若返ることができる美容法(アラフォー アラフィフ専用)

40代50代のたるみ・シワ・しみ・毛穴を消す・引き上げる即効アンチエイジング美容情報!




記事の情報がお役にたてば、ポチッとしていただくと励みになります♪ (Facebookアカウントをお持ちの方のみです)

シワ・たるみ

30代後半40代50代の顔のたるみをリフトアップし若返る方法♪

投稿日:2019年10月5日 更新日:

30代 顔 たるみ 老化とは皮膚内部にある成分が減ることで起こります。
ですから、その成分を補っていかねばなりません。
それをアンチエイジングと言います。

目次(クリックすると飛べます)

肌内部で足りなくなった物質を補強しなければならない!

正しいエイジングケをしなければ、30代中頃から始まる本格的な顔の劣化を改善できません。

老化は徐々にやってくると油断していたのに、予想以上に老化が早くてショックを受けている女性のために、
正しい肌老化を改善する美容法をお伝えいたします。

顔が急激に劣化する原因

顔が急に老ける原因で一番多いのは、
肌の表面の水分低下と、肌の奥にある真皮層で肌の弾力やツヤを作り出しているエラスチンやコラーゲンの分泌量が減少してしまうのが原因です。

エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸は塗っても飲んでも効果ない!!

さらに40代50代では真皮層より奥にある筋肉層(皮膚の土台)の活動が低下するので、輪郭や頬がガクン!とたるんでしまいます。

老けやすい女性

同世代の女性よりもほうれい線が早く現れ、眉間のシワ額の横シワも定着し始め、
笑った時に頬の下の方や口角の横に線があちこちに現れて,笑顔にも自信がなくなった・・・という方は、

肌断食みたいに何もしない美容法や、ハードな運動をする人、または色々な美容法を一生懸命頑張っている方が多いです。

色々な美容方法を試している方は、
テレビや雑誌や素人主婦さんのブログの影響を受けていませんか?

>>実は効果なし!超有名な間違いの美容法リスト!騙されないために知っておく♪

急に老けを感じる年齢

顔の劣化は個人差はあるものの35歳と40歳くらいで一気に老けが進みます。
35歳前後で輪郭や頬が下がり始めるため、いきなりほうれい線が目立つようになり、
40歳前後でゴルゴラインや口横のマリオネットラインと呼ばれる深いシワが目立つようになります。

ほうれい線とマリオネットラインがつながり始めると、
子供や若い人たちから”おばちゃん”と呼ばれててしまうようになります><fz

30代後半40代50代顔のたるみリフトアップ若返る方法 とは?

ある日を境に急に「あれ、顔の皮膚がたるんでる!?」ことに気づき、色々化粧品を変えてみたり、マッサージや美容機器を試してみたけども、元に戻せない状況になっていませんか?

たるみ予防法とたるみ解消方法は違います。

予防法では、たるんでしまった皮膚を元に戻すことはできません。
でもほとんどの美容法は「予防法」を解決法みたいに発信しています。
そんなガセ方法に惑わされず最新皮膚科学に基づいた「元に戻す美容法」を取り入れて若返りましょう♪

ここに注目

  1. 30代後半40代50代のたるみの原因は、乾燥やむくみが原因ではなく真皮層の物質の減少と筋肉層の劣化が原因
  2. 30代後半40代50代の顔のたるみを元に戻すには減少した物質を補い筋肉層を活性化させる
  3. 肌トラブル(ニキビや赤み毛穴汚れなど)は表皮層の問題で老化ではない

真皮層と筋肉層については後述しております。
たるみを引き上げるには重要なポイントです。

  • 真皮層のエラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸は30代後半から激減する
  • 真皮層の線維芽細胞に注目!
  • 筋肉層と真皮層に効く若返るスキンケアとは?

この方法には注意

目元や頬専用リフトアップ美容液などの専用化粧品は、メーカーさんが化粧品をできる限り多く売るためのハッタリで、皮膚のたるみを引き上げる皮膚科学の裏づけがある成分を使うことと、スキンケアの手順ややり方が本当に間違えがないことを確認することです。

エステや美顔器も含むマッサージは皮膚をたるませる原因になっています。

30代後半40代50代顔のたるみリフトアップし若返る方法に関する「アンケート結果」

以前、読者様にアンケートのご協力をお願いしたことがありました。

「いつ頃老化のサインを感じたのか?」という問いに関して、
20代の方は、「目の下のクマ」を気にしている方が7割以上に対し、
30代中盤以降の方は、ほうれい線、フェイスラインのたるみ、毛穴のたるみなど、全顔の皮膚のたるみが原因で生じる老化の症状が気になるとの返答が多かったです。

30代後半40代50代は、クマの症状はたるみによって生じる皮膚の凸凹により影が顔のあちこちにできるためは、クマどころではなくなり、あまり気にならなくなるためです。

シミとは違い、たるみは深いシワや影、凸凹感を作りシミを引き伸ばして大きく見せてしまうという、全ての顔の老化原因と言っても過言ではないため、
顔の老化症状でお悩みの方は、ピンポイントスキンケアではなくたるみ対策を取り入れてみること一度試されてはいかがでしょうか?

30代後半40代50代顔のたるみの放置は顔の老化症状のほとんどの原因になっていること!

40代 50代 たるみ 引き上げる 

  • 25歳からコラーゲンが減少する少し頬などふっくらしてくる
  • 30歳〜口輪筋、笑筋が衰え始め口角が下がりほうれい線が目立つ
  • 40歳 頬全体が下がり始め首のシワが目立つようになる
  • 50歳 さらに頬全体が下がry。広顎筋が弱くなり首がたるみ二重アゴやシワが目立つようになる
  • 60歳 全体の表情筋の衰えが更に進み、たるみシワが目立ち、リンパの流れも悪くなるため肌全体がくすむ。

顔のたるみが原因で現れる他の老化症状

たるみという症状は見えにくいため、多くの方はシワや毛穴のケアばかり一生懸命やってしまうのです。

本格的なおばちゃん顔になってしまう原因は、皮膚の土台(筋肉層)が弱まることによることで、次のような老化の症状が芋づる式のようにどんどん現れます。

  • フェイスラインのたるみ、二重顎
  • 頬が緩むことでブルドッグ顏のようになる
  • 顔の輪郭が緩み、顔が一回り大きく成る(放置しておくと)
  • 顔の皮膚が下方に集まるので首にシワができる
  • 顔が縦長になる
  • 頬の毛穴が縦に長くなる
  • ほうれいせんが深くなり顔立ちが暗くなる
  • 口角が下がる
  • 毛穴たるみ・下がりは毛穴ケアではない!
  • 目元のたるみ 目の上の肉がたるむため腫れぼったくなったり、二重の幅が狭くなる 目尻が下がり 目の下のクマが広くなる
  • まゆを上げた時におでこの横シワが深くなる
  • 皮膚が緩み凸凹することで影ができてくすんでいるように見えます

30代後半40代50代は顔のたるみを放置するとどうなるの?リフトアップし若返る方法♪

40代 50代 たるみ 引き上げる 

まず大まかにお伝えします。部分的なことは後述しています。

笑った時の顔の表情が怖くなる

こめかみや頬骨の下が凹み、骨格のアラが出てくるため、顔に影ができ表情が暗く見えてきます。

たるみにより目の下もくぼんでシワもでき、影が生じてクマが広がって見えます。

顔の中心なども凸凹してくるため、あちこちくすんでいるように見えます。

ブルドッグ顔ブルドッグ=老け顔・たるんだ顔

顔のたるみを放置しておくと、1番恐いのが、おばちゃん顔の象徴であるブルドック顔になることです><

あらゆるシワとシワが繋がり、頬のたるみも日に日に下がっていくため、ブルドッグ顔のようになってしまう方が多いです。

顔の輪郭がふやけたようになって下がり、ブルドッグ顔のような頬になり、顔が一回り大きくなるため首も短くなったようになります。

ゴルゴ線(目の下)や眉間のシワ、さらにすすむと、マリオネット線(口の横)、おでこの横シワ、そして首のシワが表れます。

ゴルゴラインが目立ち始め、ほうれい線と並びます。

そのため、↑深いシワが目の下と鼻の横に斜めに2本あらわれます。(ゴルゴ線とほうれい線の間の皮膚は、凹んでいるように見えます。)

身体のシルエットが丸くなる(おばさん体型)

顔のたるみは、顔に影を作って顔全体を暗くし、顔の下半分を膨張させ、縦・横と様々な「線」を作らせてたるんだ顔の皮膚が首に下がるため、
首も太く短くなり深いシワができ、体全体のシルエットもおばちゃん化させてしまうのです。

肩が丸くなるのもこのせいです。

 

ここから具体的にお伝えしていきます。

30代後半40代50代 顔のたるみ今どれくらいやばいレベル?リフトアップし若返る方法♪

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法

5年前、3年前の写真と今の顔の写真を比べてみたりしますか?
口角を上げるとシワの本数や深さに変化が見られますよね。

顔のたるみを放置しておくと、顔の形自体が変わってきます。
「昔は美人だったのに・・・」と言われる人は、顔の輪郭の変化によるものが大きいです。

顔がたるんでくると、顔を横向きで撮影した時、フェイスラインが緩んでいたり、首が短くなっていたり変化が始まります。
体重はさほど変わらない人でも、顔の形が少し大きくなり始め(膨張)、こめかみが凹んで、頬が大きくなったような?なんかいびつな形に見えてきます。

具体的に以下のような変化が生じてきます。

顔のたるみの進み具合を顔の症状で表しています。

 

「たるみ」は、なかなか目に見えにくい症状ですが、シワがどこにできているのかで、たるみレベルが判断できます。

骨格の違いにより多少前後しますが、たるみを放置していると、たるみによりできた別々だったシワがつながり、さらには凸凹があちこちにあらわれるようになります。
頬のたるみが酷くなると、ブルドック顔になります。(後述)

※たるみレベル①〜⑩はどんどん増えて行き、さらに下方で説明している”これもたるみ?”という、一見たるみとは関係なさそうな症状もでてきます。

たるみレベル①ほうれい線

ほうれい線は、顔がたるみ始めたよ!というサインです。

この時、フェイスラインもたるみが始まっていますが、むくみかな〜?太ったかな?と感違いしてしまうのでダイエットに走ってしまいがちです><

骨のないほほ部分は、頬の脂肪が下垂してそのままたるみに繋がってしまう部位です。
この頬のたるみの境界線がほうれい線であり、頬のたるみ程度が大きいほど深くなります。

面積が広い頬の皮膚が少しでもたるむと、鼻の皮膚は逆にたるみにくいため皮膚同士の反発により溝ができます。

 

※ほうれい線が10代の時の頃から既にある方は、頬がたるみやすい(皮膚が人より柔らかい)傾向のため、体重が増えすぎたりむくまない様に注意が必要です。

たるみレベル②顔の輪郭・ファイスラインのゆるみ 二重アゴ

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法

フェイスライン・頬・顎周辺のたるみは、先述した骨格の影響と表情圧により、シワも発生させるため、急激に見た目の老け感を感じさせます。

顔全体のたるみのしわ寄せがきてしまうのがフェイスライン。
硬いものを食べない食生活や猫背、肥満もファイスラインにたるみや二重アゴの原因になります。

顎先から耳下にかけての顔の輪郭の部分がふやける様になってくると、顔のむくみではなく顔のたるみであるサインです。

※むくみの場合はふやけるというより、頬全体がパーンとはり目も腫れぼったくなるためふやけるという症状はありません。

たるみレベル③目元・目の周り

目元のたるみのサインは、アイラインやアイシャドウが描きにくくなってきたな〜と感じた時が始まりのサインです。

たるみによってできる目元の初期症状は、笑うと目尻にシワができる程度なのですが、たるみレベルが高くなると、別人に思えるほど目元が変化します。

顔のたるみによりまぶたの重みを支える上瞼の筋肉が、伸びたり脂肪が減少することで、まぶたが垂れ下がっていく。

※目をこする習慣やコンタクトレンズの長期使用によっても筋肉が劣化してしまうため、コンタクトレンズの使用時間は少しずつ減らしていきましょう。

マッサージはNG部位です。

目の下のたるみ

2種類ある

一つ目は、真皮層の大事なコラーゲンやエラスチン・コラーゲンなどが減少することによる目の下の凹み。
皮膚がもっとも薄い部分になるため、弾力の低下が目立ちやすいのです。

2つ目は、目の周りの筋肉が衰えると眼球を支える靭帯が緩むことで脂肪が前に押し出されてしまう。(これが目袋)
もちろん目の下の瞼も下がるため、クマが広がります。

涙袋は目元が可愛く若く見えるので大歓迎ですが、目袋は顔の形相さえも変えてしまうので改善が必要ですね。

目尻

笑うと目尻から髪の生え際に向かってシワが放射線状のように広がります。

この症状に対し「シワができた!」と勘違いする方が多いのですが、おでこの皮膚がたるんで下に下がっているのに、笑うと頬の肉が上に上がってくるので一気に皮膚が集まり、弾力性も落ちているため溝=シワができることが原因です。

試しにおでこを手で持ち上げて笑って見てください。シワは消えますよね?

眉尻は気づきにくいかもしれませんが、少しずつ下がってきます。
そのため、きつめのお顔立ちの方は優しい印象になるかもしれません。もちろん同時に目尻も下がっています。

目の形自体に変化が!

頭皮とおでこのたるみが目元に押し寄せますので、二重の幅が狭くなり、目の輝きが少しずつ失われて行きます。
(鏡を見るときに少し斜めから目元をみて見ると、以前との違いに気づくかもしれません。)

たるみレベル③首のシワ

もともと皮膚が薄くたるみやすい部位。
顔がたるむとその重みで首に顔の部分の皮膚が押し寄せてしまうため、顔の頬の引き締めが必要です。

目元同様薄い部分なのでマッサージはしないほうがベターです。

たるみにより頬の皮膚が首に下がってくるため人によって、2〜3本首にシワができます。

たるみレベル④ゴルゴライン

目の周りの皮膚と、頬の皮膚が反発仕合うため溝ができます。
骨格により目立つ方と目立ちにくい方に分かれます。
30代中頃から現れやすく、笑ったときに鼻と目のクロスする部分が陥没している様にも見えます。

ゴルゴラインが目立ち始めると、ほうれい線と並ぶようにできるため、深いシワが2本、顔の真ん中に現れます。
(ゴルゴ線とほうれい線の間の皮膚は凹んでいるように見えますよね)

たるみレベル⑤口元・口角・マリオネットライン

口元のたるみは頬肉が下がり口に元にその皮膚がかぶさるため、たるみがすすむと口元の筋肉と頬の筋肉には境目があるためにブルドッグのように見えてしまいます。

口元がこんもりする(50代以降)

50代以降になると、上アゴと下顎が痩せることで歯の全体が出っ張ったように見えます。(受け口や出っ歯に見えてくる)

唇がしぼんだり唇にシワが増えはじめおばあちゃん顔になっていきます。

たるみレベル⑦毛穴のたるみ

筋肉層の劣化により頬の肉が下がるため毛穴も一緒に下に引っ張られて毛穴が楕円状になる。こうなると毛穴ケアでは毛穴は解消しません。

毛穴がたるむ、広がるなどで目立ってきたなぁ〜と感じ始めたら、毛穴の対策ではなく頬のたるみ引き締めケアです。

たるみレベル⑧眉間

40代に入ると頭皮もたるみ始めます。そのたるみがおでこの皮膚に負担がかかり始めることと重なり、
眉間にしわを寄せるような表情を繰り返し行っていると、眉間にしわとして定着してしまうことが原因です。

眉間は縦のシワは自分でも気づきやすいのですが、以外に横シワも薄っすらできている方が多いです。

たるみレベル⑨おでこ(額)

おでこ(ひたい)のたるみはあまり気づきにくい部分です。

眉をあげるとシワが現れた時や、細かい横シワができるとおでこのたるみが始まったサインです。

おでこの皮膚がたるむ眉もたるむのですが、これはなかなか気づきにくいですよね(汗)

頭皮のたるみもおでこにのっかてくるため、たるみレベルが高くなると、目元におでこのたるみの分もしわ寄せがきます。

たるみレベル⑩鼻

笑うと小鼻が横に伸びますので一気におばちゃん顔になってしまいます><

鼻が西洋人のように高い方は、50代になると魔女顔に見えるという特徴があります。

たるみレベル11体のシルエットの変化

頬の皮膚が下がることで顔が一回り以上大きくなり首も短くなったように感じます。(身体のシルエットに影響を与えます)
鎖骨から胸元にかけても顔の皮膚がたまりますので、丸みを帯び始めます。
こうなると、丸首のトップスを着ると、おばちゃんっぽく見えますので要注意!

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げないと消えない老化症状

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法

顔の皮膚のたるみはどんな老化を作り出しているの?

①たるみが原因でできるシワの種類

深いシワとは?

  • ほうれい線
  • 口周りのシワ
  • ゴルゴライン
  • マリオネットライン
  • 眉をあげるとできる額の横シワ

など

「初期(浅め)のシワや軽いたるみ」の原因は、実は紫外線の刺激です。

紫外線画像

ちなみに浅いシワとは、ちりめんジワのような30代前半くらいまでにできるシワをさします。

紫外線は活性酸素を発生させるため恐ろしい刺激なんです。

紫外線を浴びると真皮層にまで簡単に通過してしまうため、活性酸素によってコラーゲンやエラスチンを破壊します。
そのため弾力とハリが低下し、軽いシワになります。
コラーゲンとエラスチンとヒアルロン酸は皮膚の真皮層という部分で、線維芽細胞から分泌されていますが、
これらが、紫外線の刺激により分泌できなくなったり、破壊されたりするため皮膚は、浅いシワや軽度のたるみができるのです。

農家の方やサーファーが実年齢よりも老けて見えるのはこれが原因です。
そこへ筋力低下も伴うと,「深いシワ」になります。
軽いシワができる原因は紫外線によりハリを作り出す真皮層がダメージを受けるから!

真皮層については後述しています。

たるみでシワができることを今すぐ誰でも知れる方法!

まずは,ポニーテール(ショートの方は手で)をしてください(^人^)
フェイスライン・シワ・毛穴たるみ・ほうれい線などに変化は見られますか?

ほとんどの方はピーン!っと顔が引き上がり,要らない「線」も薄く消えたり、毛穴たるみも通常の「・」に戻りますよね?
一般の方は「ほうれい線」「シワ」「毛穴たるみ」を、一つ一つ別々の悩みだと考えてしまいがちですが,
それら全ての大元の原因は、筋肉層が衰えることで、頬の皮膚がたるみだし、シワ・毛穴たるみが表われるのです。

シワの原因がたるみだとなぜ多くの人は知らないのか?

「この頬のシワはたるみが原因だわ!」と、一般の方が皮膚理論にまで結びつけることは難しいと思います。

笑ったときや困った顔などの表情が動いたときに、目立ったり、あらわれたりするシワがほとんどなので、自分ではなかなか気づけません。

皮膚のたるみに自分の目で気づくのは、フェイスライン(顔の輪郭)のゆるみくらいです。

深いシワの消し方は、シワそのものを消そうとしても消えません。なぜなら、シワの正体は表情を動かした時にできる皮膚の境目にできる溝だからです。

真皮層と筋肉層の劣化により、皮膚の土台がグラグラし顔の皮膚のたるみがどんどん進み、顔の筋肉には境目があるため、その境目がシワになるのです。

これは皮膚の理論を知っていれば当たり前のことなのですが、シワはシワの原因を別にした方が、専用の化粧品やグッズを売り出すことができるので、美容業界にとって好都合なんです。

 

このページは「たるみを消す方法」についてですので、シワの詳細はこちらで記載しております。

顔のシワを消して若返る最先端美容法2019

②毛穴たるみ・毛穴目立ち

たるみによる”たるみ毛穴”これが30代後半からは原因

楕円形の毛穴を見つけたら、それはたるみを引き締めるスキンケアに変える時です!
毛穴のケアではありません。

頬に楕円形や涙型の毛穴を見つけたら、顔がたるみ始めたサインですので、
もう毛穴のケアではなく本格的アンチエイジングケアの領域”たるみのリフトアップ”に切り替える時期がきたと思ってください。

③くすみはたるみの原因です!

50代の顔のたるみはシワが深くなり艶も奪ってしまう

くすみになる原因①

筋肉層が衰え始めると、血行不良になりやすいため「くすみ」になります。

これは、筋肉層の収縮活動が弱まるのが理由。

顔が汚れているわけではありませんので、ピーリングなどを行なっても効果はないです。

くすみになる原因②

皮膚のたるみにより顔に凹凸ができるため顔の様々な部分に影ができてしまうためくすんでいるように見えます。

④乾燥やむくみが原因のたるみは20代まで限定の理由!

ちなみに、乾燥や体重の増加やむくみがたるみの原因の一つだと、雑誌などで取り上げられていますが、それは30代前半までの、軽いたるみの原因でしかないため、残念ですが、アラフォー世代以降はそのような甘い理由ではないのです><

30代後半40代50代顔のたるみ 顔がたるむメカニズム リフトアップし若返る方法♪

30代後半になると、皮膚に何が起こるでしょうか?

実は、30代後半になると肌の内側が急激に変化します!

画像の説明♪


画像の一番上が皮膚の表面で表皮層と呼びます。その奥が「真皮層」という部分で目では見えません。さらに奥は筋肉そうです。

肌の表面とはどこのこと?


肌の表面とは、私たちの目で見えて触れることができる部分です。
この表面の部分のお手入れを間違えると、ニキビ・浅いシワ・くすみなど若い世代の時によく悩んだ症状が現れます。

表面のお手入れとは?


ベーシックスキンケアのことを指し、クレンジング・洗顔・ジェルのことです。

  1. 34歳くらいから新陳代謝が悪くなるため、
    保湿力が衰え乾燥を感じることが増える
    (ケガが治る時間が遅くなるのはこれが理由)
  2. 角質が剥がれ落ちるまでの期間が長くなり、
    皮膚がごわつき出す(皮膚が厚くなる)
    (新陳代謝が遅くなるのが原因)
  3. 皮膚に弾力を与えてハリを出す物質の分泌が減少する
    (真皮層のコラーゲン・エラスチンのこと)
  4. 皮下脂肪が減少しクッションの役割をしなくなる
    (無理なダイエットなどをして顔の頬がげっそりしたような状態になる)
  5. 筋肉層が衰え皮膚全体がゆるむ
    (皮膚の土台である筋肉層)

1〜3までは、軽いたるみ(浅いシワやほうれい線など)としてあらわれます。
4は、体重の増減により変化する部分です。

5になると、たるみの症状により頬やフェイスラインのたるみがあらわれます

↑これが顔のたるみが進んで行く過程ですが、
顔の皮膚は、身体の皮膚とは構造が少し違うため、たるむスピードが早いのです。

真皮層と筋肉層の劣化が顔の老化の原因ですが
顔全体のたるみの原因は、この「筋肉層」が加齢によって弱くなり筋肉が骨から剥がれることに始まります。

皮膚はその筋肉とくっついていますので,引っ張られるようにしてしてたるむのです。

皮膚は一番外側が表皮で,その奥に真皮があります。
さらにその真皮の奥に脂肪層がありその奥に「筋肉層」があります。
顔のたるみは皮膚だけの症状と思われがちですが、筋肉の劣化と真皮層の劣化が原因なのです。

30代中頃からの顔のたるみが進んでいく時、皮膚内部で何が起きているのでしょうか?

30代後半の顔のたるみ(アラフォー手前世代)

30代前半になると、「顔がたるんできたわ〜><」と、何度か”やばいな〜”と思ったことがあると思いますが、
本格的なたるみで大きなショックをするのは、30代中頃(34歳〜37歳)になってからです。

30代前半までに感じていた顔のたるみは、まだどこかで”こんなものか〜”と余裕がありましたよね・・・(汗)
ある日、フェイスラインのが緩んできたことに気づき、これが「本当の顔のたるみ」ってやつなんだ!と、ショックを受けます。

女性の肌がたるみやすい理由は、まず初期のたるみは、弾力を生み出す物質が減少することから始まり、その後筋肉の活動が低下することが原因です。

この2つの大きな要因により皮膚にたるみが生じます。
そこに、個人で差で糖化や骨の原因、喫煙・アルコールの摂取や、太っていた人がダイエットで激ヤセした場合は、脂肪層の厚みが薄くなるためたるみが強く出てしまいます。

30代の顔のたるみの特徴

35歳くらいから顔のたるみが原因で現れる他の症状

  • ほほの毛穴が縦に長くなる
  • 目の下のクマが広くなる
  • ほうれいせんが現れる
  • 口角が下がる
  • 顔の輪郭が緩み、顔が一回り大きく成る(ちょっとひどい場合)

以上の症状が現れる理由は、皮膚がたるむことで様々な部位に影や凸凹が現れるためです。

もし、あなたのたるみの症状がもっと進んでいる場合は、
こちらの記事をご参考にされてください。

30代の顔たるみの原因

30代のたるみは真皮層のコラーゲン・エラスチンの減少が大きな原因

30代後半になると、表皮層の奥にある真皮層という”コラーゲンやエラスチン”が分泌されている部分が劣化するため、
徐々にほうれい線が深くなり、肌のツヤはハリも少しずつなくなってくるのを感じるようになります。

コラーゲン・エラスチンは肌の弾力だけではなく水分保持も担っているためツヤ感もなくなってしまうのです。

真皮は表皮と違って生まれ変わることができないため、しっかり分泌力をあげないといけません。

コラーゲンやエラスチンなどの化粧品やサプリメントは別で購入する必要はありません

真皮層の物質を自力で増やす最先端美容成分についてはこちらで記載しています。

エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸・プロテオグリカンは塗っても飲んでも効果はゼロ!

30歳〜33歳の初期たるみは小じわ・ちりめんジワとして現れる

まだ小じわ(乾燥が原因)で、本格老化ではないです。
表面の水分不足が原因です。

この年代は、体質も含めた肌や頭皮の変化が急に始まります。

痒くなったり、吹き出物ができやすくなり、いわゆるトラブル肌になる方が多いです。
*化粧品ジプシーが始まる。

皮膚細胞と皮膚細胞の間に隙間ができ始めるため、皮膚内の水分が蒸発しやすく、
そのため、バリア機能も弱まるから荒れやすくなるし、化粧品がしみやすい。

ここでクリームとかオイル系の化粧品を勧められことが多いですが、
これが大きな間違いです。

油膜はさらに皮膚を乾燥させるし、
毛穴をふさぎ吹き出物が出るというお決まりのパターンを迎えます。

30歳〜30代中頃までのたるみ改善方法

  • 正しいクレンジング
  • 洗顔
  • apps(ビタミンc誘導体の最新型)

で十分です。

APPSはシミにもくすみにも効果が高いと有名で厚生労働省認定成分です。(商品名ではありません)

APPS

20代までの顔のたるみの原因

20代までは表面のベーシックスキンケア(汚れを落とす、適度な保湿)を正しく行うことで、
十分肌は綺麗さを保つことができるので、余計なことをする必要はありません。

肌の内部の劣化が徐々に始まっていくのが
「老化」です。少しずつ奥深に向かい劣化が進んでいきます。

この内部劣化のスピードをいかに緩やかに食い止めることができるかが
見た目の若々しさを保つことに直結しています。

20代までの顔がたるむ原因(30台後半からは、原因がまったく違います!)

むくみ=リンパのつまり

*「むくみが原因ですね〜」と、エステティシャンに言われリンパのマッサージを受けても
改善しなかった・・・という方も多いとおもいますが・・・

むくみが原因だと、思い込むことの怖さに、
”マッサージをやりすぎる”ということにつながることです。

乾燥
*乾燥対策をすることは大事ですが、そこまでたるみが引き締まることにはなりません。

40代50代のたるみの原因

近年は環境汚染・加工食品の販売数増加・ITの進歩などにより老化のスピードが速くなり、皮膚年齢(見た目年齢)が実年齢よりも高い女性が増えています。

たるみの原因を年代別に合わせた症状に分けていますが、
生活習慣やスキンケアのやり方で老化のスピードは大きく差が出ますので症状を優先して解決策を実行していただければと思います。

  • 表皮の新陳代謝低下
  • 真皮層の劣化(コラーゲン・エラスチン)
  • 筋肉層の収縮力の低下

皮膚+筋肉の3つの部分の劣化により、皮膚の土台がグラグラし顔の皮膚のたるみがどんどん進み、
顔の筋肉には境目があるため、その境目がシワになるのです。

一番下の赤い色の部分が「筋肉層」です。
皮膚が独自でピーンと張っているのではなく、皮膚の土台である筋肉層がどっしりしていることで、皮膚の表面にハリを出させているのです。

顔全体の皮膚のたるみを引き締めるには、筋肉層に働きかける成分”でなければ、塗っても塗っても、潤う程度の効果しかありません。

顔のたるみを引き上げ若返るには表皮層と真皮層と筋肉層に効果するかどうかが重要!

皮膚は一番外側が表皮で,その奥に真皮があります。
さらにその真皮の奥に脂肪層があり,ここまでが「皮膚」です。

そして、その奥に「筋肉層」があります。
顔のたるみの原因は,この「筋肉層」が加齢によって弱くなり,筋肉が骨から剥がれることに始まります。

軽いたるみの原因は真皮層の劣化です。

みなさんがよくご存知のコラーゲンやエラスチンは真皮層という皮膚の部分で分泌されています。
その真皮層のエラスチン・コラーゲンが減少することでハリがなくなるため、軽いたるみとなります。

深いたるみの原因は筋肉層の劣化です。

筋肉層が加齢によって弱くなり,筋肉が骨から剥がれることに始まります。
皮膚はその筋肉とくっついていますので,引っ張られるようにしてしてたるむのです。

たるみを促進させる酸性(活性酸素)と糖化

酸化を消して細胞を若返らせる対策!

糖化(メイラード反応)でできる老化促進物質AGEを除去・抑制・予防しよう!

30代後半40代50代顔のたるみ最先端のリフトアップスキンケア方法

30代後半・40代・50代の顔のたるみアンチエイジングスキンケア方法をお伝えします♪

シミやくすみや毛穴は、厚化粧でなんとか隠せますが、たるみと深いシワ(ほうれい線やゴルゴラインなど)は、
厚化粧でも隠せないため即効性の高いリフトアップ方法で対策しましょう!

たるみを引き締めるには 真皮層と筋肉層に効くことと、正しいスキンケア(クレンジング〜UV)が必要です。

3つの皮膚内の層に対して効果がある成分を使えているかがとても大事です!

30代後半から減少していく真皮層の物質のお母さん細胞を活性化させることと、あまり知られていない筋肉層を活性化させる成分を使うことでたるみを引きげるスキンケア方法です。

雑誌や、テレビを鵜呑みにしていると年齢を重ねるごとにケア商品は増えていきます。

クレンジングから仕上げのクリームまで、がっつりお金をかけて頑張りすぎていませんか?(そういう方は顔のたるみが早かったり、目の下に小イボがいっぱいできます。)

皮肉なことですが、一生懸命スキンケアしたり高級化粧品を揃えるよりも、シンプルなアンチエイジングスキンケアの方がなぜか効果が絶大なのです。しかもコスパ高いです♪

ちなみに私は化粧水は使いません♪

スキンケア化粧品を買う時、どこか1つのメーカーに絞り込んでしまいがちな方が多いですが、正しい情報を持っていないと美容部員などに

「ラインで揃えられた方が効果が倍増します!」と言われ、気づけば何万円もスキンケア代金に使ってしまう方が多いです。

正しい知識を持っていないと、1つの悩みに対して対策商品が1個作られますので、あれもこれもと購入しなければならない気持ちにさせられます><

1つの悩みに1つの商品が必要だと思わせるのが有名大手メーカーさんの考え方です。その方が商品がたくさん売れますよね。

※悩み・症状を、一つ一つ分けた方が商品が売れやすいんです(怒)色々な化粧品を使うのではなくて、皮膚科学的に根拠のデータがあり、安全な成分で構成されているかどうかが重要で、

肌の奥まで美容成分がきちんと浸透するのかどうか、酸化と糖化の対策も一緒にできるのかどうかが大切です。
私の実践しているアンチエイジングスキンケアは、シンプルなのに老化の原因を全てケアできる美容法で組み立てています。

30代後半40代50代顔のたるみ最先端のたるみリフトアップ成分

画像は近日作成し直しますmm

最先端なだけではダメ! 安全で安心でコスパ高くないと続けるのは危険です。

  • 添加物多い高級化粧品に手を伸ばすのはダメ
  • 正しい無添加(必要な添加物)もある
  • 安心安全を確保 一部の成分を無添加にすることで安心安全を確保できること

たるみに効くクレンジング

やっぱりクレンジングはこのジェルクレンジングがやめられません!

たるみに効く洗顔

冬場と、肌が乾燥しそうな時は、使用している洗顔のワンランク上の種類を使用しています。

洗顔は腐ることはないので、使わないときはよく乾かして埃がつかないようにジップロックの中で保管しています。

ワンランク上の洗顔石鹸についてはこちらのページが隠れページみたいになっていて、
メーカーさんの公式webページの中でも見つけられませんでした(汗)

お得意様用って感じでしょうか?

購入から到着までは通常使いしている洗顔のレポート記事がありますので、
こちらをご覧くださいmm

実際購入されるならば、↑のURLからの方がお得ですよ♪

たるみに効く化粧水

先日、たくさんの読者様からアンケートにご協力いただきました♪
その結果、50代の読者の方が多いことがわかり、
「乾燥肌で化粧水をどうしても使いたい!」というお声が多かったんです(驚)

化粧水はなくても問題ないアイテムなんですが、
やはり冬の間や、湿度が低い環境でお住まいの方(職場も)、
”昔からつけていたので”という心情をお持ちの方には、ぜひオススメします♪

化粧水はだめということではなくて、
無意味な化粧水が販売されていることが多いので、
「別に持っていなくてもいいです。」という意味でしたので♪

ただ、化粧水をつけるのならば、ちゃんと機能している化粧水がオススメです。

アラフォー・アラフィフの乾燥肌に必要な成分「セラミド」がたっぷり配合されていて、
成分は申し分ない無添加で構成されています。

化粧品を作っているメーカーさんは、洗顔と日焼け止めとジェルを使わせていただいており、
商品の製造過程や保管や配送などを含めとても信頼しています。

100%植物由来成分の無添加ローション

・ヒマワリ種子エキスを中心に、21種類の植物エキスを配合。
・肌にすっと浸みこむヒマワリセラミドがうるおいを逃さない。
・無香料・無添加、天然由来成分100%
・パラベン、鉱物油、合成着色料、合成香料等不使用

まだレポートは作成できていません(今月末予定)

今、冬なのでお急ぎの方は、メーカーさんの化粧水のページのURL貼っていきますね。(商品ページに飛びます)

たるみに効く美容液

たるみ引き締め成分DMAEは夢の最先端成分!

↑DMAE化学式

皮膚を引き上げるには、筋肉層を若返らせる成分が必要ですが、
世界でも有名な成分が最先端成分のDMAEです。

DMAEは塗るボトックスとも呼ばれており、自然由来であるため安全な強力リフトアップ成分です。
別記事でレポートしていますので、ここでは詳細は割愛させていただきますが、
塗布して10分程度でたるみを引åきあげピーンっとさせる効果があります。

40代50代のたるみを引き上げるスキンケア

40代 50代 たるみ 引き上げる 

クレンジングから仕上げのクリームまで、がっつりお金をかけて頑張りすぎていませんか?
(そういう方は顔のたるみが早かったり、目の下に小イボがいっぱいできます。)

皮肉ですが一層懸命スキンケアしたり高級化粧品を揃えるよりも、
「最先端美容成分でシンプルにアンチエイジング対策のスキンケア」を行う方が高い効果なのに、コスパが最高なんです♪

ちなみに私は化粧水は使いません♪

スキンケア化粧品を買う時、どこか1つのメーカーに絞り込んでしまいがちな方が多いですが、
正しい情報を持っていないと美容部員などに
「ラインで揃えられた方が効果が倍増します!と言われ、気づけば何万円もスキンケア代金に使ってしまう方が多いです。

正しい知識を持っていないと、1つの悩みに対して対策商品が1個売り出されるため、あれもこれもと購入しなければならない気持ちにさせられます><

1つの悩みに1つの商品が必要だと思わせるのが有名大手メーカーさんの考え方です。
その方が商品がたくさん売れますよね。

※悩み・症状を、一つ一つ分けた方が商品が売れやすいんです(怒)

症状別の化粧品をわざわざ揃える必要がないことがわかります♪

色々な化粧品を使うのではなくて、皮膚科学的に根拠データがあり安全な成分で構成されているかどうかが重要で、
肌の奥まで美容成分がきちんと浸透するのかどうか、
酸化と糖化の対策も一緒にできるのかどうかが大切です。

私の実践しているアンチエイジングスキンケアは、
シンプルなのに老化の原因を全てケアできる美容法で組み立てています。

40代50代のたるみは本格たるみだからスキンケア方法を間違ってはいけない

30代前半までも、「顔がたるんできたわ〜><」と、何度か思ったことがあると思いますが、
本格的なたるみを目の当たりにするのは、30代中頃(34歳〜37歳)になってからです。

ある日、フェイスラインのハリがなくなってきたことに気づき、
これが「本当の顔のたるみ」ってやつなんだ!ってショックを受けます。

30代前半までに感じていた顔のたるみは、まだどこかで”こんなものか〜”と余裕がありましたよね・・・

フォトフェイシャルなどのレーザーを当てたり、エステのマッサージで復活できるので、
継続していけば「私だけはたるみとは無縁のはず!」って思っていませんでしたか?

ちなみに、フォトフェイシャルやエステのマッサージは、顔のむくみを取るくらいの効果なので、
正直、汗だくになる運動やサウナでも同じ効果が出るんですよ(ざんね〜んっ><)

乾燥やむくみが原因のたるみは20代まで限定の理由!

乾燥やむくみがたるみの原因の一つだと、雑誌などで取り上げられていますが、
それは30代前半までの、軽いたるみの原因でしかないため、
アラフォー・アラフィフの本格たるみには通用しないです。

40代50代の即効リフトアップ美容法はシンプルでコスパ最高♪

40代だからこれ!とか50代だからこの化粧品が必要!というのは間違いで、
目安として年代を分けているだけで、実際はたるみは個人の差が大きく出るため、
個人別で対応する必要があります。

40代でもブルドッグ顔になっている場合は、運動も汗をしっかり出し腎臓を助ける必要があるし、
ヨガや筋トレで背筋を鍛えなければなりません。(鍛えるのは大きな筋肉だけでいい)

50代でたるみを引き上げたい場合は、総合力が必要になってきます。
40代の頃と同じような美容法では、効果は表れません。

総合力とは?

  • 正しいエイジングスキンケア
    (パックの回数を増やす)
  • 自宅エクササイズを行う
  • インナーケアも行う
  • 内面も整える

 

 

30代後半40代50代顔のたるみが同年代の人に比べ早い人のNG原因 リフトアップし若返る方法♪

たるみは様々な顔の老化症状を作り出しているのですが、ここで間違ってはならないのが、たるみを消そうとして間違った美容情報に手を出してしまうことです。

実は、顔の皮膚はボディーの皮膚と構成が少し違うため、マッサージやフェイストレーニングは逆効果なんです。

マッサージは皮膚のたるみの原因になりますので要注意です!

リフトアップマッサージやカッサなどの道具を使ったマッサージや同じポーズをとる繰り返すフェイス筋トレ系は、たるみとシワの原因になります。

※マッサージはボディーに行うのはおすすめなのですが、顔の皮膚にはマッサージはNGどころか、余計にたるみを悪化させシワを深くさせます。

(※別記事で記載しています)

40代の本格たるみの始まったサイン

ちょっとたるみが始まったよ!というサイン

顔が本格的にたるみ始めたことに、一早く気づけるのは、
「ほうれい線」が表れたりアイラインやアイシャドウが描きにくくなった時です。

さらにたるみが進んだよ!というサイン

頬のたるみやフェイスラインがゆるみ始め、
ゴルゴラインやマリオネットラインが表れはじめます。

頬の皮膚が下がることで顔が一回り以上大きくなり首も短くなったように感じます。
(身体のシルエットに影響を与えます)

50代のたるみはシワが深くなり艶も奪ってしまう!

40代 50代 たるみ 引き上げる 

あらゆるシワとシワが繋がり、頬のたるみも日に日に下がっていくため、
ブルドッグ顔のようになってしまう方が多いです。

鼻が西洋人のように高い方は、50代になると魔女顔に見えるという特徴があります。

エイジング対策を行っていない場合はこの老化のスピードが早くなります。

昨日よりシワが増えていたり、くすみが強くなったり、毎日のように変化を感じるようになります。

アラフォー世代の正しいエイジングスキンケアに、週に2回ほどスペシャルケア(パック)を取り入れたり、
病気にならないためにも、汗を出す運動を取り入れて、
腎臓のデトックス力を活性化させることでアラフィフ世代のたるみは改善します。

エクササイズはウォーキングや家でできる筋トレで十分効果があります。(20分くらいが最適)

たるみの原因とメカニズム(真皮層・表情筋・骨)[最新皮膚科学]

たるみの原因とメカニズム(真皮層や表情筋が作り出す原因)を知ってスキンケアを行うとたるみを消せる!

知っておくと世の中に多すぎる胡散臭い・気休め的な若返り方法に翻弄されなくなるし、
どこまでの症状が自力で(エイジングスキンケアで)改善が可能で、
どこからの症状が美容整形での手術の範囲になるのかを理解することができます。

シワの原因がたるみだとなぜ多くの人は知らないのか?

たるみはシワを作り出しているとご存知でしたか?

一時的に乾燥でできる薄いシワ以外の、30代中頃からできるシワの全てはたるみが発症させています。

そのことが知られていない原因は、雑誌やテレビ等では別々に分類されているからです!

なぜそんなことするのかって??
理由はとってもわかりやすいカラクリで「商品がそれだけ余分に作れて売れるから」です。

雑誌やメディア等で、たるみとシワが気になっている人が、”シワもたるみ美容液で改善されるよ!!”って書いてあれば、

やった〜!それならシワ専用美容液は買わなくていいや〜 ってなりませんか?

それと、あなたが美容整形外科でたるみとシワの悩みでカウンセリングを受けたとします。
その時、「シワはたるみが原因だよ」と、教えてくれたらその医師は良心的な医師です。

但し、美容整形外科医は手術をしてもらわないとお金になりませんから、

「シワを引き上げたいのであれば、たるみを引き上げるためにレーザーか糸で引き上げるか、リフトカット施術をオススメします」と言われます。

美容整形については →美容整形についての記事一覧リスト

私は、このような美容整形外科での施術は60代以降になってからでいいと思います。

その理由はDMAEの記事で説明していますので、端折りますが、30代後半〜40代50代の方や、
60代でもまだたるみが50代並みの方は、このまま読み進めていただくか、”全てをじっくり読む時間がないわ〜><”って方は、以下の記事だけでもお読みいただくことをオススメします。

世代別のたるみの原因とメカニズム(皮膚の各部位のトラプルとたるみの違い)とは?

10代から20代は肌トラブルとの戦い

この世代の肌は、表面(私たちが目で見えている一番外側の部分)と、その少し奥にある表皮層のスキンケアが正しく行われているのかどうかで肌がキレイかどうかが決まります。

この世代ではまだ皮膚のトラブルという範囲内であり、たるみの原因は起こっていません。

30代前半のたるみの原因は真皮層の弾力を生み出す物質が減少すること

この世代から肌の見た目年齢に変化があらわれます。

肌の弾力を担っている真皮層という部分でたるみの原因が起こるため、ほうれい線がうっすら表れ頬の皮膚に少し厚みが出てきます。
下を向くと、引力により頬が厚みが目立つので、下からのショットは決してとらせてはいけませんよね(笑)

30代後半からのたるみの原因は真皮層にさらに筋肉層の活動が弱まること

この世代になると、本格的な見た目年齢がグーンと上がります。

ゴルゴラインと呼ばれる目の下の部分でほうれい線の少し上に深いシワができたり、マリオネットと呼ばれる口の横に腹話術人形のような深めのシワができます。

なんとなく顔が一回り大きくなったように思うなら、頬のたるみが進んでいるのが原因です。
同時に首も短くなっています><

30代後半から40代50代のたるみは、真皮層と筋肉層の劣化、糖化と酸化、そして基礎のスキンケアの方法が正しくないかどうかにより、たるみの進み具合に差が大きくあらわれます。

 

あなたの美容法は偏っていませんか?

私が実践し提唱している「美容法」は,
”バランスよく”ということを大黒柱に置いています。

スキンケアアイテムが負担になる成分で構成されていれば
活性酸素を増やしたり、肌に刺激となりスキンケアの効果が半減されます。

スキンケアはオーガニック,天然成分でケアしましょう♪
*必要な添加物もあることを忘れないで!!

医学的にも効果がある成分を入れないと
「老化対策」なんてただの気休めです。

これだけは!という成分は取り入れ
他のスキンケアやメイクは肌に負担のないものにしています。

※いま使っている商品は捨てずに、
旅行用などに保管して一つずつ変えていきましょう!

<秘伝>アラフォー・アラフィフが若返ることができるのスキンケア方法

最先端スキンケアリスト

酒井の1日の美容スケジュール♪

-シワ・たるみ
-, , , , ,

Copyright© 若返ることができる美容法(アラフォー アラフィフ専用) , 2019 All Rights Reserved.