★顔の老化悩み即効方法

30代後半40代50代の顔のたるみを改善し若返る方法♪

40代 50代 たるみ 改善 若返る 方法

30代後半40代50代の顔のたるみを改善し若返る方法①

34歳くらいから顔のたるみが原因で現れる他の症状

  • ほほの毛穴が縦に長くなる
  • 目の下のクマが広くなる
  • ほうれいせんが現れる
  • 口角が下がる
  • 顔の輪郭が緩み、顔が一回り大きく成る(ちょっとひどい場合)

以上の症状が現れる理由は、皮膚がたるむことで様々な部位に影や凸凹が現れるためです。

34歳が本格たるみの始まり40歳で加速する

顔の劣化は個人差はあるものの34歳くらいにたるみが始まり、40歳くらいで一気に老けが進みます。

フェイスラインの緩みが本格たるみの始まり!!

フェイスラインがふやけてくると「顔の筋力が低下し始めましたよ」!という合図です。

”たるみ”だと一般の方が自覚できるのは、ファイスライン(顔の輪郭)のたるみが始まった頃なのでどうしてもたるみケアは遅れてしまうのです。

34歳くらいになると輪郭や頬が下がり始めるため、いきなりほうれい線が目立つようになり、40歳前後でゴルゴラインや口横のマリオネットラインと呼ばれる深いシワが目立つようになります。

ほうれい線とマリオネットラインがつながり始めると、子供や若い人たちから”おばちゃん”と呼ばれててしまうようになります

30代前半までも、「顔がたるんできたわ〜><」と、何度か思ったことがあると思いますが、本格的なたるみを目の当たりにするのは、30代中頃(34歳〜37歳)になってからです。

ある日、フェイスラインのハリがなくなってきたことに気づき、これが「本当の顔のたるみ」ってやつなんだ!ってショックを受けます。

30代前半までに感じていた顔のたるみは、まだどこかで”こんなものか〜”と余裕がありましたよね・・・

30代後半40代50代の顔のたるみを改善し若返る方法②

むくみではなくたるみ!

ちなみにですが、30代(後半)40代・50代の「顔と首のたるみ」の原因は、乾燥や体重の増加や"むくみ"などではありません。

残念ですが、アラフォー世代以降はそのような甘い理由ではないのです(ノω・、)

なかなかたるみだと気づけずに、”むくみ”だと勘違いして放置したままになっている世代が多いのが30代前〜中頃です。

むくみは目が腫れたりすることが特徴ですが、頬から下の部分が膨張し、顔が一回りふた回り大きくなるのが、顔のたるみの特徴です。

30代後半40代50代の顔のたるみを改善し若返る方法③

たるみを引き上げるメカニズム

たるみを改善するには「表皮層・真皮層・筋肉層」を知らねばならない

画像の説明♪


画像の一番上が皮膚の表面で表皮層と呼びます。その奥が「真皮層」という部分で目では見えません。さらに奥は筋肉層です。

初期の顔のたるみの原因は、真皮層の劣化が原因です

→真皮層

本格たるみの原因は、筋肉層の劣化が原因です

→筋肉層

皮膚は一番外側が表皮で,その奥に真皮があります。
さらにその真皮の奥に脂肪層があり,ここまでが「皮膚」です。

そして、その奥に「筋肉層」があります。

顔全体のたるみの原因は,この「筋肉層」が加齢によって弱くなり,筋肉が骨から剥がれることに始まります。
皮膚はその筋肉とくっついていますので,引っ張られるようにしてしてたるむのです

軽いたるみの原因は真皮層の劣化です。

みなさんがよくご存知のコラーゲンやエラスチンは真皮層という皮膚の部分で分泌されています。
その真皮層のエラスチン・コラーゲンが減少することでハリがなくなるため、軽いたるみとなります。

30代後半になると、表皮層の奥にある真皮層という”コラーゲンやエラスチン”が分泌されている部分が劣化するため、
徐々にほうれい線が深くなり、肌のツヤはハリも少しずつなくなってくるのを感じるようになります。

コラーゲン・エラスチンは肌の弾力だけではなく水分保持も担っているためツヤ感もなくなってしまうのです。

真皮は表皮と違って生まれ変わることができないため、しっかり分泌力をあげないといけません。

  • 真皮層のエラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸は30代後半から激減する
  • 真皮層の線維芽細胞に注目!

真皮層まで届き浸透する成分配合入り化粧品じゃなければ老化に効果なし!


深いたるみの原因は筋肉層の劣化です。

筋肉層が加齢によって弱くなり,筋肉が骨から剥がれることに始まります。
皮膚はその筋肉とくっついていますので,引っ張られるようにしてしてたるむのです。

皮膚が独自でピーンと張っているのではなく、皮膚の土台である筋肉層がどっしりしていることで、皮膚の表面にハリを出させているのです。

顔全体の皮膚のたるみを引き締めるには、筋肉層に働きかける成分”でなければ、塗っても塗っても、潤う程度の効果しかありません。

筋肉層に働きかけるにはDMAEという最先端成分を使います。

肌の表面とはどこのこと?


肌の表面とは、私たちの目で見えて触れることができる部分です。この表面の部分のお手入れを間違えると、ニキビ・浅いシワ・くすみなど若い世代の時によく悩んだ症状が現れます。

表面のお手入れとは?


ベーシックスキンケアのことを指し、クレンジング・洗顔・ジェルのことです。

たるみの原因は肌の表面は無関係

顔のたるみは皮膚だけの症状と思われがちですが、筋肉の劣化と真皮層の劣化が原因なのです。

真皮層と筋肉層の劣化が顔の老化の原因ですが顔全体のたるみの原因は、この「筋肉層」が加齢によって弱くなり筋肉が骨から剥がれることに始まります。

皮膚はその筋肉とくっついていますので,引っ張られるようにしてしてたるむのです。

 

たるみが深いシワを作っている

まずは,ポニーテール(短い方は手で)をしてくださいmm

フェイスライン・シワ・毛穴たるみ・ほうれい線などに変化は見られますか?

ほとんどの方はピーン!っと顔が引き上がり,要らない「線」も薄く消えたり、毛穴たるみも通常の「・」に戻りますよね?

一般の方は「ほうれい線」「シワ」「毛穴たるみ」を、一つ一つ別々の悩みだと考えてしまいがちですが,

それら全ての大元の原因は、筋肉が衰えることで、頬の皮膚がたるみだし、ほうれい線、シワ、毛穴たるみが表われるのです。

※悩み・症状を、一つ一つ分けた方が商品が売れやすいんです(怒)

 

たるみとは皮膚の土台 神経伝達の司令

フェイスラインがふやけてハリがなく、毛穴もたるみ、口元横やほうれい線は本格的な深いシワに・・・ゴルゴライン、マリオネットラインそして、おばちゃん顔の象徴であるブルドッグ顔に・・・><

フェイスライン・頬・顎周辺のたるみは、シワも発生させるため急激に見た目の老け感を感じさせます。

顔のたるみは、顔に影を作って顔全体を暗くし、顔の下の方を膨張させ、縦・横と様々な「線」を作らせてたるんだ顔の皮膚が首に下がるため、首も太く深いシワができ、おばちゃん化させてしまうのです。

首のシワにも影響を与えるアラフォー以降の顔のたるみの原因は、筋力の低下です。

筋肉と脳の関係

この「筋肉の老化」は,「脳から筋肉への指令」が関係しているのをご存知ですか?

皮膚が独自でピーンと張っているのではなく、神経伝達物質が筋肉に指令を出し、土台をがっしりさせ表面の皮膚にハリを出させているのです、

顔の筋トレ・エスササイズなどを、6ヶ月以上、①毎日②(朝・昼・晩)頑張っても35歳以降は、神経伝達物質が少なくなっているため効果は出にくいし、身体とは皮膚の仕組みが少し違うので逆にシワやたるみを発生させてしまうのです。

最新皮膚科学でたるみの原因が解明!

皮膚の老化を若返らせるためには、表皮と真皮と筋肉層のことを知らなければ美容のコストは高くなるばっかりです。

20代までとは「たるみ・シワの原因が違う」ためDMAEという成分を使って今までのアンチエイジング方法とは違った、アプローチの仕方が必要だとわかりますよね。

 

Facebook

記事の情報がお役にたてば、ポチッとしていただくと励みになります♪ (Facebookアカウントをお持ちの方のみです)

あなたの美容法は偏っていませんか?

よろしければお試しくださ〜い‬(..◜ᴗ◝..)

1ヶ月の美容代がぐーんッとお安くなりますよ♪

私が実践し提唱している「美容法」は、”バランスよく”ということを大黒柱に置いています。

スキンケアアイテムが負担になる成分で構成されていれば、活性酸素を増やしたり、肌に刺激となりスキンケアの効果が半減されます。

スキンケアはオーガニック、天然成分でケアしましょう♪

*必要な添加物もあることを忘れないで!!

医学的にも効果がある成分を入れないと「老化対策」なんてただの気休めです。

これだけは!という成分は取り入れ、他のスキンケアやメイクは肌に負担のないものにしています。

※いま使っている商品は捨てずに、旅行用などに保管して一つずつ変えていきましょう!

-★顔の老化悩み即効方法

Copyright © 美活応援.com , All Rights Reserved.