方法

まずは,ポニーテール(ショートの方は手で)をしてください(^人^)
フェイスライン・シワ・毛穴たるみ・ほうれい線などに変化は見られますか?

ほとんどの方はピーン!っと顔が引き上がり,要らない「線」も薄く消えたり、毛穴たるみも通常の「・」に戻りますよね?
一般の方は「ほうれい線」「シワ」「毛穴たるみ」を、一つ一つ別々の悩みだと考えてしまいがちですが、

それら全ての大元の原因は、

筋肉層が衰えることで、頬の皮膚がたるみだし、シワ・毛穴たるみが表われるのです。

 

シワたるみほうれい線とシミ毛穴を7日間で消す方法!

ほうれい線をスキンケアで消す(シワの一種のようだが?)

シワたるみほうれい線とシミ毛穴を7日間で消す方法!
ほうれい線が現れ始める頃には、上唇も薄くなり口角も下がってきますので、顔全体がたるみ出したことがわかりますよね。

一般の方は「ほうれい線」「シワ」「毛穴たるみ」などを、一つ一つ別々の悩みだと考えてしまいがちですが,それら全ての大元の原因は、筋肉が衰えることで、頬の皮膚がたるみだし、ほうれい線、シワ、毛穴たるみが表われるのです。

顔の皮膚が”たるむ”ことが見た目老化の全ての始まり!

顔のたるみが始まると初期症状としてまず、”ほうれい線” がうっすら見えてきます。
だいたい30代前半頃です。

※皮膚が柔らかい場合や骨格により、10代でもほうれい線がある方もいます。

ほうれい線が見えてきたら、頬の皮膚の内部(真皮層)の劣化が始まったサインにしかすぎません。

ですが、ほうれい線は実はシワではないので本来は「たるみ対策」をしなければいけないのですが、多くの方は「シワ」対策に手を出してしまいます。

その結果、ほうれい線の本当の原因である”たるみ”は放置されるため、たるみが悪化してしまうのです。

「この頬のシワはたるみが原因だわ!」と、一般の方が皮膚理論にまで結びつけることは難しいと思います。

ほうれい線は顔のたるみに気づけるサイン!

筋肉低下が原因なのに、 筋肉低下が原因なのに、”ほうれい線”だけを必死に消そうとしているなら,

あなたはメーカーの広告に騙されています。

 ほうれい線は「シワ」の一種です。
ほうれい線ができてているということは、すでに額から頬にかけてたるみが始まっているのですが、鏡でみるとほうれい線しか確認できないためそこだけを消そうとしてしまいます。

ほうれい線とヒアルロン酸注射

シワたるみほうれい線とシミ毛穴を7日間で消す方法!

ほうれい線にはなぜヒアルロン酸注射なのでしょうか?

私には全く理解できません。
どの角度から考えても余計に「頬がたるむ」のに!!ってわかります。

なぜなら、 なぜなら、「ほうれい線とフェイスラインのたるみ」は、「顔の筋力が低下し始めましたよ」!という合図だからです。

ほうれい線ができる 
↓ ↓
そこにヒアルロン酸を注射する 
↓ ↓
ヒアルロン酸の重さが頬肉を引っ張り下げるため、フェイスラインにその緩みが出る。

ですので注射でヒアルロン酸を入れることは改善策になりませんし、逆にその部分は皮膚が膨張するため皮膚が伸びます。

芸能人でヒアルロン酸を注射した人は、むくみ顔みたいになっています。笑うと不自然なシワが口や小鼻の横に現れます。

 

ちなみにほうれい線にボトックス注射は行いません。

シワを増やしてしまう美容法

顔のシワは、実は一生懸命に顔を動かして伸ばそうと頑張れば頑張るほど、シワは濃くなり増えます。
(フェイストレーニングとかベロ回しとかマッサージなど全て)

顔ヨガやフェイストレーニング系の、顔の筋トレをしても効果があるのは30代前半までです。

シワの間違い美容法!

一時的に乾燥でできる薄いシワ以外の、30代中頃からできるシワの全てはたるみが発症させています。

そのことが知られていない原因は、雑誌やテレビ等では別々に分類されているからです!

なぜそんなことするのかって??
理由はとってもわかりやすいカラクリで「商品がそれだけ余分に作れて売れるから」です。

雑誌やメディア等で、たるみとシワが気になっている人が、”シワもたるみ美容液で改善されるよ!!”って書いてあれば、

やった〜!それならシワ専用美容液は買わなくていいや〜 ってなりませんか?

シワはスキンケアで消える!シワを消す方法

軽いシワ(初期のシワ)は真皮層の活性化と正しい保湿で消えますが、深いシワ(本格シワ)は、筋肉層を活性化させなければいけません。

化粧品なんかでシワやたるみなんて消せるわけがない!と思う人が多いと思います。確かに数年前までは化粧品レベルではシワやたるみに効果するものはありませんでした。

でも成分の長年にわたる研究開発とメーカー技術の発展により、厚生労働省がその効果を認める化粧品が誕生しています。

化粧品でシワとたるみが改善できる商品はまだ少ないのですが、その中でいくつか試して、効果の高さと安全面やコスパなど様々な面を吟味してこれが一番シワとたるみに効果のある化粧品を見つけて使っています♪

忙しくて化粧品を探しきれず妥協して今の化粧品を使っている方や、本格的なシワとたるみで心が傷ついている方のためにご参考になればと思いお伝えしておきます٩( ᐛ )و

私が見つけた化粧品には、厚生労働省が認定したAPPSというビタミンC誘導体の最新型がたっぷり入っています。

ひどいたるみ対策の化粧品にはDMAEという世界レベルで最先端成分がたっぷり入っています。

APPSやDMAEのような安全な美容成分でシワやたるみを消せる化粧品は今までありませんでした。

それまで、乾燥による小ジワとかむくみによるたるみなどに働きかける、要するに”なんとなく効いている?”程度の化粧品はたくさんありました。

でもそれらとは大きく違い、本格的なシワやたるみにしっかり効果する化粧品です。

実感はあるけど、気のせいかな?と思うような心配をしなくてよくなりました( ・∇・)

その他、まだ認定はされていないけどレチノールも含有されています。
レチノールはシワ対策化粧品としてすでに有名ですが、分析や実証データも充実しているし私自身もレチノールには肌をピンとさせることができると実感しています。

ただこのレチノールは使用量が多いと肌が敏感になっている時などは赤くなって運が悪いと色が黒ずんでしまうので購入するときはメーカーの配合量に気をつけなければなりません。

私が使っているのは、ドクターズコスメの化粧品なので配合量もバッチリ安定されています。

頬のたるみは、様々なシワを発生させているので、頬のたるみをリフトアップすれば多く深いシワも改善できます。

シミとは違い、たるみは深いシワや影、凸凹感を作りシミを引き伸ばして大きく見せてしまうという、全ての顔の老化原因と言っても過言ではないため、顔の老化症状でお悩みの方は、ピンポイントスキンケアではなく、たるみ対策が必須です。

「この頬のシワはたるみが原因だわ!」と、一般の方が皮膚理論にまで結びつけることは難しいと思います。

笑ったときや困った顔などの※表情が動いたときに目立ったり、あらわれたりするシワがほとんどなので、自分ではなかなか気づけません。

※表情筋と言います。

皮膚のたるみに自分の目で気づくのは、フェイスライン(顔の輪郭)のゆるみくらいです。

初期(浅め)のシワや軽いたるみ

浅いシワとは、ちりめんジワのような30代前半くらいまでにできるシワをさします。
これは保湿対策で改善できます。

ちなみに、首のシワは顔の皮膚が下がることで深くなってしまいます。

たるみを改善するには「表皮層・真皮層・筋肉層」を知らねばならない

顔 骨格 老化 崩 老け顔 対策 方法

皮膚は一番外側が表皮で,その奥に真皮があります。
さらにその真皮の奥に脂肪層があり,ここまでが「皮膚」です。

そして、その奥に「筋肉層」があります。

顔全体のたるみの原因は,この「筋肉層」が加齢によって弱くなり,筋肉が骨から剥がれることに始まります。
皮膚はその筋肉とくっついていますので,引っ張られるようにしてしてたるむのです。

初期の顔のたるみの原因は、真皮層の劣化が原因です

→真皮層

本格たるみの原因は、筋肉層の劣化が原因です

→筋肉層

→真皮層と筋肉層

→表皮層

軽いたるみの原因は真皮層の劣化です。

みなさんがよくご存知のコラーゲンやエラスチンは真皮層という皮膚の部分で分泌されています。
その真皮層のエラスチン・コラーゲンが減少することでハリがなくなるため、軽いたるみとなります。

30代中頃になると、表皮層の奥にある真皮層という”コラーゲンやエラスチン”が分泌されている部分が劣化するため、
徐々にほうれい線が深くなり、肌のツヤはハリも少しずつなくなってくるのを感じるようになります。

コラーゲン・エラスチンは肌の弾力だけではなく水分保持も担っているためツヤ感もなくなってしまうのです。

真皮は表皮と違って生まれ変わることができないため、しっかり分泌力をあげないといけません。

  • 真皮層のエラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸は30代後半から激減する
  • 真皮層の線維芽細胞に注目!

エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸を増やす方法は1つしかない!!塗っても飲んでも効果ないです!

脂肪層のたるみの原因とメカニズム

たるみの原因につながる脂肪層ってどんなメカニズム?

脂肪層は、脂肪幹細胞の働き線維芽細胞と同等またはそれ以上のコラーゲン生産力がある

脂肪層は真皮層の真下にあり脂肪細胞で満たされています。
体重増加により太るということは、この部分が肥大していることになります。

順番的に真皮層の次に説明を書くべきかと思いましたが、この記事は「たるみ」の原因とメカニズムをお伝えしているため、先に重要な表情筋=筋肉層について書きました。

脂肪層が顔のたるみに影響があるとすれば、食べ過ぎや運動不足が続いて体重増加により顔がパンパンになってしまった人が急激なダイエットを行えば、
筋肉はそのままなのに、脂肪層だけが薄くなります。

その結果、げっそりした顔が出来上がります(怖)

ダイエットをした友人をみて、喜んであげたいけど、顔に影ができていたり女性らしいふっくらほっぺがなくて魔女みたいな頬になっていたりして、戸惑った経験ってありませんでしたか?

人は、すぐに結果を出したがる生き物です。女性の場合は食事制限は苦しいけど見た目の変化が早いため手を出してしまう人が多いですよね。

なので、30代後半以降は、たるみをなくすために食事制限をしないほうがいいです。

食事制限を行わず、筋肉層と真皮層の改善方法を正しく行いましょう♪

本格的なたるみは、皮膚の土台の劣化が原因

深いたるみの原因は筋肉層の劣化です。

深刻なのは、40代前後にあらわれる本格的なたるみとたるみが原因でできる深いシワです。

皮膚は、独自でピーンと張っているのではなく、皮膚の土台である筋肉層がどっしりしていることで、皮膚の表面にハリを出させているのですが、何もしないでいると筋肉層が加齢によって弱くなり,皮膚はその筋肉層とくっついていますので,引っ張られるようにしてたるむのです。

「脳から筋肉への指令」が関係している

この筋肉層は脳からの指令で収縮しているのですが、その収縮も弱くなりますので、顔の筋トレなどは効果が出ないのです。

顔の筋トレ・エクササイズなどを、6ヶ月以上、①毎日②(朝・昼・晩)頑張っても35歳以降は、神経伝達物質が少なくなっているため効果は出にくいし、身体とは皮膚の仕組みが少し違うので逆にシワやたるみを発生させてしまうのです。

たるみを改善できればシワが消える理由

ポニーテール(短い方は手で)をしてください。

フェイスライン・シワ・毛穴たるみ・ほうれい線などに変化は見られますか?

ほとんどの方はピーン!っと顔が引き上がり,要らない「線」も薄く消えたり、毛穴たるみも通常の「・」に戻りますよね?

一般の方は「ほうれい線」「シワ」「毛穴たるみ」を、一つ一つ別々の悩みだと考えてしまいがちですが,

それら全ての大元の原因は、筋肉が衰えることで、頬の皮膚がたるみだし、ほうれい線、シワ、毛穴たるみが表われるのです。

※悩み・症状を、一つ一つ分けた方が商品が売れやすいんです(怒)

30歳〜30代中頃までのたるみ改善方法

  • 正しいクレンジング
  • 洗顔
  • apps(ビタミンc誘導体の最新型)
  • UV

で十分です。

APPSはシミにもくすみにも効果が高いと有名で厚生労働省認定成分です。(商品名ではありません)

効果100倍!ビタミンC誘導体の最新型APPSが他のビタミンC誘導体と効果がこんなにも違う理由

30代後半40代50代の顔のたるみを引き上げるスキンケア

クレンジングから仕上げのクリームまで、がっつりお金をかけて頑張りすぎていませんか?
(そういう方は顔のたるみが早かったり、目の下に小イボがいっぱいできます。)

皮肉ですが一層懸命スキンケアしたり高級化粧品を揃えるよりも、「最先端美容成分でシンプルにアンチエイジング対策のスキンケア」を行う方が効果が高いのです。

ちなみに私は化粧水は使いません♪

スキンケア化粧品を買う時、どこか1つのメーカーに絞り込んでしまいがちな方が多いですが、
正しい情報を持っていないと、美容部員などに「ラインで揃えられた方が効果が倍増します!と言われ、気づけば何万円もスキンケア代金に使ってしまう方が多いです。

正しい知識を持っていないと、1つの悩みに対して対策商品が1個売り出されるため、あれもこれもと購入しなければならない気持ちにさせられます。

1つの悩みに1つの商品が必要だと思わせるのが有名大手メーカーさんの考え方です。
その方が商品がたくさん売れますよね。

※悩み・症状を、一つ一つ分けた方が商品が売れやすいんです(怒)

症状別の化粧品をわざわざ揃える必要がないことがわかります♪

色々な化粧品を使うのではなくて、皮膚科学的に根拠データがあり安全な成分で構成されているかどうかが重要で、肌の奥まで美容成分がきちんと浸透するのかどうか、酸化と糖化の対策も一緒にできるのかどうかが大切です。

私の実践しているアンチエイジングスキンケアは、シンプルなのに老化の原因を全てケアできる美容法で組み立てています。

たるみはスキンケアで引き上げることができる!

シミやくすみや毛穴は、厚化粧でなんとか隠せますが、たるみと深いシワ(ほうれい線やゴルゴラインなど)は、厚化粧でも隠せないため即効性の高いリフトアップ方法が必要です。

たるみを引き締めるには 真皮層と筋肉層に効く成分と、正しいスキンケア(クレンジング〜UV)が行えていることが重要です。

30代前半から減少していく真皮層の物質を活性化させることと、30代後半からは、あまり知られていない筋肉層を活性化させる成分を使うとたるみを引きげるスキンケアで改善できるのです。

雑誌や、テレビを鵜呑みにしていると年齢を重ねるごとにケア商品は増えていきます。

たるみ予防法とたるみ解消方法は違います!

40代のたるみは、顔を動かすと顔のあちこちににシワが現れ、どんどんシワが深くなり30代の頃のような艶はなくなってしまいます。

予防法では、たるんでしまった皮膚を元に戻すことはできません。

でもほとんどの美容法は「予防法」を改善法みたいに発信しています。

そんなガセの方法に惑わされず最新皮膚科学に基づいた「元に戻す美容法」を取り入れて若返りましょう♪

40代50代最先端のたるみリフトアップ成分

皮膚の3つの層を正しくケアしよう!

肌内部で足りなくなった物質を補強しなければならない!

深いシワ・凸凹感(ゴワゴワ)・くすみなども、たるみを引き上げると改善されるんです。
(たるみが改善されるとシワが消え肌に艶ハリが戻ります♪)

  • たるみの原因とメカニズム(真皮層や表情筋が作り出す原因)を知ってスキンケアを行うとたるみを消せる!

皮膚の表面の正しいケア

肌の表面(表皮)若返らせる方法

真皮層を若返らせる成分

効果100倍!ビタミンC誘導体の最新型APPSが他のビタミンC誘導体と効果がこんなにも違う理由

筋肉層を若返らせる成分

頬を引き上げるには、後述している筋肉層を若返らせる成分DMAEが効果します。
この成分は塗るボトックスとも呼ばれており、安全な強力リフトアップ成分です。

皮膚を引き上げるには、筋肉層に効果する成分が必要ですが、世界でも最先端成分としてもっとも有名なのがDMAEです。

DMAEは塗るボトックスとも呼ばれており、自然由来であるため安全な強力リフトアップ成分です。
別記事でお伝えしていますので、ここでは詳細は割愛させていただきますが、
塗布して10分程度でたるみを引きあげピーンっとさせ24時間持続させる効果があります。

DMAEは最先端の強力たるみリフトアップ成分でシワも消える♪

間違ったたるみ改善美容方法

たるみは様々な顔の老化症状を作り出しているのですが、ここで間違ってはならないのが、たるみを消そうとして間違った美容情報に手を出してしまうことです。

実は、顔の皮膚はボディーの皮膚と構成が少し違うため、マッサージやフェイストレーニングは逆効果なんです。

マッサージは皮膚のたるみの原因になりますので要注意です!

リフトアップマッサージやカッサなどの道具を使ったマッサージや同じポーズをとる繰り返すフェイス筋トレ系は、たるみとシワの原因になります。

※マッサージはボディーに行うのはおすすめなのですが、顔の皮膚にはマッサージはNGどころか、余計にたるみを悪化させシワを深くさせます。

この方法には注意

目元や頬専用リフトアップ美容液などの専用化粧品は、メーカーさんが化粧品をできる限り多く売るためのハッタリで、皮膚のたるみを引き上げる皮膚科学の裏づけがある成分を使うことと、スキンケアの手順ややり方が本当に間違えがないことを確認することです。

エステや美顔器も含むマッサージは皮膚をたるませる原因になっています。

ちなみに、フォトフェイシャルやエステのマッサージは、顔のむくみを取るくらいの効果なので、正直、汗だくになる運動やサウナでも同じ効果が出るんです

カッサマッサージや顔ストレッチも同じです。

毛穴のたるみ(涙型毛穴)をキュッと引き上げて毛穴レスにする方法!毛穴たるみを消し若返る方法

40代 50代 たるみ 改善 若返る 方法

頬の筋肉が老化すると、皮膚も一緒に下に引っ張られるため、毛穴もたるみますので、下がったような広がったような感じに見えます。

若い頃の毛穴は”毛穴がたるむ”というよりは、洗顔不足や食事の内容が悪いなどの理由で、つまり若気の至りから、毛穴のトラブルになっていることが原因です。

それとは原因が違うため、毛穴のたるみを改善したい場合は、クレンジングや洗顔を正しい方法に変えることを前提に、なおかつ、頬全体を引きあげることが解決策です。

 

頬を軽く手で持ち上げて毛穴が目立たなくなるようであれば、それは毛穴のたるみ=頬のたるみです。

10代の女性でハリがあるのに、毛穴がたるんでいるなんて人を見たことがないですよね。

毛穴のたるみは放置しておくと、毛穴同士が繋がって大きな溝みたいになってしまいますので早めの改善が必要です。

毛穴の開きと毛穴のたるみという2つの症状は、違います。

毛穴の開きは、比較的若い世代の皮膚にあらわれる毛穴トラブルで、毛穴のたるみは皮膚の老化現象の1つで起きます。

アラフォー世代以降の毛穴の悩みは、毛穴が広がっているのではなく、毛穴がたるんでいる状態です。

頬を軽く手で持ち上げて毛穴が目立たなくなるようであれば、それが毛穴のたるみ=頬のたるみです。

毛穴のたるみ・毛穴の下がりは肌内部の老化が原因

毛穴がたるむ原因は、皮膚内真皮層の成分の分泌が減少することと、筋肉層の劣化が原因です。

真皮層でコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などが分泌しています。
肌にハリ感と弾力をもたらすこれらの物資が減少していくとハリがなくなったり乾燥が進みます。

そしてさらに奥にある筋肉層の老化が始まると、皮膚の土台が弱くなっていく

だから毛穴のトラブルではないのです。

毛穴のたるみの原因は毛穴がたるんでいるわけではない

顔のたるみを”引き上げ”なければ、毛穴のたるみは改善しないのです。

毛穴のたるみを改善したい場合、毛穴そのものにフォーカスしてしまうと、毛穴のたるみは改善しません。

毛穴よりお肌の皮膚のたるみを引き上げる対策を取り入れなければなりません。

毛穴たるみは遺伝が原因ではない

遺伝ではありませんので、ご両親の毛穴が目立つからと、自分も必ずというわけではありませんのでご心配なく。

アラフォー世代以降の毛穴の悩みは毛穴が広がっているというよりも、毛穴がたるんでいることではないでしょうか?

この世代は、「毛穴の黒ずみ+毛穴のたるみ」という複数の毛穴の悩みを抱えている方が多いです。

何をしても毛穴が開いたままで改善策が見つかっていないと言う方は、毛穴引き締め対策では効果は全くありません。

若い頃の毛穴は”毛穴がたるむ”というよりは、洗顔不足や食事の内容が悪いなどの理由で、つまり、若気の至りから毛穴のトラブルになっていることが原因です。

楕円形の毛穴を見つけたら、それはたるみを引き締めるスキンケアに変える時です!

頬に楕円形や涙型の毛穴を見つけたら、顔がたるみ始めたサインですので、もう毛穴のケアではなく本格的アンチエイジングケアの領域”たるみのリフトアップ”に切り替える時期がきたと思ってください

 

この世代になりスキンケアを間違っていると、「毛穴のひらき、毛穴の黒ずみ、毛穴のたるみ」という複数の悩みを抱えている方が多いです。

アンチエイジング対策が必須になるため、顔のたるみを”引き上げ”なければ、改善しないのです。(誤解する方が多い)

改善方法は、毛穴そのものではなく、顔の筋力をアップさせる事が必要です。

 

ですので改善方法は、毛穴そのものではなく、顔の筋力をアップさせる事が必要です。

毛穴のたるみ改善方法!

毛穴のたるみを改善するスキンケア方法

毛穴のたるみを改善したい場合は、クレンジングや洗顔を正しい方法に変えることを前提に、なおかつ、全体を引き締めることが解決策ですから、たるみ対策である最先端成分が効果絶大です。

改善方法は、毛穴そのものではなく、顔の筋力をアップさせる事が必要です。

若い頃の毛穴の悩み(汚れ・黒ずみ)とはちょっと違って(併用している人も)毛穴が下に伸びているようになるのが「毛穴のたるみ」です。

若い頃の毛穴は”毛穴がたるむ”というよりは、洗顔不足や食事の内容が悪いなどの理由で、つまり若気の至りから、毛穴のトラブルになっていることが原因です。

それとは原因が違うため、毛穴のたるみを改善したい場合は、クレンジングや洗顔を正しい方法に変えることを前提に、なおかつ、

毛穴のたるみにケミカルピーリングは効果ある?

ケミカルピーリングはニキビの治療に使うキツイ成分で皮膚の表面を溶かします。
一度や二度くらいなら害はありませんが、何度も繰り返し行うと肌の力がどんどん低下していきます。

毛穴のたるみには効果はありません。

毛穴のたるみを改善するには肌をふっくらさせる!

毛穴がたるんでいる場合、皮膚の内部の弾力とハリとそのさらに奥にある筋肉層を活発化させると、頬がふっくらし毛穴もキュッと元の位置に戻ります。

毛穴のたるみを引き上げるには毛穴ケアよりエイジングケアが正解!

よく別々で考えられる肌のハリと毛穴のたるみのケアは同じ方法です。違いはありません。

ハリがなくなり頬がたるんでくるため、毛穴もたるむのです。

  • ハリがなくなるのは、真皮層の劣化が原因
  • 皮膚がたるむのは、筋肉層劣化が原因

ファンデーションやコンシーラーで、毛穴を埋めようとして厚塗りになってしまっている方は、正しい毛穴のたるみ改善方法で素肌で毛穴レスのお肌になりましょう♪

皮膚の保湿力を高めてさらに弾力を作る

間違ってもオイルマッサージやオイル系(オイル美容液・クリーム・乳液)などに手を出さないことは毛穴を汚さないためにも覚えておいてください。

本当の保湿とは、保水でありオイルでの油分ではないのです。

たるみ毛穴対策化粧品の選び方

あなたがもし、毛穴の開きや毛穴の黒ずみでも悩み、さらに老化による毛穴のたるみや毛穴の下がりの悩みも、持ち合わせているのなら、最新の有効成分を使った「合わせ技」を使うことが効果絶大です。

塗るDMAEは最先端の強力たるみリフトアップ成分でシワも消える♪

最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエが他のビタミンC誘導体と効果が違う理由

 

全体を引き締めることが解決策ですから、最先端成分DMAEが効果絶大です。

毛穴の黒ずみも発症している場合は、最先端成分「APPSとDMAE」をW使いすることが、現在の最先端の「毛穴たるみ・毛穴トラブル」対策になります。

毛穴のたるみで悩んでいる方は、
顔のくすみや毛穴の開きも既に発症しているのではないでしょうか?

これは皮膚のたるみが引き起こす「血行不良」が原因ですのでこれも血行を促進させる作用も併せ持つDMAEが効果します。

毛穴たるみを放置しておくと、毛穴と毛穴が斜めにつながり大きくて太いシワのようにもなっていきますので、そんなことになる前に、しっかり毛穴のたるみを引き上げるスキンケアを取り入れましょう!

毛穴のシミを消し若返る方法

この解決方法は酷いことになる!

*ビオレの剥がすパックやエステの吸引ははっきり言って効果がないどころか、肌の角質に大きなダメージを与えるため、肌がどんどん汚くなっていくんです。(これは皮膚科学界では常識)

ビオレの毛穴パックに代表されるような、”吸引させる”お手入れは、毛穴の汚れが取れている気がして、ひきはがす時に一種の快楽を覚える人も多いはずです。

ですが、こういうお手入れこそが、毛穴を拡張させる(穴を広げる)ため、あとあと後悔することになるんです。

それと毛穴だけではなく、周辺の皮膚にものすごく負担がかかっているためくすみや色素沈着になります。

毛穴の開きは、汚れが吸着しやすいため、メイクや皮脂・垢が落としきれず、炎症が起こりやすくなります。

それはニキビや黒ずみにつながるため、毎日のスキンケアはシンプルに意味のある正しいやり方に変えましょう♪

毛穴の中が黒いのは何?

この正体はシミではなく、毛穴の中が酸化し黒ずむ(くすんでいる)状態です。

身体の中心は皮脂の分泌量が多いゾーンです。
その中でも特に鼻ゾーンとその周辺は毛穴が目立ちやすいため、皮脂が酸化し放置しておくと黒ずむ(酸化)のが原因です。

毛穴の黒ずみ・シミを即効で消す方法!

原因①皮脂のバランス(皮脂の量)

皮脂分泌をコントロールするケアを行う。

オイリー肌の方は、毛穴トラブルが起こりやすいです。

ちなみにオイリーの方は毛穴のくすみだけではなく肌全体もくすみやすいです><

→顔のべたつき(オイリー,てかり,あぶら症)の即効の方法と原因(皮脂分泌過剰)

原因②酸化(皮膚のサビ)

抗酸化ケアを行う。

肌が錆びる!!「酸化・活性酸素」を消すスキンケアとは?

毛穴の黒ずみを消す最先端成分

ビタミンC誘導体のことをご存知の方は多いと思いますが、その種類は数十種以上ありますのでご注意くださいね。

皮脂を抑制し抗酸化力と黒ずみを無色化する力もずば抜けているのが、何度かお伝えしている最先端成分APPSです。

aoos 新型,ビタミンC 誘導体 効果
効果100倍!ビタミンC誘導体の最新型APPSが他のビタミンC誘導体と効果がこんなにも違う理由

薬じゃないのに「真皮層」まで届く希有な成分「新型ビタミンC誘導体apps」 薬じゃないのに表皮を超えて真皮層まで浸透するAPPSは、皮膚細胞間に入り込みその奥の真皮層へ届きます。 「薬じゃないのに真皮 ...

続きを見る

毛穴に関する悩みと解決策は、年代別で違います。
アラフォー以降は、若い時の毛穴のトラブル(イチゴ鼻やみかん肌)を抱えながら、毛穴の老化(頬のたるみ毛穴)の改善も,同時にせねばなりません。

毛穴のたるみを改善したい方へオススメの記事はこちらです♪

>>毛穴のたるみ(涙型毛穴)をキュッと引き上げて毛穴レスにする方法!

30代後半以降は毛穴のたるみをなかなか改善できず悩んでいる方が多いです。
30代後半からは毛穴の開き改善ケアではなく、毛穴のたるみを改善するケアが必要です。

目のクマを消す方法

30代後半40代50代は、クマの症状はたるみによって生じる皮膚の凸凹により影が顔のあちこちにできるためは、クマどころではなくなり、あまり気にならなくなるためです。

クマを消し若返る方法

広がった目のクマの正体は皮膚のたるみです。

十分に睡眠をとっても目の下のクマが取れない場合、目元の皮膚のたるみが原因です。

皮膚のたるみが目の下の影になり、クマに見えているのです。

頬の脂肪は、目の周辺の筋肉を押し上げるようについていますが、
筋力が低下すると、頬の脂肪が下がるのと同時に、目の下に凹みができます。

そこに元々,血流が悪い方や冷え症の場合、
体内の悪い状態の血液が透けて見えてしまっているのです。
その正体が「目のクマ」です。

30代後半以降の目のクマの原因は筋力低下です。

解決策はDMAEをお読みください♪

 

十分に睡眠をとっても目の下のクマが取れない場合、目元のたるみが原因です。

皮膚のたるみが目の下の影になり、クマに見えているのです。

頬の脂肪は、目の周辺の筋肉を押し上げるようについていますが、
筋力が低下すると、頬の脂肪が下がるのと同時に、目の下に凹みができます。

そこに元々,血流が悪い方や冷え症の場合、
体内の悪い状態の血液が透けて見えてしまっているのです。
その正体が「クマ」です。

30代後半以降の目のクマの原因は筋力低下です。

ご存知だと思いますが、目のクマには3つの原因により色が違います。
茶色クマ黒色クマ青色クマです。

自分の目のクマの色が何色かだってわかりますか?
私は正直、目のクマの色はアラフォーアラフィフ世代にとって重要ではないと思っています。

アラフォーアラフィフ世代になると3種類のうちのどれか、ではなく、
3種類のクマの原因全てを持ち合わせている状態になっています。

若い時の目のクマの原因は、血行不良である一択であることが多いです。

目のクマの3種類を知り改善を早める!

皮膚科医などの説明でも、バラバラなのが目のクマの説明です。
「これが本来の目のクマです」というのが、人によって青クマだったり黒クマだったりします。

それよりも目のクマを改善する方法が、「どれか1つ」みたいな説明をする雑誌や情報の多いことが、
目のクマを改善できない偽情報になってしまっているのが問題です。

目の青クマ(血行不良)

  • 冷え性の人に多い
  • うっ血状態
  • 睡眠不足
  • パソコン・スマートホン

顔の表情を作るときにも瞬きするときにも、目はよく動くためそれだけ酷使しています。

身体全体の血液循環が悪くのだが、目の下の皮膚は薄いため血液の状態が見えてしまうため目の下の血液の状態が見えてしまう。
血行が悪い血液の色が見えているため「青い+黒い」

皮膚の薄い人(アトピーなど)は子供の頃から目のクマで悩んでいる方が多い。
アトピー体質は血液循環も悪い方が多いので、「皮膚が薄い+血液の色が悪い」と二重苦のためクマが目立つ場合が多い。

20代までは青クマの原因の対応だけでクマは改善されやすいですが30代以降の目のクマは、全ての対応が必要になると思った方が改善が早いです。

目の茶クマ(色素沈着くすみ)

目をこすったり、アイメイクなど外部刺激により目の周辺の皮膚に色素沈着が起こっている。
アトピーの子供が目をこすることを繰り返し、目の周りが茶色くなっていることが多い。

目の黒クマ(顔の筋力低下)たるみ(下垂)により

  • 目の下まぶたのたるみによる「影」
  • 老化による顔の皮膚の筋力低下

老化だけではなく、無表情でいる時間が毎日続いたり

30代後半と40代50代の目のクマの原因は青・茶・黒全てのクマの原因が重なっている

アラフォーアラフィフ世代の目のクマの改善方法は1つに絞ろうとするから改善しない

目のクマのNG改善方法

目の周りに直接しないこと

マッサージは目のクマの改善はできず色素沈着のリスク!

マッサージはそもそも顔の皮膚にはNGなのに、(知らない方多いですが)
皮膚の薄い目元になんて言語道断。

血行を促進させるためのマッサージだと思いがちですが、
目元周辺だけの血液循環が悪いと勘違いしています。

首の周辺のリンパ節を温めることと軽い有酸素運動で20代までは効果抜群です!

目元専用クリーム

目の周りに子イボがたくさんできるリスクがあります。
血行を促進させる!などの成分含有・・・などだと思いますが、
こういう類のクリームは薄い目の周りの皮膚には刺激が強すぎるのです。

アラフォーアラフィフ世代のクマの改善方法

原因が3つとも当てはまる場合は、以下の改善方法を1つずつ順番に試すか、
目元を早く綺麗に若返らせたい場合は同時に始めても問題はありません。

血行促進させ青クマを改善する

  • 汗をかく運動を週に3回ほど行う(ウォーキング)。
  • 体を動かす気力がない時は、首のリンパをゆっくりおす。
  • 寝るときにアイマスク(ホッカイロを入れ込むアイマスク使っています。)

目のクマと左鎖骨リンパ

上の画像についてですが、まずお目苦しいイラストであることをお詫びいたしますmm

青い線は、静脈になります。
静脈は身体の老廃物を排泄する役割を担っていますが、
その最終地点が(最後にリンパ管に移行する部分)左鎖骨リンパの部分にあるためここにゆっくり圧をかけることにより、身体の老廃物の排泄が促進されるのです。

これだけでは30代後半以降の目のクマは綺麗になりません。

色素沈着を改善させ茶クマを改善する

厚生労働省認定の最先端成分を使う

クマだけではなく目の周りのくすみも一緒に改善できます♪

>>最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエが他のビタミンC誘導体と効果が違う理由

スキンケアで筋力リフトアップ+血行促進で黒クマを改善

最先端成分DMAEを使って、顔の筋力をアップさせおまけに血行も促進し+糖化対策もできる!

>>塗るDMAEは最先端たるみリフトアップ成分でシワも消える♪

まずはメイクでカバーしつつ、素顔でも目のクマがないように根本改善していくことが
肌を綺麗にしながらアンチエイジングできる方法です。

顔のクスミを消し若返る方法

顔のくすみの原因は、3つあります。

肌に明るさや透明感がない状態がくすんでいる肌です。
日本人は黄色人種のため、クスミが目立ちやすい人種です。

くすみ原因①血行不良

運動不足で体の巡りが悪い時や、生理中などの貧血により起こるくすみです。

顔の皮膚は薄いため、体内に流れる血の色が肌色に影響を与えます。

身体のエクササイズを取り入れることは、健康を維持するためにも身体の巡回をよくするためにも必須です。

運動量も適度なのに、血行不良のくすみだと感じる方は、筋肉層の収縮運動低下により、顔だけが血行不良になっている可能性が高いです。

体に皮膚と顔の皮膚は構造と薄さが違うため、顔の皮膚には影ができやすいのです。

運動不足ではない!という場合は、DMAEで収縮活動を活性化させましょう!

肌のクスミで悩む方は、血行を良くするためにマッサージに走りがちなのですが、これが逆に肌のたるみとシワになるのでおすすめはしません。

くすみの原因②色素沈着

肌への摩擦から肌を守ろうとしてメラニンが放出されてしまったことが原因で、メラニンがなかなか排出できないために、肌の色が薄茶色くなったまま元に戻らない状態を色素沈着と呼びます。

もちろん、ゴシゴシと力強く時間をかけたクレンジングや洗顔はNGです。
摩擦やアイメイクなどにより、肌が薄茶色なる「色素沈着」を起こします。

摩擦には注意しましょう!

この色素沈着にも最先端成分APPSがとても良く効きます。

顔のむくみをスッキリさせるにはリンパの流れを促進させる

リンパについてはご説明してまいりましたが、
リンパの流れを促進するためにエステサロンなどで、リンパマッサージとやらを受けるのはオススメしません。

リンパの流れは、ふとしたことですぐに遅くなったり滞ってしまうので
毎日リンパマッサージを受けないといけないということになります。

エステの宣伝が目立つため、まるで1回の背術で今までの老廃物が全てリンパマッサージで排泄できるように感じてしまうのですが、
とんでもない辻褄の合わない話なのです。

逆にリンパというのは、一人で誰でも簡単に流すことができます。

難しいマッサージもなしです。

顔のむくみを消すセルフの簡単ケア

目のクマやくすみ、老廃物が原因のニキビにも効果絶大!

左鎖骨下とわき下をほぐそう!

顔のむくみ改善にマッサージはだめ!

顔の筋肉を痛め、たるみを促進させます。

ますは老廃物の最終出口である左鎖骨リンパをほぐす

マッサージやエクササイズをしてもあんまりスッキリしないという方は、
この大事な大事な左鎖骨リンパをほぐしていないからです。

何をするより、まず一番最初に行うのは左鎖骨リンパ下を開ける(ほぐす)ことから始めなければなりません。

左鎖骨のリンパが滞ると現れる症状

  • 顔のむくみ
  • くすみ
  • 二重アゴ
  • 肩こり
  • 吹き出物
  • 肌荒れ
  • 首が太くなる

などだけではなく、
左鎖骨リンパは身体の一部を覗く全てのリンパが流れてくる最終地点のため、ここが硬く冷えていると、
身体の老廃物がどんどん溜まっていくという、専門的に勉強でもしていない限り、
信じられないくらいの重要な部分なのです。

体中の老廃物がここで渋滞を起こすとパンパンに腫れるような凝っているような感触になります。

おばさんになると鎖骨が見えなくなってしまうのは、
身体の老廃物が排泄されていない証拠なんです。

わき下リンパ

左の鎖骨をほぐしたら、次はわき下もほぐしましょう!
ブラジャーのサイズが小さい方や1〜2サイズ落として胸を盛っている方は、
体に支障が出てきますよ。

腋下リンパ節が詰まると現れる症状

  • 腕からの流れが滞り、二の腕が太くバストも垂れ気味になる。
  • デコルテラインにぶつぶつが現れる。

わき下のほぐし方

ほぐす方の腕を下ろす 反対の手の4指をわき下に下からぐーっと押し込む(爪が長い人注意)
この時、親指は脇の付け根あたりに自然と触れる形になると思いますので同時にその部分も揉み解すと効果アップです。

 

顔のむくみは鎖骨を触るとどのくらいむくんでいるかがわかる!

顔がふっくらしたな〜と感じた時、むくみが原因なのか脂肪がついてしまったのかを見極める必要があります。
顔を触っても脂肪かむくみかを判断するのは難しいのですが、簡単に見分ける方法があります。

顔のむくみは首の下の鎖骨のくぼみでわかる!

顔のむくみを見分ける方法は、鎖骨のくぼみを指で押した時、
指が深く沈むかどうかで簡単にわかります。

鎖骨が深く沈んで柔らかい場合は向くよりも顔が太ったと判断できます。
(後述しますが左側の鎖骨の方がおすすめです)

 

顔のむくみは水分が体の外にうまく排出できないときに起きる

人間は食べて飲むことで、体内の細胞に栄養と酸素と水分を運びます。

余分な水分はリンパで回収され血液に吸収される

リンパは血管と同じで身体中に張り巡らされています。

多くの老廃物は便や尿となり、体外へ排泄されますが、
余分な水分は静脈に吸収されます。

静脈で回収され臓器に渡り尿や便になって体外へ排泄。

静脈で回収しきれなかった水分は、リンパに吸収されます。
リンパの中継地点であるリンパ節がフィルターになり老廃物などを綺麗にして血液に吸収されます。

水分は静脈やリンパ管に吸収されて体外に排出されますが、
リンパの流れが遅すぎるとリンパ管に吸収されず、余分な水分や老廃物などがリンパに滞ってしまうのです。
この時私たちは、「顔パンパンやな〜」とか「足がむくんでるわ」っと感じるのです。

血液とリンパの違い

血液は心臓という強力なポンプ作用によって身体中に押し出されるように流れることができます。

リンパは、心臓のポンプ作用ではなく筋肉の収縮により押し出されて流れているため、
筋力の弱い方は、むくみやすいのです。

リンパは、ふくらはぎに溜まりやすいため足が痛くなったりパンパンに膨らんでしまうのです。

よくふくらはぎは第二の心臓だと言われますが、これはリンパのポンプ作用がふくらはぎの筋肉だからです。

リンパの流れる速度はとっても遅い!だからすぐむくむ!

血液が全身を1周回るためにかかる時間は30~40秒です。
リンパは12時間です。

え?そんなに遅いんだ!って驚きますよね。
ただでさえ遅いのに、ちょっとした運動不足や生理前、体が冷えたりするとさらに遅くなりむくんでしまうのです。
むくんでしまっても、その日のうちに対処すれば、むくみがたまらずいつもスッキリした状態で過ごせるのです

顔の骨格が老化・顔面崖崩れを若返らせる方法をお伝えします

 

顔 骨格 老化 崩 老け顔 対策 方法

骨格の変化:左が20代右が40代

40代になって最近、なんとなく顔の形そのものが変わってきた気がこめかみの凹みと頬が横に広がってきたような・・・
顔の下の方が伸びで首が短くなってきてる・・・
その様な違和感を感じ始めたら、皮膚だけの老化ではなく、実は骨と筋肉も老化が始まっているんです。

 

40代からは”顔の骨格”が変化します!

「骨が痩せて骨格が変わる」というこの医学的事実は、あまりまだ知られていません。

皮膚や血管が老化するというのはわかってるけど
骨や筋肉の老化が皮膚のたるみをより強調させおばさん顔になるのです。

40代に入り骨と筋肉のエイジング対策”も”しないと
皮膚の下にある「筋肉と骨が痩せて」皮膚のボリュームを失うのです。

本当は30代半ばくらいから骨の老化が始待っていますが
まだ皮膚と筋肉で支える力が残ってるので本格おばさん化にはなりません。

もはや顔の老化は肌だけの問題じゃなくて
「骨格と筋肉が劣化」することによって加速するのです

なに!骨?骨なら救いようがないのでは??
たるみなのだから皮膚でしょ?

骨関係ないやん!ときっと思うでしょうが、冒頭で記載したように
こめかみの凹みの深さや頬が幅広くなってきたと思う方には役に立つと思います。

この記事のダイジェスト

どれだけ皮膚をケアしても、その内側にある「筋肉・骨」のケア放置でおばさん顔
顔の骨の萎縮は女性ホルモンのバランス変化が原因
筋肉と骨のエイジングは自力で行えます!

内面は魅力的に年齢を重ねられますが、残念ながら綺麗な老化はありえないのです。
これは、40代を迎えて現実を知った女性ならわかりますよね。

「筋肉と骨」は、普通のスキンケアで改善できませんが自力で簡単に筋肉と骨は若返らせられます。

40代からは女盛りです!オバサンなんて呼ばせては思わせてはいけません!

手当たり次第、流行りのメソッドやエステを試すのを卒業して正しい皮膚と筋肉と骨のを若返らせる自力の方法で人生を取り戻しましょう!

骨格は老化で衰えていく!

身体が骨粗しょう症になったり、筋肉量が減るように、顔の骨にも同じことが起きているんです。

加齢により骨格が変化すると、骨を土台とする皮膚や皮下組織が影響を受け、
皮膚が垂れ下がったり凹凸が形成されたりします。

母親や祖母世代が一回り小柄になったように見えるのはそのためです。
決して気に性でも姿勢が曲がってる訳ではないのです。

もしかしたらあなたも?

写真を撮影した時に顔の大きさに対して肩幅が小さくなっていたら
骨と筋肉の萎縮がはじまっています。

顔の骨や筋肉が老化し始めるとこんな症状が出てきます

顔の骨格が変わる年齢

このような感じで顔の老化は始まっていきます。

  • 40代 顔が凸凹ゴツゴツした印象になっていく
  • 50代 さらに上アゴと下あごが痩せることで歯全体が出っ歯のように見え

顔の褒めの萎縮により“ひょうたん顔”なっていく

骨そのものが縮む(体積が減る 痩せる 引っ込む)のですが
眉骨と頬骨だけは形状が保たれやすいため、おでこと頬との高さに差がつきゴツゴツして
下垂気味の“ひょうたんシルエット”になってしまうんです。

逆に目や鼻の穴部分は広がってい行きます。

こめかみや頬、あごの骨が縮めば、額や頬の皮膚は余ってたるみ、
シワが増え、輪郭がもたつき、
頬ボネとつながっているこめかみの骨が凹むことでごそっと頬が落ちてくる。
こめかみや額、 眉間、 頬、 あご先など、高さがあった部分は萎縮して平坦になる。

こめかみや頬の下部はこけ、眼の下は陥没…その影響は多岐にわたります。

老け顔の原因に骨密度

一般的に骨密度が低下するのは閉経後といわれていますが、頰骨の密度低下は40代から始まっています。

腰椎よりも顔の頰骨のほうが骨密度の減少が早く進むというデータが2012年に、アメリカの美容医療雑誌に発表されました。

骨密度が減ると、骨自体も縮み、皮膚との間に隙間ができます。
隙間ができるとその分皮膚がたるみとなるのです。

顔の下半分は骨密度が少ない部分

こうした骨そのものの変化が、女性ホルモン不足によって起こります。
その原理は、骨粗しょう症と同じです。
顔の骨がプチ骨粗しょう症的な状態になり始めています。

 

効果のない・高リスク美容法 間違いのスキンケア方法 美容方法の間違いあるある

色々な美容法を試している方は、テレビや雑誌や素人主婦さんのブログの影響を受けていませんか?

ほうれい線が早く現れ、眉間のシワ額の横シワも定着し始め、笑った時に頬の下の方や口角の横に線があちこちに表れ、笑顔にも自信がなくなった・・・という方は、肌断食みたいな何もしない美容法や、ハードな運動をする人、または色々な美容法を一生懸命頑張っている方が多いです。

もっと詳しくは、こちらの記事で記載しています。

間違いの美容法、ナチュラリストさんも美意識高い方もやりがちな美容の偽情報

肌断食で老けるシワが増える顔がたるむ原因!

これ、やめた方がいい美容方法です!

雑誌やテレビショッピング等を見ると、

”〇〇の悩みには〇〇専用化粧品!

  • シワ専用美容液
  • シミ専用化粧水
  • 毛穴の黒ずみ洗顔
  • アイクリーム

など、悩み別の対策商品がメーカーの売上を上げるために用意されているのです。
(悩み・症状を、一つ一つ分ける理由は、商品をたくさん売るためです。)

一般の方にとって、テレビや雑誌で流れて来る情報は、耳慣れていて既成の事実になっているため信じてしまいますよね。

美容整形はハイリスクすぎで効果費用が悪すぎ!

あなたが美容整形外科でたるみとシワの悩みでカウンセリングを受けたとします。
その時、「シワはたるみが原因だよ」と、教えてくれたらその美容整形の医師はまだ良心的な方(ほう)です。

但し、美容整形外科医は手術をしてもらわないとお金になりませんから、「シワを引き上げたいのであれば、たるみを引き上げるためにレーザーか糸で引き上げるか、リフトカット施術をオススメします」と言われます。

美容整形でリスクが低く、価格も納得できるのは埋没でやる二重くらいです。

整形崩れって言葉がある

やっぱり人工的に形を作っているので、年齢に関係なく整形した部分は、他の自然なままの部位とは差が生じてきます。
「整形崩れ」で検索してくだされば、いろいろ経験談とか出てくると思います。

効果に対して料金が高すぎ

美容整形のメニューであれば、お金を出しただけ効果が必ずあると思い込んでいませんか?
確かに、切って引っ張って縫い止めるリフトアップ手術(平均50万円)でもすれば、わぁ!!若返った!となると思います。

でも、ハイリスクすぎです。耳の周りに大きな傷跡ががっつりできます。
この傷跡については、絶対に美容外科医の「気にならない程度です」という言葉を信じてはいけません。

リフトアップ手術は、一見価格は高いように見えるけど、注射やレーザーより、コスパやすいよ!という魅力的な言葉を言ってくる医師もいます。
でも結局、メンテナンスで他の施術を必ずすることになりますので、こういう甘い言葉も信じない方がいいと思います。

それと、切って引っ張って縫い止めるという、料金が一番高い手術は、残念なことに元に戻ったという声が多いです。
痛い思いして、傷跡もがっつり残って、大金出して、10年以上は効果が持続してくれなければ、人生狂ってしまうほどしんどいですよ。

糸系リフト

注射より長持ちしそうだし、リフト手術に比べ負担が低いので、これいいじゃない!と糸リフトを選ぶ方が多いのですが、効果が薄いという声が多いです。

顔に糸を入れると、仮に溶けるものでも、のちのちスジが残ったり、顔の左右差が出来てしまうようなこともよく聞きます。

レーザー系は30代後半以降は気休めの効果にしかならない

新しい機器が出てくるたびに価格は、30万くらいに設定されます。
30代前半までは、効果を感じれるレーザー系は、40代にもなれば、びっくりするくらい効果が見られません。

お金に余裕のある方は、予防くらいの気持ちでお受けになった方がいいと思います

シミ消し系のレーザー

レーザーでシミ消ししても、膨大な数のシミ予備軍は照射できないため、数回/年を永遠に照射する必要があります。

美容整形は不自然に見える

昔と違って、男性にも整形したかどうかがわかってしまう時代です。
整形をしたら、整形をしたことを忘れてしまうし、自分の顔を客観的になかなか見ることって難しいので不自然になっていることに気づきにくいのですが、
人間の目は、人工物と自然なもの見分ける力があるので、誰も言ってこないけど、気づかれているものです。

注射系

結構知られていますが、ヒアルロン酸を注射した部分は膨らむので、そこの皮膚は伸びます。顎とか伸びるので顔が縦長になりますよ。

ボトックス・ヒアルロン酸などの注射は医師の腕に関係なく、顔がパンパンに膨張し笑うと苦笑いのようになります。
芸能人とかで注射系をしている人は、やっぱりわかってしまいますよね。

ヒアルロン酸を入れると、横から見ると顔が新幹線のようになると言われています。

広瀬香美さんとか。
有名女優さんでも顔は突っ張りまくってるのに、首がシワシワな人とかです。

目の切開手術

切開してしまうと、はっきりしますが、切開した部分はがっつり傷が残ります。
目も引きつってる感じに見え、何より目を閉じた時に二重の切開した部分の食い込みが他人から見れば、すぐに整形したとわかります。

体への負担

40歳過ぎたら、どんな手術であっても命懸けになります。
体にどれほど負担になるか、身にしみて分かってくるもんです。

陥ること

整形した人は整形したことを忘れてしまうという心理が働きます。
他人からすれば、整形したな!と気づかれるのがほとんどなのに、本人は整形した人を批判するという、信頼を失ってしまうことをやってしまいがちです。

この美容整形はいいと思う

埋没二重なら、やり直しができるし価格もべらぼうに高くないので、ここまでは本人が望むのであれば、OKな範囲だと思います。

たるみ改善方法

スキンケアで皮膚を引き上げようとしても、皮膚や皮下組織が軟弱な状態だと、しっかりと引き上げることができません。
まずは筋肉と骨格を対策し土台作りをした上でスキンケアを効果が出やすいと思います。

皮膚だけじゃない、40代からのたるみの3つの原因とは?

お顔の老化は、皮膚だけに起きているものと思われがちですが、実は骨格や筋肉などお顔全体の組織の構造が、加齢によって立体的にバランスを崩すことで起きています

たるみの原因は大きく分けて3つ。骨・筋肉・皮膚の老化が原因です。

たるみ改善といえば皮膚のスキンケアだけに注目しがちですが、皮膚はたった数ミリととても薄いもので40代になると皮膚の下にある筋肉と骨も老化するため一気に老け感が進むのです。

30代とは違い、皮膚がたるむというより崩れるような状態になります。

老化は皮膚だけではなく筋肉や骨などの組織が萎縮してアンバランスになることなのです。

肌の弾力をアップする成分

エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸を増やす方法!塗っても飲んでも効果ない!線維芽細胞を増やそう!

  • 痩せ衰えた肌をふっくらボリュームアップ
  • 若々しいハリを与える、しぼんだ肌の救世主

筋肉を若返らせる方法

皮膚が老化することはわかっているけど、筋肉も老化するのを知らないという方多いです。

筋力がつけばその上に位置する脂肪層と皮膚を支えることができ、皮膚の表面に揺らぎ(たるみ)が消せます。

筋肉層を鍛える成分

DMAEは最先端の強力たるみリフトアップ成分でシワも消える♪

化粧品でここまでできる時代が来た!と、話題騒然の成分です。。
肌の土台である筋肉にアプローチができる最先端成分。

肌もろともしっかり引き上げ、輪郭を再形成。
こめかみや頬のへこみ、自分の顔を見て“何かが違う”と感じたら、ぜひ取り入れよう。

あなたの美容法は偏っていませんか?

よろしければお試しくださ〜い‬(..◜ᴗ◝..)

1ヶ月の美容代がぐーんッとお安くなりますよ♪

私が実践し提唱している「美容法」は、”バランスよく”ということを大黒柱に置いています。

スキンケアアイテムが負担になる成分で構成されていれば、活性酸素を増やしたり、肌に刺激となりスキンケアの効果が半減されます。

スキンケアはオーガニック、天然成分でケアしましょう♪

*必要な添加物もあることを忘れないで!!

医学的にも効果がある成分を入れないと「老化対策」なんてただの気休めです。

これだけは!という成分は取り入れ、他のスキンケアやメイクは肌に負担のないものにしています。

※いま使っている商品は捨てずに、旅行用などに保管して一つずつ変えていきましょう!

-40代50代が整形せずに若返る美容術

Copyright © 美活応援.com , All Rights Reserved.