記事の情報がお役にたてば、ポチッとしていただくと励みになります♪
(Facebookアカウントをお持ちの方のみです)

最新皮膚科学スキンケア 40代50代のたるみ・シワ対策

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法♪

投稿日:2019年3月14日 更新日:

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法

目次

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法とは?

  • ※関連記事は下方にあります。
  • たるみとしわを一緒にお伝えしてる理由も下方に記載しております。

美容整形でもない、
美顔器も必要ない、
マッサージでもない、
顔の筋トレでもない、
画期的な最先端スキンケア方法で
たるみとシワを消す方法です。

シミやくすみや毛穴は、厚化粧でなんとか隠せますが、
たるみと深いシワ(ほうれい線やゴルゴラインなど)は、厚化粧でも隠せないため即効性の高いリフトアップ方法で対策しましょう!

 

顔と首がたるみ始めた人も、整形しなきゃならないくらいおばちゃん顔になって落ち込んでいる方にも、安全で最先端のセルフでできる美容方法をお伝えします♪

環境の汚染・加工食品の販売数増加・スマホ利用などにより老化のスピードが速くなり、見た目年齢が実年齢よりも高い女性が増えていますので、顔のたるみとシワでお悩みの方はぜひご参考にされてください♪

30代(後半)40代50代の「顔と首のたるみ」の原因は、乾燥や体重の増加や"むくみ"などではありません。
残念ながらアラフォー以降はそのような10代20代の頃の甘い原因ではないため、肌の内側に効果する方法を取り入れなければなりません。

本題に入る前に・・・


※お時間のない方は飛ばしていただいても結構です

例えば、40代でたるみやシワが気になったら、解決策をネットで探しますよね。

40代 たるみ」と検索をかけると、そこに並んでいるのは、
「たるみに効くおすすめの化粧品ランキング」
「化粧品販売のサイト」

または、
素人の美容好き主婦さん等が書いてる美容情報などが、ほとんどだと思います。

このようなサイトやブログに記載されていることを真面目に取り入れている限り

効果はありません!

普通の基礎スキンケアやエイジングスキンケアを30代になっても続けていると、
30代中頃から、顔の皮膚のハリ感が弱まり、頬の位置も少し下がり、顔の輪郭がふやけたようになります。

この変化を経験した方ならお分かりいただけると思いますが、
この変化は、ニキビができたり,目の周りにちりめんジワができたりした時のショックとは大きく異なり、
胸が締め付けられるような、失恋した時よりも深い悲しみに襲われるほどのショックを受けます。

なぜそんなにショックを受けるのかというと、見た目が”おばちゃん”になってしまうからです(汗)

見た目がおばちゃんになると、若者や男性から距離を置かれるというか、少し冷たい対応に変わるんですよね><

自分が若者だった時に、おばちゃんと認識した人に、どのように感じていたのかも、嫌という程思い出しますmm

見た目が全てではないというけれど、

私は肌だけはいつまでも若くて美しくありたいと、日々努力と研究を続けています。

その代わりファッションは普通でいいし、メイクやネイルも少しの種類でいいと思っています。

この努力の甲斐があって、私は美人ではないのですが、御上手を言う文化がない福岡でも年齢をいうとよく驚かれますし、

若い女性からもご飯に誘われたり、若い男性からも色々お話されたりします(若く見えるってすごい力です!)

そんな私も34歳くらいの時、まだ最先端エイジングケア取り入れていなかったので一気に老けてしまったことがあります。

すぐに最先端のエイジングケアに切り替えたので、ほんの少しの時期でしたが、
周りの態度や、反応が変わってすごくショックを受けたことを覚えています。

この時の出来事は、それまでは知らなかった、女性は老けるだけでこんなにも傷つくことが増えるのか!と言う
実体験でしかわからない経験でした。

やはり、人間は周りから優しくされることで人にも優しくできる良くも悪くも単純な生き物です。

顔が老けてしまって、どんより落ち込んで心がギスギスしているより、
肌が若返って気分が良くなると、笑顔が増えるので運気も上昇します♪

これは、若返った経験をもつ人間にしかわからないかもしれません。

「効果があるからこそ、知られてない本当の美容法をお伝えすることで女性の人生を豊かにしたい!」

↑これが私の大きな夢です。一人でも見た目の老化で悩んでいる30代後半以降の女性に、届いたら嬉しいです♪

最先端のアンチエイジング方法は、最強の武器を1つ手に入れることになるので、
顔がたるんでシワが増えて落ち込んでいる、30代後半40代50代の女性に届いて欲しいです!!

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法(顔のたるみ・シワの違い)

”おばちゃん化”に話を戻しますが、
30代中頃から30代後半のおばちゃん化は、まだ序の口です。

40代のたるみとしわの特徴

40代に入ると、
おでこの横シワや口元周りのシワや、
ゴルゴラインと呼ばれる、ほうれい線の上にもう一種の深いシワができる人もいます。
(このシワは骨格により個人差があります)

40代後半のたるみとシワの特徴

40代後半になるとさらに頬の骨が出てくる人や、ブルドックみたいに頬がタプタプになる人、
どちらの症状も出ている人もいます。

50代のたるみとシワの特徴

50代に入ると、40代のたるみとシワの特徴に加えて、
皮膚もどんどん硬くなりますので、
ハリもツヤも失っていきシワがあちこちに現れます。

40代後半から50代にかけては皮膚の土台のパワーダウンも重なりたるみが進みます。

皮膚+筋肉の2つの部分の劣化により、皮膚の土台がグラグラし顔の皮膚のたるみがどんどん進み、顔の筋肉には境目があるため、その境目がシワになるのです。

これに個人差で生じる糖化・酸化や適切な運動ができているかなどにより、見た目年齢に大きく差が出てきます。

40代から活動が低下する筋肉層については下方で記載しています。

 

 

たるみは、なかなか見えにくい症状ですが、シワがどこにできているのかで、たるみレベルが判断できます。

下方で説明しています。

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法(たるみが原因でシワができる理由)

シワの原因

30代後半からのシワの原因は、ハリが減少し表情圧に皮膚が負けてできること!

最新研究!

最近の研究で、顔の表情を作り出す時に皮膚にかかる圧力によりシワができることが判明しました。

同じ部位に何度も何度も同じ圧力がかかることで、皮膚は傷を負ったかのように勘違いし、そこにシワが定着してしまうのです。

肌にハリがある20代までだと、ハリという圧力で跳ね返せるためシワは定着しませんが、
30代後半以降は、ハリが減少していくため、笑ったりしかめっ面をしたり表情を繰り返すと、シワが深く刻まれていくのです。

だからと言って”無表情でいる”ことは解決策にならないどころか、周りに誰も人がいなくなります(笑)

個人によりシワが深くなる部位が違う

顔の骨格の違いにより、表情を動かした時に皮膚のどこに圧力がかかるのかが変わるため、
人により、どの部分のシワが目立ってしまうのかに違いがあります。

例えば
  • 顎の細い人は頬がたるみやすいのでほうれい線や口周りのシワが目立ちやすい
  • 目が大きい人は目の周りのシワができやすい

たるみでシワができることを今すぐ誰でも知れる方法!

まずは,ポニーテール(ショートの方は手で)をしてくださいmm

フェイスライン・シワ・毛穴たるみ・ほうれい線などに変化は見られますか?

ほとんどの方はピーン!っと顔が引き上がり,要らない「線」も薄く消えたり、毛穴たるみも通常の「・」に戻りますよね?

一般の方は「ほうれい線」「シワ」「毛穴たるみ」を、一つ一つ別々の悩みだと考えてしまいがちですが,

それら全ての大元の原因は、筋肉層が衰えることで、頬の皮膚がたるみだし、シワ・毛穴たるみが表われるのです。

たるみを克服すればたるみが原因であるシワも消えます。

これは皮膚の理論を知っていれば当たり前のことなのですが、シワはシワの原因を別に伝えた方が、専用の化粧品やグッズを売り出すことができるので、美容業界にとって好都合なんです。

たるみが原因でできるシワの種類

  • 深いシワ
  • ほうれい線
  • 毛穴下がり
  • フェイスラインのたるみ
  • 口周りのシワ
  • ゴルゴライン
  • マリオネットラインなど

フェイスライン・頬・顎周辺のたるみは、先述した骨格の影響と表情圧により、シワも発生させるため、急激に見た目の老け感を感じさせます。

たるみを放置するとどうなるの?

顔のたるみは、顔に影を作って顔全体を暗くし、顔の下半分を膨張させ、
縦・横と様々な「線」を作らせてたるんだ顔の皮膚が首に下がるため、首も太く深いシワができ、おばちゃん化させてしまうのです。

顔のたるみを放置しておくと、1番恐いのが、おばちゃん顔の象徴であるブルドック顔になることです><

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法(たるみとシワの原因は若い時のたるみ・シワと何が違うの?)

30代前半までの軽いたるみやシワの原因は肌の表面と表皮層に問題があります。

30代前半のたるみとシワの原因は、むくみや乾燥による軽いたるみちりめんジワができますが、
乾燥は皮膚の表面の問題ですし、むくみは水分過剰摂取やアルコール摂取、または血行不良によることが原因です。

ですが、30代後半以降のたるみとシワの原因は見た目の老け感でわかるように、
30代前までとは原因が違いますので普通のエイジング美容法ではたるみやシワは消えないのです。

では、見た目を大きく変えてしまう30代後半40代50代のたるみとシワはいったい何が原因なのでしょうか?

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法(たるみが原因でシワができる理由)

顔のたるみとシワの原因は肌の内側にある!

30代後半40代50代のたるみとしわの原因は、各世代別で全く違う訳ではありません。

30代後半になると、皮膚に何が起こるでしょうか?

実は、30代後半になると肌の内側が急激に変化します!

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法

画像の説明♪


画像の一番上が皮膚の表面で、その下が「表皮層」という部分で目では見えません。

肌の表面とはどこのこと?


肌の表面とは、私たちの目で見えて触れることができる部分です。
この表面の部分のお手入れを間違えると、ニキビ・浅いシワ・くすみなど若い世代の時によく悩んだ症状が現れます。

表面のお手入れとは?


ベーシックスキンケアのことを指し、クレンジング・洗顔・ジェルのことです。

30代後半40代50代のたるみとシワの原因は肌の奥の劣化が止まらないこと!

表皮層の直下にある真皮層という
”コラーゲンやエラスチン”が分泌されている部分が劣化するため、
徐々にほうれい線が深くなり、肌のツヤはハリも少しずつ失っていくのを感じるようになります。

この真皮層は、肌の弾力だけではなく水分保持も担っているため、劣化するとツヤ感もなくなってしまうのです。

40代に近づいてくると真皮層の下に位置する筋肉層の活性力の低下が始まります。
40代以降の女性で意味のあるエイジング対策ができていない人は、皮膚表面が波打つようにボコボコしています。

この肌の内側の真皮層と筋肉層は若返るためには一番重要なお話ですので、別記事にしています。

 

真皮層に届く(浸透)と肌にどんな効果が?濃いシミ・ニキビ跡・浅いシワ・軽いたるみが消える理由!

顔の筋肉層を若返らせるとたるみや深いシワが消える!

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法(たるみの引き上げとシワを消す改善方法)

30代後半の顔のたるみを引き上げシワを消すには減少した物質を補おう!

真皮は新陳代謝の機能がないため、表皮と違って生まれ変わることができないため、コラーゲンやエラスチンなどを補わなければなりません。

これをアンチエイジングケアと言いますが、コラーゲンやエラスチンなどは塗っても飲んでも効果は出ないんです><

そのことについてはこちらをお読みくださいませ。

エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸は塗っても飲んでも効果ない!増やす方法とは?

目次1 エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸は塗っても飲んでも効果ないとご存知でしょうか?2 エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸が減少すると?3 エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸の分泌力が低下す ...

続きを見る

30代後半40代50代のたるみを引き上げシワも消すスキンケア♪

30代後半・40代・50代の顔のたるみとシワを消すアンチエイジングスキンケア方法をお伝えします♪

クレンジングから仕上げのクリームまで、がっつりお金をかけて頑張りすぎていませんか?

(そういう方は顔のたるみが早かったり、目の下に小イボがいっぱいできます。)

皮肉ですが一生懸命スキンケアしたり高級化粧品を揃えるよりも、シンプルなアンチエイジングスキンケアの方がなぜか効果が絶大なのです。

しかもコスパが最高なんです♪

ちなみに私は化粧水は使いません♪

スキンケア化粧品を買う時、どこか1つのメーカーに絞り込んでしまいがちな方が多いですが、正しい情報を持っていないと美容部員などに

「ラインで揃えられた方が効果が倍増します!」

と言われ、気づけば何万円もスキンケア代金に使ってしまう方が多いです。

正しい知識を持っていないと、1つの悩みに対して対策商品が1個作られますので、あれもこれもと購入しなければならない気持ちにさせられます><

1つの悩みに1つの商品が必要だと思わせるのが有名大手メーカーさんの考え方です。

その方が商品がたくさん売れますよね。

※悩み・症状を、一つ一つ分けた方が商品が売れやすいんです(怒)

色々な化粧品を使うのではなくて、皮膚科学的に根拠のデータがあり、安全な成分で構成されているかどうかが重要で、

肌の奥まで美容成分がきちんと浸透するのかどうか、酸化と糖化の対策も一緒にできるのかどうかが大切です。

私の実践しているアンチエイジングスキンケアは、シンプルなのに老化の原因を全てケアできる美容法で組み立てています。

40代50代女性は自分をコントロールする術を持とう!

コラムみたいなお話になりますが、よかったらお読みくださいmm

50代になると、自分の内面と如何に上手に付き合うか、

自分自身の心をコントロールすることの難しさに直面すると思います。

 

 

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法(たるみについて)

顔がたるむメカニズム

30代中頃からの顔のたるみが進んでいく時、皮膚内部で何が起きているのでしょうか?

顔の皮膚のたるみが進んでいく「過程」

  1. 34歳くらいから新陳代謝が悪くなるため、
    保湿力が衰え乾燥を感じることが増える
    (ケガが治る時間が遅くなるのはこれが理由)
  2. 角質が剥がれ落ちるまでの期間が長くなり、
    皮膚がごわつき出す(皮膚が厚くなる)
    (新陳代謝が遅くなるのが原因)
  3. 皮膚に弾力を与えてハリを出す物質の分泌が減少する
    (真皮層のコラーゲン・エラスチンのこと)
  4. 皮下脂肪が減少しクッションの役割をしなくなる
    (無理なダイエットなどをして顔の頬がげっそりしたような状態になる)
  5. 筋肉層が衰え皮膚全体がゆるむ
    (皮膚の土台である筋肉層)

1〜3までは、軽いたるみ(浅いシワやほうれい線など)としてあらわれます。
4は、体重の増減により変化する部分です。

5になると、たるみの症状により頬やフェイスラインのたるみがあらわれます

↑これが顔のたるみが進んで行く過程ですが、顔の皮膚は、身体の皮膚とは構造が少し違うため、たるむスピードが早いのです。

真皮層と筋肉層の劣化が顔の老化の原因ですが
顔全体のたるみの原因は、この「筋肉層」が加齢によって弱くなり,筋肉が骨から剥がれることに始まります。

皮膚はその筋肉とくっついていますので,引っ張られるようにしてしてたるむのです。

ゴルゴ線(目の下)や眉間のシワが次に表れやすくさらにすすむと、マリオネット線(口の横)、おでこの横シワ、そして首のシワが表れます。

  • 鼻が広がる(笑うと横に広がる)
  • 唇がしぼんだり唇にシワ

顔のたるみが原因で現れる他の症状

  • ほほの毛穴が縦に長くなる
  • 目の下のクマが広くなる
  • ほうれいせんが現れる
  • 口角が下がる
  • 顔の輪郭が緩み、顔が一回り大きく成る(ちょっとひどい場合)

以上の症状が現れる理由は、皮膚がたるむことで様々な部位に影や凸凹が現れるためです。

たるみが気になる部分はどこですか?

たるみレベルの症状から顔のたるみの進み具合を表しています。

骨格の違いにより多少前後しますが、たるみを放置していると、たるみによりできた別々だったシワがつながり、さらには凸凹があちこちにあらわれるようになります。
頬のたるみが酷くなると、ブルドック顔になります。(後述)

※たるみレベル①〜⑩はどんどん増えて行き、さらに下方で説明している”これもたるみ?”という、一見たるみとは関係なさそうな症状もでてきます。

たるみレベル①ほうれい線

ほうれい線は、顔がたるみ始めたよ!というサインです。
面積が広い頬の皮膚が少しでもたるむと、鼻の皮膚は逆にたるみにくいため皮膚同士の反発により溝ができます。

「ほうれい線(シワの一種)」が表れたり、アイラインやアイシャドウが描きにくくなった時です。

この時、フェイスラインもたるみが始まっていますが、むくみかな〜?太ったかな?と感違いしてしまうのでダイエットに走ってしまいがちです><

※ほうれい線が10代の時の頃から既にある方は、頬がたるみやすいため傾向のため、
体重が増えすぎたりむくまない様に注意が必要です。

たるみレベル②目元・目の周り(その1)

たるみによる目元の症状は、初期症状は笑うと目尻にシワができる程度なのですが、
たるみレベルが高くなると、別人に思えるほど目元が変化します。(後述)

たるみレベル③顔の輪郭・ファイスラインのゆるみ

顎先から耳下にかけての顔の輪郭の部分がふやける様になってくると、顔のむくみではなく顔のたるみであるサインです。

※むくみの場合はふやけるというより、頬全体がパーンとはり目も腫れぼったくなるためふやけるという症状はありません。

たるみレベル④首のシワ

たるみにより頬の皮膚が首に下がってくるため人によって、2〜3本首にシワができます。
鎖骨から胸元にかけても顔の皮膚がたまりますので、丸みを帯び始めます。
こうなると、丸首のトップスを着ると、おばちゃんっぽく見えますので要注意!

たるみレベル⑤ゴルゴライン

目の周りの皮膚と、頬の皮膚が反発仕合うため溝ができます。
骨格により目立つ方と目立ちにくい方に分かれます。
30代中頃から現れやすく、笑ったときに鼻と目のクロスする部分が陥没している様にも見えます。

ゴルゴラインが目立ち始めると、ほうれい線と並ぶようにできるため、深いシワが2本、顔の真ん中に現れます。
(ゴルゴ線とほうれい線の間の皮膚は凹んでいるように見えますよね)

たるみレベル⑥口元・口角・マリオネットライン

口元のたるみは頬肉が下がり口に元にその皮膚がかぶさるため、たるみがすすむとブルドッグのように見えます。
口元の筋肉と頬の筋肉には境目があるためにブルドッグのように見えてしまいます。

たるみレベル⑦毛穴のたるみ

毛穴がたるむ、広がるなどで目立ってきたなぁ〜と感じ始めたら、毛穴の対策ではなく頬の引き締めケアです。

たるみレベル⑧眉間

40代に入ると頭皮もたるみ始めます。そのたるみがおでこの皮膚に負担がかかり始めることと重なり、眉間にしわを寄せるような表情を繰り返し行っていると、眉間にしわとして定着してしまうことが原因です。

眉間は縦のシワは自分でも気づきやすいのですが、以外に横シワも薄っすらできている方が多いです。

たるみレベル⑨おでこ(額)

おでこ(ひたい)のたるみはあまり気づきにくい部分です。

眉をあげるとシワが現れた時や、細かい横シワができるとおでこのたるみが始まったサインです。

おでこの皮膚がたるむ眉もたるむのですが、これはなかなか気づきにくいですよね(汗)

頭皮のたるみもおでこにのっかてくるため、たるみレベルが高くなると、目元におでこのたるみの分もしわ寄せがきます。

たるみレベル⑩目元

先述のおでこ部分でも説明しましたが、なんせ、頭皮とおでこのたるみが目元に押し寄せますので、二重の幅が狭くなり、目の輝きが少しずつ失われて行きます。
(鏡を見るときに少し斜めから目元をみて見ると、以前との違いに気づくかもしれません。)

笑うと目尻から髪の生え際に向かってしわが放射線状のように広がります。

この症状に対し「シワができた!」と勘違いする方が多いのですが、おでこの皮膚がたるんで下に下がっているのに、笑うと頬の肉が上に上がってくるので、一気に皮膚が集まり、弾力性も落ちているため溝=シワができることが原因です。

試しにおでこを手で持ち上げて笑って見てください。

シワは消えますよね?

眉尻は気づきにくいかもしれませんが、少しずつ下がってきます。
たるみのサインはアイラインやアイシャドウが描きにくくなってきたな〜と感じた時が始まりです。

顔の5大老化症状の2つである「シワと毛穴たるみ」の原因はたるみです。

ですが、たるみという症状は見えにくいため、多くの方はシワや毛穴のケアばかり一生懸命やってしまうのです。

※シミと黒ずみは、たるみが原因ではありませんが、皮膚がたるむとシミが大きく引き伸ばされてしまうため目立ってしまいます。

さらにたるみがすすんで行くと・・・シワとシワが繋がりはじめ、頬のたるみもすすむため、ブルドッグ顔という状態になっていきます。

顔の中心などが凸凹してくる><

ゴルゴラインが目立ち始め、ほうれい線と並びます。
そのため、↑深いシワが目の下と鼻の横に斜めに2本あらわれます。
(ゴルゴ線とほうれい線の間の皮膚は、凹んでいるように見えます。)

鼻も笑うと横に伸びますので一気におばちゃん顔になってしまいます><

ブルドッグ顔

あらゆるシワとシワが繋がり、頬のたるみも日に日に下がっていくため、
ブルドッグ顔のようになってしまう方が多いです。

鼻が西洋人のように高い方は、50代になると魔女顔に見えるという特徴があります。

エイジング対策を行っていない場合はこの老化のスピードが早くなります。

昨日よりシワが増えていたり、くすみが強くなったり、毎日のように変化を感じるようになります。

顔の輪郭がふやけたようになって下がり、ブルドッグ顔のような頬になり、顔が一回り大きくなるため首も短くなったようになります。

目の形に変化が!

おでこもたるみますので(おでこにシワが現れる)まぶたが重くなり二重の幅が細くなります。
もちろん目の下の瞼も下がるため、クマが広がります。

たるみのメカニズム

皮膚は一番外側が表皮で,その奥に真皮があります。
さらにその真皮の奥に脂肪層があり,ここまでが「皮膚」です。

そして、その奥に「筋肉層」があります。
顔のたるみの原因は,
この「筋肉層」が加齢によって弱くなり,筋肉が骨から剥がれることに始まります。

皮膚はその筋肉とくっついていますので,引っ張られるようにしてたるみを発生させます。

顔の筋トレ・エスササイズなどを、6ヶ月以上、①毎日②(朝・昼・晩)頑張っても
35歳以降は、神経伝達物質が少なくなっているため効果は出にくいし、
身体とは皮膚の仕組みが少し違うので逆にシワやたるみを発生させてしまうのです。

そこで顔のたるみの引き上げには、ジメチルMEAという最先端成分を使います。

顔全体のたるみは、真皮層の奥にある”筋肉層に働きかける成分”でなければ、塗っても塗っても、潤う程度の効果しかありません。

dmae
医師が発見した筋肉層に届きリフトアップする高浸透成分「ジメチルMEA」

医師が発見した筋肉層に届きリフトアップする高浸透成分「ジメチルMEA」 筋肉層に届きリフトアップする成分「ジメチルMEA」をご存知ですか? 薬ではないため、副作用もなく安心な成分なのに,顔に塗ると、1 ...

続きを見る

くすみとたるみの関係性

筋肉層が衰え始めると、血行不良になりやすいため「くすみ」になります。

これは、筋肉層の収縮活動が弱まるのが理由。

顔が汚れているわけではありませんので、ピーリングなどを行なっても効果はないです。

乾燥やむくみが原因のたるみは20代まで限定の理由!

ちなみに、乾燥や体重の増加やむくみがたるみの原因の一つだと、雑誌などで取り上げられていますが、それは30代前半までの、軽いたるみの原因でしかないため、残念ですが、アラフォー世代以降はそのような甘い理由ではないのです><

軽いたるみの原因は真皮層の劣化です!

みなさん、よくご存知のコラーゲンやエラスチンは真皮層という皮膚の部分で分泌されています。

その真皮層のエラスチン・コラーゲンが減少することでハリがなくなるため、軽いたるみとなります。

深いたるみの原因は筋肉層の劣化です!

筋肉層が加齢によって弱くなり,筋肉が骨から剥がれることに始まります。

皮膚はその筋肉とくっついていますので,引っ張られるようにしてしてたるむのです。

実はシワや凸凹感の正体はたるみです!

実は、たるみというのはシワや凸凹、影を作り出す見た目老化の大元の原因ですので、たるみを正しくエイジングケアすることで、シワや毛穴のたるみなども消すことができるのですが、化粧品メーカーにとっては都合が悪い(商品がたくさん売れない)ため、様々な専用化粧品を売るために、原因を分けて伝えるのです。

顔がたるみだすと、シワや凸凹感などの”見た目老化”の全てが始まります!

たるみに自分の目で気づくのは、フェイスライン(顔の輪郭)のゆるみくらいなので、「この頬のシワはたるみが原因だわ!」と、一般の方が皮膚理論にまで結びつけることは難しいと思います。

真皮層と筋肉層の劣化により、皮膚の土台がグラグラし顔の皮膚のたるみがどんどん進み、顔の筋肉には境目があるため、その境目がシワになるのです。

本格たるみをリフトアップする方法!最先端のたるみリフトアップ成分

実は、顔の皮膚はボディーの皮膚と構成が少し違うため、マッサージやフェイストレーニングは逆効果なんです。

マッサージは皮膚のたるみの原因になりますので要注意です!

リフトアップマッサージやカッサなどの道具を使ったマッサージや

同じポーズをとる繰り返すフェイス筋トレ系は、たるみとシワの原因になります。

※マッサージはボディーに行うのはおすすめなのですが、顔の皮膚にはマッサージはNGどころか、余計にたるみを悪化させシワを深くさせます。

(※別記事で記載しています)

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法(シワについて)

シワの原因はたるみです。

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法

まず、「初期(浅め)のシワ」の一番の原因は、実は紫外線の刺激による真皮層の劣化です。

紫外線は活性酸素を発生させます。

紫外線を浴びると真皮層にまで簡単に通過してしまうため、活性酸素によってコラーゲンやエラスチンを破壊します。
そのため皮膚の弾力とハリが低下し、シワになります。

エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸は塗っても飲んでも効果ない!増やす方法とは?

目次1 エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸は塗っても飲んでも効果ないとご存知でしょうか?2 エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸が減少すると?3 エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸の分泌力が低下す ...

続きを見る

農家の方やサーファーが実年齢よりも老けて見えるのはこのせいです。
そこへ筋力低下も伴うと,「深いシワ」になります。

深いシワとは?

ほうれい腺やゴルゴライン、マリオネットラインを指します。

深いシワは、筋肉層の劣化が原因です。

シワを増やしてしまう美容法

  • 顔のシワは、実は一生懸命に顔を動かして伸ばそうと頑張れば頑張るほど、シワは濃くなり増えます。
    (フェイストレーニングとかベロ回しとかマッサージなど全て)
  • 顔ヨガやフェイストレーニング系の、顔の筋トレをしても効果があるのは30代前半までです

シワの種類をお伝えします。

シワに種類がある!

  • 乾燥シワ(20代後半までのシワ)
  • 表情シワ
  • たるみシワ

などがあります。
加齢による真皮層のコラーゲン減少で生じるシワは浅めのシワで、筋肉の劣化によって生じる「表情シワとたるみシワ」深いシワです。

表情ジワ

この表情じわは、喜怒哀楽を表す顔の動きによりできるため、自分では気づきにくいです。

常時動かす顔の皮膚には、同じ場所に癖がつきます。それが深いしわになってしまうのです。

ここからはシワができやすい部分とシワの名前についてです

ほうれい線って何だろう?

筋肉低下が原因なのに、”ほうれい線”だけを必死に消そうとしているなら,

あなたはメーカーの広告に騙されています。

ほうれい線は「シワ」の一種です。

ほうれい線ができてているということは、すでに額から頬にかけてたるみが始まっているのですが、
鏡でみるとほうれい線しか確認できないため、そこだけを消そうとしてしまいます。

ほうれい線の発生とフェイスラインのたるみは、
「顔の筋力が低下し始めましたよ」!という合図だからです。

皮膚は一番外側が表皮で,その奥に真皮があります。
さらにその真皮の奥に脂肪層があり,ここまでが「皮膚」です。

そして、その奥に「筋肉層」があります。

顔全体のたるみの原因は,この「筋肉層」が加齢によって弱くなり,筋肉が骨から剥がれることに始まります。

皮膚はその筋肉とくっついていますので,引っ張られるようにしてしてたるむのです。

額(おでこ)の横しわ

若い時から眉をあげるとおでこ(額)にシワがある人もいますが、35歳以降に眉や目を見開くとおでこに横しわができるのは、先述したたるみが原因です。
顔全体のたるみの改善策を行うことで、おでこのたるみだけではなく、目の大きさも取り戻る上に、目尻のしわも改善されます。

若い時から眉をあげるとシワが現れる人もいれば、頬などにはシワがあるのに、おでこにシワがない方もいます。

眉間のシワ

これは表情ジワです。
若い時でも眉間にシワを寄せてしまうくせがある方はいますが、アラフォーになると、体が疲れやすくなったり、パソコンの文字が見にくくなったり、イラっとすることが増えたりして、気づけば眉間にシワがよっています。

困ったことになかなか自分で気づけないのです。

「今、眉間にシワよってるな〜」って頻繁に気づけないため、くせになりやすいのです。
しかも、気づいた時に眉間を伸ばそうとして眉を上げてしまうため、今度はおでこにシワができやすくなってしまうのです。

目元のシワ

間違ってもアイクリームなどで対策するのはやめたほうがいいです。
これはその塗り続けた部分にコイボがたくさんできるセレブイボです。(私が名付けましたmm)

目尻のシワ

笑った時にくっきり現れる目尻のシワ。これは”表情ジワ”です。
ですので表情ジワがくっきりしてきたら本格老化の始まりです。

顎のシワ

筋肉の緊張が原因でできる梅干しみたいなシワです。

マリオネットライン

顎から口横にできるほうれいせんと繋がってそうなシワのことです。
マリオネットラインと呼ばれており腹話術のお人形の口元の横のシワです。

骨格により多少の目立ちやすさなどはありますが、頬のたるみが酷くなるとこのマリオネットラインは強くあらわれます。

首のシワを消すには?

顔にはしわがないのに、なぜか首にだけしわがあるって方を結構見かけます。

20代でも首にシワがある女性は、枕が高すぎるか、普段顔を下に向けて生活しているのが原因ですが、アラフォー・アラフィフ世代の首のしわの原因は、顔のたるみです。

顔の皮膚のたるみが首にかかってくるのです。
そこにアラフォーになると筋肉が硬くなりやすいため肩が内向きになりやすく、肩も上がりやすくなるため、上からと下からと皮膚がよりあい溝ができて首にシワができます。

猫背など姿勢の悪さが深いシワができます。

間違ってもマッサージはしてはいけません。これは余計に首の皮膚をたるませ深いシワができます。

毎日のスキンケアで、リフトアップ成分を顔につけるときに首にもつけることでシワは改善します。

シワを消す方法はこの最先端成分が効果絶大に効きます♪

dmae
医師が発見した筋肉層に届きリフトアップする高浸透成分「ジメチルMEA」

医師が発見した筋肉層に届きリフトアップする高浸透成分「ジメチルMEA」 筋肉層に届きリフトアップする成分「ジメチルMEA」をご存知ですか? 薬ではないため、副作用もなく安心な成分なのに,顔に塗ると、1 ...

続きを見る

シワの消し方

まず、「初期のシワ」の一番の原因は、実は「紫外線の刺激」です。

紫外線は、真皮層にまで簡単に通過してしまうため、コラーゲンやエラスチンを破壊します。

そのため弾力が低下し、シワになります。農家の方やサーファーが実年齢よりも老けて見えるのはこのせいです。

軽いシワの消し方は下方の早見表をご覧ください。そこへ筋力低下も伴うと,「深いシワ」になります。

*深いシワとは、ゴルゴライン、マリオネットラインを指します。顔ヨガやフェイストレーニング系の、顔の筋トレをしても効果があるのは30代前半までです。

30代後半40代50代顔のたるみを引き上げシワも消すリフトアップ方法(30代前半の顔たるみの原因)

30代のたるみは真皮層のコラーゲン・エラスチンの減少が大きな原因

30代後半になると、表皮層の奥にある真皮層という”コラーゲンやエラスチン”が分泌されている部分が劣化するため、
徐々にほうれい線が深くなり、肌のツヤはハリも少しずつなくなってくるのを感じるようになります。

コラーゲン・エラスチンは肌の弾力だけではなく水分保持も担っているためツヤ感もなくなってしまうのです。

真皮は表皮と違って生まれ変わることができないため、しっかり分泌力をあげないといけません。

コラーゲンやエラスチンなどの化粧品やサプリメントは別で購入する必要はありません

真皮層の物質を自力で増やす最先端美容成分についてはこちらで記載しています。

エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸は塗っても飲んでも効果ない!!

真皮層に届く(浸透)と肌にどんな効果が?濃いシミ・ニキビ跡・浅いシワ・軽いたるみが消える理由!

 

おまけ♪その1

30歳〜33歳の初期たるみは小じわ・ちりめんジワとして現れる

まだ小じわ(乾燥が原因)で、本格老化ではないです。
表面の水分不足が原因です。

この年代は、体質も含めた肌や頭皮の変化が急に始まります。

痒くなったり、吹き出物ができやすくなり、いわゆるトラブル肌になる方が多いです。
*化粧品ジプシーが始まる。

皮膚細胞と皮膚細胞の間に隙間ができ始めるため、皮膚内の水分が蒸発しやすく、
そのため、バリア機能も弱まるから荒れやすくなるし、化粧品がしみやすい。

ここでクリームとかオイル系の化粧品を勧められことが多いですが、
これが大きな間違いです。

油膜はさらに皮膚を乾燥させるし、
毛穴をふさぎ吹き出物が出るというお決まりのパターンを迎えます。

30歳〜30代中頃までのたるみ改善方法

  • 正しいクレンジング
  • 洗顔
  • apps(ビタミンc誘導体の最新型)

で十分です。

APPSはシミにもくすみにも効果が高いと有名で厚生労働省認定成分です。(商品名ではありません)

最新型ビタミンC誘導体APPSアプレシエが他のビタミンC誘導体と効果が違う理由

 

おまけ♪その2

20代までの顔のたるみの原因

20代までは表面のベーシックスキンケア(汚れを落とす、適度な保湿)を正しく行うことで、
十分肌は綺麗さを保つことができるので、余計なことをする必要はありません。

肌の内部の劣化が徐々に始まっていくのが
「老化」です。少しずつ奥深に向かい劣化が進んでいきます。

この内部劣化のスピードをいかに緩やかに食い止めることができるかが
見た目の若々しさを保つことに直結しています。

20代までの顔がたるむ原因(30台後半からは、原因がまったく違います!)

むくみ=リンパのつまり

*「むくみが原因ですね〜」と、エステティシャンに言われリンパのマッサージを受けても
改善しなかった・・・という方も多いとおもいますが・・・

むくみが原因だと、思い込むことの怖さに、
”マッサージをやりすぎる”ということにつながることです。

乾燥
*乾燥対策をすることは大事ですが、そこまでたるみが引き締まることにはなりません。

30代後半40代50代のたるみ・シワについての「まとめ」

30代後半・40代50代の顔がたるむとシワになるってご存知ですか?

  • 頬がたるむと頬の毛穴が縦に長くなる
  • 日タイト目の周りがたるむと目の下のクマが広がる
  • 頬がたるむと、ほうれいせんが現れる
  • 頬がたるむと、ほうれい線の上にゴルゴラインもできる
  • 頬がたるむと、口角が下がるためマリオネットラインができる
  • 笑うとあちこちにシワが現れる
  • 顔の輪郭が緩み、顔が一回り大きくなり首が短く見えるためシルエットが変わる

一見、たるみとシワは関係なさそうですが、皮膚がたるむことで、様々な部位に影や凸凹が現れたり、筋肉と筋肉の境目に溝ができます。それがシワの正体です。

 

30代後半の顔のたるみとシワ(アラフォー手前世代)

30代後半のたるみの原因は、真皮層という部分に問題が生じていることが原因です。
真皮層という部分は、肌の内側にあり、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などを分泌してます。

その前に、まず知っていただきたいのは、
30代後半以降の目元や口横のシワや深くなったほうれい線、おでこの横シワの原因は顔の「たるみ」です。

お手入れ方法が間違っていたり、20代の頃と同じスキンケアをしていると、顔のたるみむスピードは早まります。

30代前半の時、「顔がたるんできたわ〜><」と、何度か”やばいな〜”と思ったことがあると思いますが、
本格的なたるみで大きなショックをするのは、30代中頃(34歳〜37歳)になってからです。

30代前半までに感じていた顔のたるみは、まだどこかで”こんなものか〜”と余裕がありましたよね・・・(汗)
ある日、フェイスラインのが緩んできたことに気づき、これが「本当の顔のたるみ」ってやつなんだ!と、ショックを受けます。

 

40代50代の顔のたるみとシワ(アラフォー後半・アラフィフ世代)

40代50代の顔のたるみとシワの始まるサインを見てみましょう!

ちょっとたるみが始まったよ!というサイン

顔が本格的にたるみ始めたことに、一早く気づけるのは、
「ほうれい線」が表れたりアイラインやアイシャドウが描きにくくなった時です。

さらにたるみが進んだよ!というサイン

頬のたるみやフェイスラインがゆるみ始め、
ゴルゴラインやマリオネットラインが表れはじめます。

頬の皮膚が下がることで顔が一回り以上大きくなり首も短くなったように感じます。
(身体のシルエットに影響を与えます)

50代の顔のたるみはシワが深くなり艶も奪ってしまう!

50代の顔のたるみとシワってどんな見た目に変化してしまうの?

ピンクで囲んでいる部分が「筋肉層」です。

皮膚が独自でピーンと張っているのではなく、皮膚の土台である筋肉層がどっしりしていることで、皮膚の表面にハリを出させているのです。

顔全体の皮膚のたるみを引き締めるには、筋肉層に働きかける成分”でなければ、塗っても塗っても、潤う程度の効果しかありません。

画像のAPPSやジメチルMEAはこちらの記事をご覧ください。


シワたるみシミ毛穴クスミほうれい線を消す効果絶大の即効方法
塗るジメチルMEAは最先端の強力たるみリフトアップ成分でシワも消える♪

海外から輸入したクリーム等を使うのは、肌の自殺行為だとご存知でしょうか? あまり知られていない最先端リフトアップ成分ジメチルMEAについて、分かりやすくお伝えしていきます♪ 目次1 塗るジメチルMEA ...

続きを見る

-最新皮膚科学スキンケア, 40代50代のたるみ・シワ対策
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 40代50代女性のための最新皮膚美容法♪ , 2019 All Rights Reserved.